コーヒー器具の使い方

フレンチプレスの使い方から淹れ方やお手入れ方法を解説します!

2022年2月15日

フレンチプレスの使い方、淹れ方やお手入れ方法を解説します!

お手軽にコーヒーの個性を余すことなく引き出すことができる器具としてフレンチプレスが注目されています。

スペシャルティコーヒーと呼ばれる高品質コーヒーが手に入りやすくなったことで、ますます人気になったためです。

フレンチプレスは簡単に扱うことのできる器具ですが、使い方や取り扱いのポイントを押さえることで、さらに美味しいコーヒーを淹れることができます。

この記事では、フレンチプレスの使い方、お手入れの方法などのポイントについて解説します。

ぜひ、最後までお読みください。

この記事を書いた人

たかのり

たかのり

フリーライター

コーヒー愛好歴8年のライター。
これまでに全国の自家焙煎コーヒー店から焙煎豆を購入しています。

 

フレンチプレスとは

フレンチプレスとは

フレンチプレスはコーヒー豆をお湯に浸して成分を抽出する浸漬法でコーヒーを淹れる器具です。

コーヒープレスやプランジャーポットとも呼ばれています。

ガラス製や金属製のサーバー部分にコーヒー豆とお湯をいれて、金属製のフィルターがついたプランジャーを使って濾すことでコーヒーを抽出します。

金属フィルターを使うことで、成分がすべてコーヒー液に抽出されるため、コーヒーの持っている味わいを余すことなく楽しむことができます。

フレンチプレスを使うメリット

フレンチプレスはおうちでコーヒーを淹れる器具としてオススメです。

フレンチプレスには以下の4つのメリットにあります。

誰でも簡単に抽出できる

フレンチプレス

フレンチプレスは抽出にテクニックは必要ありません。

コーヒー豆にお湯を注いで待つだけなので、初めてコーヒー抽出にチャレンジする人にも美味しいコーヒーができます。

抽出時間は待つだけなので、コーヒーにずっと集中しなくても問題ありません。

忙しい時間の合間にもコーヒーを淹れられますよ。

味の再現性が高い

ホットコーヒー

他の抽出器具では注湯や攪拌(かくはん)の加減によって味がブレてしまいます。

しかしフレンチブレスは、コーヒー豆、お湯の量、コーヒーの粒度、抽出時間の4つのポイントを守ることで、いつでも同じ味に抽出ができます。

またこのポイントを変えることで、味わいを自由自在に調節できることも魅力です。

サイズのバリエーションが豊富

フレンチプレスを使うメリット

フレンチプレスはサイズバリエーションが豊富なため、家族構成やコーヒーを飲む量にあわせてサイズを選ぶことができます。

1〜2人用の350mlサイズ、たくさん飲みたい人には500mlサイズ大家族用の1,000mlサイズがあります。

飲む量にあわせて好きなサイズを選びましょう。

コーヒーオイルまで楽しめる

コーヒー

フレンチプレスでは金属フィルターで抽出するため、コーヒーオイルまで味わうことができます。

コーヒーオイルとはコーヒーに含まれる油脂成分で、風味や舌触りに大きく影響します。

ペーパードリップでは紙がオイル成分を吸着してしまいますが、金属フィルターならばコーヒー豆本来の風味を余すことなく楽しめます。

フレンチプレスとエアロプレスの違い

フレンチプレスに似た商品としてエアロプレスがあります。

名前やプレスして抽出することから、似たものと思われがちですが、実は別ものの器具です。

フレンチプレスとエアロプレスの違いとして大きいのはコーヒー豆をお湯に浸漬する時間と注射器のように空気でプレスしてカップに抽出することです。

フレンチプレスよりも短時間で抽出ができ、圧縮されたコーヒー豆が取り出せるため後片付けが簡単です。

しかしその反面、味がブレやすかったり1〜2杯分までしか抽出できないなどのデメリットがあります。

フレンチプレスの淹れ方|簡単5ステップ

フレンチプレスとは

今回使うのはHARIOのフレンチプレスです。

他のメーカーのフレンチプレスでも操作は同じです。

今回使用しているのはコレ!

準備

まずは材料の準備です。

準備物

・コーヒー豆(中挽き〜粗挽き)15g

・お湯(90℃) 300ml

・フレンチプレス

・タイマー

器具を温める

器具を温める

コーヒーを淹れる前に、フレンチプレスに沸騰したお湯を淹れて温めます。

事前に器具を温めておくことで、コーヒーを抽出する際のお湯が冷めないので、味が安定します。

フレンチプレスにコーヒー豆とお湯を淹れてなじませる

フレンチプレスにコーヒー豆とお湯を淹れてなじませる

お湯を一度捨てて、コーヒー豆(15g)とお湯(300ml)を淹れてなじませます。

フレンチプレスにコーヒー豆とお湯を淹れてなじませる

乾いた粉があると抽出ムラになってしまうため、乾いた粉をお湯に浸すように木のヘラなどで軽く混ぜると抽出が安定します。

4分待つ

4分待つ

コーヒー成分がお湯に溶け出すよう4分待ちます。

金属フィルターで濾してカップに注ぐ

金属フィルターで濾してカップに注ぐ

金属フィルターを3〜5秒かけてゆっくり下ろして濾しましょう。

カップに注いで完成です!

カップに注いで完成です!

あとはカップに入れてコーヒーを楽しむだけです!

カップに注いで完成

全て注ぎきらないようにする

コーヒーをカップに注ぐ際には、すべて注ぎきらないことがポイントです。

これはコーヒーの微粉がカップに入ってしまうことを防止するためです。

微分はコーヒーを飲んだ時に口当たりが悪くなってしまうので注意しましょう。

フレンチプレスの後片付けとお手入れ

使い終わったあとにしっかりお手入れすることで、次も美味しいコーヒーを淹れることができます。

フレンチプレスの後片付けは以下の手順です。

器具の中の粉を捨てる

フレンチプレスの後片付けとお手入れ

まずは使い終わったフレンチプレスの下部にたまっているコーヒー粉を捨てましょう。

フレンチプレスの後片付けとお手入れ

フレンチプレスを逆さにすることで大部分の粉が取り出せます。

水を少量入れてすすぎ、こし器やざるにキッチンペーパーやティッシュを敷いて濾します。

分解して中性洗剤で洗う

フレンチプレスの後片付けとお手入れ

金属フィルターは分解できるので部品ごとに中性洗剤で洗いましょう。

コーヒーオイルが付いたまだとオイルの劣化したニオイが付いてしまいます。

中性洗剤も無香料のものを選ぶのがポイントです。

しっかり乾燥させる

フレンチプレスの後片付けとお手入れ

金属フィルターがサビたりしないように、使い終わったらしっかり乾燥させましょう。

フレンチプレスの魅力

フレンチプレスの魅力

フレンチプレスで淹れたコーヒーの魅力は、じっくり抽出されたコーヒー成分です。

特にコーヒーオイルがコーヒー液に溶け出していることで風味が増したり舌触りも良くなったりコクを感じやすくなります。

じっくり抽出されたコーヒーを味わうことができるのは、ペーパードリップやインスタントコーヒーにはない魅力ですね。

まとめ|フレンチプレスで至福の時間を楽しもう

今回はフレンチプレスの淹れ方や魅力について解説しました。まとめると以下のようになります。

ポイント

  • コーヒー豆やお湯の量コーヒーの粒度お湯の温度抽出時間の4つのポイントを守ることで、いつでも同じ味が手軽に抽出できる
  • カップに注ぐ際にはゆっくり注ぐ、コーヒーは注ぎきらない
  • 片付けは中性洗剤でしっかり洗い、乾燥させる

現在ではスペシャルティコーヒーと呼ばれる特徴的な酸味や風味、これらが素晴らしいコーヒーも流通しています。

コーヒーのポテンシャルを丸ごと味わうことができるフレンチプレスは最適とも言えます。

ぜひ簡単で美味しいコーヒーができるフレンチプレスで、コーヒーライフをより豊かにしましょう!

今回使用しているのはコレ!

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

たかのり

たかのり

フリーライター

コーヒー愛好歴8年のライター。
初めてケニアコーヒーを飲んだ時、あまりの美味しさ感動してコーヒーにハマりました。
これまでに全国の自家焙煎コーヒー店から焙煎豆を購入しています。
最近は深煎りの豆をアメリカンプレスで抽出してコーヒーオイルを味わうのがマイブームです。

-コーヒー器具の使い方
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-