味わい別コーヒー

【2022年版】飲みやすいコーヒーの人気おすすめランキング10選!

飲みやすいコーヒーの人気おすすめランキング10選!

コーヒーが苦手な方や普段飲まないという方も、自分好みの一杯に出会うことで人生が変わります。

様々な表情を見せてくれるコーヒーだからこそ、好きな味や香りに出会えればすぐにコーヒー好きにもなれるもの。

今回はコーヒー初心者や、コーヒーが苦手な方にもおすすめできるコーヒーを厳選してご紹介していきます。

 

飲みやすいコーヒーの選び方

“飲みやすい”と一言にいっても、飲みやすさは人それぞれ。

そこで、コーヒーの味や香りなどから自分に合うものかどうかを判断していきましょう。

味で選ぶ

酸味

フルーティ

酸味のあるコーヒーとは、ただ酸っぱいような酸味ではなく、美味しいフルーティなコーヒーのこと。

安価なコーヒーの中にはただ酸っぱいだけのコーヒーもありますが、フルーティなコーヒーを飲めばコーヒーに対する印象がガラッと変わります。

フルーツのような甘みもあり甘酸っぱい印象のものから、花のように華やかな香りも含まれた酸味が楽しめます。

[関連]酸味が強いコーヒーのおすすめランキング10選

苦味

フルーティでフレッシュな香りと蜂蜜やチョコのような甘み

コーヒーの苦味とは、コーヒー本来の深いコクや苦味と共に、チョコレートのようなほろ苦さを感じられます。

渋いだけのコーヒーとは違ってほろ苦いコーヒーは、ほんのりとした甘みと苦味が調和しています。

重厚なコクや苦味に加えて、濃厚なチョコレートの味やスパイスのピリッとした味を楽しめます。

[関連]苦味が美味しいコーヒーのおすすめランキング12選

香り

花のようなアロマの香り

酸味や苦味はほどほどに、よりしっかりと香りを楽しめるコーヒーなども選ぶ基準のひとつです。

味のバランスが整っているためどちらに尖っているわけでもなく、好きな香りで選ぶことができます。

ゆったりとした時間を過ごすことができる純喫茶のような香りから、花のようなアロマの香りまで幅広いです。

[関連]香りの良いコーヒーおすすめランキングベスト10

焙煎度合いで選ぶ

浅煎り

浅煎り 焙煎

浅煎りという焙煎であれば、美味しい酸味のコーヒー豆をよりしっかりと引き立たせることができます。

酸味がしっかりと抽出される焙煎度合いになっているので、甘酸っぱいコーヒーに仕上がります。

焙煎自体はとても難しく、短時間で焙煎しなければならないのでムラなく焙煎するのには高技術が必要です。

[関連]浅煎りコーヒーの人気おすすめランキング20選

中煎り

中煎り

中煎りでは、突出した酸味や苦味はなく、バランスの整った味わいになっている飲みやすさがあります。

ムラなく焙煎されているちょうどよい焙煎度合いであり、ナッツのような芳ばしさも楽しめる仕上がり。

飲みやすいコーヒーの代表的な焙煎度合いでもありますので、生豆で購入するときには中煎りを目安にしましょう。

[関連]中煎りの人気おすすめコーヒーランキング30選

深煎り

深煎り

深煎りにしたコーヒー豆は、とても強く苦味やコクが抽出されている焙煎度合いとなっています。

全体的には最も黒くなっているため、イメージとして多くの方が持っている色合いです。

浅煎りと同じく少し特徴的な味わいにはなっているので、選ぶ際には気をつけましょう。

[関連]深煎りコーヒーの人気おすすめランキング25選

生産地で選ぶ

アジア

アジア

アジアで生産されているコーヒー豆は、アジア特有のハーブやスパイスが感じられる味わいです。

有名な国で言えばインドネシアやベトナムで、それぞれの国で味わえるようなスパイス感がコーヒーにも含まれます。

コーヒー生産国の中では個性的なコーヒーが多いため、飲みやすさよりも尖った味わいのコーヒーと言えるでしょう。

アフリカ

アフリカ

アフリカを中心として生産されているコーヒー豆は、フルーティで酸味が強い印象です。

有名な国で言えば、キリマンジャロというコーヒー銘柄で有名なタンザニアや、モカで有名なエチオピア。

レモンやオレンジといった柑橘系の味と香りが強く、酸味に特徴のあるコーヒーが中心です。

中南米

中南米

中南米で生産されるコーヒー豆は、カリブ海なども含めてその国ごとに全く特徴が異なります。

しかし、カリブ海や太平洋を挟んでいるため、自然豊かで上質なコーヒー豆がとにかく多い地域でもあります。

ブラジルやジャマイカなど、バランスの良い味のコーヒーから香りの上品なコーヒーまで様々です。

飲みやすいコーヒーのおすすめランキング

No.1 スターバックス ハウスブレンド

人気店のスタンダードなハウスブレンド

マチナカの人気店として常に人で混雑している、スターバックスのハウスブレンド。

中煎りに焙煎されたコーヒーは店舗と同じような味わいで、味の調和が取れたコーヒーに仕上がっています。

創業当初より安定して淹れられてきた、安定で外さないとても飲みやすいコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

スターバックス

内容量

250g

産地

ブラジル、グァテマラ

焙煎

中煎り

No.2 銀河コーヒー 大吟醸ブラジル

日本酒と同じ製法で作られた大吟醸ブラジル

ブラジル産コーヒー豆の中でも等級が高いNo2とS18を使用。大吟醸製法により外殻を研磨し、内側の旨みだけをしっかりと残したコーヒー豆に。

流水の中でこのコーヒー豆を丁寧に研磨していくことで、雑味を削ぎ落としたコーヒー豆に仕上がります。

口当たりがとてもまろやかな印象で、ふわっと残る香りや飲みやすさが抜群のコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

銀河コーヒー

内容量

150g

産地

ブラジル

焙煎

中煎り

No.3 ヒルス マイルドブレンド

コスパが非常に高いヒルスのマイルドブレンド

ヒルスはアメリカのサンフランシスコで創業された、真空缶詰コーヒーなどで有名なブランド。

現在は大容量でとてもコスパの高いコーヒーを販売しており、安定した味わいを楽しめます。

マイルドブレンドは優しい口当たりとまろやかな香りで、何杯でも飲めてしまうような味わいです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ヒルス

内容量

750g

産地

インドネシア、ブラジル

焙煎

中煎り

No.4 UCC ゴールドスペシャル

単品焙煎で特徴を活かしたゴールドスペシャル

産地や銘柄ごとにコーヒー豆の特徴を活かすことができる、最適な焙煎を実施。

単品焙煎とすることによりコーヒー豆の旨みがより引き出され、ブレンド後にも美味しさを維持できます。

甘い香りと濃厚なコクにより、愛され続けてきているUCCのゴールドスペシャルです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

UCC

内容量

1kg

産地

ブラジル、コロンビア

焙煎

単品焙煎

No.5 カルディ アメリカンブレンド

 

カルディ
アメリカンブレンド
参考価格 1,080円

サラッとした爽やかなアメリカンブレンド

浅煎りでとても爽やかな印象のアメリカンコーヒーを再現した、アメリカンブレンド。

焙煎度合いは中煎りと浅煎りの中間ぐらいで、酸味だけでなく優しく楽しめる苦味も併せ持っているコーヒーです。

スッキリとライトな印象がとても強いため、何杯飲んでも飽きないコーヒーに仕上がっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

カルディ

内容量

200g

産地

ブラジル、コロンビア

焙煎

中煎り

No.6 東京コーヒー ブラジル オーガニック

東京コーヒー
ブラジル オーガニック
参考価格 1,419円

無農薬無添加のブラジル産コーヒー

安心安全なオーガニックコーヒーで有名な東京コーヒーのブラジルオーガニック。

中深煎りに焙煎されているので、オーガニック特有の薄さはなく甘みや旨みが感じられます。

香りはとても甘く爽やかな印象で、JAS認証のオーガニックコーヒーとしても最もおすすめです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

東京コーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

中深煎り

No.7 小川珈琲 小川プレミアムブレンド

京都の老舗が贈るやわらかなコーヒー

小川珈琲では複数のコーヒー豆を個別に焙煎してブレンドすることが多く、とても丁寧にブレンドされています。

小川プレミアムブレンドでは、浅煎りのメキシコ産コーヒー豆をベースにブラジルやコロンビアをブレンド。

酸味や苦味のバランスがよく、香りやコクもスッキリと飲めるちょうどよいコーヒーと言えるでしょう。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

小川珈琲

内容量

180g

産地

ブラジル、メキシコ

焙煎

単品焙煎

No.8 Dr-i-gama エメラルドマウンテン

 

Dr-i-gama
エメラルドマウンテン
参考価格 1,390円

宝石の名を冠するエメラルドマウンテン

コロンビア産のコーヒー銘柄として最も有名なのが、日本でも親しまれているエメラルドマウンテン。

このコーヒー豆はブレンドではないため、より一層とエメラルドマウンテンの甘みや香りを楽しめます。

生豆の状態なので自分好みに焙煎して、芳醇な香りと焙煎時から楽しむこともできますよ。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

Dr-i-gama

内容量

200g

産地

コロンビア

焙煎

生豆

No.9 AGF ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド

 

出典 : https://www.amazon.co.jp

   
   
   
   
   

AGF
ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド
参考価格 1,318円

濃厚で芳醇な香りとコクのスペシャルブレンド

ブラジル産の最上級グレードでもあるタイプ2を使用し、特徴を活かしたコーヒー豆。

酸味や苦味が強いわけではありませんが、濃厚なコクや香りが楽しめるコーヒーです。

テレビCMなどでも人気のAGFなので、絶対に外さないコーヒーとしておすすめします。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

AGF

内容量

1kg

産地

ブラジル、ベトナム

焙煎

深煎り

No.10 自家焙煎コーヒーマウンテン ブルーマウンテンブレンド50

 

自家焙煎コーヒーマウンテン
ブルーマウンテンブレンド50
参考価格 2,592円

黄金バランスのブルーマウンテンブレンド

「コーヒーの王様」「黄金バランス」と言われていることでも有名な、ジャマイカ産ブルーマウンテンをベースにブレンド。

ゲイシャ種で有名なパナマやコロンビア産のコーヒー豆をブレンドし、全体的に爽やかな味わいに。

上品な飲み口でありながらどこかコシのある味わいの、整ったコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎コーヒーマウンテン

内容量

300g

産地

ジャマイカ、パナマ

焙煎

中煎り

飲みやすいコーヒーの一覧表

コーヒーの飲みやすさは人それぞれですが、突出していなくても印象に残るコーヒーはたくさんあります。

特に香りの良さや余韻の残り方など、味だけでなく楽しめる要素が十分すぎるコーヒーをご紹介しています。

No 商品 商品名 Amazon価格 内容量 産地 焙煎
1 スターバックス/ハウスブレンド

997円

250g ブラジル、グァテマラ 中煎り
2 銀河コーヒー/大吟醸ブラジル

1,160円

150g ブラジル 中煎り
3 ヒルス/マイルドブレンド

906円

750g インドネシア、ブラジル 中煎り
4 UCC/ゴールドスペシャル

1,247円

1kg ブラジル、コロンビア 単品焙煎
5 カルディ/アメリカンブレンド

1,080円

200g ブラジル、コロンビア 中煎り
6 東京コーヒー/ブラジル オーガニック

1,419円

200g ブラジル 中深煎り
7 小川珈琲/小川プレミアムブレンド

589円

180g ブラジル、メキシコ 単品焙煎
8 Dr-i-gama/エメラルドマウンテン

1,390円

200g コロンビア 生豆
9 AGF/ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド

1,318円

1kg ブラジル、ベトナム 深煎り
10 自家焙煎コーヒーマウンテン/ブルーマウンテンブレンド50

2,592円

300g ジャマイカ、パナマ 中煎り

初心者向けのコーヒーから個性豊かなコーヒーまで

焙煎度合い

コーヒーは生産国ごとに全く異なった味と香りが楽しめますが、同じコーヒー豆でも精製や加工の工程で別物になります。

焙煎方法が違うだけ、挽き方が違うだけで、味も香りも表情を変えてくれるのです。

まずは飲みやすいコーヒーから、好きになったら個性豊かなコーヒーをぜひ楽しんでみてください。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

ひつじの珈琲タイム編集部

ひつじの珈琲タイム編集部

編集部ライター

コーヒー好きの編集部が徹底リサーチして記事をお届けしています。

-味わい別コーヒー

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-