レシピ

ガナッシュが美味しい!コーヒーのクッキーサンドのレシピと作り方

コーヒーのクッキーサンドのレシピと作り方について解説していきます。

作り方も簡単で、しっとり系のクッキーです。ぜひともおやつタイムに作ってみてください。

この記事を書いた人

吉野

吉野

編集部ライター

編集部ライター。コーヒーの深さ、面白さに気づきコーヒーの良さをもっと世間に広めようとひつじの珈琲タイムの立ち上げに関わる。

レシピの考案と調理説明をしてくれる方について

丹治 政人

この記事を監修した人

丹治 政人

丹治 政人

パティシエ

テレビ、雑誌、新聞と幅広く活躍中の現役パティシエ。
また国内最大級の大会である技術コンテスト、ジャパンケーキショーにて3年連続入賞。
2021年には「ギフト菓子部門」で日本一に輝く。
現在は料理番組「キャシー中島のhappyレシピ作ってみて!」にて講師を担当。

クッキーサンドのレシピ

クッキーサンドのレシピ
ソフトクッキー生地
無塩バター 120g
グラニュー糖 60g
卵黄 40g
ひとつまみ
ホットケーキミックス 160g
アーモンドプードル 60g
コーヒーガナッシュ
ミルクチョコレート 100g
生クリーム 42%
コーヒー豆 10g
無塩バター 10g
粉糖 適量

まず一度、記事全体をサラッと読んでから、作り始めるのがおすすめです!

▼おすすめ手順は以下

  1. ソフトクッキー生地を仕込む。
  2. 生地を冷蔵しておく。(1時間目安)
  3. 生地を冷蔵し、1時間経つ少し前にオーブンを160度で準備。
  4. ガナッシュ用のコーヒー豆をロースト(約4分)
  5. 生地を伸す。伸している間に豆のローストが終わるので、出しておく。
  6. 型を抜き、そのまま焼成していく。
  7. 生地を焼成している間にガナッシュを仕込む。
  8. ガナッシュが出来たら常温放置し、クッキーの焼き上がりを待つ。
  9. クッキーが冷めたらガナッシュを絞り、仕上げる。
  10. もしガナッシュが冷めきっていなかったらボールに水を当てて冷ます。冷めすぎてしまっていたら、湯煎で少し溶かして調整する。

このような手順でやれば無駄なくできるかと思います。

それでは具体的な調理方法を解説していきます。

ソフトクッキーの生地を作る

ソフトクッキーの生地を作る

ソフトクッキーの材料一覧です。

バターをポマード状にしてグラニュー糖(60g)を投入する

バターをポマード状にしてグラニュー糖(60g)を投入する

まず無塩バター(120g)を常温に出しておき、柔らかくしておきます。

固さはポマード状(マヨネーズのような固さ)です。

少し電子レンジで温めて、混ぜて柔らかくしても大丈夫です。

ポマード状にしたら、グラニュー糖に塩をひとつまみいれ、バターに全投入します。

ホイッパーでしっかり混ぜる

ホイッパーでしっかり混ぜる

このときバターが固いとしっかり混ざりません。

そのためポマード状になっていることを確認してから、グラニュー糖とバターを混ぜるのがポイントです。

卵黄2個を入れてしっかり混ぜる

卵黄2個を入れてしっかり混ぜる

これもホイッパーでしっかり混ぜていきましょう。

▼しっかり混ぜた状態

しっかり混ぜた状態

このような状態になるまで混ぜていきましょう。

アーモンドプードル(60g)を入れる

アーモンドプードル(60g)を入れる

アーモンドプードルを入れて、ゴムベラで混ぜていきましょう。

先にアーモンドプードルを入れる理由は、アーモンドプードルなら混ぜてもグルテンが出ないからです。

グルテンとは、小麦粉のタンパク質からでる、粘りや弾力のある物質のことです。

要するにグルテンを出してしまうと、クッキーが固くなってしまうのです。

今回はソフトクッキーのため、柔らかくするために先にアーモンドプードルを入れています。(アーモンドを砕いたものなのでグルテンが出ない。)

粉(ホットケーキミックス)をあとから入れて混ぜることで、グルテンを極力出さないようにしています。

ホットケーキミックス(160g)を入れる

ホットケーキミックス(160g)を入れる

ホットケーキミックスをすべて入れて、ゴムベラで混ぜていきましょう。

ボールの底に粉が溜まることもあるので、ゴムベラで底までしっかり混ぜて、粉が残らないように気をつけます。

▼混ざったらラップにくるんで、冷蔵庫で一時間ほど固める

混ざったらラップにくるんで、冷蔵庫で一時間ほど固める

固めたあとは生地を伸していきます。

生地が柔らかいと生地を伸すのが難しくなるので、しっかり冷蔵して固めるのがポイントです。

生地の伸しと焼成

生地の伸しと焼成

伸すときは打ち粉(分量外の強力粉または薄力粉)を使います。

打ち粉を使わないと台に生地がくっついてしまうため、打ち粉を台に少しだけ散らして使いましょう。

打ち粉を使いすぎると、生地に対して粉の分量が多くなってしまうので使いすぎには注意!

薄く散らすくらいのイメージです。

麺棒を使い、伸ばしていく

麺棒を使い、伸ばしていく

力加減を調整しながら伸ばしていきましょう。

▼生地の厚さは1cmほどになるようにします

生地の厚さは1cmほど

厚すぎず、薄すぎず伸ばしていきましょう。

型抜きをして鉄板に並べる

型抜きをして鉄板に並べる

型抜きをして、鉄板並べて焼成していきます。

型はお好みのもので問題ありません。今回は端がギザギザのものを使ってみました。

160度で20分ほど焼く

160度で20分ほど焼く

焼き加減は、端がキツネ色になるまで焼きましょう。

注意点として、オーブンにはクセがあり、同じ160度でも多少の違いが出てきてしまいます。

20分はあくまで目安ですので、状態を見て判断する必要があります。

▼焼き上がりの状態

焼き上がりの状態

オーブンの場所によっても火の通り加減が変わりますので、具合を見て位置を入れ替えたりすると焼きムラなく上手に焼けます。

しっかり火が通るように焼成していきましょう!

焼き上がったら常温放置し、冷ましておきます。

コーヒーガナッシュの作成

クッキーに絞る、コーヒーガナッシュを作成していきましょう!

コーヒー豆(10g)を160度で4分ほどローストする

コーヒー豆(10g)を160度で4分ほどロースト

風味を強くするため、コーヒー豆を少しローストしておきます。

ローストしたコーヒー豆を生クリームに入れ、中火で沸騰まで混ぜる

ローストしたコーヒー豆を生クリームに入れ、中火で沸騰まで混ぜる

ホイッパーで少し混ぜながら、生クリームにコーヒー風味を入れていきます。

ローストしなくても風味は付きますが、ローストすることでより風味を強く入れることができますよ。

ちなみにこの風味付けの作業を「アンフィゼ」といいます。

これを中火で沸騰まで混ぜていきます。

湯煎でミルクチョコレート(100g)を半分くらいまで溶かす

湯煎でミルクチョコレート(100g)を半分くらいまで溶かす

直火でやると焦げてしまう可能性があるので、必ず湯煎で溶かしていきましょう。

これをチョコレートが半分溶けるくらいまで溶かします。

沸騰させた生クリームを、コーヒー豆を取り除きながらチョコレートに入れる

沸騰させた生クリームを、コーヒー豆を取り除きながらチョコレートに入れる

先ほど沸騰させた生クリームをミルクチョコレートに入れていきます。

この時、コーヒー豆を一緒に入れないように気をつけながら入れていきしょう。

仮に入ってしまっても、取り除けば問題ありませんよ。

ホイッパーで混ぜて、混ざったらバターを入れて溶かし、冷ます

ホイッパーで混ぜて、混ざったらバターを入れて溶かし、冷ます

ホイッパーでしっか合わせていきます。

▼合わさったらバターを投入しましょう

バターを投入

バターもしっかり合わせていきます。

バターが無ければ入れなくてもOKです。ただバターを入れると口溶けが良くなりますので、余っていれば入れてあげるといいですよ。

あとは冷ましていきます。

▼この状態になるまで冷ましましょう

この状態になるまで冷ましましょう

ボールに水を当てて冷やしても、常温放置で冷やしても大丈夫です。

上記画像の状態になるまで冷ましていきましょう。

コーヒークッキーサンドの仕上げ

あとは仕上げだけです!

ガナッシュを絞る

焼き上がって、冷ましたクッキーにガナッシュを絞っていきます

ガナッシュを絞る

クッキーの端にチョンチョンと絞っていきましょう。

▼もう一枚クッキーをのせる

もう一枚クッキーをのせる

少しだけ押してあげるといいです。

押しすぎるとチョコがはみ出るので注意しましょう。

クッキーの半分に紙をのせ、粉糖をかける

クッキーの半分に紙をのせ、粉糖をかける

クッキーに紙をのせることで、半分だけに粉糖がかかるようにします。

▼これで完成です!

コーヒーのクッキーサンド

コーヒーのお供としても、お子様のおやつとしても美味しいです。

ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

この記事を監修した人

丹治 政人

丹治 政人

パティシエ

朝、昼過ぎのティータイムでは必ずコーヒーを飲むカフェイン中毒者です。
コーヒーを使ったお菓子もたくさん開発中です。
コーヒー豆を刻んでいれたり、粉末で使用したり、液体に香りを移したりと、調理方法によって色々な顔を見せてくれるコーヒーに魅力と可能性を感じ日々奮闘中。

この記事を書いた人

yoshino

吉野

編集部ライター

かつてプロのパティシエを6年間経験。コーヒーとスイーツとのマリアージュの面白さに気づき、様々なスイーツとコーヒーとのペアリングを追求している編集部ライター。
休日は自分で作ったスイーツと、コーヒーでゆったりとしたコーヒータイムを送っています。

-レシピ
-,