コーヒーコラム

イタリアンコーヒーとは?エスプレッソの種類やおすすめのコーヒー豆

2022年7月25日

イタリアンコーヒーとは?エスプレッソの種類やおすすめのコーヒー豆

イタリアはコーヒーとの関係性がとても深く、エスプレッソを代表とするコーヒーが多くのイタリア人に好まれています。

日本でコーヒーと言えばドリップコーヒーですが、イタリアではエスプレッソのことを指します。

イタリアンコーヒーことエスプレッソの歴史、種類などをこの記事ではご紹介しています。

芸術や遺跡の国であるイタリアンコーヒーを知り、イタリア人のようなコーヒー生活を体験してみてください。

この記事を書いた人

吉野

吉野

編集部ライター

編集部ライター。コーヒーの深さ、面白さに気づきコーヒーの良さをもっと世間に広めようとひつじの珈琲タイムの立ち上げに関わる。

 

もくじ

イタリアンコーヒーのエスプレッソとは

エスプレッソ

イタリアでコーヒーというと、ドリップコーヒーではなくエスプレッソのことを指します。

エスプレッソはギュッと圧力をかけて抽出するため、コーヒーの苦味やコクを引き出します。

短時間で抽出し、2口3口で飲み切るというのがエスプレッソの飲み方。

日本人はあまり飲む機会がないため、コーヒー好きでもあまり飲まない人が多いですね。

イタリア人は多くのシーンでコーヒーを飲む

イタリア

本場イタリアでは、1日の中で何杯ものエスプレッソを飲んでいます。

朝起きてから朝食と共に1杯。仕事が始まってから昼食にかけて1杯。

昼食後にも1杯飲み、疲れてくる夕方や仕事終わりにも1杯。

そして夕食後にも1杯と、1日中エスプレッソを飲んでいるような生活の人がとても多いです。

とても濃い味で苦みの強いエスプレッソ

とても濃い味で苦みの強いエスプレッソ

エスプレッソを飲んだことがない人はイメージしづらいと思いますが、とても濃い味のコーヒーをイメージしてみましょう。

じっくりと焙煎された深煎りのコーヒー豆が使われるため、苦味やコクは強めです。

後述しているように、イタリアンローストといったコーヒー豆が真っ黒になるような焙煎度合いとなっています。

イタリア系とシアトル系のエスプレッソ

イタリア人が飲むイタリア系エスプレッソ

イタリア人が飲むイタリア系エスプレッソ

イタリア系エスプレッソとは、世界的に流通量の多いアラビカ種だけでなく、ロブスタ種も使います。

ロブスタ種は病害虫に強いものの、苦味が強いコーヒー品種として知られています。

イタリア系エスプレッソでは、このロブスタ種を25%~50%配合します。

[関連]コーヒー豆のロブスタ種(カネフォラ種)とは?特徴や飲み方について徹底解説

アメリカ人が飲むシアトル系エスプレッソ

アメリカ人が飲むシアトル系エスプレッソ

対してシアトル系エスプレッソとは、アメリカに持ち込まれたエスプレッソのことです。

元はイタリア系エスプレッソですが、シアトル系エスプレッソはアメリカ人の口に合うよう調整され、今や日本でもスタバなどで好まれています。

ロブスタ種を使うことは基本的になく、アラビカ種を100%使うことが多いです。

[関連]アラビカ種のコーヒー豆の特徴と品種について解説します。

イタリアンコーヒーの歴史

15世紀頃にはコーヒーを飲む文化があった

イタリアンコーヒーの歴史

エスプレッソの本場でもあるイタリアのコーヒーの歴史は、15世紀頃に始まっています。

水の都と言われるイタリアのヴェネツィアに、アラブ人が交易として訪れたところから。

コーヒー文化はアフリカから始まっているとされるため、アフリカからヨーロッパへと渡っていきました。

1720年にヴェネツィアで世界最古のカフェ「カフェ・フローリアン」が誕生

カフェ・フローリアン

世界最古のカフェはヴェネツィアにある、「カフェ・フローリアン」というカフェです。

今や世界中に点在するカフェですが、始まりは水の都ヴェネツィアだったということですね。

芸術の国でもあるので、多くの芸術家や政治家などが訪れたと言われています。

1760年にはローマで伝説のカフェ「カフェ・グレコ」が誕生

カフェ・グレコ

1760年にはイタリアの首都であるローマにカフェが誕生しました。

ローマ最初のカフェが「アンティコ・カフェ・グレコ」というカフェです。

このカフェでは、マグカップよりも一回り小さいデミタスカップというものを開発したカフェでもあります。

1901年にエスプレッソマシンがミラノで発明される

エスプレッソマシン

このようにコーヒーの文化は古くから始まっていましたが、エスプレッソマシンの誕生は1901年。

イタリアのミラノで初めて誕生し、より急速にエスプレッソが伝わっていくようになりました。

イタリアのカフェの種類

日本でカフェといえば、テーブルと椅子が用意されている状態をイメージします。

しかし、イタリアでのカフェには3種類ほどあるんです。

立ち飲みタイプのバール(BAR

立ち飲みタイプのバール(BAR)

イタリアにはコーヒーを立ち飲みする、バール(BAR)というカフェがあります。

日本で言うところの立ち飲み屋のようなものですが、イタリアではエスプレッソをサッと立ち飲みします。

ゆっくりと座って時間を過ごすこともあれば、サッとエスプレッソだけ飲んで終わり、ということもあるんですね。

テーブルと椅子が用意されているカフェ(CAFE

テーブルと椅子が用意されているカフェ(CAFE)

日本人がイメージするカフェと同様に、テーブルと椅子が用意されているカフェ。

日本では基本的にこの形なので、違和感を覚えることもないでしょう。

注文したコーヒーを受け取り、席に座って飲むという形です。

お菓子メインのパスティチェリア(PASTICCERIA

お菓子メインのパスティチェリア(PASTICCERIA)

イタリアにはもうひとつのタイプがあり、パスティチェリア(PASTICCERIA)というタイプ。

これはコーヒーがメインというよりも、お菓子をメインとしたお店です。

洋菓子などを中心として販売し、洋菓子に合うコーヒーを提供してくれます。

イタリアンコーヒーの濃さ

地域 量/1杯あたり
ミラノ、フィレンツェ 30cc
ローマ 25cc
ナポリ 20cc

イタリアンコーヒーが濃いことは広く知られていますが、その濃さは地域によってやや差があります。

南北に長いイタリアという国では、北から南へ行くほどにコーヒーが濃くなっていきます。

ミラノやフィレンツェなどは1杯あたり30ccなのが、ナポリに行くと1杯あたり20ccという量に。

コーヒー豆の焙煎度合いも変わっており、深煎りから極深煎りへと濃くなっていきます。

イタリアンコーヒーのイタリアンローストという焙煎

焙煎度合い

イタリアンコーヒーに使われるコーヒー豆は、深煎りという部類の焙煎度合いです。

深煎りの中でも真っ黒のようなコーヒー豆になっており、これをイタリアンローストといいます。

日本では極深煎りなどとも呼ばれており、強い苦味とコクが味わえるようになっています。

コーヒー豆自体もかなり芳ばしく、焦げたニオイが感じられますよ。

[関連]深煎りコーヒーのおすすめランキング!

イタリアンコーヒーのエスプレッソの淹れ方

エスプレッソ

イタリアンコーヒーであるエスプレッソは、エスプレッソマシンを使った淹れ方が基本です。

淹れ方はとても簡単で、全自動のフルオートならばコーヒー豆と水をセットするだけで、あとはボタンひとつでOK

半自動のセミオートならば、豆を粉状にしてから水と一緒にセットする、という流れが必要です。

このとき、コーヒー粉をしっかりならして押し固めるため、タンピングといった作業を行います。

▼エスプレッソの淹れ方の違い

フルオート(全自動) コーヒー豆と水をセットするだけ
セミオート(半自動) コーヒー粉をならして水と一緒にセットする
[関連]エスプレッソマシンのおすすめランキング

イタリアンコーヒーの種類

イタリアンコーヒーの派生はとても多く、様々な飲み方があります。

似ているようで少し違う、そんな種類もご紹介していきます。

エスプレッソ(カフェ)

エスプレッソ(カフェ)

もっともスタンダードなイタリアンコーヒーが、エスプレッソです。

イタリアでは“カフェ”とも呼び、多くのイタリア人が注文するコーヒーです。

このままブラックで飲むのではなく、砂糖をたっぷりと入れてから飲むことが多いです。

カプチーノ

カプチーノ

エスプレッソに対して泡立てたスチームミルクとフォームミルクを注いだのがカプチーノ。

こちらもイタリア人が好んで飲むコーヒーのひとつで、たっぷりと白い泡が見受けられます。

好みによってはチョコレートパウダーや、シナモンパウダーを使います。

カフェ・ラッテ

カフェラテ

エスプレッソに対してミルクを混ぜたものが、カフェ・ラッテというコーヒーです。

日本でも広く親しまれており、飲んだことがある人も非常に多いのではないでしょうか。

“カフェオレ”との違いは、エスプレッソを使うかドリップコーヒーを使うか、といった違いです。

カフェ・ルンゴ

カフェ・ルンゴ

エスプレッソとほぼ変わりありませんが、普通のエスプレッソより抽出時間が長めです。

エスプレッソは抽出時間を短くし、ギュッと凝縮して抽出します。

カフェ・ルンゴの場合は抽出時間が長いため、お湯の量が多くなっています。

カフェ・リストレット

カフェ・リストレット

カフェ・リストレットとは、カフェ・ルンゴの反対で抽出時間は短め。

コーヒー豆の量は同じですが、お湯の量を通常エスプレッソの半分にしています。

エスプレッソ以上に凝縮されたコーヒーになるため、とても濃いめのコーヒーです。

カフェ・マキアート

カフェ・マキアート

カフェ・マキアートの“マキアート”とは、「染みが付いた」という意味を持っています。

これはエスプレッソに対して少量のフォームミルクを注いだことで、ミルクの跡が染みに見えたため。

エスプレッソに対してスプーン1杯程度のミルクを注ぎます。

ラッテ・マキアート

ラッテ・マキアート

ラッテ・マキアートとは、こちらも「染みの付いた」という意味を持つマキアートです。

カフェ・マキアートと反対に、ミルクに対してエスプレッソを落としたものになっています。

そのためベースはあくまでミルクになっており、ショットグラス程度のエスプレッソを注ぎます。

カフェ・コレット(エスプレッソ・コレット)

カフェ・コレット(エスプレッソ・コレット)

エスプレッソと少量のブランデーなどを使ったコーヒーが、カフェ・コレットです。

お酒の種類は何を入れてもOKで、グラッパと呼ばれるブランデーやコニャックなどが使われることもあります。

イタリアではカフェ・コレットと呼ばれ、イタリア以外ではエスプレッソ・コレットと呼ばれます。

カフェ・デカフェイナート

超臨界二酸化炭素抽出

カフェ・デカフェイナートとは、その名前からもわかるようにカフェインレスコーヒーのことです。

日本でもカフェインレスコーヒーのことを、“デカフェ”と表現することがありますよね。

1日に何杯もコーヒーを飲むイタリア人だからこそ、カフェインを気にするならデカフェコーヒーを飲みます。

カフェ・ドルヅォ

大麦

カフェ・ドルヅォとは、オルヅォ(大麦)を素にして作られたコーヒーのことです。

大麦を低温で焙煎していき、コクや香りを引き出してエスプレッソのように抽出します。

コーヒーのような風味を持ちますが、カフェインレスなので広い世代に人気です。

カフェ・シェケラート

カフェシェケラート

カフェ・シェケラートとは、エスプレッソに氷とガムシロップを入れてシェイカーで作られるコーヒーのこと。

カクテルを作るためのシェイカーを使い、急速に冷やして作られるため、とても香りの良いアイスコーヒーになります。

アマレットやバニラリキュールなどを入れてカクテルにもします。

エスプレッソ・コンパナ(カフェ・コン・パンナ)

エスプレッソ・コンパナ(カフェ・コン・パンナ)

エスプレッソに対してホイップクリームをたっぷりと乗せたものが、エスプレッソ・コンパナです。

別名カフェ・コン・パンナとも呼ばれており、スプーンですくいながらデザートのように食べます。

ベースをドリップコーヒーにした場合は、ウィンナーコーヒーと呼ばれます。

ビチェリン

ビチェリン

小さめのワイングラスのようなグラスに、チョコレートをエスプレッソで溶かし入れた飲み物です。

その上に液体のままの生クリームを乗せて、デザート感覚で親しまれています。

コーヒーの中ではかなり甘い部類なので、あくまでデザートのようなものですね。

イタリアンコーヒーに合うおすすめコーヒー豆

No.1 カルディ イタリアンロースト

 

カルディ
イタリアンロースト
参考価格 1,080円

カルディの定番となりつつある、ダークローストに焼き上げられたのがこのイタリアンロースト。

しっかりと苦味が引き出されており、コーヒー豆は真っ黒にまで仕上がっています。

ボディ感はそれなりといった程度ですが、エスプレッソに最適なコーヒー豆となっています。

No.2 成城石井 カフェイタリアーノ

ウォッシュド加工されたアラビカ種を使い、深煎りに仕上げたブレンドコーヒーです。

まろやかな甘みやとても力強い苦味を持っており、上品なコクも持っています。

エスプレッソとしてはもちろんのこと、ドリップしても美味しく楽しめます。

No.3 プント・イタリア・エスプレッソ スーペリオーレ

 

プント・イタリア・エスプレッソ
スーペリオーレ
参考価格 3,180円

ブラジル産コーヒー豆やコロンビア産コーヒー豆をブレンドし、適度な中煎りに仕上げたスーペリオーレ。

アラビカ種を100%使用しており、芳醇なアロマと豊かな香りを同時に楽しめます。

本場イタリアで開業しているコーヒーショップなので、イタリアの傑作を味わえますよ。

イタリアンコーヒーに適したおすすめエスプレッソマシン

No.1 デロンギ 全自動コーヒーマシン マグニフィカS ECAM22112

エスプレッソマシンといえば、コーヒーに詳しくない人でも一度は聞いたことがあるデロンギです。

最新の機能を全て搭載しており、圧倒的な使いやすさと美味しさを実現。

日本人の口に合うカフェ・ジャポネーゼ機能や、高性能のミルクフロッサー機能を搭載しています。

No.2 ネスレ ネスプレッソ ラティシマ・ワン

 

ネスレ
ネスプレッソ ラティシマ・ワン
参考価格 23,116円

 

ネスレのネスプレッソシリーズ、ラティシマ・ワンというモデルは最大19気圧のコーヒーメーカーです。

高機能なのにコンパクトなサイズ感で、キッチンの邪魔にもならないのが魅力的。

ボタンひとつで直感的に操作ができるパネルを搭載し、コーヒーもミルクメニューも対応しています。

No.3 ビアレッティ エスプレッソマシン タジッシマ CF37

ビアレッティ
エスプレッソマシン タジッシマ CF37
参考価格 64,980円

イタリア発のトップブランドとして、今や日本でも広く知られている髭おじさんのビアレッティ。

とてもシンプルな操作性を実現したカプセル式エスプレッソマシンで、ミルクスチーム機能もついています。

カプセルだけではなく、コーヒー粉にも対応しているタジッシマというモデルです。

イタリアンコーヒーのおすすめの飲み方

多めの砂糖をカップに淹れてからエスプレッソを注ぐ

砂糖

イタリアンコーヒーであるエスプレッソには、本来たっぷりと砂糖を入れてからエスプレッソを注ぎます。

1カップあたり4g~6gほどの砂糖を入れるので、本場のエスプレッソはとても甘め。

その後に手早くスプーンでかき混ぜ、しっかりと乳化させればチョコレートやキャラメルのような風味に!

かなり濃いめのコーヒーが多い、ナポリなどで親しまれている飲み方です。

エスプレッソを飲む前には水で口内を洗い流す

水 water

イタリアのナポリなどでエスプレッソを注文したときには、一緒に水が渡されます。

この水はエスプレッソを飲む前に「口内をキレイにしてから飲んでください」という意味のもの。

リフレッシュした状態でエスプレッソを飲む、というのがナポリ流の楽しみ方です。

イタリア発祥のエスプレッソを美味しく飲むためのコーヒー豆。
ギュッと凝縮されたエスプレッソに適するコーヒー豆は?

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

yoshino

吉野

編集部ライター

かつてプロのパティシエを6年間経験。コーヒーとスイーツとのマリアージュの面白さに気づき、様々なスイーツとコーヒーとのペアリングを追求している編集部ライター。
休日は自分で作ったスイーツと、コーヒーでゆったりとしたコーヒータイムを送っています。

-コーヒーコラム
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-