コーヒーレビュー

ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457を購入して使ってみた!

ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457を実際に使ってコーヒーを淹れてみた!

数あるコーヒーメーカーの中でも、全自動は手間がかからず多くの人に人気です。

そんな全自動コーヒーメーカーにもさらに多くの種類があり、購入時には迷ってしまうことでしょう。

今回は全自動コーヒーメーカーの中でも人気が高く、やや高級路線となるツインバード製のCM-D457をご紹介。

使い心地や美味しさ、価格などを詳しくまとめました。

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3!

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

当サイトにはPRが含まれています。また、掲載する広告から商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

ツインバード製の全自動コーヒーメーカーCM-D457とは

ツインバード 全自動コーヒーメーカーCM-D457

ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457は、ツインバードが販売するコーヒーメーカーの中でもっとも高級。

監修しているのは日本スペシャルティコーヒー協会元会長でもある、カフェ・バッハ店主の田口護氏です。

全自動とは思えないほどに完成されたこのコーヒーメーカーは、プロのハンドドリップを再現したコーヒーメーカーとなっています。

[関連]【専門家監修】コーヒーメーカーの人気おすすめランキング!

ツインバード製の全自動コーヒーメーカーCM-D457の特徴

前面には細かな調整機能

ツインバード 全自動コーヒーメーカーCM-D457

機能面では「豆挽き、湯温調整、杯数調整、挽き目調整」などがついています。

前面にあるのは左から「豆or粉、湯温、杯数、メンテナンス」となっており、主に左側の3つを使います。

その上には淹れている最中のステータスを表すランプがついており、右上にはスタート・ストップのボタンが。

挽き目はここで調整

ツインバード 全自動コーヒーメーカーCM-D457

挽き目の調整機能は本体前面上部についており、細挽き・中挽き・粗挽きの3種類から選ぶことができます。

ボタンを回すだけで挽き目の調整ができるため、非常に簡単で使いやすいです。

側面は電源ボタン

ツインバード 全自動コーヒーメーカーCM-D457

本体の電源ボタンは側面側についているので、後ろまで手を回す必要もありません。

背面下部に電源ボタンがついているコーヒーメーカーも多いですが、これは側面なので手軽ですね。

給水タンクは取り外しができない

ツインバード 全自動コーヒーメーカーCM-D457

給水タンクについては本体に備え付けとなっているため、給水タンクだけを外すことはできません。

コーヒーを淹れる際、水はコーヒーサーバーを使って給水するような形です。

コーヒーサーバーには目盛りがついているので、どこまで入れれば何杯分か?というのがわかるようになっています。

[関連]ツインバード製コーヒーメーカーの人気おすすめランキング

ツインバード製の全自動コーヒーメーカーCM-D457の価格

CM-D457の商品価格は、42,777円が公式価格となっています。

こちらは3杯用の価格となっており、6杯用などはここから数千円ほど値上がりします。

全自動コーヒーメーカーの中でも、やや高めの部類と言えるでしょうね。

ツインバード製の全自動コーヒーメーカーCM-D457でコーヒーの使い方

ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457を使って、実際にコーヒーを淹れてみました!

特徴的なのは豆挽きの際、一般的なコーヒーメーカーよりも挽いている時間が長くなっています。

これは故障などではなく、しっかりと挽ききるための仕様とのこと。

挽く際の音は低音なのでうるさくは感じませんが、挽いている音はしっかりします。

ツインバード 全自動コーヒーメーカーCM-D457

抽出が終わった後は、この抽出部分をしっかりと拭き取ることが大事。

お湯で水滴がついていたり、コーヒー粉が跳ねてついてしまっていることもあります。

これと同時に給水タンクについてもサッと拭いておきましょう。

給水タンクを取り外せるタイプではないので、キッチンペーパーなどで拭いておくだけでも良いです。

[関連]全自動コーヒーメーカーの人気おすすめランキング

まとめ

全自動コーヒーメーカーの中では、やや高級な部類に入ってくるツインバードのCM-D457。

ただ、下手に安いコーヒーメーカーを買うよりも、満足度は非常に高いコーヒーメーカーです。

全自動ならではの手軽さはもちろん、低速臼式フラットミルや6方向からのシャワードリップ、そしてプロ級のハンドドリップが格別!

とにかくコーヒーが美味しい!の一言に尽きる、というコーヒーメーカーです。

豆挽きから抽出時間まで完璧で、ハンドドリップの美味しさを手軽に味わいたい、という人におすすめのコーヒーメーカーとなっていますよ。

今回使用している商品はコレ!

ツインバード

全自動コーヒーメーカー CM-D457

編集部が厳選した、おすすめのコーヒーメーカーがこちら!
オシャレなもの、使いやすいもの、高機能なものなど。

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

2月のおすすめコーヒー豆も要チェック!

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。仕事中には様々なコーヒーを飲み、休日には喫茶店を巡るような日々を過ごしている。日本ではなかなか味わえないような、凝ったコーヒーやクセのあるコーヒーを好んで飲んでいる。

-コーヒーレビュー
-