生産国別コーヒー

【2022年版】ラオス産コーヒーの人気おすすめランキング5選!

ラオス産コーヒーの人気おすすめランキング5選!

コーヒーベルトのひとつであるアジアでは、コーヒー生産がとても盛んで農業に従事している人も非常に多いです。

ラオスという国は東南アジアのインドシナ半島に位置しており、人口はわずか700万人ほどの小国。

多くの人がコーヒー生産を行っている国で、徐々に人気に火が付いているラオス産コーヒーを今回ご紹介していきます。

 

ラオス産コーヒーの特徴

ラオスという国はアジア圏に位置している国の中で、明瞭な雨季と乾季がある国です。

平均気温はやや高いものの、ミネラルを多く含んだ土壌を活かしてコーヒー生産が行われています。

労働人口の8割が農業従事しているラオス

ラオス

ラオスという国では大部分の人たちが稲作を中心とした農業に従事しており、その数は労働人口の8割にも及びます。

ラオス人の主食がもち米であるため、お米はもちろんのこと「コーヒー、キャベツ、じゃがいも」などが生産されています。

中でもコーヒーはラオス最大の輸出農作物となっており、無農薬栽培の作物としても輸出の動きが強まってきています。

コーヒー栽培に適したボーラウェン高原

ボーラウェン高原

ラオスで生産されるコーヒーの約9割は、ボーラウェン高原という場所で行われています。

ラオス南部は赤道にとても近く、その南部に位置しているボーラウェン高原は標高の高さやモンスーン性気候が特徴。

ミネラルを豊富に含んでいる火山灰性の土壌でもあり、コーヒー生産に適している土地といえます。

苦味は控えめで優しい酸味と甘みが特徴的

フルーティー

ラオス産コーヒーは苦味が控えめで、優しい酸味と甘みが特徴的な味わいとして知られています。

全体的にとてもスッキリとしている味わいなので、くどくなく爽やかな印象がとても強いコーヒーといえます。

スッキリとしたコーヒーが好きな方は浅煎りや中煎り、よりコーヒー感を楽しみたい方は中深煎りにして飲みます。

ラオス産コーヒーのおすすめランキング

No.1 藤田珈琲 プレミアムラオスブレンド

ラオスコーヒーを美味しくたくさん楽しめるブレンド

ラオスやベトナム産コーヒー豆をブレンドしたプレミアムラオスブレンドは、大容量でコスパも最強。

口当たりからとてもマイルドで優しく、中深煎りにしていることでほどよい苦味と濃厚な甘みが楽しめます。

あっさりとしていますが、爽やかに香る酸味がとても印象的で、余韻まで楽しめるコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

藤田珈琲

内容量

2kg

産地

ラオス、ベトナム

焙煎

中深煎り

No.2 CAFE L'ETOILE DE MER VERTE ラオス

 

CAFE L'ETOILE DE MER
VERTE ラオス
参考価格 2,280円

貴重なティピカ種を使ったラオス産コーヒー

ラオス南部に位置する標高1,300~1,350mという土地で小農家が丁寧に作り上げたラオス産コーヒー。

火山噴火が何年にも渡って繰り返されてきたため、土壌には豊富なミネラルが含まれた理想的な土地に。

とてもスッキリとしているのはもちろんのこと、キャラメルやココアのような濃厚な甘みと芳ばしさも感じられます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

CAFE L'ETOILE DE MER

内容量

1kg

産地

ラオス

焙煎

生豆

No.3 People Tree フェアトレードコーヒー コーヒーバッグ ラオス

 
   

People Tree
フェアトレードコーヒー コーヒーバッグ ラオス
参考価格 993円

   

ラオスのフェアトレードコーヒー

フェアトレードコーヒーとは、小規模な農家の安定した収入と生産を維持することを目的とした認証です。

恵まれた土地を活かして安定した供給を行うため、病気に弱いティピカ種も丁寧に手作業で栽培されています。

水洗加工方式なのでバランス良い味わいで、とても豊かな余韻がゆったりとした時間を作り上げてくれます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

People Tree

内容量

80g

産地

ラオス

焙煎

独自焙煎

No.4 ラオスコーヒー ラオス・アラビカG1

芳醇な香りと優しい酸味と苦味のバランス

標高1,000m~1,500mという高地で生産されたラオス産コーヒーは、粒の揃ったバランスの良いコーヒー豆に仕上がっています。

焙煎後には香りがしっかりと感じられて、アジアならではの個性ある豊かな味わいとなっています。

酸味と苦味はとても調和が取れており、コスパも非常に高い限られたコーヒーといえます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ラオスコーヒー

内容量

500g

産地

ラオス

焙煎

中深煎り

No.5 honu加藤珈琲店 青葉の珈琲福袋

 

honu加藤珈琲店
青葉の珈琲福袋
参考価格 3,238円

 

ラオスを含めた3種類のコーヒーセット

honu加藤珈琲店の「青葉の珈琲福袋」は、ラオスを始めとして3種類のコーヒーがセットになっています。

「ラオス、TSUBAKI、キリマンジャロ」の3種類が楽しめて、ラオスはエキゾチックで上品な味わいが楽しめます。

全て中深煎りにされていることでほどよい芳ばしさと、コーヒー特有の香りが楽しめる仕上がりとなっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

honu加藤珈琲店

内容量

1.5kg

産地

ラオス、タンザニア

焙煎

中深煎り

ラオス産コーヒーの一覧表

コーヒー生産が盛んで輸出が多くなってきているラオスですが、日本に入ってきているものはまだまだ少ないです。

限られたいくつかの種類しか飲めず、またブレンドとして販売されているものも非常に多いのが特徴です。

No 商品 商品名 Amazon価格 内容量 産地 焙煎
1 藤田珈琲/プレミアムラオスブレンド

2,700円

2kg ラオス、ベトナム 中深煎り
2 CAFE L'ETOILE DE MER/ VERTE ラオス

2,280円

1kg ラオス 生豆
3 People Tree/フェアトレードコーヒー コーヒーバッグ ラオス

993円

80g ラオス 独自焙煎
4 ラオスコーヒー/ラオス・アラビカG1

1,100円

500g ラオス 中深煎り
5 honu加藤珈琲店/青葉の珈琲福袋

3,238円

1.5kg ラオス、タンザニア 中深煎り

ラオス産コーヒーはペーパードリップやフレンチプレスで

ペーパードリップ

特徴でもある優しい酸味や甘みが好きな方は、浅煎りから中煎りにしてペーパードリップで飲んでみましょう。

なめらかな舌触りが楽しめて、柑橘系の香りもほどよく楽しめるようなコーヒーとなっています。

また、フレンチプレスで抽出すればより甘みが積極的に感じられるので、違った楽しみ方もできますよ。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

ひつじの珈琲タイム編集部

ひつじの珈琲タイム編集部

編集部ライター

コーヒー好きの編集部が徹底リサーチして記事をお届けしています。

-生産国別コーヒー

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-