ニュース

猿田彦珈琲からバレンタインシーズンのハニーカモミールラテ/ミルクが期間限定で登場!

猿田彦珈琲からバレンタインシーズンのハニーカモミールラテ/ミルクが期間限定で登場!

カップルや大切な人と一緒にほっこり気分を味わえる、ハニーカモミールラテ/ミルクが発売されます。

白と黄色をまとった小花を咲かせるカモミールは、蜜りんごのような香りを持ち、時おりスパイシーさも覗かせるフルーティなハーブ。

そんなカモミールを用いたハニーカモミールラテとハニーカモミールミルクは、真冬の寒さに心温まる時間と空間を提供してくれるリラクゼーションドリンクです。

情熱的なバレンタインの雰囲気の中にふわっと浮かび上がるような、淡く優しいオフホワイト色で、見た目にもなごみ感が伝わります。

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

猿田彦珈琲の2023年バレンタイン限定商品

ハニーカモミールラテ

ハニーカモミールラテ

ハニーカモミールラテは、コーヒーの香ばしさに蜂蜜や練乳が添えられ、キャラメルのような苦みのきいた優しく甘い味わい。

カモミールのフレッシュなハーバルフルーティが余韻に伝わり、甘くさわやかな香りに包まれます。

ハニーカモミールミルク

 ハニーカモミールミルクは、蜂蜜や練乳が加わったコクのあるミルキーな味わいとフレッシュなハーブの香りが特徴的です。

なめらかでほっとするテイストが心地よさを感じさせます。カフェインレスなので寝る前の一杯にもぴったり。

カモミールの優しく甘い香りが心と体の緊張を解きほぐしてくれますよ。

商品価格

ハニーカモミールラテ¥680 / ¥668(店内/持ち帰り)
ハニーカモミールミルク¥630 / ¥618(店内/持ち帰り)

販売店舗と販売期間

猿田彦珈琲店舗全店で販売します。

※豆屋別館、オキーニョ品川、池袋POPUPを除く

販売期間:2023年1月17日(火)~2023年2月14日(火)

アーバンスタイリッシュなシーズナルブレンド~バレンタインブレンド~

アーバンスタイリッシュなシーズナルブレンド~バレンタインブレンド~

出典:https://sarutahiko.co/

今年のバレンタインシーズンを彩る猿田彦珈琲オリジナルブレンドは、「スタイリッシュでユニーク、都会的な雰囲気」をイメージにした「バレンタインブレンド」。

ドライフルーツをギュッと濃縮したリッチな甘さと、ビターで滑らかなダークチョコレートの香りが引き立ちます。

 真っ赤なバレンタインカラーをまとった限定オリジナルブレンドで、洗練された甘さと遊び心のあるフレーバーを体験できます。

 店内でも味わえるドリップコーヒーと、本格テイストをおうちカフェで楽しめるコーヒー豆、ドリップバッグでの販売です。

バレンタインの贈り物はもちろん、自分へのご褒美としても購入できます。

商品価格

バレンタインブレンド

ドリップコーヒー

¥630 / ¥618(店内/持ち帰り)

ドリップバッグ

¥1,100(税込)/5P入り

コーヒー豆

¥1,100(税込)/100g

販売店舗と販売期間

猿田彦珈琲店舗全店と猿田彦珈琲オンラインショップで販売します。

※ドリップコーヒーは豆屋、オキーニョ品川、池袋POPUP、オンラインショップを除く

販売期間:2023年1月17日(火)~2月14日(火)

会社概要

会社猿田彦珈琲株式会社
住所〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-6-6斎藤ビル1F
代表者名大塚朝之
電話番号042-444-5340/050-3144-0608
公式サイト/オンラインストアhttps://shop.sarutahiko.co/

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。各国カフェタイムの過ごし方はさまざま。カフェ空間が人々にもたらす癒しや活力、その奥深さに魅力を感じながら、コーヒーへの探求心はなおも続く。

-ニュース
-