コーヒーショップ

王子珈琲焙煎所サクラピアス〜下町の路地裏で見つけたコーヒーの楽園〜

王子珈琲焙煎所サクラピアス

日本を代表する製紙会社発祥の地として知られる、東京・北区王子。

JRや地下鉄、路面電車の駅がありターミナル周辺はとても賑わっていますが、少し歩くと古くからの住宅や小さなお店がひしめく下町です。

昭和レトロ風の小料理屋やカラオケスナックが立ち並ぶ、猫が遊んでいそうな路地裏の小道。

今回ご紹介する王子珈琲焙煎所サクラピアスは、そんな場所にある珈琲店です。

この記事を書いた人

sk

S.K

編集部ライター

ここ数年、朝のソイラテから一日が始まります。
そして朝ドラを見ながらブラックを1杯、仕事中は1〜2杯。
夜になるとコーヒー豆乳焼酎を一献というのが日々のコーヒールーティンです。

 

王子珈琲焙煎所サクラピアスとは

王子珈琲焙煎所サクラピアス

王子珈琲焙煎所サクラピアスは、2021年3月にオープンした焙煎所兼カフェです。

高い技術で焙煎された良質なコーヒーの他さまざまなアレンジドリンクや、コーヒーによくあう食事・スイーツなどを取り揃えています。

豆や粉を直接手に取ることができ、好みにあったコーヒーが選べます。

お店が混んでいなければ、スタッフたちとのコーヒートークも楽しいですよ。コーヒー好きにはたまらない焙煎所兼カフェです。

プロ用の焙煎機を買ったから、コーヒー屋をやらないか

峰岡壱光さん

2021年3月、王子珈琲焙煎所サクラピアスをオープン

1年と少し前「作り手の考えに共鳴して、本格的な焙煎機をつい買ってしまった。一緒にコーヒー屋をやらないか」と、元上司から連絡を受けた峰岡壱光さん。

この話を持ちかけられたときは、別の会社で働いていたといいます。

元上司からの誘いに、面白そうだからと乗ってみることに。

焙煎機しかなかった小さな空間は、峰岡さんを含めたオープニングスタッフの力で2021年、桜の時期に焙煎所兼カフェ「王子珈琲焙煎所サクラピアス」としてオープンしました。

中学生のころからコーヒーはブラックだった

家族の影響もあり、コーヒーが好きで子どものころからよく飲んでいたという峰岡さん。

コーヒー牛乳から飲み始めたものの、中学時代にはもうブラックコーヒーを楽しんでいたそうです。

専門学校でカフェについて学んだあと就職。抜擢されコーヒー部門の責任者に

王子珈琲焙煎所サクラピアス

そして選んだ進路はカフェ。カフェ文化や、喫茶店で働くための実技を学べる専門学校から飲食の道へ。

そしてサクラピアスのマネージャーになり、子どものころから慣れ親しんだコーヒーと本格的に向き合っています。忙しいなか、確かな手応えを感じているといいます。

コーヒーには世界共通のランキングがあるけれど

コーヒーは古くから、世界中のいたるところでいろいろな品種が育てられています。

世界共通のランキングもあり、希少価値や値段には序列があります。

ランクインしていなくても、おいしいコーヒーは多い。「知る人ぞ知る」を発掘する面白さと、それを紹介する楽しさ

サクラピアス

そうしたランキングに入り、ワールドワイドに知られるコーヒーはごくわずか。

「ランキングに関係なく、いいコーヒーがたくさんの人に伝われば」と峰岡さんは言います。「あまり知られていないコーヒーを紹介してお客さんが喜んでくれたときは、なんともいえないうれしさがあります」とも。

知る人ぞ知るコーヒーを用意して、サクラピアスでは今日もお客さんを待っています。

王子珈琲焙煎所サクラピアスのコーヒー

王子珈琲焙煎所サクラピアスのコーヒー

7つの小皿にコーヒー豆、そして8つの小瓶にはコーヒー粉

お店へ入ると右手に、豆が載った小皿と粉の入った小瓶が置いてあります。

これらは豆の色や香りの違いを伝えるために置いてあるそう。

現在は単一銘柄としてインドネシアとケニア、コスタリカ、ニカラグア、ブラジルの5種類ブレンドは王子一丁目ブレンドとサクラピアスブレンドの2種類が置いてあります。

お店に行ったらぜひ、手にとってその違いを実感してみてください。

サクラピアスで楽しめるホットコーヒー

豆のほか、淹れ方も選べる

豆のほか、淹れ方も選べる

お店でホットコーヒーを飲むときは豆のほか、淹れ方を選べるのもサクラピアスの大きな特徴です。

一杯ずつペーパーフィルターを通して抽出するハンドドリップ、お湯に粉を浸けた状態で時間をかけて抽出するフレンチプレス。そしてブレンドコーヒーには、エスプレッソをお湯で割るアメリカーノを。

スタッフがじっくり手間暇をかけて淹れる一杯。どのコーヒーをどんな淹れ方でオーダーしようか・・・楽しく迷って、コーヒーができあがるのをゆっくり待ちましょう。

コーヒーを使ったさまざまなドリンク

フレーバーやトニックウォーターを使ったコーヒーも

フレーバーやトニックウォーターを使ったコーヒーも

お店ではコーヒーのほか、コーヒーを使ったさまざまなドリンクも楽しめます。

桜のフレーバーを加えたカフェラテや、一晩かけてコーヒーの風味を引き出すミルクブリュー、ほろ苦いエスプレッソをトニックウォーターで割ったカフェトニックなど。アレンジドリンクの開発に余念がありません。

これらのドリンクにも選び抜いたコーヒーを使用。良質なコーヒーの存在感が光るアレンジドリンク、とても魅力的です。

コーヒーに合う食事やスイーツ

コーヒーと一緒に、サンドイッチやフレンチトーストを

コーヒーと一緒に、サンドイッチやフレンチトーストを

食事どきやカフェタイムに頼めるサンドイッチやスイーツも充実しています。

公園でのお花見向けにと開発したポケットサンドは、えびアボカドとテリヤキチキンの2種類。

お店でゆっくり食べるなら、BLTサンドやフレンチトースト、焼き菓子、みたらし団子などもおすすめです。

特に、コーヒーの花から抽出したハチミツ入りの特製ソースがついたフレンチトーストは一食の価値あり。コーヒー愛にあふれたこだわりを楽しんでください。

コーヒー豆を買えるカフェが王子に

コーヒー豆を買えるカフェが王子に

3種類から始めて、今はブレンド2種とオリジン6種。もっと増やせたら

1年前の開店時はブレンド1種類とオリジン2種類の計3種類の豆からスタート。

それでも多いと思いつつ、今は8種類の豆を扱っています。

お客さんの要望を聞くうちに種類が増えていたのだとか。

現地へ出向いて豆を買い付けるバイヤーさんたちから情報を仕入れながら、いい豆を取り寄せているそうです。

お客さんの大半は地元の人。

「コーヒー豆を買うために池袋や赤羽まで足を伸ばしていたけど、駅の近くでこんなにいい豆が買えるようになった!」と喜ばれています。

ブレンドという飲み物があると思っていた常連客も

常連のお客様のなかにブレンドという飲み物があると思っていた人もいたそうです。

こういう味と香りのコーヒーがあるなんて知らなかった、ありがとう!とお礼を言われた

サクラピアスブレンド

オープンしてしばらくすると、近所の人とおぼしきお客さんがちらほらと常連になってくれるように。

彼らは来店時、口を揃えて「ブレンドをひとつ!」と言っていました。

顔見知りになり会話するようになったとき、思い切って他のコーヒーをすすめてみるとうれしい反応が。

「どれも同じだと思って飲んでいたコーヒーが、豆や焙煎、淹れ方でいろいろな香り・味が楽しめることを新鮮に思った」「熱々のうちに飲まなければいけないと思っていた。冷めるとまた違った味わいになるなんて知らなかった」などコーヒーの魅力を感じて、お礼まで言ってくれるお客さんもいるそうです。

ステキなギフトセットもあります

サクラピアスのギフトセット

サクラピアスではギフトも購入することが出来ます。

コーヒー豆や、好きなお菓子を選んで入れることができます。

普段お世話になっている方やコーヒー好きな方、大切な方などにサクラピアスのギフトセットを贈ってみてはいかがでしょうか?喜ばれること間違いなしです!

王子珈琲焙煎所サクラピアスは地元の主婦や高齢者たちが日々集う店

王子珈琲焙煎所サクラピアス

おいしいから女性たちが、居心地がいいからお年寄りたちが集まる

週末などには遠方から、コーヒーの好きな人もやってくるといいます。しかし平日の客層は近所に住む人がほとんど。

陽の高いうちは年齢層高めの方々が、夕方になるとママ友たちがよく集うそうです。

オープンから閉店まで途切れることなく近所の人が立ち寄り、コーヒーを手に語り合う空間。店内の様子から、王子にもコーヒーの好きな人がたくさんいること、そしてこの店が「ちょっとあの店でコーヒー飲もうよ」的な存在だということが理解できます。

桜の名所・飛鳥山公園からもすぐのロケーション。陽気のいい時期は混雑が予想されます。「この週末、お店へ行ってみようか!」という方は、待ち時間も考慮してお訪ねください。

王子珈琲焙煎所サクラピアスの店舗データ

店舗名 王子珈琲焙煎所サクラピアス
住所 東京都北区王子1丁目5−4 トーショー第一ビル 1階
電話番号 03-6903-3505
営業時間 平日10:00–20:00(ラストオーダー19:30)
土日祝日 08:00–20:00(ラストオーダー19:30)
定休日 不定休
公式HP https://www.sakurapierce.com/oji_coffee_roaster
公式SNS Twitter Instagram Facebook

この記事を書いた人

sk

S.K

編集部ライター

家で飲むコーヒーは基本ノンカフェインの決まった銘柄ですが、加入している生協に知らないコーヒーが出ていれば買うことも。
喫茶店やレストランでは、ガツンとカフェインの効いたのが嬉しいです。
出張や旅行などで遠方に行くと水が違うからか、何気なく立ち寄った店で飲んだコーヒーが思い出に残ることも少なくありません。

-コーヒーショップ
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-