生産国別コーヒー

【2022年版】ルワンダ産コーヒーの人気おすすめランキング6選!

ルワンダ産コーヒーの人気おすすめランキング6選!

ルワンダ共和国は東アフリカに位置しており、国土の多くは緑豊かな山岳地帯に覆われている国です。

ヴォルカン国立公園やマウンテンゴリラなどがとても有名な国で、自然の豊かさや大地の雄大さはアフリカならでは。

決して有名な国ではないものの、コーヒーはとても品質が高くなってきており人気のコーヒーのひとつです。

今回はそんなルワンダ産のコーヒーをまとめて、おすすめランキングとしましたのでぜひ最後までご覧ください!

 

ルワンダ産コーヒーの特徴

国の復興に貢献したコーヒー生産が盛んなルワンダ

ルワンダ

ルワンダは東アフリカの内陸国で、面積は日本の四国程度であり、とても自然豊かな大地が有名です。

1994年には当時の大統領暗殺を発端として、ジェノサイドが勃発。およそ100万人が虐殺されることとなりました。

その後、復興のためにコーヒー生産を中心として様々な農業が発展し、総輸出の10%程度を占めるほどになったのです。

コーヒー栽培に適した土地と年々上昇する品質

ルワンダ

西のコンゴ、北のウガンダ、東のタンザニア、南のブルンジと、コーヒー栽培で有名な国にも囲まれているルワンダ。

ごつごつとした山地が連なっており、標高4,507mのカリシンビ山や、森林に覆われた火山が連なっている恵まれた土地なのです。

この土壌を活かして寒暖差もある標高でしっかりと実が引き締まったコーヒー豆に仕上がってきています。

元々の生産技術は高くないルワンダでしたが、精製方法や加工方法を変えることで大きく品質向上してきているのです。

ジューシーでフルーティーな柑橘系の味わい

フルーティー

ルワンダ産のコーヒーはアフリカ産コーヒーならではのフルーティー感をしっかりと感じられ、またとてもみずみずしいです。

かなりジューシーなのでフルーツを食べているかのようなフレッシュ感があり、優雅な酸味を感じられます。

口当たりはとてもなめらかで、ほどよいコクもあるのでフルーティーながら飲みごたえもあるコーヒーとなっています。

ルワンダ産コーヒーのおすすめランキング

No.1 自家焙煎かかし珈琲 ルワンダ スカイヒル

 

自家焙煎かかし珈琲
ルワンダ スカイヒル
参考価格 1,350円

スパイシーな香りと口当たりスッキリな甘み

深煎り仕様のルワンダスカイヒルはしっかりとした苦味を感じられるため全体的にまろやかで、スパイシーさも持っています。

ルワンダ産特有の酸味は少し抑えられており、その反面でより甘みと香りが特徴的です。

冷めてくると徐々に酸味が出てくるような仕上がりなので、香り豊かな酸味も楽しめるようになっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎かかし珈琲

内容量

200g

産地

ルワンダ

焙煎

深煎り

No.2 横砂園 ルワンダ アバトゥンジ農園

 

横砂園
ルワンダ アバトゥンジ農園
参考価格 777円

長い歴史を持つ豆と農園の素晴らしさ

ルワンダの農園ではとても数少ない単一農園であるアバトゥンジ農園から入荷したコーヒー豆がこちら。

ほどよい酸味と苦味がバランス良く、フルーティーな香りは浅煎りにより健在となっています。

全体的に主張は強くなく、口当たりは爽やかで飲みやすいコーヒーといった印象がとても強いです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

横砂園

内容量

200g

産地

ルワンダ

焙煎

浅煎り

No.3 bears coffee ルワンダ ブルボン

 

bears coffee
ルワンダ ブルボン
参考価格 1,550円

EAFCAで1位獲得のルワンダコーヒー

肥沃な大地と標高のとても高い高地での生産、そして豊富な雨量に恵まれているという土地柄を活かしたコーヒー豆です。

東アフリカの品評会では高評価を得ており、2007年と2009年では見事1位に輝いたほどの人気ぶり。

まろやかなコクと苦味が強すぎないほろ苦さ、そしてクセのない飲みやすさが抜群なルワンダコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

bears coffee

内容量

300g

産地

ルワンダ

焙煎

中煎り

No.4 コーヒーマーケット ルワンダ キャヒンダCWS ピーベリー

 

コーヒーマーケット
ルワンダ キャヒンダCWS ピーベリー
参考価格 3,010円

栄養が凝縮されたルワンダ産のピーベリー

ピーベリーは1本の木からわずか5%ほどしか採れない貴重なコーヒー豆で、香りやコクが豊かなことで知られています。

手作業で丁寧に選別されているので欠点豆などはなく、入手しづらいピーベリーをしっかりと堪能することができます。

素直でやわらかな甘酸っぱさと、まろやかで香り高いピーベリーならではの良さを楽しむことができます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

コーヒーマーケット

内容量

1kg

産地

ルワンダ

焙煎

生豆

No.5 スペシャルティコーヒーシリーズ ルワンダ スカイヒル

 

スペシャルティコーヒーシリーズ
ルワンダ スカイヒル
参考価格 1,760円

千の丘を持つと言われるルワンダのスカイヒル

平均標高がとても高いルワンダは「千の丘を持つ」国と言われており、天空に浮かぶ如く美しい土地で生産されています。

自然豊かな土地柄を活かして丁寧に生産されており、肥沃な土壌の栄養をしっかり吸収したコーヒー豆のみを手摘み。

味わい深いコーヒー豆に仕上がっているのは当然で、柑橘系のフルーティーな香りや味わいを楽しむことができます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

スペシャルティコーヒーシリーズ

内容量

250g

産地

ルワンダ

焙煎

中煎り

No.6 honu加藤珈琲店 ルワンダカップオブエクセレンス

 

honu加藤珈琲店
ルワンダカップオブエクセレンス
参考価格 864円

チェリーのような甘さとクリーンな酸味

カップオブエクセレンスを受賞したこちらのコーヒー豆は、世界中のコーヒー会社と競り合い入荷したコーヒー豆です。

香りはチェリーのように甘くクリーンな酸味がほのかに感じられるルワンダ特有の香りになっています。

苦味はほとんどなくコクもスッキリとしているので、とても飲みやすくより香りを感じやすいコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

honu加藤珈琲店

内容量

100g

産地

ルワンダ

焙煎

中煎り

ルワンダ産コーヒーの一覧表

ルワンダ産コーヒーはまだまだ輸入している数も少なく、手に入るタイミングはかなり限られています。

在庫があるうちに入手しておかないとすぐに飲めなくなってしまうにも関わらず、コスパも良いのでぜひ試してみてくださいね!

No 商品 商品名 Amazon価格 内容量 産地 焙煎
1 自家焙煎かかし珈琲/ルワンダ スカイヒル

1,350円

200g ルワンダ 深煎り
2 横砂園/ルワンダ アバトゥンジ農園

777円

200g ルワンダ 浅煎り
3 bears coffee/ルワンダ ブルボン

1,550円

300g ルワンダ 中煎り
4 コーヒーマーケット/ルワンダ キャヒンダCWS ピーベリー

3,010円

1kg ルワンダ 生豆
5 スペシャルティコーヒーシリーズ/ルワンダ スカイヒル

1,760円

250g ルワンダ 中煎り
6 honu加藤珈琲店/ルワンダカップオブエクセレンス

864円

100g ルワンダ 中煎り

ルワンダ産コーヒーはフルーティーな味わいを楽しめるブラックで

ブラック

フルーティーでジューシーな味わいを楽しむためにも、ぜひブラックのまま飲んでみてください。

普段は砂糖やミルクを混ぜてから飲むという方も、苦味はほどよく雑味もないので新鮮でクリアなコーヒーを楽しめます。

また、下手に砂糖やミルクを入れてしまうと嫌な酸味が出てしまうこともあるため、ブラックが最もおすすめです。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

ひつじの珈琲タイム編集部

ひつじの珈琲タイム編集部

編集部ライター

コーヒー好きの編集部が徹底リサーチして記事をお届けしています。

-生産国別コーヒー

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-