コーヒーコラム

アメリカーノとは?アメリカンコーヒーやエスプレッソとの違いと作り方

アメリカーノとは?アメリカンコーヒーやエスプレッソとの違いと作り方

名前からでもある程度は想像できるアメリカーノとは、一体どのようなコーヒーなのでしょうか。

アメリカンコーヒーと間違えやすいですが、この記事ではその違いなども詳しく解説しています。

またエスプレッソとの違いや、アメリカーノの作り方もご紹介。

アメリカーノを知るとまた1つコーヒーの楽しみ方が増えますよ。ぜひ参考にしてアメリカーノを美味しく味わってみてくださいね。

この記事を書いた人

sk

Yuko

編集部ライター

毎日のコーヒーはなくてはならないものである一児の母。自宅でのカフェタイムを充実させるため、コーヒーについて日々研究中です。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3!

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

当サイトにはPRが含まれています。また、掲載する広告から商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

アメリカーノとは

コーヒー豆

アメリカーノとは簡単にいうと、エスプレッソをお湯で割ったものです。

エスプレッソの濃厚さがお湯をプラスすることでソフトになりつつも、すっきりと香り高いのが特徴。

しっかりとした口当たりとコーヒーの風味が強く感じられるのも魅力です。

バランスの良いブラックコーヒーと比べても、ひと味違った味わいが楽しめますよ。

アメリカーノの由来は侮蔑する意味合いから

アメリカーノという名称の由来には諸説ありますが、エスプレッソを薄めて飲んでいるアメリカ人を侮蔑する意味で使われたというのが最も一般的。

また、第二次世界大戦中にイタリアに駐屯していたアメリカ兵がいつも飲んでいるコーヒーと同じような味わいを求め、エスプレッソにお湯を足して飲んだことからという説にも関係しているようです。

この背景から現在でもアメリカで多く飲まれることはない

アメリカーノという名前からいかにもアメリカで親しまれているのではと思いますが、現在でもアメリカではあまり一般的ではありません。

シアトル系のコーヒーチェーンができて人気になり始めた頃から、ようやく少し広まっています。

アメリカではやはりドリップコーヒーの方が圧倒的にメジャーであるようですね。

[関連]シアトル系コーヒーとは?特徴や有名ブランド、イタリア系との違いについて

アメリカーノの特徴

ドリップコーヒーに近い味わいで、違う風味を楽しめる

ブラックコーヒー

アメリカーノの濃さはお店やレシピによって違いがありますが、ドリップコーヒーくらいのものが一般的。

ドリップコーヒーに少し似た味わいではありますが、風味の違いがしっかりと分かります。

アメリカーノにはエスプレッソのキレの良さと濃厚さが漂います。

ドリップコーヒーとアメリカーノ、飲み比べてみてじっくりと違いを感じるのも楽しいのではないでしょうか。

[関連]ブラック用コーヒー豆のおすすめランキング!

エスプレッソのコクを感じつつ、飲みやすい味わいになる

アメリカーノはエスプレッソの持つ濃厚なコクをほどよく感じることができます。

しかしコクがありながらも、お湯をプラスしたことによるすっきり感と飲みやすさがあるのがアメリカーノの良さ。エスプレッソとは異なる魅力を持っています。

またエスプレッソ特有の芳ばしい香りもしっかりと味わえますよ。

[関連]エスプレッソ用コーヒー豆の人気おすすめランキング

アメリカーノとアメリカンコーヒーの違い

アメリカーノアメリカンコーヒー
元になるコーヒーエスプレッソドリップコーヒー
焙煎度合い深煎り浅煎り
挽き目極細挽き粗挽き
淹れ方エスプレッソ+お湯通常のドリップ
酸味やや弱い強い
苦味中程度~強い弱い

名前は似ていますが、アメリカーノとアメリカンは明確に違いがあります。

アメリカーノはエスプレッソにお湯を加えたもの。

もとになるエスプレッソは深煎り豆で作られるため酸味はほとんどなく、濃厚な旨みと苦味を味わえます。

そのためアメリカーノも酸味は控えめで、コク深い味わいに。

アメリカンコーヒーはドリップコーヒーを薄めたものと勘違いされがちです。

しかしアメリカンコーヒーは本来、浅煎り豆を粗挽きにして抽出したもののこと。さっぱりとした酸味と抑えた苦味が特徴です。

アメリカーノとエスプレッソの違い

アメリカーノエスプレッソ
元になるコーヒーエスプレッソエスプレッソ
焙煎度合い深煎り深煎り
挽き目極細挽き極細挽き
淹れ方エスプレッソ+お湯エスプレッソ
酸味やや弱い弱い
苦味中程度~強い強い

アメリカーノのベースとなるのがエスプレッソ。エスプレッソは深煎り豆に圧力をかけて抽出するため、どっしりとした味わいと濃厚さが魅力です。

コーヒー豆のうま味と、良質な苦味を閉じ込めたガツンとくる味わいも特徴ですね。

一方アメリカーノはエスプレッソにお湯を加えて作ります。

エスプレッソのパンチのある味わいと、苦みが飲みやすくなり、香りと風味がより引き立ってくるのが特徴です。

エスプレッソの時の濃厚さはなくなりますがまた新たな面を感じられるのがアメリカーノです。

アメリカーノとロングブラックの違い

アメリカーノロングブラック
元になるコーヒーエスプレッソエスプレッソ
焙煎度合い深煎り深煎り
挽き目極細挽き極細挽き
淹れ方エスプレッソ→お湯お湯→エスプレッソ
酸味やや弱いやや弱い
苦味中程度~強い中程度~強い

アメリカーノととても似ているのがロングブラックという飲み物です。この違いは、淹れ方の違い。

アメリカーノはエスプレッソにお湯を加えたもの。一方、ロングブラックはお湯にエスプレッソをプラスして作ります。

加える順番が違うだけで味に違いが生まれているのが、2つの面白い点。

ロングブラックはエスプレッソの泡である「クレマ」が残りやすいこともあり、より濃厚でしっかりとした味わいになります。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

アメリカーノの作り方

1. エスプレッソを抽出

エスプレッソを抽出

専用のマシンなどでエスプレッソを抽出します。

エスプレッソの際に主に使われるコーヒー豆はしっかりと焙煎された深煎りのもの。挽き方も極細挽きが一般的です。

高い圧力をかけて抽出するために独特の濃さが生まれるのですね。

どっしりとしたコクと豆の甘み・旨みをたっぷりと感じられる味わいに仕上がります。

[関連]エスプレッソマシンのおすすめランキング

2. お湯を加水する

お湯を加水する

出来上がったエスプレッソへお湯を加えます。

加えるお湯の量はお店やレシピによって変わりますが、エスプレッソの3〜5倍ほど。

2倍にして濃いめに楽しむのもGOODですよ。

自分好みのお湯の量を見つけてみるのも楽しいのではないでしょうか。

3. 完成!

アメリカーノ

エスプレッソへ好みの量のお湯を加えたら完成です。

コーヒー豆の良さや味わいがダイレクトに伝わる飲み方なので、良質な豆を選ぶことが美味しいアメリカーノを作るコツでもあります。

[関連]コーヒーシュガーの人気おすすめランキング

アメリカーノのおすすめアレンジ

ミルクを加えてまろやかな口当たりに

ミルク

アメリカーノはドリップコーヒーよりも苦味や酸味が際立ち、より濃厚な味わいが感じられます。

そんなアメリカーノはミルクとの相性が抜群!ミルクを加えることで、ほのかな甘みとまろやかな口当たりに仕上がりますよ。

ホイップクリームを乗せてクリーミな味わいに

アメリカーノはホイップクリームとの相性も抜群です。

ホイップクリームを追加することで、コクとなめらかさがプラスされ、クリーミーな味わいに仕上がります。

また見た目や味わいは、オーストリアのウィーンで生まれたウィンナーコーヒーにそっくり!

お好みでチョコレートソースやはちみつをプラスすれば、スタバのフラペチーノのような味わいを楽しむことができますよ。

[関連]【専門家監修】ウィンナーコーヒーとは?名前の由来や作り方、美味しい飲み方を解説!

[関連]ウィンナーコーヒー用コーヒー豆の人気おすすめランキング

エスプレッソから派生した他のコーヒー

ロングブラック

ロングブラック

ロングブラックはカフェ文化の盛んなオーストラリア、ニュージーランドが発祥とされるメニューです。

ほとんどアメリカーノと同じレシピですが、唯一の違いはお湯へエスプレッソを加えるという作り方。

このことによってクレマが残りやすくなるという特徴があります。

またアメリカーノより濃厚でコクがあり、しっかりとした味わいが感じられます。

[関連]【専門家監修】イタリアンコーヒーとは?エスプレッソの種類やおすすめのコーヒー豆

カフェ・ラッテ

カフェ・ラッテのラッテはイタリア語で牛乳のこと。

エスプレッソと牛乳を1対1で作るのが一般的な作り方です。スチーマーで温めた牛乳をプラスします。

イタリア流のコーヒー牛乳がカフェ・ラッテですね。

エスプレッソのコクと牛乳のマイルドな味わいでとても人気のメニューです。

[関連]カフェラテ用コーヒー豆のおすすめランキング

[関連]カフェラテのカロリーは高い?各社のカフェラテを比較してみました!

[関連]カフェラテとカプチーノの違いとは?ミルクの量や口当たり、味わいの違い

カフェ・マキアート

マキアートはイタリア語で「染みのついた」という意味です。

ミルクを少量加える様子が染みのように見える、ということから名付けられました。

エスプレッソにスプーン1杯程度のミルクをプラスするのが本来の作り方。

しかしカフェによってはミルクの量がもっと多かったり少なかったりとバラつきがあるようです。

カフェモカ

カフェモカとは、エスプレッソに泡立てたミルクとチョコソースを加えて作るアメリカ発祥のコーヒーです。

ミルクのやわらかな口当たりを感じられ、チョコレートの濃厚な甘さのとエスプレッソのほろ苦さのある味わいを楽しめます。

見た目も非常におしゃれなので、スイーツ感のあるコーヒーを飲みたいときにもピッタリです。

[関連]カフェオレとカフェモカの違いは?抽出方法やミルクの量、口当たり、味わい

カプチーノ

カプチーノ

エスプレッソにふわふわのフォームミルクを加えたのがカプチーノ。

蒸気で泡立てたフォームミルクを使っているため、ふわっとした姿が印象的で飲みたくなるメニューですね。

カフェ・ラッテよりもさらにマイルドで飲みやすいのも特徴です。

イタリアでは朝食に飲む人も多いようですよ。

[関連]カプチーノとは?カフェラテ・カフェオレとの違いや作り方、美味しい飲み方を解説

[関連]カプチーノ用コーヒー豆のおすすめランキング

コーヒーは豆で買うからこそ、新鮮な美味しいコーヒーが味わえる。
ネットでも気軽に買える、おすすめのコーヒー豆を編集部が厳選しました!

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

2月のおすすめコーヒー豆も要チェック!

この記事を書いた人

nari

Yuko

編集部ライター・営業

コーヒーフレーバーのお菓子は見かけたら必ず買ってしまうほど大好きです。コーヒー好きの両親の影響で、中学生からドリップしていました。カフェや喫茶店はもちろんですが、子どもがいるため自宅でゆっくりとコーヒーを楽しんでいます。

-コーヒーコラム
-