味わい別コーヒー

【2022年版】クセになる味わいのコーヒー人気おすすめランキング10選!

2022年4月18日

クセになる味わいのコーヒー人気おすすめランキング10選!

今回は味わいや風味がクセになってしまうような、個性的なコーヒーをご紹介しています。

コーヒーには様々な味わいがありますが、その一つひとつに特徴があります。

美味しい酸味や尖った苦味、重厚なコクなどコーヒーそれぞれに個性があるのです。

それぞれの個性を楽しめて何杯でも飲んでしまうような、クセになるコーヒーを厳選しました。


クセになるコーヒーの選び方

クセになるコーヒーはとても個性的で、好き嫌いが大きく分かれるもの。

まずは自分の好みに近い、味わいや焙煎度合いから選んでいくのが良いでしょう。

味のバランスで選ぶ

苦味

スパイス

コーヒーの苦味は嫌な苦味ではなく、コーヒー本来の味わいを楽しめる苦味です。

焙煎されたコーヒー豆の苦味というだけでなく、ときにはチョコレートのようなほろ苦さも楽しめます。

また、アジアなどから採れるコーヒー豆はスパイスのような風味も感じられます。

[関連]苦味が美味しいコーヒーのおすすめランキング12選

酸味

フルーティー

酸味のあるコーヒーはとてもフルーティーであると表現され、オレンジやレモンなどの風味を楽しめます。

中にはただ酸っぱいだけといったコーヒーの酸味もありますが、上質な酸味はとても美味しく華やかです。

シトラス系、ベリー系などのフルーツに例えられる酸味がとても人気です。

[関連]酸味が強いコーヒーのおすすめランキング10選

甘み

花のような香り

コーヒーの甘みは幅広く種類があり、花のようなフローラルアロマからナッツのような芳ばしさある甘みまで。

ミルクチョコレートのようにほろ苦くも甘くある甘みであったり、フルーツ系の甘みも含まれます。

甘みの種類にも多くありますが、苦味や酸味をベースにした奥行きを感じられる甘みが多いです。

[関連]甘みが美味しいコーヒーの人気おすすめランキング

生産地で選ぶ

産地ごとの特徴

コーヒーは生産する国によって味わいや風味が変わっており、それぞれの国に特徴があります。

どんな国で栽培されているコーヒーにも個性はありますが、それぞれに酸味や苦味などのわかりやすい特徴も。

バランスの整った味わいのコーヒーは、香りがとても良いなど個性のひとつとして楽しめます。

焙煎度合いで選ぶ

焙煎方法による味や風味の違い

コーヒーは焙煎する度合いによっても風味が変わってくるため、どれくらいの焙煎度合いなのかチェックしておきましょう。

浅煎りから深煎りまでありますが、実際には8段階ほどに細かく分けられています。

それぞれの焙煎度合いで、コーヒーがどのような風味に変わっていくのかご紹介していきます。

浅煎り

浅煎り 焙煎

浅煎りのコーヒー豆は酸味の抽出がとても多くなっており、スッキリとしたコーヒーの味わいになります。

焙煎度合いとしてはかなり浅い焙煎ですが、その分ムラなく焙煎するため技術が必要。

華やかな酸味のあるコーヒーが好きな方は浅煎りのコーヒー豆を選ぶのが良いでしょう。

[関連]浅煎りコーヒーの人気おすすめランキング20選

中煎り

中煎り

中煎りのコーヒー豆は酸味と苦味のバランスがよく抽出されており、整った味わいになっています。

バランスのよさは焙煎度合いの中でも一番なので、最も飲みやすいコーヒーです。

突出した酸味や苦味はありませんが、香りがより感じやすくなるため美味しく楽しめますよ。

[関連]中煎りの人気おすすめコーヒーランキング30選

深煎り

深煎り

深煎りのコーヒー豆は焙煎度合いが最も深く、しっかりと焙煎されているコーヒー豆です。

特徴としては苦味やコクが強くなっており、重厚なコーヒーを楽しみたい方におすすめします。

ムラなくしっかりと焙煎されているので、コーヒーのムラが嫌いな方にもおすすめの焙煎度合いです。

[関連]深煎りコーヒーの人気おすすめランキング25選

クセになるコーヒーのおすすめランキング

No.1銀河コーヒー ケニアレッドマウンテン

銀河コーヒー
ケニアレッドマウンテン
参考価格 2,160円

ベリーフレーバーの芳醇な香り

標高5,199mにもなるケニアのケニア山では、地域独特の赤土を含んでいるためレッドマウンテンと呼ばれています。

赤土にはミネラルが非常に豊富に含まれており、その土壌を活かした地域でコーヒー豆が栽培されています。

ベリーフレーバーとコクの深さ、苦味は控えめでスッキリとした酸味が印象的なコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

銀河コーヒー

内容量

350g

産地

ケニア

焙煎

中深煎り

No.2AGF 煎 濃厚

奥行きの味わいと香りの変化が楽しめる

AGFの煎というシリーズは、BtoBでの手土産などとしても使われている上品なコーヒー。

やや深めに焙煎していることで奥行きがあるコーヒーになっており、しっかりとしたコクも楽しめます。

特徴的なのは口に含んでから余韻まで4種類の香りが楽しめるという、香りの変化が個性的です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

AGF

内容量

360g

産地

タンザニア、コロンビア

焙煎

深煎り

No.3自家焙煎かかし珈琲 インドネシア マンデリンシナール

 

自家焙煎かかし珈琲
インドネシア マンデリンシナール
参考価格 1,530円

 

大地を感じるマンデリンシナール

インドネシア産のマンデリンは野性的な苦味とコクが個性的なコーヒーとして知られています。

スマトラ島で採れるマンデリンは尖った強めの苦味とコク、そしてスパイシーな風味が人気です。

中にはマンゴーのような風味も感じられ、余韻までしっかりと楽しめるコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

自家焙煎かかし珈琲

内容量

200g

産地

インドネシア

焙煎

中深煎り

No.4東京コーヒー オーガニックブレンド

JAS認証オーガニックの代表的なコーヒー

東京コーヒーはオーガニックコーヒーにこだわりを持っており、安全で安心なコーヒーを提供してくれています。

コーヒーを飲んで体調が悪くなってしまうような人にもおすすめできる、万人受けするコーヒーです。

東京コーヒーのオーガニックブレンドはバランスの良い味わいであるため、誰にでもおすすめできる新鮮なコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

東京コーヒー

内容量

200g

産地

エチオピア、ブラジル

焙煎

中煎り

No.5UCC 香り炒り豆 モカブレンド

コスパ最強のUCCモカブレンド

アロマフリージング製法により、モカ特有の香りを逃すことなく閉じ込めることに成功。

急速冷却により焙煎したての香りがそのままに楽しめて、甘い香りとまろやかな味わいが特徴です。

華やかで甘いモカの香りと、やわらかな苦味とコクのグァテマラを同時に楽しむことができます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

UCC

内容量

270g

産地

エチオピア、グァテマラ

焙煎

中煎り

No.6Dr-i-gama ブルーマウンテンNo.1

 

Dr-i-gama
ブルーマウンテンNo.1
参考価格 12,834円

   

コーヒーの王様は唯一無二の味と香り

ジャマイカ産のブルーマウンテンは日本でも人気の高い、高級なコーヒーのひとつ。

世界三大コーヒーのひとつとして知られており、味のバランスと香りの上品さが人気です。

ブルーマウンテンの中でもNo.1という最高等級のコーヒーなので、絶対に外すことのないコーヒーでしょう!

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

Dr-i-gama

内容量

1kg

産地

ジャマイカ

焙煎

生豆

No.7STAR COFFEE DESIGN ゲイシャ ナチュラル

 

STAR COFFEE DESIGN
ゲイシャ ナチュラル
参考価格 4,900円

幻のコーヒーともいわれるパナマ産ゲイシャ種

スペシャルティコーヒーの世界でも注目を集めているのが、パナマ産のゲイシャ種です。

香水のようにも例えられることが多いゲイシャ種は、華やかなアロマとフローラルが人気の理由。

希少価値の高いコーヒー豆のひとつでもあるため、フルーツのような美味しさのコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

STAR COFFEE DESIGN

内容量

80g

産地

パナマ

焙煎

独自焙煎

No.8やなか珈琲店 モカマタリ9

 

やなか珈琲店
モカマタリ9
参考価格 1,610円

   

限られた生産量のイエメン産コーヒー

モカコーヒーといえばエチオピア産のモカが有名ですが、対岸にあるイエメン産のモカも実は有名。

安価なエチオピア産モカと比べて、高級として知られているのがイエメン産モカです。

フルーティーな味わいとワインのように長く続く余韻、豊かな香りを楽しめますよ。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

やなか珈琲店

内容量

200g

産地

イエメン

焙煎

深煎り

No.9木炭焙煎珈琲豆 癒しの苦み ほろにがブレンド

木炭焙煎珈琲豆
癒しの苦み ほろにがブレンド
参考価格 2,129円

木炭で焙煎された特殊な風味のコーヒー

木炭焙煎珈琲豆では、炭火でコーヒー豆を焼くため木炭の独特な香りがコーヒーに付きます。

木炭が醸し出している芳醇な香りは余韻となって続き、やわらかい印象のコーヒーに様変わり。

癒しの味としてもおすすめされる木炭焙煎であり、重厚な苦味やコクも同時に楽しめます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

木炭焙煎珈琲豆

内容量

300g

産地

ブラジル、グァテマラ

焙煎

深煎り

No.10小川珈琲 有機珈琲オリジナルブレンド

調和の取れたコーヒーはこのオリジナルブレンド

京都の老舗コーヒー店として人気の高い、小川珈琲の有機珈琲オリジナルブレンド。

ペルーやメキシコなどのコーヒー豆をベースに、複数の産地から取り寄せたコーヒー豆をそれぞれ個別に焙煎しています。

酸味や苦味のバランスがよく、調和の取れたまろやかな味わいになっているのがオリジナルブレンドです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

小川珈琲

内容量

170g

産地

ペルー、メキシコ

焙煎

中煎り

クセになるコーヒーの一覧表

クセになるような個性的なコーヒーは、人によってとても好き嫌いがわかれるもの。

特徴的な味わいや風味になっているからこそ、一生飲める自分好みのオンリーワンを選びましょう!

No 商品 商品名 Amazon価格 内容量 産地 焙煎
1 銀河コーヒー/ケニアレッドマウンテン

2,160円

350g ケニア 中深煎り
2 AGF/煎 濃厚

1,598円

360g タンザニア、コロンビア 深煎り
3 自家焙煎かかし珈琲/インドネシア マンデリンシナール

1,530円

200g インドネシア 中深煎り
4 東京コーヒー/オーガニックブレンド

1,419円

200g エチオピア、ブラジル 中煎り
5 UCC/香り炒り豆 モカブレンド

626円

270g エチオピア、グァテマラ 中煎り
6 Dr-i-gama/ブルーマウンテンNo.1

12,834円

1kg ジャマイカ 生豆
7 STAR COFFEE DESIGN/ゲイシャ ナチュラル

4,900円

80g パナマ 独自焙煎
8 やなか珈琲店/モカマタリ9

1,610円

200g イエメン 深煎り
9 木炭焙煎珈琲豆/癒しの苦み ほろにがブレンド

2,129円

300g ブラジル、グァテマラ 深煎り
10 小川珈琲/有機珈琲オリジナルブレンド

842円

170g ペルー、メキシコ 中煎り

酸味や苦味などクセになる味わいは人それぞれ

カフェ

コーヒーはクセになる味わいが人それぞれなので、自分にとってのベストを見つけるには時間がかかるかもしれません。

ですが、一度でも自分にとってのベストコーヒーを見つければ、それが一生モノとなってくれます。

個性的なコーヒー、特徴的なコーヒーはとても多く存在するので、自分のベストコーヒーをぜひ見つけましょう!

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

ひつじの珈琲タイム編集部

ひつじの珈琲タイム編集部

編集部ライター

コーヒー好きの編集部が徹底リサーチして記事をお届けしています。

-味わい別コーヒー

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-