コーヒー系飲料

【2022年版】穀物コーヒーのおすすめランキング15選!

2022年8月19日

穀物コーヒーの人気おすすめランキング15選

日々、健康志向が高まってきている昨今、日常的に飲むようなコーヒーも健康志向になりつつあります。

コーヒー本来の風味や味わいが好きな方はコーヒーを選ぶと思いますが、コーヒー風味の美味しいコーヒーも誕生してきています

それが『穀物コーヒー』というもので、コーヒー豆ではなく穀物を原料としたコーヒーとなっています。

「コーヒー飲みたいけどカフェインが…」といったようなときには、この穀物コーヒーで健康的なコーヒー生活を始めてみましょう!

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。

 

穀物コーヒーとは

穀物コーヒーとは大麦やライ麦、チコリなどを焙煎したコーヒー風味の飲みものです。

コーヒーのような見た目ですが、コーヒーと紅茶をブレンドしたようなほろ苦い味わいが楽しめます。

また穀物コーヒーにカフェインは含まれていないので、妊婦さんや授乳中の方にもおすすめです。

穀物コーヒーの選び方

穀物コーヒーは様々な穀物が使われており、その原材料はひとつだけに限りません。

また、生産地やどういった飲み方をするのかによっても選び方が違うのでぜひ知っておきましょう。

ブレンドされている原材料で選ぶ

麦(大麦、小麦、ライ麦)

麦(大麦、小麦、ライ麦)

麦が原材料となっている穀物コーヒーは特に多く、大麦やライ麦などが使われています。

これらの麦を焙煎したあとに粉末状にして飲みやすくなっているものが、ヨーロッパなどを中心に販売されています。

麦自体も様々な栽培方法がとられているので、作り方やオーガニック認定のものかなど、選ぶ基準にしましょう。

チコリ

チコリ

チコリというのは、日本ではまだあまり有名ではないものの、ヨーロッパでは有名な野菜のひとつ。

白く淡い緑色のチコリや、紅色となっている赤チコリなど、その見た目は様々。

葉や根には独特のとても強い苦味があり、お茶などに使用されていることもある野菜です。

玄米

玄米

玄米は稲の果実であるもみから殻を除去したもので、精白されていない状態の米のことです。

精白されていない状態の玄米は、ビタミンやミネラル、食物繊維などがとても豊富に入っており、健康食品としても知られています。

玄米ご飯や玄米茶など、日本でもよく知られている食品のひとつなので、同様にコーヒーとしても親しみやすいものになっています。

いちじく

いちじく

いちじくは日本でも有名な果実で、いちじくジャムやソースの材料などとして加工食品の人気があります。

果実にはタンパク質やビタミン、カリウム、カルシウムなどが豊富に含まれているので、甘い果実としても人気。

実は穀物コーヒーの原材料のひとつとしても有名で、有機いちじくが使われている穀物コーヒーが有名です。

生産地で選ぶ

農作物 生産

穀物コーヒーは生産されている産地によって、作り方や味わいが全く異なっています。

基本的には日本で作られるものと、ヨーロッパを中心として作られているものがあり、どちらもネットで購入ができます。

コーヒーが盛んなヨーロッパでは穀物コーヒーも親しまれており、伝統的な味わいを楽しむことが可能です。

飲み方で選ぶ

ドリップタイプ

ドリップ

ドリップタイプのものは、コーヒーとしては至ってスタンダードですが、穀物コーヒーの中では手間がかかるものという部類。

多くがサッと飲めるようなものになっているので、ドリップコーヒーは種類として少ないものに。

しかし、コーヒー感をしっかりと楽しむことができるのはドリップタイプなので、貴重なひとつを選んでみるのもおすすめです!

[関連]ドリップコーヒーのおすすめランキング

ティーバッグタイプ

ティーバッグ

ティーバッグタイプは抽出に時間がかかりますが、お湯を注ぐだけでOKという簡単なものです。

抽出し終わったティーバッグを捨てる必要はありますが、抽出する度合いを自分で調節できます。

お湯を注ぐだけという点はインスタントなどと同じで楽なので、手軽さが魅力的な飲み方です。

[関連]コーヒーバッグの人気おすすめランキング

インスタントタイプ

インスタント

インスタントタイプのものは穀物コーヒーの中でもかなり種類が多く、最も簡単な飲み方となっています。

お湯を注いで溶かすだけ、という簡単な飲み方なので便利で早いのもこのインスタント。

サッとお湯に溶かして飲むだけなので、ヨーロッパなどでも人気が高い飲み方です。

オーガニック認証商品で選ぶ

オーガニック

身体への健康を考えて穀物コーヒーを飲むという目的の人は、より健康志向にオーガニック商品を選ぶというのがおすすめ。

穀物コーヒーは原材料から有機栽培されているものが多く、身体への影響を考えるならオーガニックがベストですよね。

厳しい審査基準をクリアした厳選された原材料を使っている穀物コーヒーも、今回ご紹介しています。

1杯あたりのコストで選ぶ

コスパ

穀物コーヒーという健康志向のコーヒーであっても、毎日飲むものならばコスパも気にしたいところ。

健康を重視して飲む穀物コーヒーは、毎日しっかり飲んで長く続けなければ意味がありません。

家計の負担になってもいけないので、一杯当たりのコスパなども考えて選ぶというのが良いでしょう。

穀物コーヒーの人気おすすめランキング

No.1 アリサン インカ

ダブルローストで香ばしい味わいが決め手

大麦とライ麦のみの原材料にこだわったポーランド産の穀物コーヒーです。

ローストした2種類の麦をブレンドし、ダブルの香ばしさがインパクトを与えます。

粒子の細かいパウダー状でお湯にサッと溶けるため、手軽に飲めるのが嬉しいポイント。

濃い目に淹れるとコーヒーのような飲みごたえがありますよ。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

150g

種類

インスタントコーヒー

原材料

大麦、ライ麦

認定

-

産地

‎ポーランド

No.2 レーベンスバウム オーガニック穀物コーヒー ノンカフェイン

レーベンスバウム
オーガニック穀物コーヒー ノンカフェイン
参考価格 1,404円

アレンジは無限大!コーヒーやスイーツにピッタリ!

ドイツNO.1のオーガニックブランドが、歴史とともに熱意を持って作り上げたオーガニック穀物コーヒー。

その味わいは、3種類の麦(麦芽・大麦・ライ麦)がぎっしり詰まった、香ばしさと軽やかな飲み心地が特徴的です。

薫り高い麦をアクセントに、ケーキやゼリーなどのスイーツ作りでもアレンジが楽しめますよ。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

100g

種類

インスタントコーヒー

原材料

有機ライ麦、有機麦芽、有機大麦、有機チコリ根、有機イチジク

認定

あり

産地

‎ポーランド

No.3 ジャコモ・サントレーリ イタリア オルツォ・モンド

ジャコモ・サントレーリ イタリア
オルツォ・モンド
参考価格 1,887円

エスプレッソマシンで抽出!オシャレコーヒー

イタリアのバールでも提供されている大麦コーヒーは食物繊維がたっぷり。のどごし爽やかな香ばしいフレーバーです。

原材料の大麦は無農薬で希少価値の高い品種を採用し、エスプレッソマシンやドリップで淹れることができます。

エスプレッソ本場のイタリア産ならではの本格的な大麦コーヒーを味わえますね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

250g

種類

ドリップ

原材料

大麦

認定

-

産地

イタリア

No.4 西尾製茶 玄米コーヒー 粗挽き

本格ドリップ式で楽しめる玄米コーヒー

焙煎された玄米は、芳醇な香りを楽しめる粗挽きタイプ。ドリップ式で玄米コーヒーを味わえるのが特徴です。

味わいはスッキリ系ですが、粉の量を調整して濃い目に作ることも可能!玄米にはポリフェノールやミネラルなどの栄養がたっぷり。

ドリップでしっかりと抽出して栄養素を体内に取り込めるのは嬉しいですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

100g

種類

ドリップ

原材料

有機玄米

認定

あり

産地

‎日本

No.5 ボッテガバーチ 有機穀物コーヒーMIX

100%ナチュラル&オーガニックの穀物コーヒー

ポーランド産のオーガニック穀物コーヒーは、深みのある味わいでほんのりとした甘みを感じさせます。

甘みの秘密は有機イチジクが原材料に含まれていること。さらに苦みや渋みがないため、子供でも飲みやすく作られています。

穀物コーヒーならではのコクもあり、口の中でしっかりと味わいを感じられるドリンクです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

100g

種類

インスタントコーヒー

原材料

有機ライ麦、有機大麦、有機麦芽、有機チコリ、有機いちじく

認定

あり

産地

ポーランド

No.6 巣鴨のお茶屋さん山年園 玄米珈琲 熊本県産

巣鴨のお茶屋さん山年園
玄米珈琲 熊本県産
参考価格 1,480円

老舗のお茶屋さんこだわりの玄米コーヒー

熊本県産の厳選された玄米を使用したお茶屋さん発のオリジナル玄米コーヒーです。

長時間焙煎したからこそ感じられる、おこげのような香りを堪能できます。

焙煎された玄米は、通常よりもポリフェノールが15倍、食物繊維4倍にもなるバツグンの栄養価に変身します。

サプリメント感覚で毎日のお供になりそうですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

種類

ドリップ

原材料

玄米

認定

-

産地

日本

No.7 オーサワジャパン オーサワの有機黒炒り玄米粉末

オーサワジャパン
オーサワの有機黒炒り玄米粉末
参考価格 1,080円

ダブルのこだわりを見せる玄米コーヒー

岡山県・滋賀県産の100%オーガニック玄米にこだわった玄米コーヒーです。

これだけに留まらず、玄米を10時間もかけてじっくりと焙煎するというこだわりぶり。

長時間のローストがなせる漆黒色の玄米コーヒーが抽出されます。

見た目よりさっぱりとした味わいで、苦みもライト。香ばしい風味とほろ苦いテイストを味わえます。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

150g

種類

インスタントコーヒー

原材料

有機玄米

認定

あり

産地

日本

No.8 西尾製茶 玄米コーヒー パウダー

独自技術で丁寧に作られた無農薬玄米コーヒー

低温でじっくりと焙煎した玄米を、独自製法で微粒子化したコーヒーパウダーがこの玄米コーヒーの特徴。

体内で消化しにくいと言われる玄米、きめ細かいパウダーにすることで、手軽に栄養素を体に取り込むことができます。

無農薬で化学肥料を使わずに育てられた玄米を、まるごと安心して飲めるコーヒーです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

100g

種類

インスタントコーヒー

原材料

有機玄米

認定

あり

産地

‎日本

No.9 巣鴨のお茶屋さん山年園 玄米珈琲 特A北海道産ななつぼし

巣鴨のお茶屋さん山年園
玄米珈琲 特A北海道産ななつぼし
参考価格 1,700円

北の大地生まれの玄米ブランドコーヒー

北海道産ななつぼしブランドの玄米から作られた玄米コーヒーです。

原材料は100%国産&100%無添加。北海道の生産者みずから厳選し、素材へのこだわりが感じられます。

古くから中国で「玄神」と呼ばれている炒った玄米をパウダー状にし、飲みやすく作られています。

玄米の栄養分を手軽に飲める心強いドリンクですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

24g

種類

インスタントコーヒー

原材料

玄米

認定

-

産地

日本

No.10 あしたるんるん ノンカフェイン黒豆玄米コーヒー

あしたるんるん
ノンカフェイン黒豆玄米コーヒー
参考価格 1,998円

女性に嬉しい栄養素たっぷりの黒豆玄米コーヒー

使用する原材料は玄米と黒豆。どちらも長野県産にこだわっています。

玄米は特別製法で黒焙煎されているため、深みのある味わいが特徴的です。

黒豆とブレンドすることで、食物繊維とミネラルに、ビタミン、ギャバ、イソフラボンなどの栄養もプラス。

一杯に豊富な栄養素がたっぷりと入っている嬉しいドリンクです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

90g

種類

ティーバッグ

原材料

玄米、黒大豆

認定

-

産地

日本

No.11 西尾製茶 玄米コーヒー プレミアムスティックタイプ

西尾製茶
玄米コーヒー プレミアムスティックタイプ
参考価格 1,200円

花粉よりも細かいパウダー状の玄米コーヒー

プレミアム玄米コーヒーは、非常に細かい粒子で作られたパウダーに仕上がっています。

きめが細かい分、消化しやすい上に吸収しやすく、栄養が体内に行き渡りやすい特徴があります。

有機JAS認定の鹿児島県産玄米のみを使った体に優しいドリンク。

スティックタイプなので、会社や学校でも気軽に飲めるのが嬉しいですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

26g

種類

インスタントコーヒー

原材料

有機玄米

認定

あり

産地

‎日本

No.12 ビオピュール 有機穀物コーヒー

ミルクとの相性抜群!カフェオレ風コーヒー

ミルクや豆乳ともよく合い、カフェオレ風にも仕上げられる穀物コーヒーです。

有機素材をふんだんに使った体に優しいドリンクで、穀物コーヒー特有のコクが引き立ちます。もちろんブラックでストレートに味わうこともできます。

カフェインレスなので夜寝る前でも、コクのあるドリンクを味わいたい時にはピッタリです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

100g

種類

インスタントコーヒー

原材料

有機ライ麦、有機大麦麦芽、有機大麦、有機チコリ、有機いちじく

認定

あり

産地

ポーランド

No.13 供TOMO カフェ玄神 玄米コーヒー

テトラバッグのキュートな玄米コーヒー

モナコ公室御用達の玄米コーヒーです。独自技術でローストした玄米コーヒーの粉は、見た目がコーヒー粉のよう。

粉は三角錐の可愛らしいテトラバッグに入っていて、お湯に浸して抽出している間は、ぷかぷかと浮かびます。

その様子を見ながら、まったりとした珈琲時間が流れて癒し効果にもなりそうですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

46g

種類

ティーバッグ

原材料

有機玄米

認定

あり

産地

日本

No.14 シガリオ ブラックジンガー玄米コーヒー

ライト感覚で飲める超微粉末玄米コーヒー

じっくりとローストした玄米を細かく砕いたパウダーは、15ミクロンという超微粉末です。

玄米はビタミンEやミネラルを豊富に含んだ栄養素の宝庫。それらが体に吸収しやすいのは高ポイントですね。

爽やかな飲み心地で、年代を問わず味わえます。たっぷり入ったお徳用パックなので、家族みんなで楽しめますよ。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

120g

種類

インスタントコーヒー

原材料

玄米

認定

-

産地

日本

No.15 西尾製茶 玄米コーヒー ティーバッグタイプ

西尾製茶
玄米コーヒー ティーバッグタイプ
参考価格 1,200円

受賞歴のある実力派の玄米コーヒー

雑味を排除した製法で作られたティーバッグタイプの玄米コーヒーです。

パウダータイプよりクリアな飲み心地で、後味もさっぱり。ローストされた玄米の風味と、香ばしさがバランスよく感じられます。

経済産業省のプロジェクトThe Wonder500への入選や鹿児島県の新定番土産で優秀賞を獲得するなど、実力派の玄米コーヒーです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

75g

種類

ティーバッグ

原材料

有機玄米

認定

あり

産地

‎日本

穀物コーヒーの一覧表

穀物コーヒーの選び方を基準に厳選した、おすすめのランキング一覧がこちら!

内容量や飲み方のタイプ、原材料などもまとめていますのでぜひ購入時の参考にしてみてくださいね。

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 種類 原材料 認定 産地
1アリサン
インカ

923円

150gインスタントコーヒー大麦、ライ麦-‎ポーランド
2レーベンスバウム
オーガニック穀物コーヒー ノンカフェイン

1,404円

100gインスタントコーヒー有機ライ麦、有機麦芽、有機大麦、有機チコリ根、有機イチジクあり‎ポーランド
3ジャコモ・サントレーリ イタリア
オルツォ・モンド

1,887円

250gドリップ大麦-イタリア
4西尾製茶
玄米コーヒー 粗挽き

800円

100gドリップ有機玄米あり‎日本
5ボッテガバーチ
有機穀物コーヒーMIX

1,250円

100gインスタントコーヒー有機ライ麦、有機大麦、有機麦芽、有機チコリ、有機いちじくありポーランド
6巣鴨のお茶屋さん山年園
玄米珈琲 熊本県産

1,480円

200gドリップ玄米-日本
7オーサワジャパン
オーサワの有機黒炒り玄米粉末

1,080円

150gインスタントコーヒー有機玄米あり日本
8西尾製茶
玄米コーヒー パウダー

1,000円

100gインスタントコーヒー有機玄米あり‎日本
9巣鴨のお茶屋さん山年園
玄米珈琲 特A北海道産ななつぼし

1,700円

24gインスタントコーヒー玄米-日本
10あしたるんるん
ノンカフェイン黒豆玄米コーヒー

1,998円

90gティーバッグ玄米、黒大豆-日本
11西尾製茶
玄米コーヒー プレミアムスティックタイプ

1,200円

26gインスタントコーヒー有機玄米あり‎日本
12ビオピュール
有機穀物コーヒー

1,284円

100gインスタントコーヒー有機ライ麦、有機大麦麦芽、有機大麦、有機チコリ、有機いちじくありポーランド
13供TOMO
カフェ玄神 玄米コーヒー

750円

46gティーバッグ有機玄米あり日本
14シガリオ
ブラックジンガー玄米コーヒー

2,700円

120gインスタントコーヒー玄米-日本
15西尾製茶
玄米コーヒー ティーバッグタイプ

1,200円

75gティーバッグ有機玄米あり‎日本

穀物コーヒーで健康的な身体を手に入れよう!

飲む

穀物コーヒーにはリラックスできるコーヒーのような効果だけではなく、身体にとって良い効果が多く含まれています。

血糖値の上昇を抑えたり、整腸作用や冷え性の改善なども期待できると言われているのが穀物コーヒー。

毎日しっかりと続けることでこの効果も得られるようになるので、ぜひ朝の一杯を穀物コーヒーにして健康な身体を手に入れちゃいましょう!

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。各国カフェタイムの過ごし方はさまざま。カフェ空間が人々にもたらす癒しや活力、その奥深さに魅力を感じながら、コーヒーへの探求心はなおも続く。

-コーヒー系飲料
-