飲み方別コーヒー

【2022年版】アイスコーヒー用コーヒー豆の人気おすすめランキング21選!

アイスコーヒー用コーヒー豆の人気おすすめランキング21選!

アイスコーヒーといえば、暑い夏にぴったりなコーヒーのひとつ。

しかし、中には年中アイスコーヒーが好きだという人もいるほど、人気のコーヒーです。

ホットとは違った苦味やコク、爽やかさもあるため、人気の高いコーヒーとなっていますよね。

そこで今回は、アイスコーヒー用におすすめできるコーヒー豆を厳選してご紹介します!

 

もくじ

アイスコーヒー用コーヒー豆の選び方

アイスコーヒー用コーヒー豆は、氷を入れて飲むため深みが必要です。

しっかりとした味がなければ、薄いだけのコーヒーになってしまうので選び方には注意が必要です。

焙煎度合いで選ぶ

キリッとした苦味と濃さなら深煎り

UCC ゴールドスペシャル アイスコーヒー

出典:Amazon

アイスコーヒーの代表的な焙煎度合いといえば、やはり深煎りです。

氷を入れて飲むことにより、徐々に氷が溶けて味が薄まってくるもの。

そんな中でもコーヒーとしての美味しさを保てるのは、深煎りのコーヒー豆だと言えるでしょう。

[関連]深煎りコーヒーの人気おすすめランキング25選

スッキリとした爽やかさなら浅煎り

スターバックス/ライトノートブレンド

出典:Amazon

深煎りが多いアイスコーヒー用のコーヒー豆ですが、実は浅煎りも一部で人気を呼んでいます。

より爽やかでスッキリとした印象が好きな方は、浅煎りでアイスコーヒーを飲むのも良いでしょう。

口をスッキリさせたい、重たいコーヒーが苦手だという方にはおすすめです。

[関連]浅煎りコーヒーの人気おすすめランキング20選

 

生産国で選ぶ

野性的なコクと酸味のアフリカ産

アフリカ

アフリカ産のコーヒー豆は、主に野性的なコクと柑橘系の酸味が特徴的です。

代表的な生産国といえば、「タンザニア、エチオピア、ルワンダ」など。

キリマンジャロを代表とする国々で、レモンやオレンジのように爽やかな印象を与えてくれます。

特徴的な重さとスパイシーのアジア産

アジア

アジア圏のコーヒーといえば、独特なスパイシー感を持つコーヒーがとても多いです。

代表的な生産国は「インドネシア、タイ、ベトナム」など。

日本でも一部では生産されていますが、代表的なコーヒーといえば強い苦味が特徴のインドネシア産です。

爽やかで飲みやすさのある中南米産

中南米

中南米は太平洋、大西洋、カリブ海などと面している自然豊かな国々が集まっています。

代表的な生産国は、「ブラジル、グァテマラ、ジャマイカ」など。

世界一の生産量を誇るブラジルを代表として、バランスの良いコーヒーがとても多いです。

豆や粉で選ぶ

自分好みなら豆で購入

澤井珈琲 BITTERなアイスブレンド

出典:Amazon

自分の好みに合わせて豆を挽きたいならば、やはり豆で購入するのがおすすめ。

飲むときに合わせて豆挽きする必要はありますが、部屋中に広がる香りをより贅沢に楽しめます。

全自動タイプのコーヒーメーカーを使えば、手軽に豆挽きできて美味しいコーヒーが出来上がりますよ。

手間を省くなら粉で購入

MJB アイスコーヒー

出典:Amazon

日常的にゆっくりとコーヒーを楽しんでいる時間がない方、とても忙しい方には粉タイプ。

コーヒー粉とお湯をセットすれば、手軽にコーヒーを抽出することができます。

保管方法が豆よりもやや面倒なものの、手軽さはやはり粉です。

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめランキング

No.1 東京コーヒー ダッチブレンド

 

東京コーヒー
ダッチブレンド
参考価格 1,530円

アイスコーヒーとして最適な焙煎とブレンド

100%の有機コーヒーとして知られている、東京コーヒーのダッチブレンド。

アイスコーヒーや水出しコーヒーに合うブレンドで、芳ばしさは抜群。

東京コーヒーの中で、もっとも深めの焙煎になっており、風味の豊かさを味わえるコーヒー豆です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

東京コーヒー

内容量

200g

産地

南米、アジア

焙煎

深煎り

No.2 UCC ゴールドスペシャル アイスコーヒー

じっくりと丁寧な単品焙煎で個性を引き出した一品

ブラジルやインドネシアなど、バランス良くアイスコーヒーにぴったりな味をブレンド。

生産国ごとに細かく分類し、それぞれの個性を引き出す単品焙煎を行っています。

ブラックはもちろんのこと、ミルクと混ぜても美味しく飲めるアイスコーヒー豆です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

UCC

内容量

320g

産地

ブラジル、インドネシア

焙煎

単品焙煎

No.3 澤井珈琲 BITTERなアイスブレンド

徹底的な深煎りと苦味に特化したアイスブレンド

アイスコーヒーとして淹れた際に、その美味しさをより堪能できるよう焙煎しています。

通常よりも2倍以上の時間をかけて、じっくりとゆっくりと焙煎した結果がこのコーヒー。

アイスコーヒー専用なので、別格の苦味とコクを楽しめます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

澤井珈琲

内容量

1.5kg

産地

-

焙煎

極深煎り

No.4 スターバックス アイスコーヒー ブレンド

スターバックス
アイスコーヒー ブレンド
参考価格 1,436円

どんな状況でも香りが立つ豆選びから生まれたブレンド

ゆっくりと優しく焙煎し続けることで、芳ばしい茶色へと仕上がったアイスコーヒーブレンド。

ブラックのまま楽しむのはもちろん、ミルクを加えてもバランス良く味わえる一杯です。

ほどよいコクに加えて爽やかな印象もあり、スッキリとした一杯に仕上がっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

スターバックス

内容量

280g

産地

ブラジル、コロンビア

焙煎

中煎り

No.5 ode 水出しコーヒー豆

ode
水出しコーヒー豆
参考価格 1,399円

フローラルアロマとナッツのような甘みがある水出しコーヒー

通常のドリップコーヒーではなく、水出しだからこそ光る魅力を持つコーヒー。

特徴的なのはフローラルアロマで、華やかながらアイスコーヒーの苦味を持ちます。

JAS認証を受けているコーヒー豆なので、バランスの取れた健康的な味わいです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ode

内容量

200g

産地

エチオピア

焙煎

深煎り

No.6 キーコーヒー アイスコーヒー

良質なコーヒー豆を使ったアイスコーヒー専用焙煎

かなりの深煎りにすることで、アイスコーヒー専用となった焙煎度合い。

良質なコーヒー豆を使っているからこそ、風味を損なわない美味しさに仕上がっています。

アイスコーヒー用ですが、苦味に特化しているわけではなく、ホットでも美味しく飲めます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

キーコーヒー

内容量

960g

産地

ブラジル、ベトナム

焙煎

極深煎り

No.7 パオコーヒー イタリアンブレンド

クセのなさとクリアな味わいがアイスコーヒーにぴったり

パオコーヒーの中では、ビターエスプレッソの次に深煎りされているコーヒー豆。

特徴的な苦味はもちろんのこと、印象的なのはクセのなさとクリアな味わいです。

アイスコーヒー用としては非常に飲みやすく、バランスの取れたコーヒーとなっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

パオコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル、コロンビア

焙煎

極深煎り

No.8 澤井珈琲 カリビアンアイスブレンド

コクと上品な旨みが同時に味わえるカリビアンアイスブレンド

カリブ海の爽やかな海をイメージした、爽やかな後味と旨みの一杯。

アイスコーヒーならではのコクはもちろん、上品な旨みが優雅なひとときを実現してくれます。

魅力的な香りと柔らかい甘みは、スペシャルティコーヒー豆を使っているからこそです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

澤井珈琲

内容量

1kg

産地

-

焙煎

極深煎り

No.9 ヒルス アイスコーヒー

アイスコーヒーをそのままに楽しむブラック用コーヒー豆

日本人の多くは、アイスコーヒーにミルクやガムシロップを入れないまま飲む、という習慣になってきています。

特にガムシロップは健康を気にして入れない人も多く、そうした人たちに合う一杯がこのコーヒー豆。

ミルクやガムシロップを入れないことで、芳ばしさと優しい口当たりが楽しめるアイスコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ヒルス

内容量

300g

産地

ベトナム、ブラジル

焙煎

深煎り

No.10 MJB アイスコーヒー

アメリカで変わらない味を提供し続けるMJBのアイスコーヒー

ダークローストとして深めの焙煎をしている、ベトナムとブラジルのブレンド。

独特なコクと苦味が前面に、ブラジルの個性でバランスをとった一杯となっています。

コスパの良さと味のバランスは、MJBというブレンドがあってこそと言えます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

MJB

内容量

600g

産地

ベトナム、ブラジル

焙煎

深煎り

No.11 honu加藤珈琲店 スペシャルアイスブレンド

 

honu加藤珈琲店
スペシャルアイスブレンド
参考価格 2,158円

プロが認める喫茶店やレストラン級のアイスブレンド

上質なコーヒー豆は、コロンビア産とブラジル産のコーヒー豆となっています。

フレンチローストで仕上げたことにより、深い香りとアイスならではのコクが楽しめます。

喫茶店やレストランなどでも長く愛され続けてきている、プロにも認められたコーヒー豆です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

honu加藤珈琲店

内容量

1kg

産地

コロンビア、ブラジル

焙煎

深煎り

No.12 パオコーヒー キリマン・エスプレッソ

 

パオコーヒー
キリマン・エスプレッソ
参考価格 792円

酸味系の豆を深煎りに仕上げたキリマン・エスプレッソ

キリマンジャロを始めとして、グァテマラなどの華やかさを持つ豆をブレンド。

これらの酸味系コーヒー豆を、パオコーヒー独自の焙煎で深煎りに仕上げた一杯です。

ほのかに残る酸味と、キリッとした特徴的な苦味が楽しめます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

パオコーヒー

内容量

200g

産地

タンザニア、コロンビア、グァテマラ

焙煎

極深煎り

No.13 ドリップコーヒーファクトリー アイスコーヒーブレンド

 

ドリップコーヒーファクトリー
アイスコーヒーブレンド
参考価格 1,790円

夏の新定番と言える繊細で芳醇なアイスコーヒーブレンド

ブラジル産とホンジュラス産の豆をブレンドし、爽やかに仕上げたブレンド。

アイスコーヒー用のブレンドですが、近代的な苦味だけのコーヒーではありません。

フルーツのようなアロマと、まろやかなコクが合わさった、やや酸味の聞いたアイスコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ドリップコーヒーファクトリー

内容量

1kg

産地

ブラジル、ホンジュラス

焙煎

独自焙煎

No.14 コーヒーばかの店 アイス珈琲 キレの小次郎

 

コーヒーばかの店
アイス珈琲 キレの小次郎
参考価格 1,981円

芳ばしい香りとキレを重視したキレの小次郎

コーヒーばかの店から、アイス珈琲シリーズのひとつとなるのがキレの小次郎。

暑い夏に勢いよく飲みたい、ビールのようなキレを持つのがこのコーヒー豆です。

芳ばしさは当然ながら、コクと苦味のバランスが良い、そんな豆に仕上がっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

コーヒーばかの店

内容量

300g

産地

-

焙煎

深煎り

No.15 コーヒーばかの店 アイス珈琲 コクの武蔵

 

コーヒーばかの店
アイス珈琲 コクの武蔵
参考価格 2,264円

旨みや甘みを追求して出来上がったコクの武蔵

アイス珈琲シリーズとなる、キレの小次郎と相対するのがこのコクの武蔵。

アイスコーヒーならではの旨みや甘みを追求し、飲みやすく仕上がった一杯です。

バーボンやウイスキーのように芳ばしく、どこか爽やかさもあるコーヒー豆となっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

コーヒーばかの店

内容量

300g

産地

-

焙煎

深煎り

No.16 藤田珈琲 アイスコーヒーブレンド ラオス

 

藤田珈琲
アイスコーヒーブレンド ラオス
参考価格 772円

ホットで人気のラオスブレンドをアイスに仕上げた豆

藤田珈琲で非常に人気の高い、プレミアムラオスブレンドをアイス用に作り上げました。

しっかりとした苦味に優しい甘みが加わり、適度な香りとコクが締めてくれます。

苦味好きならエスプレッソにも合いますし、何よりコスパの高さが魅力的です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

藤田珈琲

内容量

500g

産地

ラオス、ベトナム

焙煎

深煎り

No.17 自家焙煎コーヒーマウンテン アイスコーヒーブレンド

 

自家焙煎コーヒーマウンテン
アイスコーヒーブレンド
参考価格 1,782円

   

独自の焙煎技術と窯が活きた苦味の一杯

しっかりとした苦味とコク、そして適度に楽しめる甘みが特徴的なブレンド。

ふくよかな苦味となっており、深みもあるのが自家焙煎コーヒーマウンテンの特徴です。

機械任せではできない、独自の焙煎技術が光るコーヒー豆に仕上がっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎コーヒーマウンテン

内容量

300g

産地

コロンビア、インドネシア

焙煎

極深煎り

No.18 自家焙煎コーヒー工房 信州珈琲 カフェインレスコーヒー アイスコーヒー用

 

自家焙煎コーヒー工房 信州珈琲
カフェインレスコーヒー アイスコーヒー用
参考価格 3,140円

カフェインを気にする人におすすめのアイスコーヒー

一般的なアイスコーヒーにはなかなかありませんが、これはカフェインレスです。

カフェイン除去率は97%となっており、健康に気を使っている人にもおすすめできるコーヒー。

芳醇な香りとバランスの良さ、適度なコクや苦味はアイスならではと言える美味しさです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎コーヒー工房 信州珈琲

内容量

500g

産地

コロンビア

焙煎

独自焙煎

No.19 辻本珈琲 イツモアイスブレンド

人気ブレンドをアイス用に仕上げたアイスブレンド

辻本珈琲の人気ブレンドとしても知られる、いつもブレンドをアイス用に用意した一品。

喫茶店も御用達のアイスブレンドとなっており、夏にぴったりのアイスコーヒーです。

しっかりとしたコクに加えてキレのある味わい、ごくごくと飲みたい仕上がりと言えるでしょう。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

辻本珈琲

内容量

500g

産地

インドネシア、ブラジル、コロンビア

焙煎

独自焙煎

No.20 ヨシモトコーヒー アイスブレンド

 

ヨシモトコーヒー
アイスブレンド
参考価格 1,680円

沖縄で人気の老舗メーカー製アイスブレンド

沖縄市知花で昭和から親しまれている、ヨシモトコーヒーのアイスブレンド。

数多くのコーヒーを手掛けており、そのどれもが愛さ続けてきているからこそ美味しさには定評があります。

苦味とコクを重視した一杯になっていますが、コスパがいいとは言えない価格帯です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ヨシモトコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル、インドネシア

焙煎

深煎り

No.21 パオコーヒー ビターエスプレッソ

パオコーヒーでもっとも苦いビターエスプレッソ

とにもかくにも、かなりの焙煎で仕上げられたのが、パオコーヒーのビターエスプレッソ。

名前の通りエスプレッソに使われますが、アイスコーヒーにもぴったりな苦味があります。

かなりの苦味とコクが楽しめるため、相当な苦味好きならばおすすめできる豆です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

パオコーヒー

内容量

200g

産地

ブラジル、グァテマラ、インドネシア

焙煎

極深煎り

アイスコーヒー用コーヒー豆の一覧表

アイスコーヒーに適しているコーヒー豆は、非常に多く選ぶのに悩んでしまいがちです。

この記事でもご紹介したような、いくつかの選ぶ基準を基にして購入してみてはいかがでしょうか。

No 商品 商品名 Amazon価格 内容量 産地 焙煎
1 東京コーヒー/ダッチブレンド

1,530円

200g 南米、アジア 深煎り
2 UCC/ゴールドスペシャル アイスコーヒー

590円

320g ブラジル、インドネシア 単品焙煎
3 澤井珈琲/BITTERなアイスブレンド

2,999円

1.5kg - 極深煎り
4 スターバックス/アイスコーヒー ブレンド

1,436円

280g ブラジル、コロンビア 中煎り
5 ode/水出しコーヒー豆

1,399円

200g エチオピア 深煎り
6 キーコーヒー/アイスコーヒー

1,236円

960g ブラジル、ベトナム 極深煎り
7 パオコーヒー/イタリアンブレンド

683円

200g ブラジル、コロンビア 極深煎り
8 澤井珈琲/カリビアンアイスブレンド

2,499円

1kg - 極深煎り
9 ヒルス/アイスコーヒー

820円

300g ベトナム、ブラジル 深煎り
10 MJB/アイスコーヒー

804円

600g ベトナム、ブラジル 深煎り
11 honu加藤珈琲店/スペシャルアイスブレンド

2,158円

1kg コロンビア、ブラジル 深煎り
12 パオコーヒー/キリマン・エスプレッソ

792円

200g タンザニア、コロンビア、グァテマラ 極深煎り
13 ドリップコーヒーファクトリー/アイスコーヒーブレンド

1,790円

1kg ブラジル、ホンジュラス 独自焙煎
14 コーヒーばかの店/アイス珈琲 キレの小次郎

1,981円

300g - 深煎り
15 コーヒーばかの店/アイス珈琲 コクの武蔵

2,264円

300g - 深煎り
16 藤田珈琲/アイスコーヒーブレンド ラオス

772円

500g ラオス、ベトナム 深煎り
17 自家焙煎コーヒーマウンテン/アイスコーヒーブレンド

1,782円

300g コロンビア、インドネシア 極深煎り
18 自家焙煎コーヒー工房 信州珈琲/カフェインレスコーヒーアイスコーヒー用

3,140円

500g コロンビア 独自焙煎
19 辻本珈琲/イツモアイスブレンド

669円

500g インドネシア、ブラジル、コロンビア 独自焙煎
20 ヨシモトコーヒー/アイスブレンド

1,680円

200g/td> ブラジル、インドネシア 深煎り
21 パオコーヒー/ビターエスプレッソ

792円

200g ブラジル、グァテマラ、インドネシア 極深煎り

美味しいアイスコーヒーを作るなら急速冷却が重要

アイスコーヒー

美味しいアイスコーヒーを作るならば、ドリップしてそのまま急速冷却するのがおすすめ。

急冷することにより香りや風味をぎゅっと閉じ込め、王道のアイスコーヒーが出来上がります。

コーヒーサーバーにそのまま氷を入れてもいいですし、グラスへと移すときに氷を入れておいてもOKです。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

ひつじの珈琲タイム編集部

ひつじの珈琲タイム編集部

編集部ライター

コーヒー好きの編集部が徹底リサーチして記事をお届けしています。

-飲み方別コーヒー

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-