コーヒーコラム

スチームミルクとは?特徴や美味しい作り方をご紹介!

スチームミルクを使ったコーヒー、美味しい作り方をご紹介!

カプチーノやカフェラテには、フォームミルクとスチームミルクの2種類のミルクが使われています。

そしてミルクの割合で、それぞれコーヒーの呼び方が違うのはご存じですか?

今回はスチームミルクに焦点をあててフォームミルクとの違いや特徴、美味しいスチームミルクの作り方などを解説していきます。

ぜひご家庭で本格的な味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

pico69

pico69

趣味:食べ歩き・映画&コンサート鑑賞

食のトレンド・おいしいお店の情報やレシピについて記事を書いてきました。
フルーティーなコーヒーが好きで、自宅では仕事の合間にコーヒーを入れています。

 

スチームミルクとは?

スチームミルク

まずスチームミルクやフォームミルクの違いがはっきりと認識できていない人もいるかと思います。

スチームミルクとは、蒸気で温めることによって作られるミルクのこと。

同じミルクのフォームミルクとは、少し異なる点があります。

スチームミルクとフォームミルクの違い

スチームミルクは蒸気により温められた液状のミルク

コーヒーカラフェ

エスプレッソマシンで蒸気(スチーム)を発生させて液体のミルクをスチーミングして空気を含ませます。

その際にミルクと気泡が混じり細かい気泡が集まった状態になります。

ふわふわの泡状になったミルクをフォームミルクと呼び、いっぽう泡状にならずスチームで温められてそのまま液体で出てきたものを「スチームミルク」といいます。

フォームミルクは空気を含んだ泡状のミルク

カプチーノ

バリスタがマシンの前でチリチリと音をさせながら、ピッチャーを持っている姿を見かけたことはありませんか?

あれがまさにエスプレッソマシンでミルクをスチーミングしている状態です。

そこに空気を含ませることでフォームミルクが完成します。

フォームミルクはやわらかく口当たりのいいきめ細やかなツヤのある泡を持ち、フォームミルク以外の液状の温かいミルクがスチームミルクです。

スチームミルクとフォームミルクの割合で呼び名が変わるコーヒー

カフェモカ

カフェモカ

カフェモカとは、エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを6:4の割合で淹れたものを指します。

お好みでエスプレッソと同じ程度のチョコレートシロップやホイップクリームを加えたりするコーヒーです。

お店によっては、エスプレッソ、ミルク、チョコレートを271の割合で淹れることもあります。

エスプレッソはレギュラーコーヒーと比べると、高圧力・短時間で抽出するので高濃度で少ない量が一般的です。

ミルクやチョコレートの甘さの中で、コーヒーの風味がしっかりと堪能できるドリンクですね。

カフェモカはアメリカ生まれ

カフェモカに用いるエスプレッソはイタリア発祥ではありますが、カフェモカはアメリカ生まれのドリンクです。

アメリカ西海岸のカフェで、イエメン産のコーヒー豆「モカ」の味わいに近づくように作られたのがはじまりといわれています。

コーヒー豆のモカは、深煎りにすれば強くコクのあるコーヒーになり、飲んだ後ビターチョコのような香りがします。

この味わいをミルクやチョコレートで再現したのがカフェモカ。

コーヒー豆・モカをストレートで淹れた「モカコーヒー」とはややこしいですが、まったくの別物です。

カフェラテ

カフェラテ

エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを9:1(お店によっては10:0)の割合で淹れます。

フォームミルクは表面が覆われる程度の量です。カフェラテはラテアートなどでも有名で、皆さんも一度は頼んだことがあるのではないでしょうか。

「ラテ」はイタリア語でミルクを指し、300年ほど前にイタリアのカフェで生まれました。

エスプレッソは濃度の高いコーヒーなので、ミルクを入れることでコーヒーとミルクのバランスが絶妙になり、大変においしい飲み物になります。

普通のコーヒーはあまり好きではないけれど、カフェラテならという方も多いほど。

カプチーノ

カプチーノ

エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを5:5の割合で淹れたものです。

カプチーノはエスプレッソとスチームミルクとフォームミルクで3層になるコーヒーのこと。

スチームミルクの割合が多くなると「ウェットカプチーノ」、フォームミルクの割合が多くなると「ドライカプチーノ」など名前が変わるのも興味深いですね。

カプチーノもカフェラテ同様イタリア生まれのコーヒーです。

もともとカプチーノとはカトリック教会の一派「カプチン会」の修道士のことを呼び、彼らが身に着けるフードのついた修道服・カップッチョ(頭巾・フードの意味)にちなんで名づけられたともいわれています。

カフェラテとカプチーノの違いはフォームミルクの量

カフェラテとカプチーノの違い

カフェラテとカプチーノは、あまり見た目も変わらないので、「どこが違うの?」と疑問に感じる方もいるかもしれませんね。

2つの違いはフォームミルクの量にあり、カプチーノの場合はフォームミルクがカップのふち1cm以上、カフェラテは1cm未満といわれています。

カフェラテとカフェオレは別物

カフェラテはエスプレッソを使いますが、カフェオレはドリップコーヒーにスチームミルクとフォームミルクをいれる飲み物なので別物です。

一般的にはカフェオレに使われるドリップコーヒーは、浅煎りの豆を使うために苦さは控えめで、ドリップコーヒーとミルクの比率は11とされます。

スチームミルクを美味しく作るのに必要な道具

エスプレッソマシン

エスプレッソマシン

エスプレッソマシンは、蒸気でミルクを温めてスチームミルクやフォームミルクを作ってくれる機械です。

エスプレッソマシンは1万~数十万円するものもあり、値段はまさにピンからキリまでといえるでしょう。

この機械を使うとエスプレッソも抽出できるので、カフェラテやカプチーノなども作れるようになって非常に便利です。

[関連]エスプレッソマシンのおすすめランキング

ミルク

ミルク

初めての時はよく冷えた成分無調整乳のミルクがおすすめです。

無脂肪は泡立ちにくく、豆乳はボコボコの泡になりやすいからです。また冷やしておくとスチーム時間が長くなるので良いでしょう。

ミルクピッチャー

ミルクピッチャー

温度を感じやすいステンレス製がおすすめです。握る部分はヤケド防止のため、本体に指が当たらないデザインのものが良いです。

値段は2,000円前後からありますが、内側にもメモリがついているものや、ミルクが注ぎやすくラテアートにも最適な注ぎ口のものなど。

デザインもさまざまですから、用途に応じてチョイスしてください。

[関連]ミルクフォーマーの人気おすすめランキング18選

温度計

温度計

慣れれば必要ありませんが、65℃を目安にする必要があるので初心者は念のために用意した方がよいと思います。

55℃を越えるとミルクにほどよい粘度が生まれ、70℃を越えると徐々に凝固が始まるため、温度管理は非常に重要です。

インターネットでも「クッキング温度計」「料理用温度計」などで検索すれば、1,000円~1,500円とリーズナブルな価格で購入できます。

美味しいスチームミルクを作るためにもひとつ揃えておけば心配ないでしょう

針で表示できるようなものもありますし、デジタル表示するものもありますので、お好みで揃えておきましょう。

[関連]コーヒー用温度計(サーモメーター)の人気おすすめランキング10選

濡れ布巾

濡れ布巾

エスプレッソマシンのノズルに付いたミルクを拭くのに利用したり、ノズルを掴んで動かす時にヤケド防止のために利用することがあるので、あると便利です。

スチームミルクの美味しい作り方

スチームミルク

1. ピッチャーによく冷えたミルクを3分の1程度いれよう

ミルクに蒸気を送り込むと、液体面が当初の倍位よりも上昇するので、ミルクはなみなみ注ぐのはご法度です。

1/3を目安に入れるのがポイントです。

2. スチームノズルは一度空ふかししよう

ノズルの中に溜まった水を出すことがポイントです。

これを怠るとミルクに水気が混じって味も変わってしまうので、水蒸気が出なくなるまでふかすように注意しましょう。

3. ノズルはミルクに入れてからバルブを開こう

ミルク液面の直ぐ下、1cmを目安にノズルを入れた状態でスチームを開くようにします。

先にスチームを開いてからミルクに入れようとすると飛び散るので、この点はくれぐれも気をつけてください。

4. 泡づくりは「チリチリ…」と聞こえたら正解の音

横回転の対流を意識して、ミルクに泡を作るのがポイントです。

スチームを開きピッチャーを下にさげて、ノズルの先をミルク液面ギリギリにくるようにします。「チリチリ…」という音が聞こえればミルクに空気を取り込んでいる証拠です。

5. 液面上昇しても液面すれすれにキープ

上手に泡ができていれば液面と液温が上昇し、ノズルの先端が見えなくなっていきます。

ノズルが入りすぎると泡が作られずミルクが温められるだけになってしまいます。

ゆっくりピッチャーを下げて、ノズルの先端を液面すれすれにキープし泡を作ることを意識することが重要です。

6. 泡作りは30℃を目安で終了

ミルクの温度が高くなると泡立たなくなるので30℃までに泡を作り終わりましょう。

泡を作り終えたらスチームでミルクを温めていくので、ピッチャーを水平な位置に置いて温めてください。

7. 泡を細かくしながら温めよう

今度はノズルを深めにさして、縦回転の対流を意識して作り、泡を細かく潰しながら温めるようにします。

温度計を使いながら、適温の65℃70℃の間になったらバルブを閉めましょう。

8. 美味しいスチームミルクの完成

軽く回して泡を落ち着かせればスチームミルクの完成です。

ノズルにミルクが残っていると機械劣化の原因になるので、最後にノズル内に残ったミルクを吐き出すために空ふかしを行います。

周りに飛び散らないよう布巾でカバーするのが大事です。

スチームミルクを作る時に注意すべき2つのポイント

スチームミルクは65℃が目安

55℃を超えると徐々にミルクに粘度が生まれ、70℃を越えると凝固が始まってしまいます。

温度が低すぎてもスチームミルクの独特な風味がなくなってしまうので、温度には十分注意することが大切です。

一度スチームしたミルクは再利用できない

新鮮な冷えた牛乳を使うのがポイントではありますが、失敗したからといってまた冷やして使うのはご法度です。

一度スチームしたミルクは傷みやすい上に再利用することはできないのです。

まとめ

今回はスチームミルクの特徴やスチームミルクを使ったコーヒーの種類、美味しく作るために必要な道具などについて紹介いたしました。

現在、残念ながらステイホームの時間も長くなりそうですから、グッズを揃えておうちでスチームミルクを作り、自分だけのとっておきのコーヒードリンクを作ってみませんか?

おうちでカフェ気分を味わうことができれば、こんなにいいことはありませんね。

ぜひ挑戦してみることをおすすめします!

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

pico69

pico69

趣味:食べ歩き・映画&コンサート鑑賞

食のトレンド・おいしいお店の情報やレシピについて記事を書いてきました。
フルーティーなコーヒーが好きで、自宅では仕事の合間にコーヒーを入れています。

-コーヒーコラム
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-