生産国別コーヒー

【2022年版】グァテマラ産コーヒーの人気おすすめランキング10選!

2022年4月26日

グアテマラコーヒー

コーヒーの生産はアメリカ大陸がとても有名な土地のひとつですが、中米のグァテマラ共和国も日本で有名なコーヒーを生産しています。

主要産品はコーヒーを筆頭に砂糖やバナナが大半を占めており、国民総生産の1/5を占めているほどの規模です。

コーヒーの生産量は世界で10本の指に入るコーヒー大国なので、日本にも多くのグァテマラコーヒーが入ってきている状況。

果実のような酸味や香りが特徴的なグァテマラコーヒーについて、おすすめを詳しくご紹介していきます!

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。

 

グァテマラコーヒーの特徴

中央アメリカに位置するグァテマラ共和国で生産される

グァテマラ

グァテマラ共和国はアメリカ大陸のちょうど真ん中にあたる、中米に位置しており、北はメキシコ、南には太平洋という土地柄。

農業の輸出は2/3を占めており、コーヒーを含めた栽培などが主要産品となっています。

所得水準が高い地域ではありませんが、恵まれた豊富な土壌を有している土地柄なので美味しいコーヒーが作られる国として知られています。

国土の70%が火山に囲まれている山岳地帯

山岳地帯

グァテマラは国土の約70%が火山に囲まれている山岳地帯という土地柄で、栄養豊富な土壌として知られています。

とても寒暖差が厳しいためコーヒーの実が引き締まっており、高品質なコーヒー豆を栽培することができます。

上質なコーヒー豆が生産されている地区は8つにわかれており、そのどれもがグァテマラ特有の美味しさを持ったコーヒー豆になっています。

果実のような酸味と華やかな香りが特徴的

フルーティー

グァテマラコーヒーは果実のようにとてもフルーティーな酸味と、華やかな香りが特徴的です。

栽培している地区ごとに特徴は様々ですが、チョコレートやナッツのような甘みも秘めているコーヒーとなっています。

深いコクがありながらも、飲み終わりはスッキリと鼻に抜けるような香りを感じられる、余韻もしっかりとしたコーヒーです。

グァテマラコーヒーのおすすめランキング

No.1  パロットコーヒー グァテマラ ファンシーサンタロッサ

 

パロットコーヒー
グァテマラ ファンシーサンタロッサ
参考価格 1,134円

木の実のような芳ばしい香りと特徴的な酸味がおすすめ

グァテマラで生産されているファンシーサンタロッサは酸味が強すぎず、ほどよくさっぱりとした味わいに仕上がっています。

木の実のように芳ばしい香りも楽しめるため、全体的にスッキリとしながら余韻も楽しめる味わいです。

ブラックはもちろんのこと、ミルクとあわせても美味しいコーヒーとして、個性的ながら人気の高いコーヒーです!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

パロットコーヒー

内容量

200g

産地

グァテマラ

焙煎

中深煎り

No.2 銀河コーヒー アゾテア アンティグア

銀河コーヒー
アゾテア アンティグア
参考価格 1,120円

伝統の甘みが詰まったグァテマラコーヒー

グァテマラにあるアンティグアのアゾテア農園で育てられたこのコーヒー豆は、3つの火山ととても美しい水源に囲まれた地域で栽培されています。

まったりとした甘みがとても特徴的で、グァテマラの伝統的な味わいを楽しむことができます。

酸味はとてもフルーティーでグァテマラコーヒー特有の上品な口当たりを体験できるコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

銀河コーヒー

内容量

150g

産地

グァテマラ

焙煎

中煎り

No.3 ヨシモトコーヒー グァテマラ

 

ヨシモトコーヒー
グァテマラ
参考価格 1,880円

   

沖縄の老舗喫茶が淹れるグァテマラコーヒー

ヨシモトコーヒーは、沖縄市知花で昭和60年に誕生した老舗喫茶店で長らく地元民から愛され続けています。

店舗併設の焙煎工場で仕入れたコーヒー豆を焙煎しているので、完璧な焙煎度合いに仕上がっていることが特徴的。

今回ご紹介するグァテマラ以外にも多くの種類を楽しめますので、ぜひ他のコーヒーも試してみてください。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ヨシモトコーヒー

内容量

200g

産地

グァテマラ

焙煎

中煎り

No.4 honu加藤珈琲店 グァテマラ・ラスデリシャス

honu加藤珈琲店
グァテマラ・ラスデリシャス
参考価格 3,238円

アグア・サンタ農園のフルーティーで香るコーヒー

グァテマラではいくつかの産地に分けられてコーヒーが生産されていますが、その中でも最高等級となるSHBという規格のコーヒー豆を使用。

品質基準が最高であるため、フルーティーな風味はもちろんのことコクや甘みも抜群のコーヒーです。

とてもマイルドな口当たりと、華やかでフローラルな香りも特徴的なグァテマラコーヒーとしておすすめです!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

honu加藤珈琲店

内容量

1.5kg

産地

グァテマラ

焙煎

中煎り

No.5 自家焙煎コーヒーマウンテン グァテマラ・アゾティア農園

 

自家焙煎コーヒーマウンテン
グァテマラ・アゾティア農園
参考価格 1,683円

甘い香りと程よい酸味が調和したコーヒー

グァテマラのアンティグア地区にあるアゾティア農園で育てられたブルボンという品種を使ったこちらのコーヒーは、とても香りに特徴のあるコーヒーです。

果実感のある甘みと香り、そしてグァテマラコーヒー特有の酸味がうまく調和した味わいとなっています。

焙煎方法はかなりこだわりがあり、独自の焙煎方法で嫌な酸味を抑えた美味しいコーヒーに仕上がっています!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎コーヒーマウンテン

内容量

300g

産地

グァテマラ

焙煎

深煎り

No.6 コーヒーばかの店 グァテマラ

グァテマラSHBを使用したシトラス系のフルーティーな味わい

深煎りにしたグァテマラコーヒー豆なので、シトラス系のフルーティーで果実感あふれる味わいとなっています。

使用しているコーヒー豆はグァテマラSHBなので、最も等級が高く品質基準が高いコーヒー豆です。

一般的にはなかなかない、深煎りのグァテマラコーヒーですが嫌な苦味や酸味もなくクリアな味わいが人気の理由です!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

コーヒーばかの店

内容量

200g

産地

グァテマラ

焙煎

深煎り

No.7 自家焙煎かかし珈琲 グァテマラ アンティグア ラ アゾテア

 

自家焙煎かかし珈琲
グァテマラ アンティグア ラ アゾテア
参考価格 1,310円

シトラス系の香りとスパイシーな味わいが特徴

アンティグア地区のアゾテア農園で育てられた、ブルボンという品種のコーヒー豆を使用しているこちらのコーヒー。

コーヒー豆の規格はSHBという最高等級で、少し強めの中煎りにしているので味わいがしっかりと出ているコーヒーに仕上がっています。

シトラス系の華やかな香りに加えて、スパイシーな味わいも感じられる特徴的なグァテマラコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎かかし珈琲

内容量

200g

産地

グァテマラ

焙煎

中深煎り

No.8 三本コーヒー グァテマラSHBストレート

 

三本コーヒー
グァテマラSHBストレート
参考価格 1,290円

中浅煎りで飲み口軽やかなグァテマラコーヒー

グァテマラ特有の酸味はもちろんのこと、苦味もほどよく出したことでバランス良く飲める軽やかな口当たりのコーヒーとなっています。

焙煎度合いは中浅煎りなので、重くなりすぎず一日に何杯でも飲みやすいようなグァテマラコーヒーです。

やわらかな香りとのバランスも良く、まさに調和の取れたコーヒーとしておすすめしたい一杯です!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

三本コーヒー

内容量

450g

産地

グァテマラ

焙煎

中浅煎り

No.9 木炭焙煎珈琲豆 グァテマラ

 

木炭焙煎珈琲豆
グァテマラ
参考価格 1,496円

木炭焙煎の香ばしさと甘い香りが人気のコーヒー

炭火で焼いた木炭焙煎珈琲豆のコーヒーは、木炭が醸し出す特徴的な芳ばしい香りがとても人気です。

珈琲豆の表面は香ばしく焼かれており、芯までしっかりと焙煎されているのでムラのない味と香りが楽しめます。

使用しているのはアショラ農園のグァテマラコーヒーで、グレードは最高等級のSHBなので高い品質のコーヒーを味わうことができます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

木炭焙煎珈琲豆

内容量

200g

産地

グァテマラ

焙煎

中深煎り

No.10 ウインドファーム カフェインレス グァテマラ

 

ウインドファーム
カフェインレス グァテマラ
参考価格 1,157円

カフェインレスで上品な酸味を味わえるコーヒー

グァテマラ産のコーヒーを楽しむことはもちろんのこと、カフェインレスなので健康面にも配慮されたコーヒー豆です。

やや浅めの焙煎度合いになっているので、ほどよい酸味と苦味のバランスが取れた味わいとなっています。

コーヒー本来の酸味や苦味、コクをそのまま楽しめるのは当然ながら体に気を使ったカフェインレスが嬉しいコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ウインドファーム

内容量

150g

産地

グァテマラ

焙煎

中浅煎り

グァテマラコーヒーの一覧表

グァテマラコーヒーは強い酸味と香りがとても特徴的なので、酸味が好きな人は必ずハマること間違いなし!

日本でも古くから愛され続けてきているコーヒーなので、スッキリでさっぱりしたコーヒーを飲みたいときにおすすめです。

No

商品

商品名

Amazon価格

内容量

産地

焙煎

1

パロットコーヒー/グァテマラ ファンシーサンタロッサ

1,134円

200g

グァテマラ

独自焙煎

2

銀河コーヒー/アゾテア アンティグア

1,120円

150g

グァテマラ

中煎り

3

ヨシモトコーヒー/グァテマラ

1,880円

200g

グァテマラ

中煎り

4

honu加藤珈琲店/グァテマラ・ラスデリシャス

3,238円

1.5kg

グァテマラ

中煎り

5

自家焙煎コーヒーマウンテン/グァテマラ・アゾティア農園

1,683円

300g

グァテマラ

深煎り

6

コーヒーばかの店/グァテマラ

1,839円

200g

グァテマラ

深煎り

7

自家焙煎かかし珈琲/グァテマラ アンティグア ラ アゾテア

1,310円

200g

グァテマラ

中深煎り

8

三本コーヒー/グァテマラSHBストレート

1,290円

450g

グァテマラ

中浅煎り

9

木炭焙煎珈琲豆/グァテマラ

1,496円

200g

グァテマラ

中深煎り

10

ウインドファーム/カフェインレス グァテマラ

1,157円

100g

グァテマラ

中煎り

グァテマラコーヒーの美味しい飲み方

酸味を残しつつ香りも楽しめる中煎りがおすすめ

中煎りがおすすめ

グァテマラコーヒーは強い酸味が特徴的ですが、嫌な酸味を出さないためにも焙煎度合いは中煎りがおすすめ。

特徴的で香り豊かな酸味を出すことができるうえ、香ばしさも感じられるコーヒーに仕上がります。

コクや香りをさらに強く出したいときには、深煎りにしても美味しく飲めるコーヒーです。

[関連]中煎りの人気おすすめコーヒーランキング30選

ブラックはもちろんミルクとの相性も抜群

上品な酸味や豊かで芳ばしい香りを感じたいときには、ぜひブラックで飲んでみてください。

グァテマラコーヒー特有の華やかでスッキリとした味わいを体験できるうえ、余韻まで楽しむことができます。

ミルクとあわせて飲むときには、酸味が出過ぎないように少し強めの深煎りにするのがおすすめです。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。仕事中には様々なコーヒーを飲み、休日には喫茶店を巡るような日々を過ごしている。日本ではなかなか味わえないような、凝ったコーヒーやクセのあるコーヒーを好んで飲んでいる。

-生産国別コーヒー
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-