生産国別コーヒー

【2022年版】ブラジル産コーヒーの人気おすすめランキング10選!

2022年2月18日

ブラジル産コーヒーのおすすめランキングベスト10!

ブラジルは世界的に流通しているとても人気なコーヒーで、年間では200万トンから300万トンというペースで生産されています。

日本人にもかなり人気が高く、コンビニ等で購入できるコーヒー豆にはブラジル産コーヒー豆が使われていることも多々。

広い土地を活かして今では世界に流通しているコーヒーの3割がブラジル産コーヒーと言われています。

そんな世界的に人気の高いブラジル産コーヒーについて、おすすめしたいコーヒーをまとめました!

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。

 

ブラジル産コーヒーの特徴

世界に流通しているコーヒーの約30%を生産

ブラジル

ブラジルで生産されるコーヒーはとても広い土地を有していることから、大規模農園でコーヒー栽培を行っています。

これに加えて小規模な農園もかなり多く、手摘みをしながら丁寧に作られているコーヒー農園も多い現状。

元々、生産量を重視して作られていたため品質が高くないと言われていましたが、昨今では高品質なコーヒーが続々と増えてきたのです。

クセがなく味のバランスが非常に良いコーヒー

クセがなく味のバランスが非常に良いコーヒー

ブラジル産コーヒーの味は、酸味や苦味のバランスがとても良くクセがないというのが特徴的です。

しつこいコクなどもありませんので、後味はスッキリとしており飲みやすいため初心者にもおすすめのコーヒー。

クセのない味わいに仕上がっているので、日本人が日常的に飲むコーヒーとしても親しまれています。

親しみやすさを重視して安価に生産

親しみやすさを重視して安価に生産

ブラジルは世界中に輸出する量も当然多いですが、国内で消費される量もかなりの量になっています。

そこでブラジルは品質を重視せず、生産量を重視したコーヒー栽培を行っているのです。

その中でも最高品質なコーヒー豆はありますが、多くのブラジル産コーヒーは安価に生産されています。

ブラジル産コーヒーの人気おすすめランキング

No.1 AGF ちょっと贅沢な珈琲店 ブラジル最上級

AGF
ちょっと贅沢な珈琲店 ブラジル最上級
参考価格 1,512円

ブラジル最上級豆を使用した贅沢コーヒー

ちょっと贅沢な珈琲店というシリーズが人気のAGFコーヒーは、独自の焙煎技術で丁寧に仕上げられたコーヒー豆がとても美味しく仕上がっています。

丁寧に焙煎されていることでコーヒー豆に均等に火が通っており、豊かなコクと深い香りを味わうことができます。

ブラジル産の最上級コーヒー豆を使用しているので、バランス良い味で後味はスッキリとしているコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

AGF

内容量

780g

産地

ブラジル

焙煎

独自焙煎

No.2銀河コーヒー 大吟醸ブラジル

コーヒーの王道ブラジル産最高等級豆を研磨

ブラジル産コーヒーの中でも、最も味のバランスが良く出ているのが中煎り。その中煎りで味と香りがちょうどよく仕上がっています。

使用している豆はブラジル産の最高等級豆で、酸味や苦味のバランスが良くまろやかな味わい。

コーヒーの生豆を丹念に研磨しており外皮を削ぎ落とす「大吟醸製法」と言われる精製方法で作られているコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

銀河コーヒー

内容量

150g

産地

ブラジル

焙煎

中煎り

No.3東京コーヒー ブラジル オーガニック

東京コーヒー
ブラジル オーガニック
参考価格 1,419円

無農薬のJAS認証オーガニックコーヒー

オーガニックコーヒーとして知られている東京コーヒーは、新鮮でコーヒー本来の味と香りを堪能することができます。

オーガニックというだけあり、無農薬なコーヒーのため健康面にも配慮されたコーヒーです。

ブラジルらしいコクや香りと、バランスの整った味わいながらスッキリとしたコーヒーを味わうことができます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

東京コーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

中深煎り

No.4クラシカルコーヒーロースター スペシャルブラジルブレンド

クラシカルコーヒーロースター
スペシャルブラジルブレンド
参考価格 1,690円

ビターな味わいのブラジル・サントス産のコーヒー

ブラジルのコーヒー豆をメインとしつつ、コロンビアやメキシコなどのコーヒー豆もブレンドしているこちらのコーヒー。

全てのコーヒー豆を手作業でしっかりと焙煎しており、酸味は抑えほどよい苦味を感じられます。

ブラジル産コーヒーに珍しく苦味の方が強いコーヒーですが、挽きたての香りと飲みやすい後味となっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

クラシカルコーヒーロースター

内容量

1kg

産地

ブラジル

焙煎

深煎り

No.5プリンスコーヒー ブラジル・サントス

プリンスコーヒー
ブラジル・サントス
参考価格 1,080円

粗挽きでやわらかな酸味が感じられるブラジル産コーヒー

自家焙煎ブリンスコーヒーのブラジル・サントスでは、やわらかな酸味が感じられる粗挽きに。

そのうえでバランスの良い味わいになる中煎りにしているので、後味がスッキリとした飲みやすさになっています。

コーヒーの購入が行われてから焙煎されるため、開封した瞬間に芳ばしい香りを感じられますよ!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

プリンスコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

中煎り

No.6パロットコーヒー ブラジル プレミアムショコラ

パロットコーヒー
ブラジル プレミアムショコラ
参考価格 1,134円

ほろ苦いチョコレートのような甘い香りとコク

ブラジル産のプレミアムショコラは、全くクセがなくミルクや砂糖との相性がとても良いコーヒーです。

甘みがしっかりと出ているコーヒーで、ほどよい苦味もあるためほろ苦いチョコレートのような甘さとコクを感じられます。

まるでフレーバーコーヒーかのようなチョコレートやナッツの味わいは、プレミアムショコラならではの味わいです!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

パロットコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

中深煎り

No.7コーヒー乃川島 ブラジル コパカバーナ

 

コーヒー乃川島
ブラジル コパカバーナ
参考価格 1,404円

   

雑味のないクリアで初心者向けのブラジル産コーヒー

中煎りにされたブラジル産コパカバーナのこちらのコーヒーは、豊かな香りと甘みが特徴的。

酸味や苦味のバランスは非常によく、スッキリと飲めるような味わいに仕上がっています。

ブラックで何杯でも飲めるような飲み口なので、ブラジルっぽさとしてのミルクや砂糖も必要ない甘さがあります。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

コーヒー乃川島

内容量

360g

産地

ブラジル

焙煎

中煎り

No.8自家焙煎珈琲やすらぎ ブラジル アロマショコラ

 

自家焙煎珈琲やすらぎ
ブラジル アロマショコラ
参考価格 1,995円

UTZ認証の極上なブラジル産アロマショコラ

UTZとはコーヒーやカカオなどを対象として安全管理、健全な労働条件、環境保護を目的としたサービスです。

116カ国以上で採用されているラベルで、コーヒーとしての安全性が高いコーヒーとしても知られています。

アロマショコラというだけありナッツやチョコレートのような甘みと、クリアな飲み口がおすすめのコーヒーです!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎珈琲やすらぎ

内容量

400g

産地

ブラジル

焙煎

深煎り

No.9キャラバンコーヒー ブラジル サントス No.2

 

キャラバンコーヒー
ブラジル サントス No.2
参考価格 1,037円

ブラジル産の最上級No.2を使用した高級コーヒー

バランスの良いブラジル産の中でも、酸味より苦味を重視しているコーヒーなので深いコクを感じられます。

甘みにも特徴があり、ナッツのような香ばしく香る甘みが深い味わいを実現させています。

サントス港から輸出されているコーヒーの中では最も等級が高いので、ぜひ体験してみてください。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

キャラバンコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

独自焙煎

No.10パオコーヒー ブラジル・ピーベリー

ブラジル産コーヒーのピーベリーが安価に楽しめる

酸味や苦味はなくとてもバランスの良いブラジル産コーヒーの中でも、1本の木からわずか5%しか収穫できないピーベリー。

コーヒー豆の中でも高級品であるとされており、より美味しく味わえる飲み口になっています。

良質なコーヒー豆ながら安価に飲めるように生産されており、味も香りもピーベリーならでは、という体験ができます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

パオコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

中煎り

ブラジル産コーヒーの一覧表

ブラジル産コーヒーは日本人でも飲みやすいコーヒーなので、まずは手にとってみるというのがおすすめ。

朝でも日中でも、時間やタイミングを気にせず飲むことができるコーヒーになっています

No

商品

商品名

Amazon価格

内容量

産地

焙煎

1

AGF/ちょっと贅沢な珈琲店 ブラジル最上級

1,512円

780g

ブラジル

独自焙煎

2

銀河コーヒー/大吟醸ブラジル

1,160円

350g

ブラジル

中煎り

3

東京コーヒー/ブラジル オーガニック

1,419円

200g

ブラジル

中深煎り

4

クラシカルコーヒーロースター/スペシャルブラジルブレンド

1,690円

1kg

ブラジル

深煎り

5

プリンスコーヒー/ブラジル・サントス

1,080円

200g

ブラジル

中煎り

6

パロットコーヒー/ブラジル プレミアムショコラ

1,134円

200g

ブラジル

中深煎り

7

コーヒー乃川島/ブラジル コパカバーナ

1,404円

360g

ブラジル

中煎り

8

自家焙煎珈琲やすらぎ/ブラジル アロマショコラ

1,995円

400g

ブラジル

深煎り

9

キャラバンコーヒー/ブラジル サントス No.2

1,037円

200g

ブラジル

独自焙煎

10

パオコーヒー/ブラジル・ピーベリー

732円

200g

ブラジル

中煎り

ブラジル産コーヒーを美味しく飲む・淹れる方法

どんな焙煎度合いでもOKなブラジル産コーヒー

焙煎度合い

ブラジル産コーヒーは味のバランスがとても良いため、浅煎りでも深煎りでも美味しく飲めるのが特徴的です。

もちろん中煎りであれば最もバランスの良い味わいになっているので、まずは中煎りがおすすめ。

焙煎度合いに関わらず美味しく飲めるコーヒー豆は少ないので、ぜひ飲んでみてください。

本場ではエスプレッソやカプチーノが主流の飲み方

エスプレッソ

ブラジルは世界的に見てもコーヒー消費大国ですが、日本人とは少し違った飲み方です。

本場ではエスプレッソやカプチーノなどが主な飲み方で、暑い国であるのにかかわらずアイスコーヒーは飲まれていません。

もちろんアイスコーヒーでも美味しく飲めますが、本場の飲み方をするならばエスプレッソやカプチーノがおすすめです!

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。仕事中には様々なコーヒーを飲み、休日には喫茶店を巡るような日々を過ごしている。日本ではなかなか味わえないような、凝ったコーヒーやクセのあるコーヒーを好んで飲んでいる。

-生産国別コーヒー
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-