コーヒー豆・粉

コーヒー豆・コーヒー粉のおすすめランキング33選!

2022年3月4日

コーヒー豆・コーヒー粉のおすすめ人気ランキング33選!

自宅で美味しいコーヒーを楽しむならば、コーヒー豆やコーヒー粉から自分で淹れるのが最も美味しく楽しめますよね。

ネット通販でコーヒー購入ができる幅はとても広がっており、豆でも粉でも買えるようになっています。

また、焙煎度合いや挽き方なども選べるようになっている今、より自分好みのコーヒーを手に入れることもできるようになっているのです。

コーヒー豆も粉も、銘柄はとてもたくさん存在するので、人気コーヒー銘柄の中でもおすすめしたいコーヒーをそれぞれ厳選しました!

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。

 

もくじ

銘柄別コーヒー豆・粉の選び方

コーヒー豆やコーヒー粉を選ぶときには、自分好みの味わいを見つけるというのが最も重要なポイント。

そのためにはまずコーヒーの銘柄ごとに特徴や味わいを知って、自分に合ったコーヒーを見つけてみましょう。

酸味や苦味などの好みな味わいで選ぶ

産地ごとの特徴

コーヒーは国によって味わいが全く異なっており、大きく分けると『酸味・苦味・甘み・香り』などに分けられます。

どういった味わいであり何に長けているのか、自分の好みにあった味わいのコーヒーを選択するのがおすすめ。

コーヒーの酸味が好きな方は酸味に定評のあるアフリカ系コーヒー、苦味が好きな方はアジア系コーヒーなど。

コーヒーの酸味

フルーティー

コーヒーから感じられる酸味は、ただただ酸っぱいようなものから上品でフルーツのような酸味のものまで幅広くあります。

安価で買えるものはただ酸っぱいだけ、といったこともあるかと思いますが、当サイトでご紹介している酸味の良いコーヒーはフルーティーでスッキリとしたコーヒーばかり!

シトラス系のスッキリとした酸味や、ベリー系の甘酸っぱさもあるような酸味まで華やかな香りと共に楽しめます。

[関連]酸味が強いコーヒーのおすすめランキング10選

コーヒーの苦味

コスタリカコーヒー ジャガーハニー

コーヒーと言えばやはりその独特な苦味。ただ苦いというわけではなく、芳ばしくもあり焼いた香りも楽しめます。

苦味の中には甘さが含まれていることも多く、チョコレートやカカオのようなほろ苦さも印象的。

マカダミアナッツなどの焼いた芳ばしさも感じられるので、コーヒー独特の苦味も楽しんでみましょう。

[関連]苦味が美味しいコーヒーのおすすめランキング12選

コーヒー生産地ごとの特徴で選ぶ

コーヒー生産地ごとの特徴で選ぶ

コーヒーは生産地ごとに味わいが全く異なっており、逆にいうと生産地ごとにその特徴が大きく現れています。

そもそもコーヒー生産が盛んな地域は、コーヒーベルトと言われる赤道直下の国々です。

また標高が高ければ昼夜の寒暖差が激しく実が引き締まり、しっかりとした太陽の恵みを受けることができるような地域で多く栽培されています。

タンザニア/アフリカ系

タンザニア

タンザニアはアフリカ大陸の国のひとつで、キリマンジャロと言われるコーヒー銘柄が有名。

日本人にもかなり人気な銘柄のひとつなので、実は飲んだことがあるという人も非常に多いのではないでしょうか。

とても華やかでフルーティーな酸味に特徴のある味わいが人気の高いタンザニア産コーヒーです。

[関連]タンザニア産コーヒーの人気おすすめランキング20選

インドネシア/アジア系

インドネシア

インドネシアはアジアの国のひとつで、南国風の島国が連なっている地域でもコーヒー栽培は盛ん。

特にインドネシアのマンデリンというコーヒー銘柄は日本でも知られており、重厚なコクと苦味が人気になっています。

ミルクや砂糖とあわせて飲むとより深みを感じられる味わいなので、苦味好きな方には特におすすめです!

[関連]インドネシア産コーヒーの人気おすすめランキング16選

ジャマイカ/中南米系

ジャマイカ

ジャマイカはカリブ海に浮かぶ島国のひとつで、陽気な国民性や自然豊かな国であることでも知られています。

この国で有名なのはブルーマウンテンというコーヒー銘柄で、世界三大コーヒーのひとつとしても有名。

ブルーマウンテンはコーヒーの王様と言われるほど黄金バランスの味わいなので、ぜひ一度は飲んでみて欲しいコーヒーです。

[関連]ジャマイカ産コーヒーの人気おすすめランキング17選

コーヒーの焙煎度合いで選ぶ

焙煎方法による味や風味の違い

コーヒーは生豆の状態から焙煎を行います。この焙煎は事前にお店側でやってくれているものもあれば、自分でできるものもあります。

大きく分けると浅煎りから極深煎りまであり、浅煎りであればスッキリとした酸味のある味わいに。

深く焙煎していけばいくほど苦味やコクがはっきりと出るような味わいになるのが、コーヒーの特徴でもあります。

浅煎り

coffee_roast_light

浅煎りは焙煎時間をもっとも短くして、コーヒー豆がほどよい茶色になる焙煎度合いとなっています。

均等にコーヒー豆を焙煎することで整った味わいになるコーヒーなので、短い時間で均等に焼くという技術はかなり高度なもの。

味わいとしては酸味がはっきりと出やすくなっており、同時に甘みや柔らかな香りも楽しめます。

[関連]浅煎りコーヒーの人気おすすめランキング20選

中煎り

coffee_roast_medium

中煎りはもっともバランス良く苦味や酸味、香りや甘みが抽出されている焙煎度合いです。

とても多くのコーヒー豆はこの中煎りにあわせて焙煎されており、誰にでも飲みやすく口当たりも良いコーヒーです。

飲みやすさに長けている分、特徴的な酸味や苦味などはありませんがコーヒー本来の味わいを楽しみたいなら中煎りがおすすめ。

[関連]中煎りの人気おすすめコーヒーランキング30選

深煎り

coffee_roast_deep

深煎りはもっとも時間をじっくりとかけて、コーヒー豆が黒くなるような仕上がりになっています。

苦味やコクがしっかりと出ているコーヒーの状態で、濃い目のコーヒーが好きな方にもおすすめ。

普段からミルクや砂糖を混ぜて飲むことが多い人にも、ちょうどよいバランスになる深煎りをおすすめします。

[関連]深煎りコーヒーの人気おすすめランキング25選

口当たりや余韻で選ぶ

後味

コーヒーは香りや直接的な味わいはもちろんのこと、口当たりから余韻までもしっかりと楽しめるもの。

例えば酸味寄りの味わいであれば、スッキリしていたりキレのあるコーヒーに仕上がります。

反対に苦味が強めのコーヒーはまろやかであると表現されたり、コクがあるといわれるコーヒーです。

キリマンジャロコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 AGF ちょっと贅沢な珈琲店キリマンジャロブレンド

AGF
ちょっと贅沢な珈琲店 キリマンジャロブレンド
参考価格 1,318円

コスパ最強のキリマンジャロブレンド

AGF独自のT2ACMI焙煎技術により丁寧に焙煎された、キリマンジャロをベースとしたブレンドコーヒー。

タンザニア産キリマンジャロの特徴をしっかりと活かした爽やかな酸味と、ほどよい澄んだコクが調和しています。

とてもお得な大容量タイプでブレンドなので、コスパも非常に良いAGFのキリマンジャロブレンドコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

AGF

内容量

1kg

産地

タンザニア、ブラジル

焙煎

中煎り

No.2 ヨシモトコーヒー キリマンジャロ

ヨシモトコーヒー
キリマンジャロ
参考価格 880円

沖縄の老舗喫茶で飲めるキリマンジャロ

ヨシモトコーヒーは昭和61年に沖縄で創業した老舗の喫茶店で、自家焙煎工場も持っています。

常に焙煎したてで新鮮なコーヒーを飲めるので、ネット通販で購入しても新鮮なままのコーヒーを堪能できます。

キリマンジャロ特有のキレがある酸味はとてもスッキリとさせてくれて、飲みやすい仕上がりです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ヨシモトコーヒー

内容量

200g

産地

タンザニア

焙煎

中煎り

No.3 UCC 香り炒り豆 キリマンジャロブレンド

 

UCC
香り炒り豆 キリマンジャロブレンド
参考価格 668円

香りを楽しむアロマフリージング製法

UCCの香り炒り豆シリーズはコーヒー豆挽きたての香りを逃さないため、アロマフリージング製法を採用。

-2℃で急速冷却しているため香りを逃さないままで、封を開けた瞬間には香りが広がる作りとなっています。

とても爽やかな酸味とやわらかでほどよい苦味があり、キレのある華やかな香りを楽しむことができます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

UCC

内容量

270g

産地

タンザニア、ブラジル

焙煎

中煎り

▼キリマンジャロコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]キリマンジャロコーヒーのおすすめランキングトップ13

ブルーマウンテンコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 小川珈琲 ブルーマウンテンブレンド

京都の老舗で味わえるブルーマウンテンブレンド

まろやかでバランスの整った味わいとして有名なブルーマウンテンをベースに、ブラジルやコロンビアのコーヒー豆をブレンド。

生産地ごとに焙煎度合いを丁寧に変えているので、それぞれの良さが際立った飲みやすい味わいとなっています。

部屋に満ちるような香りと口に入れた瞬間に広がる香りを楽しむなら、まずはブルーマウンテンです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

小川珈琲

内容量

180g

産地

ジャマイカ、ブラジル

焙煎

浅煎り

No.2 HORI COFFEE プレミアムブルーマウンテンブレンド

 

HORI COFFEE
プレミアムブルーマウンテンブレンド
参考価格 2,500円

芳醇な香りとコクに定評のある極上のブルマン

香りや甘みなどに特徴のあるブルーマウンテンブレンドで、芳醇で広がる香りがとても特徴的。

適度な酸味と苦味があるので飲みやすく、スッキリとしながらもコクのある後味が印象的です。

味わい以上に香りがとても華やかで上品なので、嗅いでみるだけでも楽しめるコーヒーになっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

HORI COFFEE

内容量

200g

産地

ジャマイカ、コロンビア

焙煎

深煎り

No.3 自家焙煎コーヒーマウンテン ブルーマウンテンブレンド50

 

自家焙煎コーヒーマウンテン
ブルーマウンテンブレンド50
参考価格 2,592円

上品でコシのあるようなブルーマウンテンブレンド

創業から一貫して焙煎技術を磨き続けてきた自家焙煎コーヒーマウンテンの丁寧な焙煎によって仕上がったブルーマウンテンブレンド。

ジャマイカ、パナマ、コロンビアなどのコーヒー豆をブレンドし、華やかながら全体的に整ったバランスの良い味わいです。

とても上品な飲み口になっておりスッと入ってくるような味わいで、後口はスッキリとした飲みやすさになっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎コーヒーマウンテン

内容量

300g

産地

ジャマイカ、パナマ

焙煎

中煎り

▼ブルーマウンテンコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]ブルーマウンテンコーヒーのおすすめランキングトップ12

モカコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 AGF マキシム マスターおすすめのモカブレンド

 

AGF
マキシムマスターおすすめのモカブレンド
参考価格 494円

コーヒーマイスター監修のモカブレンド

エチオピアやベトナムなどのコーヒー豆をブレンドし、モカならではの酸味を引き立たせたこのコーヒー。

ほどよいコクとやわらかな苦味、そしてモカ特有のしっかりとした華やかな酸味が特徴的な味わいです。

風味鑑定士という資格を持っているコーヒーマスターが監修し、絶妙な調和を楽しむことができるようになっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

AGF

内容量

260g

産地

エチオピア、ベトナム

焙煎

独自焙煎

No.2 銀河コーヒー ゲイシャ モカ G1

 

銀河コーヒー
ゲイシャ モカ G1
参考価格 1,680円

最高等級G1を誇るゲイシャ種のモカ

ゲイシャ種はとても華やかで上品な香りが特徴的な品種で、ジャスミンのように芳醇な香りを楽しめます。

エチオピアで収穫されるモカという銘柄なので、華やかさはもちろんのことフルーティーな酸味と甘みが特徴的。

G1ならではのクリアで雑味のない味わいも印象的で、個性が際立ったコーヒーとも言えます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

銀河コーヒー

内容量

150g

産地

エチオピア

焙煎

中煎り

No.3 自家焙煎かかし珈琲 エチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル

 

自家焙煎かかし珈琲
エチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル
参考価格 1,580円

ミカンやベリーのようなフルーツ感溢れるモカ

モカ独特の香りがとても強く、フルーティーな香りはミカンやベリーのようなフルーツ感が溢れています。

オリジナル設計のロースターでムラなく焙煎されるので、コーヒー豆本来の味と香りを最大限に引き出している仕上がり。

注文後に焙煎する手順を踏んでいるので、新鮮で香り豊かなモカコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎かかし珈琲

内容量

200g

産地

エチオピア

焙煎

中煎り

▼モカコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]モカコーヒーのおすすめランキングベスト12

コナコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 ヒルス ハーモニアスハワイコナブレンド

 

ヒルス
ハーモニアスハワイコナブレンド
参考価格 915円

最も手軽に楽しめるハワイコナブレンド

ヒルスはアメリカで有名な老舗のコーヒーブランドで、サンフランシスコを中心として多くの人気コーヒーを販売。

ハーモニアスシリーズでは世界中から集めたアラビカ種100%のコーヒー豆をベースとし、各地の人気コーヒー豆をブレンドしています。

ハワイ島コナ産のコーヒー豆はとても高価ですが、ブレンドなので比較的手に入りやすく、お試しとしても良いコスパ最強のハワイコナブレンドです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ヒルス

内容量

170g

産地

ハワイ、ブラジル

焙煎

中煎り

No.2 ライオンコーヒー コナ100%24キャラット

 

ライオンコーヒー
コナ100%24キャラット
参考価格 4,104円

フレーバーコーヒーで有名なライオンコーヒー

ハワイ土産としても日本人の人気が高まってきている、フレーバーコーヒーで有名なライオンコーヒーのコナコーヒー。

コナを100%使用しているのでブレンドではなくコナ本来の美味しさや風味を楽しむことができます。

価格は高くなりがちですが、選りすぐりのコナ豆を使用しているので数量限定な今がチャンスです!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ライオンコーヒー

内容量

198g

産地

ハワイ

焙煎

浅煎り

No.3 ロイヤルコナ 100%コナ

ハワイトップブランドの100%コナコーヒー

ロイヤルコナもハワイでトップブランドとして知られているコーヒーブランドで、高級品として多くのショップで販売されています。

日本でもネット通販で手に入るようになった今、100%コナコーヒーはとても数少ないので在庫限りになるでしょう。

トロピカルなコナ特有の香りはもちろんのこと、爽やかで酸味のあるコナコーヒーをぜひ楽しんでみてください。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ロイヤルコナ

内容量

198g

産地

ハワイ

焙煎

中煎り

▼コナコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]コナコーヒーの人気おすすめランキング13選

マンデリンコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 東京コーヒー スマトラマンデリンオーガニック

 

東京コーヒー
スマトラマンデリンオーガニック
参考価格 1,780円

オーガニックで有名な東京コーヒーのスマトラマンデリン

東京コーヒーは創業からオーガニックコーヒーを多く展開しているコーヒーブランドで、無農薬のJAS認証コーヒーを販売。

スマトラマンデリンは特定農家から仕入れたシングルオリジンで、深煎りにより深いコクと苦味を楽しめます。

カフェインレスの薄さなどは一切なく、マンデリン特有のコクと苦味はバッチリとハマっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

東京コーヒー

内容量

200g

産地

インドネシア

焙煎

深煎り

No.2 南薫堂珈琲 マンデリン

強すぎず穏やかではない苦味とコク

スマトラ式といわれる独特な製法で作られたマンデリン豆で、深煎り焙煎を行いより際立ったコクと苦味を楽しめます。

深いコクの奥にはほどよい甘みも感じられ、ときにはまろやかにも感じさせてくれる味わい。

しっかりとした味わいがベースなので、ミルクや砂糖とあわせて飲むのもおすすめの飲み方になっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

南薫堂珈琲

内容量

200g

産地

インドネシア

焙煎

極深煎り

No.3 自家焙煎コーヒーマウンテン マンデリン・フレンチ

 

自家焙煎コーヒーマウンテン
マンデリン・フレンチ
参考価格 1,878円

 

スーパーグレード規格の深煎りマンデリン

マンデリンは元々、今では世界三大コーヒーと言われているブルーマウンテンよりも人気のコーヒーでした。

マンデリン独特のコクや苦味は今でも健在で、中にはマンゴーフレーバーとも感じられる甘みが残っています。

なめらかながら深いコクもしっかりとあり、後味の余韻まで長く楽しめるコーヒーとなっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎コーヒーマウンテン

内容量

300g

産地

インドネシア

焙煎

極深煎り

▼マンデリンコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]マンデリンの人気おすすめランキング15選

サントスコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 プリンスコーヒー ブラジル・サントス

プリンスコーヒー
ブラジル・サントス
参考価格 1,080円

味のバランスが整ったサントスNo.2を使用

ブラジル産のコーヒー豆は世界的にも消費量が最も多く、その整ったバランスの良さが人気のコーヒー豆です。

中でもサントスNo.2は高級品として世界中に輸出されており、多くのファンを魅了する飲みやすさになっています。

プリンスコーヒーでは鮮度を大事にしているので、購入後に丁寧な焙煎を行い、2~3営業日で届くよう手配されていますよ。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

プリンスコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

中煎り

No.2 キャラバンコーヒー ブラジル サントス No.2

 

キャラバンコーヒー
ブラジル サントス No.2
参考価格 1,037円

やわらかな酸味とナッツの芳ばしさが調和したコーヒー

ブラジル特有のバランスの良さは健在ながら、酸味よりもまろやかな苦味が印象的。

やさしくやわらかな酸味がスッキリとさせてくれて、香りはコーヒー本来の芳ばしさが楽しめるコーヒーに。

ボディ感もちょうどよく、まさにどんなタイミングで飲むにも合うといったコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

キャラバンコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

独自焙煎

No.3 bears coffee サントスブラジルショコラ

 

bears coffee
サントスブラジルショコラ
参考価格 1,070円

   

チョコのように芳醇な香りが楽しめるサントスコーヒー

酸味や苦味は整ったバランスを維持しており、特徴的なのはチョコレートのような甘みと芳醇な香り。

チョコレート特有のほろ苦さもありますが、ナッツと合わせた芳ばしくも芳醇な香りが印象的です。

商品名の由来にもなっているチョコレートを最も感じやすいため、デザートと合わせて飲むのもおすすめなコーヒー。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

bears coffee

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

独自焙煎

▼サントスコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]サントスコーヒーの人気おすすめランキング9選

トラジャコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 茜珈琲 カロシ・トラジャ

 

茜珈琲
カロシ・トラジャ
参考価格 1,000円

   

まろやかなコクが際立つカロシ・トラジャ

様々な味わいのコーヒーを生産するインドネシアの中でも、コクやクリーミーな味わいが特徴的なトラジャ。

味と香り、そして特徴的なコクは明確でありながらも飲みやすく余韻まで楽しめる仕上がりです。

ホットではもちろんのこと、アイスで飲んでもクリーミーさが感じられて美味しいコーヒーを楽しめます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

茜珈琲

内容量

200g

産地

インドネシア

焙煎

深煎り

No.2 キーコーヒー トラジャブレンド

上品な香りと甘みのある格調高い味わい

幻の名品とも言われるトアルコトラジャはキーコーヒーならではで、豊かな香りとコクを楽しめます。

やわらかな甘みもあり全体的に格調高さを感じられる、上品で飲みやすい味わいのコーヒー。

品質も年々と上昇しているので今や高級品のひとつですが、買いやすい価格設定なのもおすすめポイント。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

キーコーヒー

内容量

200g

産地

インドネシア、メキシコ

焙煎

中深煎り

No.3 パロットコーヒー スラウェシ・タナ・トラジャ

 

パロットコーヒー
スラウェシ・タナ・トラジャ
参考価格 1,242円

   

深煎りで強めの苦味とコクを楽しむトラジャ

トラジャ特有の苦味やコクを特に強く全面へと出した味わいになっている、深煎り仕様のトラジャコーヒー。

独自の直火式焙煎機で丁寧に焙煎され、深煎りながらも焦げが入りにくく強い火力でふっくらとしたコーヒー豆に仕上がっています。

とてもしっかりと苦味を感じられるので、ホットも良いですがアイスで飲むのがおすすめのコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

パロットコーヒー

内容量

200g

産地

インドネシア

焙煎

深煎り

▼トラジャコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]トラジャコーヒーの人気おすすめランキング9選

エメラルドマウンテンコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 プリンスコーヒー エメラルドマウンテン

プリンスコーヒー
エメラルドマウンテン
参考価格 2,330円

日本でも有名な優雅なエメラルドマウンテン

コロンビア産コーヒーとして最も有名な銘柄といえば、日本では缶コーヒーで知られているエメラルドマウンテンです。

多くの方が一度ぐらいは飲んだことのあるエメマンも、ブレンドではなく100%で飲めるのはプリンスコーヒーの良さ。

とても香りが華やかでソフトな口当たりに、酸味・苦味・甘みのバランスが良い上品な味わいを楽しめます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

プリンスコーヒー

内容量

200g

産地

コロンビア

焙煎

中煎り

No.2 ばいせん工房 エメラルドマウンテン

 

ばいせん工房
エメラルドマウンテン
参考価格 1,355円

焙煎と挽き方が選べるばいせん工房のエメマン

エメラルドのように輝く山岳地帯から採れるエメラルドマウンテンは、香りが際立っており、まろやかな味わい。

酸味と苦味のバランスはちょうどよく、複雑さの一切ないクリアな味わいとほどよいコクが楽しめます。

ばいせん工房では焙煎度合いと挽き方を購入時に選ぶこともできるので、自分好みで選んでぜひ購入してみてください。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ばいせん工房

内容量

200g

産地

コロンビア

焙煎

中煎り

No.3 成城石井 エメラルドマウンテンブレンド

 

成城石井
エメラルドマウンテンブレンド
参考価格 1,069円

コスパが良いエメラルドマウンテンブレンド

エメラルドマウンテンの中でもコスパが特に良いのは、やはり他コーヒー豆とのブレンド。

エメラルドマウンテンの良さはそのままに、グァテマラ産コーヒー豆をブレンドしたことでよりバランスの良さが際立ちます。

コスパがとても良いのでリピートもしやすく、深みのあるコクと甘みはクセになるほどの味わいです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

成城石井

内容量

200g

産地

コロンビア、グァテマラ

焙煎

中浅煎り

▼エメラルドマウンテンのおすすめまとめはこちら

[関連]エメラルドマウンテンコーヒーの人気おすすめランキング10選

ゲイシャコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 銀河コーヒー ゲイシャ モカ G1

 

銀河コーヒー
ゲイシャ モカ G1
参考価格 1,680円

数限りあるゲイシャの最高等級G1モカ

エチオピアで採取されたゲイシャ100%のコーヒー豆なので、とても華やかで香り高いコーヒーに仕上がっています。

ゲイシャ特有のジャスミンフレーバーはもちろんのこと、フローラルな香りも同時に楽しめる味わいに。

フルーティーな甘みと心地よい酸味や苦味、透明感のあるクリアな味わいも同時に楽しめるコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

銀河コーヒー

内容量

150g

産地

エチオピア

焙煎

中煎り

No.2 サザコーヒー パナマゲイシャブレンド

 

サザコーヒー
パナマゲイシャブレンド
参考価格 1,055円

ふくよかな柑橘系の香りと濃厚なカカオ感

パナマ産のゲイシャ種をベースとしたブレンドコーヒーで、華やかな香りと甘みと酸味のある柑橘系の香りが特徴的。

甘みの中には濃厚なカカオ感もありますので、優雅で上品な味わいを楽しむことができます。

ほどよいコクとボディ感も楽しめるので、非日常感を楽しめるコーヒーのひとつとしておすすめです!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

サザコーヒー

内容量

200g

産地

エルサルバドル、パナマ、コロンビア

焙煎

深煎り

No.3 Scrop COFFEE ROASTERS パナマ ゲイシャ

 

Scrop COFFEE ROASTERS
パナマ ゲイシャ
参考価格 4,840円

最も有名なエスメラルダ農園から輸入したパナマゲイシャ

ゲイシャ種はコーヒー品評会で過去最高額を記録したこともある、パナマでは大人気のコーヒー銘柄です。

そんなコーヒーを排出したのが、今や世界的にも有名となったエスメラルダ農園。

非常に華やかなフレーバーと共に、スッキリとした余韻の甘みも同時に味わえるコーヒーに仕上がっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

Scrop COFFEE ROASTERS

内容量

100g

産地

パナマ

焙煎

中煎り

▼ゲイシャコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]ゲイシャコーヒーの人気おすすめランキング11選

ピーベリーコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 パオコーヒー ブラジル・ピーベリー

最高級豆を気軽に楽しめるブラジル・ピーベリー

ブラジル産コーヒー豆の特徴といえば、他にはないほど整ったバランスの良さが人気のコーヒー豆。

そんなブラジル産のコーヒー豆の中でも、わずか5%程度しか採れないピーベリーを集めたのがこちらです。

さらに香り高くナッツのような芳ばしさを感じられ、クセがなくほのかな酸味とコクが楽しめます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

パオコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

中煎り

No.2 マウンテンサンダー ハワイ島コナ産ピーベリー

マウンテンサンダー
ハワイ島コナ産ピーベリー
参考価格 23,800円

TV取材も受けた有名農園のコナ産ピーベリー

ハワイ島コナ産のコーヒー豆といえば、世界三大コーヒーのひとつで高級なコーヒー豆としても知られています。

そんなコナ産のコーヒー豆の中でも、ピーベリーだけを厳選しているので超高級品となっています。

コスパは悪いですが、コナ産特有のトロピカル感がとても強く、香りの良さと味わいの深さでギフトとしてもぴったりです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

マウンテンサンダー

内容量

450g

産地

ハワイ

焙煎

深煎り

No.3 松屋珈琲 ブラジルサントス・ピーベリー

生豆で購入できるブラジルのサントス・ピーベリー

松屋珈琲では多くのコーヒー生産国からコーヒーを輸入しており、その多くを生豆のまま販売しています。

ブラジル産のコーヒー豆はバランスの良さが特徴的で、またサントス港から輸出されるサントス銘柄は一番人気。

ピーベリーなので採れる量はとても少ないものの、コスパの良い生豆で販売しているため購入しやすい価格設定にもなっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

松屋珈琲

内容量

1kg

産地

ブラジル

焙煎

生豆

▼ピーベリーコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]ピーベリーコーヒーのおすすめランキングトップ10

コピ・ルアクコーヒーの人気おすすめランキング

No.1 WORCAS コピ・ルアク

超高級コーヒーと知られるギフト専門コピ・ルアク

世界で最も高価なコーヒーとも言われているのが、ジャコウネコのフンから採れるコピ・ルアク。

その独特な香りと風味は他にない美味しさを秘めており、日本では1杯あたり数千円という価格で販売されているほどです。

ギフト用としてもよく使われており、独特な甘みや酸味は“死ぬまでに飲みたい一杯”としても映画などで有名です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

WORCAS

内容量

100g

産地

インドネシア

焙煎

独自焙煎

No.2 Ufu coffee コピルアック

豆を1粒ずつ丁寧に詰めたコピルアック

生産量を重視したジャコウネコの飼育ではなく、野生のジャコウネコから採れたコーヒー豆のみを使用。

ストレスのない状況で育ったジャコウネコから採れるため、濃厚で甘みのある独特な味わいを楽しめます。

こちらもギフトとしておすすめしたい一品なので、自分用よりも贈り物として絶対に喜ばれること間違いなしです!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

Ufu coffee

内容量

70g

産地

インドネシア

焙煎

独自焙煎

No.3 コピルアク コピ・ルアク

最も入手しやすい生産量と価格のコピ・ルアク

独特の甘みや上質な香り、そして舌触りなめらかな味わいを一気に楽しめるコピ・ルアク。

50gという内容量ながらの価格ではありますが、コピ・ルアクとしては入手しやすく試しやすい価格帯にもなっています。

ここまでにご紹介したコピ・ルアクよりも、自分用に飲んでみたいコーヒーとしておすすめです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

コピルアク

内容量

50g

産地

インドネシア

焙煎

独自焙煎

▼コピ・ルアクコーヒーのおすすめまとめはこちら

[関連]コピ・ルアクコーヒーの人気おすすめランキング9選

銘柄別コーヒー豆・粉の一覧表

コーヒー豆とコーヒー粉でおすすめしたい銘柄別のコーヒーランキング一覧がこちら!

数多くのコーヒーをご紹介していますが、まずは自分好みのコーヒー銘柄から選んで特別なコーヒーを見つけてみましょう。

No 商品 商品名 Amazon価格 内容量 産地 焙煎
1 AGF/ちょっと贅沢な珈琲店キリマンジャロブレンド

1,318円

1kg タンザニア、ブラジル 中煎り
2 ヨシモトコーヒー/キリマンジャロ

880円

200g タンザニア 中煎り
3 UCC/香り炒り豆 キリマンジャロブレンド

668円

270g タンザニア、ブラジル 中煎りv
4 小川珈琲/ブルーマウンテンブレンド

1,512円

180g ジャマイカ、ブラジル 浅煎り
5 HORI COFFEE/プレミアムブルーマウンテンブレンド

2,500円

200g ジャマイカ、コロンビア 深煎り
6 自家焙煎コーヒーマウンテン/ブルーマウンテンブレンド50

2,592円

300g ジャマイカ、パナマ 中煎り
7 AGF/マキシム マスターおすすめのモカブレンド

494円

260g エチオピア、ベトナム 独自焙煎
8 銀河コーヒー/ゲイシャ モカ G1

1,680円

150g エチオピア 中煎り
9 自家焙煎かかし珈琲/エチオピア イルガチェフェG1 ナチュラル

1,580円

200g エチオピア 中煎り
10 ヒルス/ハーモニアスハワイコナブレンド

915円

170g ハワイ、ブラジル 中煎り
11 ライオンコーヒー/コナ100%24キャラット

4,104円

198g ハワイ 浅煎り
12 ロイヤルコナ/100%コナ

3,349円

198g ハワイ 中煎り
13 東京コーヒー/スマトラマンデリンオーガニック

1,780円

200g インドネシア 深煎り
14 南薫堂珈琲/マンデリン

1,160円

200g インドネシア 極深煎り
15 自家焙煎コーヒーマウンテン/マンデリン・フレンチ

1,878円

300g インドネシア 極深煎り
16 プリンスコーヒー/ブラジル・サントス

1,080円

200g ブラジルv 中煎り
17 キャラバンコーヒー/ブラジル サントス No.2

1,037円

200g ブラジル 独自焙煎
18 bears coffee/サントスブラジルショコラ

1,070円

200g ブラジル 独自焙煎
19 茜珈琲/カロシ・トラジャ

1,000円

200g インドネシア 深煎り
20 キーコーヒー/トラジャブレンド

829円

200g インドネシア、メキシコ 中深煎り
21 パロットコーヒー/スラウェシ・タナ・トラジャ

1,242円

200g インドネシア 深煎り
22 プリンスコーヒー/エメラルドマウンテン

2,330円

200g コロンビア 中煎り
23 ばいせん工房/エメラルドマウンテン

1,355円

200g コロンビア 中煎り
24 成城石井/エメラルドマウンテンブレンド

1,069円

200g コロンビア、グァテマラ 中浅煎り
25 銀河コーヒー/ゲイシャ モカ G1

1,680円

150g エチオピア 中煎り
26 サザコーヒー/パナマゲイシャブレンド

1,055円

200g エルサルバドル、パナマ、コロンビア 深煎り
27 Scrop COFFEE ROASTERS/パナマ ゲイシャ

4,840円

100g パナマ 中煎り
28 パオコーヒー/ブラジル・ピーベリー

732円

200g ブラジル 中煎り
29 マウンテンサンダー/ハワイ島コナ産ピーベリー

23,800円

450g ハワイ 深煎り
30 松屋珈琲/ブラジルサントス・ピーベリー

1,260円

1kg ブラジル 生豆
31 WORCAS/コピ・ルアク

4,900円

100g インドネシア 独自焙煎
32 Ufu coffee/コピルアック

9,800円

70g インドネシア 独自焙煎
33 コピルアク/コピ・ルアク

3,280円

50g インドネシア 独自焙煎

コーヒーを美味しく淹れる・飲む方法

コーヒー

コーヒー豆やコーヒー粉の状態で購入するということは、自分でコーヒーマシンやドリッパーを使って淹れるということになります。

そんなときに使える豆知識を、美味しく淹れる方法と飲む方法をあわせてご紹介していきます。

大きく分けたポイントは5つで、ぜひコーヒーを淹れるときに覚えておくとおすすめですよ。

ポイント

① 90℃~95℃のお湯を用意

② コーヒー粉を平らに入れる

③ 少量を注いで30秒ほど蒸らす

④ 円を描くようにゆっくりと注いでいく

⑤ 全行程2~3分で終わらせる

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。仕事中には様々なコーヒーを飲み、休日には喫茶店を巡るような日々を過ごしている。日本ではなかなか味わえないような、凝ったコーヒーやクセのあるコーヒーを好んで飲んでいる。

-コーヒー豆・粉
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-