ひつじの編集部

カカオ豆はドリップして飲める?コーヒーみたいに焙煎して飲んだら驚きの結果に

カカオ豆はドリップして飲める?コーヒーみたいに焙煎して飲んだら驚きの結果に

もうすぐバレンタインですね。バレンタインといえばチョコレート、チョコレートといえばカカオ。

なんてことを考えていたら、カカオが気になり始めてしまいまして。

ちょろっと調べてみると、カカオはカカオ豆を焙煎して砕くという工程があるようです。

……ん?これ、コーヒーを淹れるときの手順に似てるじゃないですか。

もしかしたら、カカオをドリップして淹れたら美味しい飲み物が出来上がるかも!?

ワクワクが止まらないので、これはやってみるしかありませんね。

さぁ、ドリップコーヒーならぬドリップカカオチャレンジです。

この記事を書いた人

マツ

マツ

編集部ライター

365日欠かさずコーヒーを飲んで過ごす編集部ライター。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3!

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

当サイトにはPRが含まれています。また、掲載する広告から商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

カカオ豆がチョコレートになるまで

そもそもカカオ豆は本来どのようにチョコレートになるのか、ザックリとした工程を見ておきましょう。

チョコレートになるまで

STEP.1 カカオ豆をロースト(焙煎)する

STEP.2 種皮を取り除いてカカオニブ(胚芽)を取り出す

STEP.3 カカオニブをすりつぶし、ペースト状態のカカオマスにする

STEP.4 カカオマスに砂糖やバターなどを加えて混ぜる

STEP.5 練りこんで余分な水分を減らす

STEP.6 温度調節をしてチョコレートの中の油脂結晶を安定させる

STEP.7 型に流して固形のチョコレートにする

上記はカカオ豆をローストする手順ですが、カカオニブをローストするやり方もあります。

なるほど、カカオ豆ってチョコレートにはなくてはならない存在だったのですね。

原料の一部ぐらいにしか思っていませんでしたよ。

まぁ今回はチョコレートを作るわけではないので、細かいことは置いておきましょう。

目的はカカオをドリップして飲むこと。

手順はこんな感じになりますね。

カカオをドリップして飲む手順

STEP.1 カカオ豆をロースト(焙煎)する

STEP.2 種皮を取り除いてカカオニブ(胚芽)を取り出す

STEP.3 コーヒーミルでカカオニブを砕く

STEP.4 ドリップして美味しくいただく(予定)

やるならみんなでやった方がおもしろいよなぁ。

よし、編集部でも特にコーヒーの味にうるさいあのふたりを呼んでみよう。

ドリップカカオチャレンジを共に実行する仲間を召喚

ドリップカカオチャレンジを共に実行する仲間を召喚

ひつじの珈琲タイム編集部の、soraとkoutaを呼んでみました。

なぜか、あまり乗り気な顔ではありませんけど。

今回は一体何を企んでいるんですか?

……。(まだ何も言ってないのに、なんて物言いなんだ……パン持ってるし!)

そうですね。あまり良い予感はしませんが。

……。(koutaさんまで……)細かい説明は抜きにして単刀直入にいいましょう。

カカオをドリップして飲んでみたいんです。

カカオをドリップって聞いたことありませんけど。

そもそもカカオって美味しく飲めるの?

分かりません!だからチャレンジしてみるんですよ。

ドリップってことは粉ってことだよね?カカオの粉なんてあるんですか?

ありません。カカオの生豆を焙煎、挽く、ドリップまですべて我々でやるのです。

いいですね。何気に面白そうじゃないですか。

面倒くさそうな感じしかしないけど。そんな簡単に上手くいくのかなぁ。

大丈夫ですよ、soraさん!我々はコーヒーメディアの編集部。コーヒーの知識をここで活かすんです!

アウトドアでコーヒー焙煎の経験もありますしね。きっと上手くいきますよ。

じゃぁ……やりましょう!なるようになれです!

【ステージ.1】カカオ豆をハンドピックして焙煎! 

カカオ豆をハンドピックして焙煎! 

ご覧ください。これが仕入れたカカオの生豆です。

へえ~、思った以上に粒が大きい。粒の大きさも色もバラバラ。

アーモンドみたいな見た目だね。こんなにでかいとは。早速開封してみましょう。

うっ……!!あんまりいい香りじゃないですね。甘いけどくさい。

そうね。草っぽい香り。

カカオ豆もコーヒー豆と同じように、ハンドピック作業というのがあるみたいですよ。

なるほど。では、小粒や質の悪そうな豆をハンドピックしましょう。

じっくり見ないと分からなかったけど、微妙そうな豆を取り除きました。

ありがとうございます。ではいよいよ焙煎です!手網のコーヒー焙煎機は、あらかじめkoutaさんに準備してもらいました!

何に使うのか謎だったけど、今回のためだったんですね。

以前、これでコーヒー豆を焙煎したことあるけど、なかなか大変だったよ。

カカオ豆の粒が大きいから、やりがいがありそうだ。

じゃあ焙煎はやる気のあるkoutaさんにお願いしようかな。始めましょう。

いやー、手慣れたもんですね。この作業はkoutaさんしかこなせないですよ!

ふっ。こんなの朝飯前ですよ。

本当に頼りになります。(私はこんな重労働やりたくないので、ヨイショするのみ!)

カカオ豆もコーヒー豆のようにチャフ(種皮)がでるんですね。

ねぇ、それよりなんか焦げ臭くない?

なんでしょう?焦げ臭いし、何やら強烈な甘臭さが。……ゲホッゲホッ!

ヴッ!こ、これは……カカオ豆から異臭が放たれています!

カカオ豆の焙煎臭

部屋に充満する!早く換気扇つけて窓を開けて!

まさかこんなヤヴァいニオイがするとは思っていませんでした。

具合悪くなってきた。私ちょっと休憩してくる。

てんやわんやでしたが、約20分ほどして焙煎を終了。

▼出来上がった焙煎カカオ豆がこちらです。

なんか石みたいな色になりましたね。

先が思いやられますが、次に進みましょうか。

【ステージ.2】カカオ豆の種皮の取り除き~ミル(豆挽き)

さぁ次はカカオ豆の皮を剥がす作業です。

私は触りたくないので、殻剥きはkoutaさんお願いします。

呼吸をするのがツラい。むせ返るような嫌なニオイがする。

気の持ちようですよ。チョコレートを思い浮かべてニオイを嗅いでみてくださいよ。

そうか、その手がありましたね!

……っ!!!

これは気の持ち方でなんとかなる問題じゃありません!クサくて吐き気と胸焼けがしますよ!

ふぅ、全部剥き終わりましたよ。

うわぁ、中から何か生まれそうな見た目じゃん。

この皮を向いたものが「カカオニブ」です。このカカオニブ、カカオ100%のチョコレートで栄養豊富なんですよ。soraさん、食べてみてください。

えぇ!この怪しい見た目のものを私が食べるの!?絶対美味しくないじゃん!

さぁ、ご賞味あれ!

まずい!苦いし渋いし食べれたものじゃない!本当にまずい!!

soraさんお疲れ様でした(笑)。ではドリップするために、電動ミルでカカオニブを粉砕しましょう。

▼挽いたカカオニブ

見た目はコーヒー粉みたいですね。それにしても……ニオイがすごい!!

フタを開けた瞬間、ツンと鼻にくる火薬みたいなニオイが……嗅ぐほど吐き気がする。

あ、よく見ると縁が熱で溶けて固まってますよ!

おー、縁だけチョコレート化してますね。

▼電動ミルから取り出した粉(カカオマス)

本当にこれでドリップできるのか心配だけど、とりあえずやってみましょう。

【ステージ.3】ドリップ→試飲

ついにここまでやってきましたね。(私は何もしていないが。)いよいよドリップです!

美味しく飲める未来が見えないんですけど。

カカオニブの直食いは美味しくなかったですけど、ドリップすると新しい発見があるかもしれませんよ。

ずいぶん前向きですね。

やり方はコーヒーをドリップするときと同じ手順です。

▼フィルターにカカオニブを入れて、

▼お湯を注ぎます。

やや香ばしい香りがするけど、何か鼻にくる酸っぱさじゃないですか?

う~ん、ナッツ感もあるような気もするけど、基本的にはクサイです。

▼抽出した液は浅煎りコーヒーよりも薄い色。

できました。早速飲んでみようじゃありませんか!

嫌だ!飲むの怖い!!

大丈夫です!みんなで飲めば怖くない!!せーのでいきましょう。……せーの!!!

\グビ…グビ…/

なにこの味!?渋味とえぐみがヤバすぎる!

苦味がまったくない。渋味が圧倒的に強すぎる。

思ったよりは飲めるけど、健康系のお茶と言われれば納得しちゃう味。

クセのあるハーブティーを煮出しすぎたような感じですよね。

ふたりとも何言ってるんですか……飲み物というレベルじゃないですよ。今回のドリップカカオ検証は失敗かぁ。

……はっ!!美味しく飲めそうな技を思いついちゃいましたよ。

【ステージ.4】砂糖と牛乳を入れてみる

koutaさん、美味しく飲む技って砂糖を入れるってことですか?

そうです。確かカカオがチョコレートになる工程に、「カカオマスに砂糖を入れる」というのがありましたよね。

なるほど!砂糖を入れることでチョコレートっぽい味になるかもしれませんね!

ナイスアイデアです。早速やってみましょう。

これで美味しく飲めるはず。チョコレートのように甘くまろやかな味に……。

……!!!

グハッ……単に微妙な甘さが増しただけで決して美味しくはない。

とてもチョコレート風味とはいえない味ですね。

じゃあ牛乳を入れてみようよ。うん、見た目は悪くない。きっとコクのあるミルキーな味に……。

……!!!!!!

美味しいといえるレベルじゃない。

良くいえば濃厚なオーツミルクって感じ。

元の味のインパクトが強すぎて、もはや味が分からなくなってきた。

たぶん何を入れても飲める味にはならない気がするから、もうこれで終了にしましょう。

美味しいコーヒーを飲んで気持ちと体力を回復

癒しのコーヒーを淹れてくれるkoutaさん

いやぁ、面白かったですね!ドリップカカオは想定外の味でしたけど。

まったくとんでもない検証ですよ。ニオイを思い出すだけで憂鬱になる。

まぁまぁsoraさん。このコーヒーを飲んで今日のことは忘れましょう。

美味しい珈琲タイム

う~ん、やっぱりドリップしたてのコーヒーは美味い!!!

やはり我々にはコーヒーが一番しっくりきますね。

ふたりとも元気になってよかったです。では本日は解散です。お疲れ様でした!

まとめ

カカオを生豆から焙煎し、ドリップして飲めるのか検証してみました。

とてもじゃないけど飲めるものではない!というのが結論です。

カカオはチョコレートに使われている、ドリップしたらきっと美味しく飲めるという期待を見事に裏切ってくれました。

大変な思いをしましたが、個人的にはカカオの生豆にはじめて触れたこともあり、終始ワクワクしながら検証できましたね。

などと言いつつ、私はほとんど何もせずに見てただけですけど。

soraさんとkoutaさんは具合悪そうな場面がありましたが、なんだかんだ楽しんでくれたに違いない。

私はそう思い込んでおきます。

そうだ、いつか編集部のメンバーに「美味しいコーヒーができたので飲んでください」と言って、ドリップカカオを飲ませるドッキリでもやってみようかな。

この記事を書いた人

マツ

マツ

編集部ライター

高校生のときに自販機で買った甘ったるいアメリカンコーヒーを飲んで、コーヒーの魅力に取り憑かれた編集部ライター。毎日欠かさず飲むほどコーヒー好きで、おそらく社会人になってコーヒーを飲まなかった日はほぼありません。まだ味わったことのないコーヒーを探し求めて、色々なお店に足を運んでいます。

-ひつじの編集部
-