コーヒーコラム

世界三大コーヒーとは?「キリマンジャロ、ブルーマウンテン、コナ」と珍コーヒー

2022年8月8日

世界三大コーヒーとは?「キリマンジャロ、ブルーマウンテン、コナ」と珍コーヒー

世界には“世界三大コーヒー”と呼ばれるコーヒーがあり、とても貴重で愛されているコーヒーです。

美味しいコーヒーは豊富にあるんですが、世界を代表とするコーヒーともなれば、抑えておきたいですよね。

そこで今回は、世界を代表する「キリマンジャロ、ブルーマウンテン、コナ」についてご紹介します。

あわせて世界三大“珍”コーヒーなるものも、この記事ではまとめてみました!

この記事を書いた人

sk

にゃんたろう

編集部ライター・営業

南国とダイビングを愛する、旅行好き。コーヒーよりもお酒が得意。泡盛とバーボンはコーヒー割するとさっぱり呑めるのでオススメです。

世界三大コーヒーとは

世界中

そもそも世界三大コーヒーとは、ある特定の地域で生産される上質なコーヒーのことです。

一般的なコーヒー豆に比べて、世界的な流通量が少なく、とても貴重な取り扱いがされています。

現在の世界三大コーヒーは、「タンザニア産キリマンジャロ、ジャマイカ産ブルーマウンテン、ハワイ産コナ」の3つ。

それぞれにどんな特徴があるのか、どんな味わいなのかを詳しくご紹介します。

タンザニア産キリマンジャロ

タンザニア

アフリカ大陸東部に位置しているタンザニアには、キリマンジャロ山というアフリカ最高峰の山があります。

このキリマンジャロ山麓で栽培されているコーヒーが、キリマンジャロコーヒーというものです。

とはいえ、キリマンジャロという銘柄はタンザニアで生産される全てのコーヒー豆が対象となっています。

キリマンジャロ山の標高は5,895mと非常に高く、国土も日本の2.5倍という広さで栽培されています。

[関連]タンザニア産コーヒーの人気おすすめランキング

ジャマイカ産ブルーマウンテン

ジャマイカ

ブルーマウンテンはカリブ海に浮かぶ島国で、岐阜県ほどの面積しかないジャマイカで生産されています。

標高は800m~1,200mと非常に低い山岳地帯で生産され、このエリアで作られたものだけがブルーマウンテンの称号を与えられます。

ブルーマウンテンは“コーヒーの王様”とも呼ばれ、黄金バランスの風味を持っています。

世界的に見ても生産量はわずか0.1%ほどしかなく、とても貴重であることがわかります。

[関連]ジャマイカ産コーヒーの人気おすすめランキング

ハワイ産コナ

ハワイ

コナコーヒーは、日本人のリゾート地としても有名なハワイ島西岸のコナコーストで栽培されています。

ハワイはアメリカ合衆国に属していますが、広大な大地を有するアメリカでは、このハワイでのみコーヒー栽培が行われているんです。

そのためコナコーヒーを日常的に飲む人も多く、ホワイトハウスなどでも使われるようです。

コナコーヒーは苦味がとても少なく、柔らかな酸味と甘みを持っているコーヒーです。

[関連]ハワイ産コーヒーの人気おすすめランキング

タンザニア産キリマンジャロコーヒー

キリマンジャロの特徴

タンザニア産

タンザニア産キリマンジャロは、非常に高い標高を持つキリマンジャロを中心として栽培されているコーヒーです。

平均標高は1,500m~2,500mほどもあるため、昼夜の寒暖差が激しく実が引き締まります。

温暖で降水量も非常に多く、良質なコーヒー豆を育てるには適した土地である、ということですね。

キリマンジャロの味わい

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

キリマンジャロコーヒーは大粒なものが多く、強い酸味と豊かな香りを持っています。

酸っぱいような酸味ではなく、コーヒーが持つ華やかな香りの酸味です。

標高が高いからこそ良質な酸味が実現しており、香りを味わうことのできるコーヒーです。

[関連]キリマンジャロコーヒーのおすすめランキング

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

キリマンジャロのおすすめコーヒー

甘酸っぱい香りを持つカルディのキリマンジャロは、キリマンジャロの良さを知るのに適しています。

アフリカ最高峰のキリマンジャロ山を思わせる、野性的なコクと香り。

酸味は甘酸っぱさも持ち合わせており、上質なキレも楽しむことができるんです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

タンザニア

焙煎

中煎り

ジャマイカ産ブルーマウンテンコーヒー

ブルーマウンテンの特徴

ブルーマウンテン

日本でも広く知られているブルーマウンテンは、ジャマイカというレゲエの国で栽培されています。

ブルマンの相性でも親しまれており、100%ブルーマウンテンなら1杯1,000円は優に超えてしまうほど。

ブルーマウンテンが栽培される付近は、霧に青みがかかることもあり、ブルーマウンテンと呼ばれるようになりました。

ブルーマウンテンの味わい

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

ブルーマウンテンコーヒーは、クセがなくとても優しい味わいのコーヒーです。

繊細な味を好む日本人にはとても人気が高く、昔から高級品として扱われてきています。

反対に、欧米人からすると「物足りない」と思ってしまうような、繊細な味なんですね。

[関連]ブルーマウンテンコーヒーのおすすめランキング

ブルーマウンテンのおすすめコーヒー

銀河コーヒー
ブルーマウンテン No1
参考価格 2,980円

ブルーマウンテンの中でも一握りとなる、最上等級のセントピータースというコーヒー豆を採用しています。

トップオブトップの芳醇な香りと、印象的でまろやかな酸味を同時に味わえます。

ナッツやオレンジなどを彷彿とさせ、コーヒー果実の良さを体験できる一杯になります。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

150g

産地

ジャマイカ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

ハワイ産コナコーヒー

コナの特徴

hawaii_004

アメリカ人だけでなく、今や日本人の人気も高まってきているのが、ハワイ産のコナコーヒーです。

ハワイといえばあくまでリゾート地。観光目的がメインでしたが、お土産として評価の高いコーヒーでもあります。

栽培されているコナ地区は面積がわずか103.3 km²ほどなので、この狭さも生産量の少なさに繋がっています。

コナの味わい

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

コナコーヒーはリゾート地を思わせるトロピカルな風味を持っているコーヒーです。

苦味が少なく柔らかな酸味と甘みを持ち、何杯でもゴクゴクと飲めるようなコーヒーになっているんです。

後味はとてもさっぱりとしているので、万人受けしやすく非常に飲みやすいコーヒーの代表格になります。

[関連]コナコーヒーの人気おすすめランキング

コナのおすすめコーヒー

ライオンコーヒー
コナ100%24キャラット
参考価格 4,104円

ハワイからのお土産としても非常に人気が高い、ライオンコーヒーの100%コナ。

コナコーヒーはその貴重さからブレンドが多く、あまりコナの良さを知ることができないものばかり。

そんな中、ハワイを中心に展開するライオンコーヒーだからこそ、この100%コナを実現できています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

198g

産地

ハワイ

焙煎

浅煎り

品種

アラビカ種

世界三大珍コーヒーとは

世界三大珍コーヒーとは

コーヒーの世界には、世界三大“珍”コーヒーと呼ばれるコーヒーもあります。

これらはどれも非常に効果で生産量が少なく、動物の“フン”から採れるという特殊なコーヒー。

とても不思議なコーヒーですが、その独特な風味がクセになる!と人気なんです。

ジャコウネコのコピ・ルアク

ジャコウネコ

インドネシアで生産されるコピ・ルアクは、ジャコウネコという動物が排出したコーヒーのことです。

『最高の人生の見つけ方』という映画で有名になり、一生に一度は飲んでみたいと称されるコーヒーです。

ジャコウネコが食べたコーヒーの実の中で、消化されずに発酵だけされ、排出されたコーヒー豆が使われます。

[関連]コピ・ルアクコーヒーの人気おすすめランキング

サルのモンキーコーヒー

サル

アフリカで生産されているモンキーコーヒーは、その名の通りサルがフンとして排出したコーヒーのこと。

できあがる過程はコピ・ルアクと同じで、サルのお腹で発酵して消化されなかったコーヒー豆が使われます。

インドや台湾などでは、サルが食べたコーヒー豆を“吐き出したもの”が、モンキーコーヒーとされています。

タヌキのタヌキコーヒー

タヌキ

ベトナムではタヌキから排出されたコーヒー豆を使った、タヌキコーヒーというものがあります。

このタヌキコーヒーが誕生した経緯は、とある農家が摘んだ出荷前のコーヒーチェリーを、タヌキが全て食べてしまったところから始まっています。

仕方なくタヌキがフンとして排出したコーヒー豆を、丁寧に洗ってコーヒーを淹れてみたのです。

すると、これまでに味わったことのないような味になり、意図的に生産されるようになりました。

その他の珍しいコーヒー

ゾウのブラックアイボリー

動物系のコーヒーとして、またコーヒー業界の高級品としても有名なブラックアイボリー。

タイのゾウが食べ、消化されずに排出されたコーヒー豆を使ったコーヒーです。

高級コーヒー豆の中でもずば抜けており、現在では10gで1万円という最高級品の扱いになっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

35g

産地

タイ

焙煎

独自焙煎

品種

アラビカ種

野生ジャコウネコのカペ・アラミド

ジャコウネココーヒーといえばインドネシアのコピ・ルアクですが、同じジャコウネコでもフィリピン産はカペ・アラミドと言います。

コピ・ルアクがもっとも有名ですが、野生のジャコウネコから採れたフィリピン産がカペ・アラミドです。

圧倒的に収穫量は少ないのですが、独特なアロマを体験できるのはこの銘柄だけ。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

100g

産地

フィリピン

焙煎

独自焙煎

[関連]高級コーヒー豆の人気おすすめランキング

オークション最高額のゲイシャ

ゲイシャとはゲイシャ種というコーヒー豆の品種で、エチオピアを原産とする品種です。

このゲイシャ種が有名になったのは、パナマで作られ、オークションで過去最高額を付けたため。

フローラルアロマを持ち、華やかな香りと上品な甘酸っぱさのコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

エルサルバドル、パナマ、コロンビア

焙煎

深煎り

品種

ゲイシャ種

[関連]ゲイシャコーヒーの人気おすすめランキング

1本の木から5%ほどしか採れないピーベリー

銀河コーヒー
ショコラピーベリー ブラジル
参考価格 1,080円

ピーベリーはコーヒーノキ一本あたりから、わずか5%ほどしか収穫できないコーヒー豆のこと。

意図的に生産することはできず、たまたま種子がひとつだけになっている、という状況で生まれます。

丸豆なので均等に火が通りやすく、まろやかで口当たりの優しいコーヒーとして知られています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

150g

産地

ブラジル

焙煎

中煎り

[関連]ピーベリーコーヒーのおすすめランキング

世界三大コーヒーに出会える機会は少ない

コーヒー豆

世界三大コーヒーは生産量が他コーヒー豆に比べて少なく、出会える機会は多くありません。

ですが、ネットショップなどでも購入できるようになった今、手に入れようと思えば難しくもないんです。

生産量は少ないので、入荷されたらすぐに購入する!というのがポイントですね。

今回ご紹介したようなコーヒー豆を見つけたら、ぜひ一度購入して味わってみてください。

この記事を書いた人

にゃんたろう

にゃんたろう

編集部ライター・営業

南国とダイビングを愛する、旅行好き。20代から旅行にハマり、日本全国のうまいもの巡りをしています。
味だけではなく、お店の雰囲気やロケーションにもこだわりを持ち、良いものを誰かに紹介するのが大好きです。

-コーヒーコラム
-