生産国別コーヒー

ハワイ産コーヒーのおすすめランキング15選【2022年版】

2022年7月12日

ハワイ産コーヒーの人気おすすめランキング15選!【決定版】

ハワイといえば日本人も大好きな観光地として有名ですが、それと同時に世界で親しまれているコーヒーも有名です。

リゾート地ならではの雰囲気や独特の風味を味わうことができて、ハワイ特有のコーヒーは世界中で飲まれています。

そんな大人気コーヒーでもあるハワイ産コーヒーを、今回人気なコーヒーと共に厳選しています。

初めてハワイ産コーヒーを飲むという方、ギフトにコーヒーを贈りたいというような方におすすめです!

この記事を書いた人

sora

sora

編集部ライター

至高の一杯に出会うために日々コーヒーを飲んでいる編集部ライター。あまりにもコーヒーが好きすぎて薄めて飲むようになりました。

 

もくじ

ハワイ産コーヒーとは

ハワイ

ハワイは太平洋に位置している、アメリカ合衆国ハワイ州のことです。

アメリカからは大きく離れていますが、アメリカ合衆国の50州の中で最後に加盟したのがハワイ。

ハワイ島やマウイ島、オアフ島などの8つの島と100以上の小島からなっている国です。

日本人の有名な観光地として知られており、もっとも人気の高いリゾート地でもありますよね。

ハワイ産コーヒーの特徴

ハワイ産のコーヒーにはどのような特徴があるのか、特徴をまとめましたのでぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

アメリカで唯一コーヒー栽培をしているハワイ

hawaii_004

ハワイはアメリカ合衆国に属していますが、広大な大地を有するアメリカという国で唯一コーヒー生産をしているのがハワイです。

複数の火山列島から成り立っており、自然豊かな環境とキレイな水源を有する国としても有名ですよね。

アメリカのホワイトハウスでも、ハワイ産のコーヒーが飲まれていることで有名になっています。

世界三大コーヒーのひとつであるハワイ産コナコーヒー

等級

ハワイ島西部に位置するのは、コナという地域でこのコナ産のコーヒーはハワイの中でもかなり多い比率です。

ハワイ産のコーヒーといえば“コナ”と言われるだけあり人気で象徴ともなっていますが、生産量は世界のわずか1%以下。

そんなハワイ島コナ産のコーヒーは、世界三大コーヒーのひとつで独特の風味と味わいが世界中で人気となっています。

[関連]コナコーヒーの人気おすすめランキング

ハワイ産コーヒーの栽培環境

ハワイ島の火山地帯で栽培されるコナコーヒー

volcano_003

ハワイといえば火山。もっとも有名なコナコーヒーも、この火山地帯で栽培されています。

コーヒー栽培の標高は約1,000mあたりが基本なものの、コナ地区の標高は600mほど。

ただ、この地域は海洋性気候でもあるため、標高約1,200m程度の地区と同様の環境になっています。

山の斜面自体はとても涼しく、日照量が多すぎないためにシェイドツリーは使っていません。

土壌も適しており、この一体はコナコーヒーベルトと呼ばれる

山岳地帯

コーヒー栽培に適しているハワイの地域はコナ地区。このコナ地区は、土壌が抜群に適していると言われています。

コナ地区の地層には肥沃な下層土があり、この土がしっかりと苗に栄養を与えてくれます。

「表層土、溶岩、下層土」と重なっており、こうした適した土地をコナコーヒーベルトと呼びます。

ハワイ産コーヒーの味わい

トロピカルでフルーティな味わい

ハワイというリゾート地ならではの風味が味わえるため、とてもフルーティーで酸味が良くトロピカルな味わいのコーヒーに仕上がっています。

嫌な酸味は一切なく、とても上品で美味しく飲めてコーヒー嫌いの人でも好きになってしまうような味わいです。

他の国では飲めないような味わいなので、ハワイ産コーヒーだからこそ体験できる味わいとなっています。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

楽天サービスを使うほどに、お買い物でポイントアップ!

楽天グループのサービスは使うほどお得になる!

お得な商品がさらにお得になる、開催中の大型企画も続々更新!

>>楽天市場でお買い物をするならこちら

ハワイ産コーヒーのおすすめランキング

No.1 ライオンコーヒー コナ100%24キャラット

ライオンコーヒー
コナ100%24キャラット
参考価格 4,104円

ハワイのコーヒーと言えばやはりライオンコーヒー

ハワイではフレーバーコーヒーと言って、とても香りに特徴のあるコーヒーが大人気です。

フレーバーコーヒーはその味わいよりも独特の香りが特徴的で、その香りは甘くもあります。

そんなフレーバーコーヒーを多く展開するライオンコーヒーの100%コナコーヒーはハワイを象徴するコーヒーに仕上がっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

198g

産地

ハワイ

焙煎

浅煎り

品種

アラビカ種

No.2 ロイヤルコナ マウンテンロースト

コスパも重視されたハワイ産コナブレンド

ハワイ産コナコーヒーは、100%のストレートコーヒーと10%ブレンドされていれば“コナ”と表記できるブレンドがあります。

100%ストレートコーヒーはとても高級でコスパが悪くなりやすいですが、ブレンドならばコスパは抜群。

ハワイの特徴的なフルーティー感を味わいながらも、買いやすくリピートしやすいコーヒーとなっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

227g

産地

ハワイ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.3 ヒルス ハーモニアスハワイコナブレンド

サンフランシスコで有名なヒルスのハワイコナブレンド

環境に配慮された農園産コーヒー豆とのコラボで、飲みやすく調和の取れた味わいに仕上がっているハワイコナブレンド。

バランスの良い酸味とほどよいコクでスッキリと飲める上に、爽やかさもしっかりと感じられます。

ハワイ産コーヒーを手軽に味わうにはコスパ最強とも言えるので、まずはヒルスのハワイコナブレンドから試してみるのもおすすめです!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

170g

産地

ハワイ、ブラジル

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.4 コナ・スノー 100%コナ エクストラファンシー

コナ・スノー
100%コナ エクストラファンシー
参考価格 2,160円

100%コナで香りが奥深いハワイコーヒー

ハワイでもかなり有名な農園であるグリーンウェルファームズ産のコーヒー豆を使用したこちらのコーヒー。

最高級のエクストラファンシー生豆を仕入れ、受注後に焙煎しているので新鮮なコーヒーを味わうことができます。

フレッシュな味わいと香りはもちろんのこと、ハワイ現地で飲んでいるかのような雰囲気を感じさせてくれます。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

ハワイ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.5 ロイヤルコナ 100%コナ

ハワイトップブランドの100%コナ

ロイヤルコナはハワイでも大人気のトップブランドで、多くのストアや小売店などで常駐販売されているコーヒー。

お土産としても人気が高いハワイ産コーヒーは、100%コナとなればより人気が高いのです。

中煎りでバランス良く風味を引き出しており、爽やかでスッキリとした飲み口が人気のコーヒーとなっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

198g

産地

ハワイ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.6 イデカフェ アロハヌイロアハワイコナ10%ブレンド

イデカフェ
アロハヌイロアハワイコナ10%ブレンド
参考価格 1,998円

シトラス系の香りとフルーティーな甘み

コーヒーマイスターが世界各地から輸入しているコーヒー豆を、さらに厳しく検査してブレンド。

ハワイ産のコーヒーはもちろんのこと、ベトナム・ホンジュラス・グァテマラなどのコーヒー豆をブレンドしています。

ハワイの大地を感じさせる芳醇な香りと、フルーティーでシトラス系の爽やかな香りが調和したコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1kg

産地

ハワイ、ベトナム

焙煎

単品焙煎

品種

アラビカ種

No.7 アイランドビンテージコーヒー ハワイ・ピーベリー

アイランドビンテージコーヒー
ハワイ・ピーベリー
参考価格 14,800円

超高級品とも言えるハワイ産ピーベリー

ピーベリーは1本の木からわずか3%ほどしか収穫することができない、ピーベリーというだけでも人気のコーヒー豆。

そんなピーベリーの中でも、世界三大コーヒーのひとつで生産量がとても少ないハワイ産ピーベリーがこちら。

高級すぎてコスパは悪いものの、フルーティーな香りと濃縮された味わい、上品な香りが特徴的です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

ハワイ

焙煎

独自焙煎

品種

アラビカ種

No.8 Hawaii Pacific Coffee 100%コナコーヒー

Hawaii Pacific Coffee
100%コナコーヒー
参考価格 4,500円

100%純粋なコナのみを販売しているHawaii Pacific Coffee

ハワイ島ホルアロアにある小さな農園で栽培されたコーヒー豆を、厳正に検査して品質の高いものだけを集めています。

栽培から収穫、焙煎まで全て手掛けているので安定した供給と品質維持ができているのも人気の理由。

やわらかな酸味ととても甘くフルーツ感の強い香りが特徴的な、ハワイ産コナ100%コーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

226g

産地

ハワイ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.9 リルジーンファーム 100%コナコーヒーエクストラファンシー

リルジーンファーム
100%コナコーヒーエクストラファンシー
参考価格 3,240円

苗木から一貫して手掛けるリルジーンファーム

リルジーンファームでは、ハワイのコナコーヒーのみを専門として育て上げているスペシャリストです。

だからこそ100%のコナコーヒーをベースとして、より美味しくより手軽に飲めるようなコーヒーを実現することができています。

糖分がたっぷり含まれている完熟コーヒーチェリーなので、より甘みを強く感じられるコーヒーとしておすすめ。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

100g

産地

ハワイ

焙煎

中浅煎り

品種

アラビカ種

No.10 UCC 珈琲探求 ハワイコナブレンド

UCC
珈琲探求 ハワイコナブレンド
参考価格 1,291円

安定したコナブレンドを飲むならUCC

様々なコーヒー銘柄を販売していることで知られている、UCCの珈琲探求シリーズのハワイコナブレンド。

ブレンドコーヒーなので日常的に飲めるようなコスパの良さと、軽い飲み口が特徴的な味わいとなっています。

明るく爽やかな風味と、透明感がありながらもフルーツ感のある甘みを感じられるコナブレンドです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

ハワイ、ブラジル

焙煎

単品焙煎

No.11 カウコーヒーミル ハワイ・ピーベリー

カウコーヒーミル
ハワイ・ピーベリー
参考価格 24,800円

超高級でリッチなハワイ産ピーベリー

コーヒーの実からはふたつの豆が採れるものですが、そのふたつがひとつとなってぎゅっと詰まったコーヒー豆がピーベリー。

豆自体はとても丸くなっており、わずか3%ほどしか収穫することができないので、コスパはとても悪いと言えます。

ただし、そのリッチな味わいはピーベリーでしか味わうことができず、とても甘く香り豊かなコナピーベリーは売り切れも続出です!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

225g

産地

ハワイ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.12 たぐち珈琲豆店 ハワイアンクイーン農園・ピーベリー

たぐち珈琲豆店
ハワイアンクイーン農園・ピーベリー
参考価格 3,981円

フレーバーコーヒーのような香り高さ

苦味はほぼなく酸味と甘みが突出しているこちらのコーヒーは、フレーバーコーヒーのような香りを体験することができます。

フレーバーコーヒーといえばハワイ産のコーヒーですが、コーヒー本来のフレーバーはもちろんフルーティーなナチュラルコーヒーを味わうことができるのです。

香り付けしたものではなくピーベリー特有の甘さや余韻はここにしかない風味となっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

250g

産地

ハワイ

焙煎

独自焙煎

品種

アラビカ種

No.13 プレミアムコーヒークラブ 100%ハワイコナ

ハワイ島コナ現地で厳選した100%コナ

ハワイの品質検査は世界トップレベルでとても厳しく、その検査に合格したものだけが世界各国へと輸出されていきます。

品質が保証されているからこそアメリカのホワイトハウスでも提供され、美味しさはもちろんのこと安全性も抜群。

受注後に焙煎するという手順を踏んでいるので、新鮮な香りと香ばしさを体験することができますよ!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

180g

産地

ハワイ

焙煎

独自焙煎

品種

アラビカ種

No.14 マウンテンサンダー ハワイ島コナ産ピーベリー

マウンテンサンダー
ハワイ島コナ産ピーベリー
参考価格 23,800円

深煎りでよりコクがハッキリとしたハワイコナピーベリー

ハワイ島コナ産のコーヒー豆を100%使用しているこちらのコーヒーは、あえて深煎りにすることで普段感じられることのないコクを体験できます。

ハワイコーヒーといえば爽やかな酸味をはっきりと出すことが特徴的ですが、深煎りにすることで香りがとても濃厚で芳醇な香りを楽しめます。

ピーベリーなので全体的な甘さもほんのりと感じられ、優雅なひと時を楽しむにはぴったりのコーヒーと言えるでしょう。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

450g

産地

ハワイ

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

No.15 bears coffee ハワイコナ エクストラファンシー

bears coffee
ハワイコナ エクストラファンシー
参考価格 1,150円

最高等級エクストラファンシーの100%コナ

ハワイでは5段階の等級に分けられていますが、その最高等級となっているのがエクストラファンシー。

また純度100%となっている100%コナなので、より爽やかな酸味とフルーティー感を味わうことができます。

苦味は少なくとても甘い香りも感じられるので、上品で魅惑的な香りを楽しむことができるコーヒー。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

100g

産地

ハワイ

焙煎

独自焙煎

品種

アラビカ種

ハワイ産コーヒーのおすすめ一覧表

世界三大コーヒーとされるコナコーヒーは、とても風味が強くフルーティーで香り豊かなコーヒーです。

そんなコナ100%のコーヒーはコスパが悪くなりがちですが、ハワイ産コーヒーをより本格的に楽しむなら100%コナやピーベリーがおすすめです!

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 産地 焙煎
1ライオンコーヒー
コナ100%24キャラット

4,104円

198gハワイ浅煎り
2ロイヤルコナ
マウンテンロースト

1,273円

227gハワイ中煎り
3ヒルス
ハーモニアスハワイコナブレンド

915円

170gハワイ、ブラジル中煎り
4コナ・スノー
100%コナ エクストラファンシー

2,160円

200gハワイ中煎り
5ロイヤルコナ
100%コナ

3,349円

198gハワイ中煎り
6イデカフェ
アロハヌイロアハワイコナ10%ブレンド

1,998円

1kgハワイ、ベトナム単品焙煎
7アイランドビンテージコーヒー
ハワイ・ピーベリー

14,800円

200gハワイ独自焙煎
8Hawaii Pacific Coffee
100%コナコーヒー

4,500円

226gハワイ中煎り
9リルジーンファーム
100%コナコーヒーエクストラファンシー

3,240円

100gハワイ中浅煎り
10UCC
珈琲探求 ハワイコナブレンド

1,291円

200gハワイ、ブラジル単品焙煎
11カウコーヒーミル
ハワイ・ピーベリー

24,800円

225gハワイ中煎り
12たぐち珈琲豆店
ハワイアンクイーン農園・ピーベリー

3,981円

250gハワイ独自焙煎
13プレミアムコーヒークラブ
100%ハワイコナ

3,780円

180gハワイ独自焙煎
14マウンテンサンダー
ハワイ島コナ産ピーベリー

23,800円

450gハワイ深煎り
15bears coffee
ハワイコナ エクストラファンシー

1,150円

100gハワイ独自焙煎

ハワイ産コーヒーはトロピカル感を味わえる浅煎り~中煎りがおすすめ

ドリップ

ハワイ産コーヒーはその特徴的なフルーティーで爽やかな酸味を味わうのがもっとも重要なポイント。

リゾート地ならではのトロピカル感を味わうならば、やはり浅煎りから中煎りあたりで焙煎するのが良いでしょう。

またお湯を淹れるときには、少し低めのお湯でしっかりと蒸らして淹れるのがポイントとなっています。

美味しい淹れ方

① 85℃のお湯を用意

② ゆっくりお湯を注ぐ

③ 30秒ほど蒸らす

④ 全行程を3分位内に終える

ハワイ産コーヒーのよくある質問

Q. ハワイ産コーヒーはどんな味ですか?

ハワイならではといったトロピカルフレーバーと、上質な甘みが感じられます。

甘酸っぱい酸味はとても明るめで、スッキリと爽やかな風味になっています。

Q. ハワイ産コーヒーの有名な銘柄は?

ハワイでもっとも有名な銘柄はコナです。

ハワイ島のコナ地区で採られ、世界三大コーヒーのひとつでもあります。

Q. ハワイではどんなコーヒーが有名ですか?

コナコーヒーとフレーバーコーヒーが有名です。

日本ではまだあまり知られていないものの、コーヒーに人工的な香り付けをしたものがフレーバーコーヒーです。

生産国ごとのおすすめコーヒーをご紹介!
コーヒー生産に力を入れている、注目のコーヒー生産国。

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

sora

sora

編集部ライター

喫茶店で豆を選んでみたり、淹れ方を変えてみたりと至高の一杯に出会うために日々コーヒーを飲んでいる編集部ライター。
あまりにもコーヒーが好きすぎて薄めて飲むようになりました。
薄いコーヒーは麦茶の味。カフェイン中毒にならない程度にがぶ飲みしつつ記事を書いています。

-生産国別コーヒー
-