味わい別コーヒー

甘みが美味しいコーヒーのおすすめランキング11選【2022年版】

2022年8月17日

甘みの良いコーヒー人気おすすめランキング

コーヒーといえば特徴的な苦味や酸味が人気で、甘みのあるコーヒーが好きだという人はごく稀かもしれません。

ですが、コーヒー本来の甘みを一度でも知ってしまえば、バリエーションが一気に増えるためよりコーヒーを楽しめるようになります。

コーヒーの甘みとはくどい甘みではなく、すっきりとしながら小休憩を楽しめるような味わいになっています。

今回は甘みが良く、コーヒー豆本来の味を楽しめるおすすめコーヒーをご紹介していきます!

この記事を書いた人

sk

nari

編集部ライター

バリ島で飲んだコーヒーの甘さとザラザラ感に衝撃を受けてコーヒーにハマった編集部ライター。

コーヒーの甘みとは

コーヒーカップ

コーヒーで味わえる甘みとは、砂糖やフルーツのように直接的な甘みのことではありません。

コーヒーの原料となっているコーヒーチェリーが本来持つ、自然の恵みから感じられる甘みのことです。

イメージするならば、「お米を噛み続けると甘く感じられる」といったような感覚のこと。

しっかりと感じられるような甘みとは違い、日本人の繊細な舌に合う上品な甘みをコーヒーで楽しめます。

甘みが美味しいコーヒーの選び方

コーヒーを豆か粉かで選ぶ

coffeebeans_017

コーヒーを購入する際に悩むポイントとしては、コーヒーを豆で買うのか粉で買うのかでしょう。

どちらで購入しても問題ありませんが、淹れたてに新鮮で香り高いコーヒーを飲みたい人は豆。

手軽に時間のないような朝でも飲みたいという人や仕事中に飲む、という人は粉を選ぶのがおすすめです。

[関連]コーヒー豆・コーヒー粉のおすすめランキング

産地ごとの特徴で選ぶ

産地ごとの特徴

コーヒーは生産国ごとに味が細かく分かれており、国ごとに選ぶのもおすすめです。

多くの市販品はすでにブレンドされているため、生産国を気にする必要はありません。

今回ご紹介する甘みの良いコーヒーは、マカダミアナッツが有名なハワイが特に人気の国です。

焙煎方法による味や風味の違い

焙煎方法による味や風味の違い

焙煎方法によっても飲む際の味わいは大きく変わってくるため、知っておくと良いでしょう。

特に生豆の状態で購入することが多い人は、焙煎方法をどのようにするのか決めておく必要があります。

甘みのあるコーヒーは味をしっかりと出す必要があるため、深煎りから極深煎りなどがおすすめです。

コーヒーの飲み方で選ぶ

frenchpress_009

コーヒー豆本来の甘みを感じながら飲むならば、ぜひブラックの状態で飲んでいただくのがおすすめ。

例えば、白米の甘みを感じたいときには白米だけ食べるように、コーヒーも純粋なブラックの状態が最も感じやすいでしょう。

砂糖のようなわかりやすい甘みではないからこそ、口の中で風味を感じながら甘みを感じ取るのがおすすめです。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

楽天サービスを使うほどに、お買い物でポイントアップ!

楽天グループのサービスは使うほどお得になる!

お得な商品がさらにお得になる、開催中の大型企画も続々更新!

>>楽天市場でお買い物をするならこちら

甘みが美味しいコーヒーのおすすめランキング

No.1 ライオンコーヒー バニラマカダミアナッツ

ハワイで人気の代表的な甘みのフレーバーコーヒー

ライオンコーヒーはアメリカで最古の歴史を持つ老舗のコーヒーブランドで、ハワイにおいて長らく人気を誇っています。

特に人気のフレーバーコーヒーでもあるバニラマカダミアは、世界中にファンを抱えるコーヒーです。

こだわりのある甘みは特徴的ですが、嫌な甘みはないため気軽に誰でも飲めるようなコーヒーに仕上がっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

594g

産地

コロンビア、ブラジル

焙煎

中煎り

No.2 銀河コーヒー バリ神山ハニー

バリ州政府認定の無農薬栽培コーヒー

インドネシア・バリ島にあるバトゥール山麓で育ったコーヒー豆は、栄養豊富な大地により甘みをしっかりと引き出せているコーヒーとなっています。

甘み成分を残した状態で天日乾燥させるハニープロセス製法で乾燥させ、まろやかな甘みを感じられます。

苦味と甘みがうまく調和しており、全体的にクセがないため老若男女問わず飲めるコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

150g

産地

インドネシア

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.3 東京コーヒー オーガニックブレンド

JAS認定のオーガニックコーヒー

東京コーヒーのコーヒー豆は100%有機栽培の認定済みであり、無農薬なためオーガニック好きにはたまりません。

農林水産省認定のオーガニックコーヒーとして高評価を得ており、味わいはもちろんのこと健康面にも配慮したコーヒーとなっています。

そのうえでコーヒー豆特有の甘みを引き出し、酸味や苦味とのバランスも良いコーヒーとなっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

エチオピア、ブラジル

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.4 STAR COFFEE DESIGN ブルーマウンテン No.1

STAR COFFEE DESIGN
ブルーマウンテン No.1
参考価格 2,800円

フルーティーな甘みとフローラルの香りがおすすめ

STAR COFFEE DESIGN独自の焙煎技術で独自の風味を実現することに成功したコーヒー。

使用しているコーヒー豆はジャマイカの最高峰ブランドであるブルーマウンテンNo.1です。

柑橘系の爽やかでクリアな味わいと、フルーティーな甘みやフローラルの香りがより甘さを感じ取りやすくなっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

80g

産地

ジャマイカ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.5 銀河コーヒー ケニアレッドマウンテン

銀河コーヒー
ケニアレッドマウンテン
参考価格 2,160円

AA-TOPのコーヒー豆を使用した完熟コーヒーチェリー

ケニアのティンガティンガ農園で栽培されたコーヒー豆は、スクリーンサイズ評価7段階のうち、最高等級であるAAを超えるAA-TOPとなっています。

ミネラルたっぷりの土壌で栽培されているため、芳醇な香りと甘みを持つコーヒー豆に仕上がっています。

ベリーのような甘みとコクの深さが人気で、日常的にも特別な日にも飲みたい一杯となっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

350g

産地

ケニア

焙煎

中深煎り

品種

ブルボン種

No.6 レガロロースターズコーヒー プレミアムショコラピーベリー

レガロロースターズコーヒー
プレミアムショコラピーベリー
参考価格 1,000円

希少価値の高いピーベリーの甘みを味わえる

ブラジルのミナスジェライス州サントアントニオ地域にある、20農園からなる生産者の共同作として人気のコーヒー豆。

ナッツフレーバーの豊かでまろやかな味わいと香りに加えて、チョコレートのような甘みもあります。

ピーベリーは希少価値がとても高いコーヒーですが、コスパも高く何度でも飲みたくなるコーヒーとなっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

ブラジル

焙煎

深煎り

品種

ムンドノーボ種、カトゥアイ種

No.7 小川珈琲 有機珈琲オリジナルブレンド

バランスの良い味わいに芳醇な甘みが加わったコーヒー

酸味や苦味といったコーヒー特有の味わいはバランス良く整えられており、嫌味のない味わいに仕上がっています。

そんな中でも多くの国から仕入れたコーヒー豆を調和するようにブレンドしており、芳醇な香りと甘みを感じられます。

『ペルー、メキシコ、エチオピア、ホンジュラス、インドネシア、ウガンダ』などのコーヒー豆を細かくブレンドしているため、リピート間違い無しの味わいとなっています!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

170g

産地

ペルー、メキシコ

焙煎

中煎り

No.8 サザコーヒー 德川将軍珈琲

サザコーヒー
德川将軍珈琲
参考価格 1,188円

德川慶喜公が飲んだあのコーヒーを再現

サザコーヒーが展開する德川将軍珈琲は、1867年に德川慶喜公が飲んだとされるコーヒーを再現したものとなっています。

インドネシアの最高級マンデリンを強めの深煎りとし、圧倒的なコクと香り豊かなコーヒーに仕上がっています。

香りやコクと合わせて独特の甘みもしっかり出ているため、気分を一新したいようなタイミングにおすすめのコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

インドネシア、エチオピア

焙煎

極深煎り

品種

アラビカ種

No.9 銀河コーヒー アゾテア アンティグア

銀河コーヒー
アゾテア アンティグア
参考価格 1,120円

3つの火山と水源で育ったコーヒー豆を使用

グァテマラ・アンティグアのアゾテア農園で栽培されたコーヒー豆を使用しているアゾテアアンティグア。

3つの火山と美しい水源に囲まれた環境であり、様々なフルーツのフレーバーも感じることができるコーヒーとなっています。

フルーティーな酸味とまったりとしたコーヒー豆特有の甘みに加え、上品な口当たりに仕上がっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

150g

産地

グァテマラ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.10 honu加藤珈琲店  ゴールデンブレンド

珈琲鑑定士が認めたコーヒー豆が話題のコーヒー

Qグレードという評価は、アメリカスペシャルティコーヒー協会の採点基準の中で80点以上の高評価を獲得した場合のみ獲得できる評価。

そんな評価を得ているコーヒー豆が30%以上使用されており、バランスの良い味わいながら高級感のあるコーヒーとなっています。

特に高級感のある香りが高く、口当たりはマイルドながらコクと甘みがうまく調和しているコーヒーとしておすすめです!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

500g

産地

ホンジュラス、コロンビア

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

No.11 オアフリゾートコーヒー バニラ マカダミアナッツ

オアフリゾートコーヒー
バニラ マカダミアナッツ
参考価格 1,080円

ハワイ最大のコーヒー企業が展開する甘い香りが魅力のコーヒー

ハワイ島コナ地区のコナコーヒーはもちろん、マウイ島やカウアイ島などの有名コーヒー豆を買い付け使用。

全体的にバランスが良いとされるブラジルやグァテマラなあどのコーヒー豆もブレンドしていることで、甘みを残しながら調和の取れた味わいになっています。

バニラアイスのような、しかしコーヒー特有の甘みとマカダミアナッツの香ばしさがとても人気のコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

155g

産地

ブラジル、コロンビア

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

甘みが美味しいコーヒーのおすすめ一覧表

コーヒーの甘みは直接的な甘みではなく、芳醇な香りと共に楽しめる甘みになっています。

今回ご紹介してきたコーヒーはそんなコーヒー独特の甘みを感じられるコーヒーばかりですよ!

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 産地 焙煎
1ライオンコーヒー
バニラマカダミアナッツ

3,299円

594gコロンビア、ブラジル中煎り
2銀河コーヒー
バリ神山ハニー

1,080円

150gインドネシア中煎り
3東京コーヒー
オーガニックブレンド

1,419円

200gエチオピア、ブラジル中煎り
4STAR COFFEE DESIGN
ブルーマウンテン No.1

2,800円

80gジャマイカ中煎り
5銀河コーヒー
ケニアレッドマウンテン

2,160円

350gケニア中深煎り
6レガロロースターズコーヒー
プレミアムショコラピーベリー

1,000円

200gブラジル深煎り
7小川珈琲
有機珈琲オリジナルブレンド

634円

170gペルー、メキシコ中煎り
8サザコーヒー
德川将軍珈琲

1,188円

200gインドネシア、エチオピア極深煎り
9銀河コーヒー
アゾテア アンティグア

1,120円

150gグァテマラ中煎り
10honu加藤珈琲店
ゴールデンブレンド

798円

500gホンジュラス、コロンビア深煎り
11オアフリゾートコーヒー
バニラ マカダミアナッツ

1,080円

155gブラジル、コロンビア深煎り

甘みのあるコーヒーの淹れ方

コーヒーの甘みとはコーヒー本来の素材の甘み

生豆

コーヒーの甘みとは、砂糖やミルクを入れたときのような甘みではなく、コーヒー豆が持っている果実の甘みと言えるでしょう。

直接的な甘みではないものの、日本人は古くから白米を良く噛んだときに甘みを感じることができます。

こうした素材が持つ本来の甘みというのは、コーヒー豆も持っている甘みなのです。

おすすめのコーヒーの淹れ方

① 85℃以下のお湯を用意する

② お湯で数十秒ほど蒸らす

③ お湯は細く円を描くように注ぐ

④ 早い段階で切り上げる

コーヒーは焙煎方法や淹れ方によって大きく味が変わってくるため、淹れ方には注意しましょう。

甘みが欲しいときには、苦味を抑えるために85℃以下のお湯で淹れるようにして、なおかつ早めに切り上げるのが重要。

長い間、お湯を注いでいたり蒸らすと雑味が出てくるため、長くても3分程度にしておくのがおすすめです。

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

nari

nari

編集部ライター・営業

バリ島で飲んだコーヒーの甘さとザラザラ感にびっくりし過ぎて、吹き出した経験をもつ編集部ライター。
その経験をきっかけに日本と世界のコーヒーの違いを知り、コーヒーの奥深さどんどんハマっていく。
コーヒーの味や香りだけでなく、カフェ空間やコーヒーを作る工程などの魅力にハマり毎週喫茶店巡りをしている。

-味わい別コーヒー
-