味わい別コーヒー

フルーティーで華やかな香りのコーヒーおすすめランキング10選【2022年版】

フルーティーで華やかな香りのコーヒー人気おすすめランキング10選

コーヒーは濃厚なコクや芳ばしい香りだけではなく、フルーツのような甘みや酸味、いわゆるフルーティー感を持つコーヒーもあります。

そのままフルーツではなくほどよく香る程度なので、スッキリと飲めて爽やかな飲み口になるのが特徴です。

特に朝イチに飲むコーヒーとしてはかなりおすすめで、食後などにも口をスッキリとさせることができるコーヒーと言えます。

今回はフルーティーなコーヒーの中でもさらに香りや味わいが良いものを厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

吉野

吉野

編集部ライター

編集部ライター。コーヒーの深さ、面白さに気づきコーヒーの良さをもっと世間に広めようとひつじの珈琲タイムの立ち上げに関わる。

 

フルーティーなコーヒーとは

ホットコーヒー

コーヒーはそれぞれに特徴があり、その香りひとつ取ってみても違いが大きくあります。

フルーティーなコーヒーとは、フルーツのように瑞々しさがあったり、ジューシーさがあるコーヒーのこと。

味の捉え方は人それぞれですが、一度は食べたことがあるフルーツならばイメージしやすいですよね。

香りだけではなく風味からもフルーツを感じられる、そんなコーヒーをご紹介します。

フルーティーなコーヒーの選び方

フルーティーな香りに特徴のあるコーヒーは、いくつかのポイントから選ぶことができます。

好みのフルーティーフレーバーで選ぶ

フルーティーフレーバー

アメリカスペシャルティコーヒー協会が定めているコーヒーのフレーバーについては、このようにかなり細かく分けられています。

フルーティーという香りだけではなく、ベリー系・ドライフルーツ系・シトラス系・その他フルーツ系などの香りがあります。

またその中でもかなり細かく分けられているので、好みのフルーツフレーバーから選ぶというのが最初となるでしょう。

コーヒー産地ごとの特徴で選ぶ

産地ごとの特徴

フルーティー感がとても強いコーヒーは、酸味や甘みなどの香りがより強く出ていることが多いです。

嫌な雑味は少なくスッキリと飲めるような飲み口になっていることも、フルーティー感の強さのポイントとなっています。

特にエチオピア産コーヒーやハワイ産コーヒーなどは、独特の風味を持ったフルーティー感が楽しめますよ。

独特な風味が強いアジア産

アジア

インドネシアやベトナムなど、アジアを中心としたコーヒー豆は独特な香りを持っています。

アジア特有のハーブ感などもコーヒー豆に現れており、生産される島ごとにも味わいが異なります。

ハーブやスパイスなどの風味は、アジア産のコーヒー豆だからこその特徴ですね。

[関連]インドネシア産コーヒーの人気おすすめランキング16選

野生のキレと酸味のアフリカ産

アフリカ

アフリカはコーヒー発祥の地でもある、エチオピアなどでもコーヒー豆が生産されています。

有名なコーヒー豆としてはエチオピアのモカ、タンザニアのキリマンジャロなどですね。

アフリカ大陸というとても広大な大地を感じさせ、野生感とキレの良さを体現しています。

[関連]タンザニア産コーヒーの人気おすすめランキング20選

バランスの良さと華やかさの中南米産

中南米

世界トップクラスのコーヒー生産量を誇るのが、ブラジルを代表とする中南米。

生産量と消費量共にずば抜けており、暑いブラジルからは想像できないコーヒー好きが集まっています。

バランスの良いコーヒー豆がとても多く、中には華やかなコーヒー豆も豊富です。

[関連]ブラジル産コーヒーのおすすめランキングベスト10

コーヒーの焙煎方法で選ぶ

焙煎方法による味や風味の違い

コーヒーはどれだけ焙煎するかによって味や香りが変わってくるものなので、焙煎度合いがとても重要。

例えば浅煎り寄りにすると酸味がハッキリと出るようになり、フルーティー感をより楽しみやすくなってきます。

苦味を抽出しすぎないような焙煎度合いにしておけば、ほどよいフルーティー感やスッキリとした飲み口になるのです。

濃度や味のバランスで選ぶ

後味

味や香りがフルーティーであるというだけではなく、飲んだ後の余韻はどうなのか、これも重要です。

苦味が強いコーヒーはコクを感じやすくまたまろやかな飲み口になっていますが、反対に酸味が強いとキレやスッキリ感が強くなります。

またコーヒーの濃度によってもスッキリと終わるのか、まろやかな余韻が長引くのかも違ってくるものです。

フルーティーなコーヒーのおすすめランキング

No.1 銀河コーヒー ゲイシャ モカ G1

 

銀河コーヒー
ゲイシャ モカ G1
参考価格 1,680円

フルーツ感とフローラルな香りのゲイシャモカG1

エチオピア産コーヒーはとてもフルーティーなコーヒーが多いですが、フルーティーでありながらフローラルな香りを持つのがこのコーヒー。

ジャスミンなどの華やかな香りも感じられて、全体的に上品な飲み口になっています。

モカ特有の果実感をしっかりと感じられる上に、透明感のある甘みとほどよい酸味が特徴的です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

銀河コーヒー

内容量

150g

産地

エチオピア

焙煎

中煎り

No.2 小川珈琲 有機珈琲フェアトレードモカブレンド

 

小川珈琲
有機珈琲フェアトレードモカブレンド
参考価格 634円

気高く上品なエチオピア産モカブレンド

ほどよい苦味とエチオピアコーヒー特有のしっかりとした酸味、鼻に抜けるような爽やかさを併せ持つコーヒーです。

酸味がとてもフルーツ感のある風味なので、シトラス系のフルーティーさを感じられます。

エチオピアとグァテマラのブレンドコーヒーなのでとても飲みやすく、上品なフルーティー感を感じられるコーヒーになっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

小川珈琲

内容量

170g

産地

エチオピア、グァテマラ

焙煎

中煎り

No.3 神戸ファクトリーナコーヒー ロイヤルキリマンジャロ

神戸ファクトリーナコーヒー
ロイヤルキリマンジャロ
参考価格 1,890円

芳醇な甘酸っぱさの強いキリマンジャロ

ちょうどよい中煎りにすることで酸味と苦味のバランスがよく出ており、なおかつキリマンジャロ特有の甘酸っぱさを感じられます。

豊かな香りがいつもの時間を特別な時間に変えてくれるような、そんな時間を演出してくれます。

大粒のコーヒー豆を使用しているのでしっかりとした風味を感じられますが、スッキリとした後口で飲みやすくなっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

神戸ファクトリーナコーヒー

内容量

300g

産地

タンザニア

焙煎

中煎り

No.4 ヒルス ハーモニアスハワイコナブレンド

 

ヒルス
ハーモニアスハワイコナブレンド
参考価格 915円

爽やかでトロピカルな酸味とフルーティー感

アメリカで唯一のコーヒー栽培を行っているハワイでは、トロピカル感の強いコーヒーがとても多く作られています。

中でもコナ島で作られるコーヒーはかなり品質が高く、このコナをベースとして作られたコナブレンドがこちら。

しっかりとした酸味は南国系のフルーティー感を持ち、爽やかな酸味とほどよいコクがとても美味しく仕上がっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ヒルス

内容量

170g

産地

ハワイ、ブラジル

焙煎

中煎り

No.5 自家焙煎かかし珈琲 エチオピア イルガチェフェG1 ウォッシュト

自家焙煎かかし珈琲
エチオピア・イルガチェフェG1 ウォッシュト
参考価格 1,550円

レモンのようなシトラス系フルーティーなイルガチェフェG1

スッキリとした酸味と甘さを持っており雑味のないクリアな味わいで有名なイルガチェフェG1。

フルーツフレーバーは特にレモンのようなシトラス系になっており、紅茶のような香ばしさと上品な香りもあります。

中浅煎りにしていることでこれらの特徴をより引き出し、とても飲みやすい味わいに仕上げてくれています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎かかし珈琲

内容量

200g

産地

エチオピア

焙煎

中煎り

No.6 プリンスコーヒー キリマンジャロAA

プリンスコーヒー
キリマンジャロAA
参考価格 1,200円

リフレッシュできる甘酸っぱさの印象的なコーヒー

キリマンジャロAAはアフリカ最高峰の山であるキリマンジャロの高品質コーヒー豆なので、特徴的な酸味と甘みがとても強いです。

仕事や家事で疲れたときにほっと一息つけるような、そしてリフレッシュできるようなスッキリ感のあるコーヒーに仕上がっています。

キリマンジャロ特有の甘酸っぱさと、爽やかなフルーティー感が他にはない風味となっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

プリンスコーヒー

内容量

200g

産地

タンザニア

焙煎

深煎り

No.7 AGF ちょっと贅沢な珈琲店 モカブレンド

マイルドで飲みやすくフルーティー感もあるモカブレンド

豊かなコクと深い味わいで人気のAGF「ちょっと贅沢な珈琲店」シリーズの中から、フルーティー感のあるコーヒーと言えばモカブレンドです。

エチオピア産モカ豆をふんだんに使用したコーヒーなので、フルーティーな香りと甘い豊かなコクが特徴的です。

ブラジル産のコーヒー豆もブレンドしているので酸味や苦味のバランスが良く、コーヒー初心者も飲みやすい味わいに仕上がっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

AGF

内容量

1kg

産地

エチオピア、ブラジル

焙煎

独自焙煎

No.8 キーコーヒー プレミアムステージ モカブレンド

キーコーヒー
プレミアムステージ モカブレンド
参考価格 432円

甘い香りと口当たりソフトなモカブレンド

キーコーヒーでiTQiの2016年優秀味覚賞を受賞したモカブレンドは、世界で認められたコーヒーとなっています。

食品の安全性や品質、そしてもちろん味わいを含めて厳しい審査をくぐり抜けたのがこのモカブレンドなのです。

個性豊かな甘い香りと上品なフルーツの香り、しかしコクはしっかりとあるという深い味わいのコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

キーコーヒー

内容量

200g

産地

エチオピア、ブラジル

焙煎

中深煎り

No.9 UCC 珈琲探求 ハワイコナブレンド

 

UCC
珈琲探求 ハワイコナブレンド
参考価格 1,291円

トロピカルな風味が人気のハワイコナブレンド

ハワイといえば南国特有のフルーツ感がとても強いコーヒーを栽培しており、日本でもかなりの人気を誇ります。

UCCの珈琲探求シリーズではハワイコナをベースとして、明るい酸味と爽やかな甘みを活かしたコーヒーに仕上げています。

封を開けた瞬間の爽やかな香りと、お湯を淹れてから時間が経つごとに風味が変わっていく楽しみ方もできてしまいます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

UCC

内容量

200g

産地

ハワイ、ブラジル

焙煎

単品焙煎

No.10 成城石井 キリマンジャロエーデルワイス

 

 成城石井
キリマンジャロエーデルワイス
参考価格 853円

エーデルワイス農園で取れた高品質のコーヒー豆を使用

成城石井は世界各地から厳選されたコーヒー豆のみを仕入れており、そのひとつがエーデルワイス農園です。

タンザニア産キリマンジャロを仕入れる上で利用している農園で、豊かな土壌と降雨条件の揃った土地柄を活かしたコーヒーとなっています。

ほどよい酸味と豊かな甘みがとても美味しく、フルーティーな香りもほのかに香る味わいとなっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

成城石井

内容量

200g

産地

タンザニア

焙煎

浅煎り

フルーティーなコーヒーの一覧表

フルーティーなコーヒーは好みのフルーツフレーバーかどうかが重要なので、コスパが高いものも多くあります。

自分好みのフルーツフレーバーを見つけることがポイントとなってくるので、ぜひ色々と試してみましょう!

No 商品 商品名 Amazon価格 内容量 産地 焙煎
1 銀河コーヒー/ゲイシャ モカ G1

1,680円

150g エチオピア 中煎り
2 小川珈琲/有機珈琲フェアトレードモカブレンド

634円

170g エチオピア、グァテマラ 中煎り
3 神戸ファクトリーナコーヒー/ロイヤルキリマンジャロ

1,890円

300g タンザニア 中煎り
4 ヒルス/ハーモニアスハワイコナブレンド

915円

170g ハワイ、ブラジル 中煎り
5 自家焙煎かかし珈琲/エチオピア イルガチェフェG1 ウォッシュト

1,550円

200g エチオピア 中煎り
6 プリンスコーヒー/キリマンジャロAA

1,200円

200g タンザニア 深煎り
7 AGF/ちょっと贅沢な珈琲店 モカブレンド

1,382円

1kg エチオピア、ブラジル 独自焙煎
8 キーコーヒー/プレミアムステージ モカブレンド

432円

200g エチオピア、ブラジル 中深煎り
9 UCC/珈琲探求 ハワイコナブレンド

1,291円

200g ハワイ、ブラジル 単品焙煎
10 成城石井/キリマンジャロエーデルワイス

853円

200g タンザニア 浅煎り

粗挽きと低めのお湯で淹れるとよりフルーティー感を楽しめる

コーヒー

コーヒーのフルーティーな風味を楽しむならば、粗挽きにして苦味やコクの抽出を抑えるのがおすすめ。

また、お湯も少し低めの温度で淹れると酸味が出やすい一方で苦味成分が出にくくなります。

スッキリとした後口でありながら、フルーティー感の強いコーヒーが出来上がるのでぜひ試してみましょう!

フルーティーなコーヒーのよくある質問

Q. フルーティーなコーヒーとはどんなものですか?

コーヒー豆が本来持つ、甘みや酸味などを感じられるコーヒーのことです。

フルーツのように瑞々しかったり、甘かったりというのがコーヒーとして出てきています。

Q. コーヒーの香りにはどんなものがありますか?

コーヒーのフレーバーはとても細かく分けられており、フルーツ系のものだけでも18種類ほどあります。

桃やりんごのようなものから、グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系まで様々です。

Q. コーヒーの香りをより楽しむためにはどんな淹れ方がおすすめですか?

コーヒー豆をやや粗めに挽き、お湯の温度は90℃程度で淹れるのがおすすめです。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

yoshino

吉野

編集部ライター

かつてプロのパティシエを6年間経験。コーヒーとスイーツとのマリアージュの面白さに気づき、様々なスイーツとコーヒーとのペアリングを追求している編集部ライター。
休日は自分で作ったスイーツと、コーヒーでゆったりとしたコーヒータイムを送っています。

-味わい別コーヒー
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-