ニュース

土居珈琲が「パプアニューギニア バロイダ農園 ハニーロット」を発売。『小さな焙煎』から生まれる唯一無二のコーヒーをお届け

土居珈琲が「パプアニューギニア バロイダ農園 ハニーロット」を発売。『小さな焙煎』から生まれる唯一無二のコーヒーをお届け

半世紀以上もの間、『小さな焙煎』を大切してきた土居珈琲が、「パプアニューギニア バロイダ農園 ハニーロット」を発売しました。

品質を重視する土居珈琲とオリジナリティにこだわるバロイダ農園の想いが詰まった唯一無二のコーヒー豆です。

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

徹底したこだわりを見せる土居珈琲のコーヒー

土居珈琲のコーヒー

土居珈琲の『小さな焙煎』。それは、小さな焙煎釜でコーヒー豆を少量ずつ焙煎する丁寧で心のこもったコーヒーづくりです。

機械のみに頼らず、人の手仕事により生豆の状態を見ながら火加減や時間を細かく調整することで、コーヒー豆固有の個性を引き出しています。

土居珈琲の釜でしかつくれない最適な焙煎度合いで、大量生産にはない独特な香りや風味に仕上げています。

パプアニューギニア バロイダ農園 ハニーロットとは

バロイダ農園が生産するコーヒー豆は、クランベリーやレーズン、赤ワインのような香りが特徴的です。

完熟したコーヒーチェリーの果肉を残して乾燥させるハニー製法で仕上げられるため、強い個性を持ちます。

収穫シーズンのバロイダ農園では、まさにあたり一面が甘い香りで包まれます。

そして、バロイダ農園が手がけた生豆を、土居珈琲が『小さな焙煎』で丹精込めて焙煎。

そのコーヒー豆は、生豆から漂っていたクランベリーやレーズンの風味をそのまま残し、蜂蜜のような柔らかい甘みとまろやかな口当たりを楽しめます。

注文後に生豆を焙煎するため、フレッシュな状態で届けられます。

商品概要

  • パプアニューギニア バロイダ農園 ハニーロット
    価格:4,893円(税込)/200g
       2,691円(税込)/100g
    購入方法:公式サイトのオンラインストアから購入可能。
    焙煎度合いと豆の状態を指定して注文できます。
    ※焙煎度合い:シティロースト・フルシティロースト・フレンチロースト・イタリアンロースト
    ※豆の状態:豆のまま・細挽き・中挽き・粗挽き

パプアニューギニアのバロイダ農園について

パプアニューギニア バロイダ農園

パプアニューギニア東部山岳州に位置するバロイダ農園は、50年以上もの間、一家三世代の家族経営でコーヒー栽培を続けています。

当農園では「自分たちの農園にしかないコーヒーづくり」を目指し、ハニー製法を取り入れたコーヒー豆を生産しています。

ハニー製法は個性の強さが特徴的で人によって好みが分かれますが、市場で売れやすい一般的なコーヒーではなく、バロイダ農園ならではのユニークなコーヒー豆を作り出すことができます。

[関連]コーヒーの精選とは?生豆を取り出す4種類の精選方法を解説

土居珈琲について

土居珈琲

1971年の創業当初に「わがままを押しとおして」生まれた土居珈琲の味。

市場のニーズに合わせた価格基準のコーヒー豆を選ばず、ランクの高い高級豆のみを使用し、理想とするコーヒーにこだわり続けてきました。

機械による大量生産方式をあえて避け、農業技術の高い世界各地の農園から取り寄せた良質な生豆を、手間のかかる手仕事で1つ1つ丁寧に焙煎し、唯一無二のコーヒーを提供しています。

社名株式会社土居珈琲
住所〒592-8343 大阪府堺市西区浜寺元町4-496-1
代表取締役社長土居陽介
電話番号072-263-3690
公式サイトhttps://www.doicoffee.com/
オンラインストアhttps://www.doicoffee.com/info.cgi?into_pr_091_12_29_2022

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。各国カフェタイムの過ごし方はさまざま。カフェ空間が人々にもたらす癒しや活力、その奥深さに魅力を感じながら、コーヒーへの探求心はなおも続く。

-ニュース
-