コーヒー系飲料

【2022年版】カフェオレのおすすめランキング20選!

カフェオレの人気おすすめランキング20選!

ほろ苦いコーヒーの味と、まろやかなミルクの味があわさって飲みやすいカフェオレ。

子どもの頃から飲む機会もあるコーヒーのひとつで、大人になってからも好きだという人は多いのではないでしょうか。

カフェなどでも定番のひとつですが、今や新商品も続々と登場。人気のカフェオレは満載です。

今回はカフェオレの選び方から、おすすめのカフェオレについて詳しくご紹介していきます!

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。

もくじ

カフェオレ(カフェ・オ・レ)とは

カフェオレ(カフェ・オ・レ)とは、ドリップしたコーヒーに温めたミルクを加えた飲み物です。

基本カフェラテは深煎りのコーヒー豆を使用するので、香りや苦味をしっかりと感じつつ、ミルクのまろやかな口当たりが楽しめます。

またミルクのほどよい甘みも味わえるので、ホッとひと息付きたいときにもおすすめですよ。

カフェオレの選び方

まずはカフェオレの選び方について、3点ほどご紹介します。

どれも重要なポイントなので、購入時の参考にしてみてください。

飲み方のタイプで選ぶ

缶タイプ

出典:Amazon

最も手軽に飲めるカフェオレといえば、コンビニなどでも買うことができる缶タイプ。

缶コーヒーなどと同じ種類でカチッと開けるだけ。すでに出来上がっているカフェオレが飲めます。

コスパも非常に高く、自動販売機などでも購入できるカフェオレです。

ペットボトルタイプ

出典:Amazon

持ち運びができるタイプのカフェオレならば、ペットボトルタイプです。

こちらもコンビニなどで購入できますが、缶タイプとは違って持ち運びがとても便利です。

一日かけて少しずつ飲みたい、というような人におすすめのタイプ。

粉末タイプ

出典:Amazon

自宅や職場などで手軽に飲めるカフェオレといえば、粉末タイプのカフェオレです。

コップに入れてお湯を注ぐだけで完成するため、時間がないようなときでもカフェオレを楽しめます。

来客時などにも出すことができますし、長らくストックしておくこともできるタイプですね。

砂糖の有無で選ぶ

加糖タイプ

出典:Amazon

カフェオレといえばとても甘いコーヒーというイメージがあるように、加糖タイプが基本となっています。

コーヒーとミルクが合わさったまろやかさに加えて、砂糖の甘みがリラックスさせてくれます。

無糖タイプ

出典:Amazon

カフェオレとしては珍しいタイプのものが、砂糖は入っていない無糖タイプのカフェオレです。

スッキリした味わいが好きな方や、糖分を摂りたくないような人にもおすすめできます。

カフェインレスで選ぶ

出典:Amazon

カフェインレスはとても増えてきており、妊婦さんや夜にカフェオレを飲みたいというような人におすすめ。

だいぶメジャーになってきており、コーヒー風味を損なわずにカフェオレを楽しめるのがカフェインレスカフェオレ。

健康に気を使っている人はカフェインレスがぴったりなので、手元にひとつでも置いておくと便利ですよ。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

カフェオレのおすすめランキング

No.1 神戸居留地 カフェオレ

コーヒーの香ばしさに包まれるカフェオレ

北海道産生クリームで作られたコクのあるクリーミーなカフェオレです。香ばしいコーヒーを伝えるために香料は無添加。

主役となるコーヒーにはレギュラーコーヒー豆のみを使用し、じっくりと深煎りした豆を粗挽きにしています。

ミルク感たっぷりでありながらも、コーヒーの存在感が際立つ味わいに仕上がっています。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

5.55kg

種類

カフェオレ

原材料

砂糖、コーヒー、全粉乳、クリーム、デキストリン、クリーム加工品、乳化剤、カゼインNa

No.2 タリーズコーヒー バリスタズ カフェオレ スマートボトル

タリーズコーヒー
バリスタズ カフェオレ スマートボトル
参考価格 2,858円

アラビカ種コーヒー豆から作られたカフェオレ

苦味とコクのバランスが良いブラジル産のアラビカ種コーヒー豆を採用。

100%国産牛乳との調和で、まろやかなテイストのカフェオレに作り上げています。

香料と人工甘味料無添加で、カフェオレ本来のコーヒーとミルクの味をしっかりと堪能できます。

本格派コーヒーと安心安全の素材にこだわった嬉しい一品です。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

5.28L

種類

カフェオレ

原材料

牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、デキストリン/安定剤、乳化剤、カゼインNa

No.3 ジョージア ご褒美カフェオレ

トリプルラインナップの贅沢カフェオレ

北海道産生クリームを100%使用したカフェオレです。

原材料は「牛乳+ミルクソース+クリーム」のトリプルラインナップで、クリーミーさが抜群。

”ご褒美カフェオレ”という名に相応しい贅沢なつくりです。

500mlのペットボトルタイプで、贅沢カフェオレをたっぷり味わいながら、極上のひと時になりそうですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

12L

種類

カフェオレ

原材料

牛乳、砂糖、コーヒー、ミルクソース、クリーム、食塩/香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤

No.4 高千穂牧場 カフェ・オ・レ

生乳75%使用のミルクリッチなカフェオレ

生乳を75%も使用したカフェオレは、ミルクリッチなテイスト仕立てです。

原材料が生乳・砂糖・コーヒーのみのシンプルな作りで、香料・着色料が無添加。素材の香りと風味がナチュラルに伝わります。

保存料も不使用のため賞味期限は比較的短めなものの、その分、新鮮なカフェオレを堪能できるメリットがありますよ。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

2.2L

種類

カフェオレ

原材料

生乳、砂糖、コーヒー

No.5 BOSS とろけるカフェオレ ビター

焦がし砂糖が深みを添えるビターなカフェオレ

サントリーボス・とろけるシリーズのカフェオレは、「とろけるような味わい」にこだわって作られたビタータイプ。

ダークローストしたコーヒーの苦味にダブルの生クリームを加え、なめらかな口当たりを伴った飲みごたえです。

さらに焦がし砂糖が奥深いコクを作り上げ、ほろ苦さと強めのコーヒー感が際立っています。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

12L

種類

カフェオレ

原材料

砂糖、牛乳、コーヒー、乳製品、デキストリン、香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤

No.6 エルビー カフェオレ

コーヒー豆の調合にこだわったカフェオレコーヒーの香りと味わいを重視したカフェオレです。

素材選びと調合にこだわりが感じられる一品で、使用するコーヒー豆はアラビカ種とロブスタ種。

両品種の特性を活かしてバランスよくブレンドし、香りと苦味を引き出しています。

砂糖+加糖練乳入りで、まったりとした甘さと飲み心地が特徴的です。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

4.8L

種類

カフェオレ

原材料

砂糖、加糖れん乳、脱脂粉乳、コーヒー、クリーミングパウダー、香料、乳化剤

No.7 ジョージア ザ・プレミアム カフェオレ

最高等級豆をブレンドした贅沢なカフェオレ

「ジョージアカフェオレ史上最高のコク」と心をくすぐるキャッチーなプレミアムカフェオレ。

ナチュラルな牛乳とクリームを惜しみなく使用したミルクリッチテイストです。

さらにコーヒー豆にはブラジル産最高等級豆をブレンドし、通常よりも30%多めのコーヒー豆にコーヒーオイルもプラス。

コーヒー度満載の苦味と香りが凝縮されています。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

5.55kg

種類

カフェオレ

原材料

牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム、食塩、コーヒーオイル、香料、カゼインNa、乳化剤

No.8 小岩井 The カフェオレ

濃厚派にはぴったりのコクのあるカフェオレ

1999年の発売からロングセラーを続けるブランドの後継版。

ミルクの品質感にこだわったカフェオレで、日本最大の農場である岩手県の小岩井農場で作られた生クリームを使用しています。

コクの秘密は豊富なミルク系の原材料。生乳や全粉乳、クリームなどのラインナップで、濃厚なミルク感を際立たせた味わいが口の中で広がります。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

12L

種類

カフェオレ

原材料

牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、デキストリン、脱脂粉乳、クリーム、食塩/乳化剤、香料

No.9 グリコ カフェオーレ

1979年誕生の定番カフェオレ

「円錐形のパッケージ=グリコのカフェオレ」と連想されるほど、幅広い世代に親しまれているロングセラーのカフェオレ味。

アラビカ種のコーヒー豆を贅沢に使用し、香りとコクを活かしたコーヒー感を引き出しています。

コーヒーの苦味を抑え、ミルクのまろやかさが加わったコク甘テイスト仕立てです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

3.6L

種類

カフェオレ

原材料

無脂肪牛乳、生乳、砂糖、乳製品、コーヒー、植物油脂/カラメル色素、pH調整剤、乳化剤、香料

No.10 サンガリア ブレンド カフェオレ

3つの鮮度を閉じ込めたカフェオレ缶

レギュラーコーヒー豆のみを採用し、淹れ立てのコーヒーにミルクを加えたカフェオレは、ショート缶タイプの飲みきりサイズ。

独自の充填方式で「煎り立て・挽き立て・淹れ立て」の3つの鮮度が缶の中に閉じ込められています。

缶を開けた瞬間のフレッシュさと、コーヒー豆の香ばしさが漂う至極のひと時ですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

5.55kg

種類

カフェオレ

原材料

コーヒー、砂糖、脱脂粉乳

No.11 AGF ブレンディ スティック カフェオレ 甘さなし

AGF
ブレンディ スティック カフェオレ 甘さなし
参考価格 1,826円

濃厚ミルクとコーヒーのみのピュアなカフェオレ

スティックパウダータイプの無糖カフェオレです。苦味を際立たせる豆を厳選し、ダークローストすることで充実したコーヒー感を実現。

さらにビターなコーヒーに合う濃厚ミルクとの調和で、深いテイストに仕上げています。

砂糖や人工甘味料を一切使用せず甘さはゼロ。純粋なカフェオレを楽しみたい方におすすめの一品です。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

1.08kg

種類

カフェオレ

原材料

植物油脂、水あめ、乳糖、インスタントコーヒー、脱脂粉乳、食塩/pH調整剤、乳たん白、香料、乳化剤、微粒酸化ケイ素、調味料

No.12 ドトールコーヒー スティックハニーカフェオレ

ドトールコーヒー
スティックハニーカフェオレ
参考価格 2,722円

贅沢仕立ての女性人気NO.1ハニーカフェオレ

ドトールの店舗で女性人気NO.1のハニーカフェオレが、スティックパウダーになって登場。自宅でもオフィスでも味わえる身近な存在になりました。

はちみつがプラスされた優しいテイストのカフェオレは、最後まではちみつの風味が色濃く残ります。

贅沢仕立てのカフェオレで、気分もワンランクアップしそうですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

176g

種類

カフェオレ

原材料

クリーミングパウダー、砂糖、インスタントコーヒー、脱脂粉乳、デキストリン、はちみつ/リン酸塩、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、炭酸Ca、甘味料、香料、カラメル色素

No.13 和光堂 ママスタイル カフェオレ

ママさんに嬉しい栄養満点のカフェオレ

妊娠初期から授乳期までのママさんにぴったりのカフェオレ。

栄養補給が大事な時期に、カフェオレとともにカルシウムや10種類のビタミンなどの栄養を補える優れものです。

安心のカフェインレスで、コーヒーのコクと苦みをしっかりと感じながらも、ミルクたっぷりのマイルドなやさしい味わいに仕上がっています。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

95.2g

種類

カフェオレ

原材料

クリーミングパウダー、砂糖、水溶性食物繊維、インスタントコーヒー、インスタントオルゾーパウダー、食塩/炭酸Ca、ミルクカルシウム、pH調整剤

No.14 AGF ブレンディスティック 北海道ミルクカフェオレ

AGF
ブレンディスティック 北海道ミルクカフェオレ
参考価格 1,180円

うちカフェでも味わえる北海道限定カフェオレ

ご当地土産として販売されるカフェオレは、北海道産ミルクを100%使用し、ビターなコーヒーに濃厚なコクが加わった奥深さが特徴的です。

優しい甘さの秘密は、砂糖と水あめと糖乳のバランス。しつこくない自然な甘さで飲みやすく仕上がっています。

北海道限定カフェオレをうちカフェで堪能できるのは高ポイントですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

144g

種類

カフェオレ

原材料

砂糖、植物油脂、水あめ、全粉乳、インスタントコーヒー、脱脂粉乳、乳糖、食塩 / pH調整剤、乳たん白、香料、乳化剤、微粒酸化ケイ素、調味料

No.15 明治 オリゴスマート カフェオレ

かしこく美味しく手軽に飲めるカフェオレ

明治のオリゴスマートブランドとしてラインナップされたカフェオレ。

糖質がカラダに吸収されない甘味成分フラクトオリゴ糖入りで、かしこく糖質カットができるロカボにぴったりのドリンクです。

腸内環境に良好な成分でもあるため、健康にアプローチしながらリフレッシュもできる嬉しい欲張りタイプです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

4.8L

種類

カフェオレ

原材料

乳製品、食用油脂、フラクトオリゴ糖、砂糖、コーヒー/乳化剤、安定剤、リン酸塩、酸化防止剤、甘味料、香料

No.16 森永乳業 ピクニック カフェ・オ・レ

ロングセラーシリーズの甘いカフェオレ

1981年発売から40年の歴史を誇るロングセラー・ピクニックシリーズのカフェオレ味です。

あえて甘さを際立たせ、子供から大人まで幅広い年齢層に楽しんでもらえるテイストに仕上げています。

さらにココナッツオイル配合で、ほんのりとした風味とコクがアクセントに。なめらかな口当たりで飲みやすいドリンクです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

4.8L

種類

カフェオレ

原材料

砂糖混合果糖ぶどう糖液糖、砂糖、乳製品、ココナッツオイル、コーヒー、乳たんぱく質、食塩/香料、カラメル色素、乳化剤

No.17 モダンタイムス カフェ・オ・レ

贅沢使いができるリッチなカフェオレパウダー

コーヒーにミルクをたっぷりと入れて作られたクリーミーなカフェオレ。ミルク度の高いなめらかな喉越しで、味わいもまろやかです。

溶けやすいパウダータイプで、水でも簡単にカフェオレを作れます。1缶420g入りで濃さを調節できる便利な仕様。

濃い目の分量にしてミルクと混ぜると、さらにリッチなカフェオレができますよ。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

▼商品情報

内容量

420g

種類

カフェオレ

原材料

砂糖、デキストリン、植物油脂、乳糖、インスタントコーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、加糖脱脂練乳、食塩/pH調整剤、カゼインNa、乳化剤、リン酸Ca、香料

No.18 ドトールコーヒー インスタントスティック黒糖カフェオレ

ドトールコーヒー
インスタントスティック黒糖カフェオレ
参考価格 2,100円

芳醇な香りの沖縄県産黒糖カフェオレ

店舗メニューを手軽なスティックパウダータイプに仕上げた、黒糖フレーバーのカフェオレです。

黒糖は沖縄県産のフレッシュなサトウキビの搾り汁が原料。

カフェオレの深くマイルドな味わいと黒糖特有の芳醇な香りのバランスがよく、優しい甘さが口の中で広がります。

1スティックで簡単にお店の味が実現できる一品です。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

468g

種類

カフェオレ

原材料

クリーミングパウダー、砂糖、黒糖、インスタントコーヒー、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、食塩、乳等を主要原料とする食品/pH調整剤、乳化剤、リン酸Ca、香料、カゼインNa、甘味料

No.19 キーコーヒー カフェオレ 贅沢仕立て インスタント

キーコーヒー
カフェオレ 贅沢仕立て インスタント
参考価格 1,450円

コーヒーの香りをキープしたカフェオレ

北海道の地図をあしらったパッケージが印象的な、スティックタイプのカフェオレです。

北海道産生クリーム入りのクリーミーパウダーとインスタントコーヒーをバランス良くブレンド。

フリーズドライ粉を2.5%加えてコーヒーの香りもしっかりとキープしています。

クリーミーで柔らかな口当たりは、ほっこりタイムにぴったりのチョイスですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

540g

種類

カフェオレ

原材料

クリーミングパウダー、砂糖、インスタントコーヒー、乳加工品、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、食塩、植物油脂/pH調整剤、カゼインNa、乳化剤、甘味料、リン酸Ca、増粘剤、香料

No.20 UCC ブレンドコーヒー カフェ・オ・レ カロリーオフ

UCC
ブレンドコーヒー カフェ・オ・レ カロリーオフ
参考価格 1,588円

深煎りでダークな苦味のあるカフェオレ

ミルク感に負けない深煎りのコーヒー豆を100%使用し、ダークな苦みでコーヒー度とコクを高めたカフェオレ。

糖質を制限したカロリーオフで毎日気軽に飲める仕様です。味に対するこだわりのみならず、健康面への配慮も伺えますね。

ほどよい甘さでやさしい味わいと、深みのあるコーヒー感に心地よさがプラスされています。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

5.55kg

種類

カフェオレ

原材料

牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、甘味料

カフェオレのおすすめランキング一覧表

甘党からコーヒー好きまで、子どもの頃から親しんできたカフェオレは今なお人気を博しています。

コーヒー独特の風味を損なうことなく楽しめる、甘いコーヒーをぜひ気軽に楽しんでみてくださいね!

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 種類 原材料
1神戸居留地
カフェオレ

1,591円

5.55kgカフェオレ砂糖、コーヒー、全粉乳、クリーム、デキストリン、クリーム加工品、乳化剤、カゼインNa
2タリーズコーヒー
バリスタズ カフェオレ スマートボトル

2,858円

5.28Lカフェオレ牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、デキストリン/安定剤、乳化剤、カゼインNa
3ジョージア
ご褒美カフェオレ

2,343円

12Lカフェオレ牛乳、砂糖、コーヒー、ミルクソース、クリーム、食塩/香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤
4高千穂牧場
カフェ・オ・レ

2,280円

2.2Lカフェオレ生乳、砂糖、コーヒー
5BOSS
とろけるカフェオレ ビター

2,819円

12Lカフェオレ砂糖、牛乳、コーヒー、乳製品、デキストリン、香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤
6エルビー
カフェオレ

1,882円

4.8Lカフェオレ砂糖、加糖れん乳、脱脂粉乳、コーヒー、クリーミングパウダー、香料、乳化剤
7ジョージア
ザ・プレミアム カフェオレ

2,627円

5.55kgカフェオレ牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム、食塩、コーヒーオイル、香料、カゼインNa、乳化剤
8小岩井
The カフェオレ

2,618円

12Lカフェオレ牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、デキストリン、脱脂粉乳、クリーム、食塩/乳化剤、香料
9グリコ
カフェオーレ

2,703円

3.6Lカフェオレ無脂肪牛乳、生乳、砂糖、乳製品、コーヒー、植物油脂/カラメル色素、pH調整剤、乳化剤、香料
10サンガリア
ブレンド カフェオレ

1,856円

5.55kgカフェオレコーヒー、砂糖、脱脂粉乳
11AGF
ブレンディ スティック カフェオレ 甘さなし

1,826円

1.08kgカフェオレ植物油脂、水あめ、乳糖、インスタントコーヒー、脱脂粉乳、食塩/pH調整剤、乳たん白、香料、乳化剤、微粒酸化ケイ素、調味料
12ドトールコーヒー
スティックハニーカフェオレ

2,722円

176gカフェオレクリーミングパウダー、砂糖、インスタントコーヒー、脱脂粉乳、デキストリン、はちみつ/リン酸塩、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、炭酸Ca、甘味料、香料、カラメル色素
13和光堂
ママスタイル カフェオレ

425円

95.2gカフェオレクリーミングパウダー、砂糖、水溶性食物繊維、インスタントコーヒー、インスタントオルゾーパウダー、食塩/炭酸Ca、ミルクカルシウム、pH調整剤
14AGF
ブレンディスティック 北海道ミルクカフェオレ

1,180円

144gカフェオレ砂糖、植物油脂、水あめ、全粉乳、インスタントコーヒー、脱脂粉乳、乳糖、食塩 / pH調整剤、乳たん白、香料、乳化剤、微粒酸化ケイ素、調味料
15明治
オリゴスマート カフェオレ

2,533円

4.8Lカフェオレ乳製品、食用油脂、フラクトオリゴ糖、砂糖、コーヒー/乳化剤、安定剤、リン酸塩、酸化防止剤、甘味料、香料
16森永乳業
ピクニック カフェ・オ・レ

1,893円

4.8Lカフェオレ砂糖混合果糖ぶどう糖液糖、砂糖、乳製品、ココナッツオイル、コーヒー、乳たんぱく質、食塩/香料、カラメル色素、乳化剤
17モダンタイムス
カフェ・オ・レ

728円

420gカフェオレ砂糖、デキストリン、植物油脂、乳糖、インスタントコーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、加糖脱脂練乳、食塩/pH調整剤、カゼインNa、乳化剤、リン酸Ca、香料
18ドトールコーヒー
インスタントスティック黒糖カフェオレ

2,100円

468gカフェオレクリーミングパウダー、砂糖、黒糖、インスタントコーヒー、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、食塩、乳等を主要原料とする食品/pH調整剤、乳化剤、リン酸Ca、香料、カゼインNa、甘味料
19キーコーヒー
カフェオレ 贅沢仕立て インスタント

1,450円

540gカフェオレクリーミングパウダー、砂糖、インスタントコーヒー、乳加工品、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、食塩、植物油脂/pH調整剤、カゼインNa、乳化剤、甘味料、リン酸Ca、増粘剤、香料
20UCC
ブレンドコーヒー カフェ・オ・レ カロリーオフ

1,588円

5.55kgカフェオレ牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、甘味料

カフェオレに含まれる砂糖の摂りすぎには注意!

砂糖

カフェオレには多くの砂糖が含まれているため、ブラックコーヒーとは違って飲み過ぎに注意が必要。

砂糖の摂りすぎになってしまうと、肥満や糖尿病など、危険な病気に繋がりかねません。

適度な量にしておき、それでも飲みたい場合には無糖タイプのカフェオレなどを選びましょう!

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。

-コーヒー系飲料
-