レシピ

プロ直伝のお手軽かつ美味しいティラミスのレシピと作り方を解説します

お手軽で美味しく、コーヒーのお供にピッタリなティラミスのレシピと作り方について解説しています。

作業はほぼ混ぜるだけであり、それを組み立てるだけのカンタン美味しいレシピになっています。

難しい作業一切ナシですので、ぜひ作ってみてください。

この記事を書いた人

吉野

吉野

編集部ライター

編集部ライター。コーヒーの深さ、面白さに気づきコーヒーの良さをもっと世間に広めようとひつじの珈琲タイムの立ち上げに関わる。

レシピの考案と調理説明をしてくれる方について

丹治 政人

この記事を監修した人

丹治 政人

丹治 政人

パティシエ

テレビ、雑誌、新聞と幅広く活躍中の現役パティシエ。
また国内最大級の大会である技術コンテスト、ジャパンケーキショーにて3年連続入賞。
2021年には「ギフト菓子部門」で日本一に輝く。
現在は料理番組「キャシー中島のhappyレシピ作ってみて!」にて講師を担当。

ティラミスのレシピ

ティラミスのレシピ
生地と仕上げ
市販のカステラ 1cm厚にカット
ココアパウダー 適量
マスカルポーネクリーム
マスカルポーネ 100g
生クリーム42% 100g
グラニュー糖 20g
シロップ
インスタントコーヒー 6g
グラニュー糖 8g
お湯 100g

まず一度、記事全体をサラッと読んでから、作り始めるのがおすすめです!

シロップを作る

シロップを作る

お湯にインスタントコーヒー(6g)を入れて、スプーンやフォークなどで混ぜ合わせます。

▼合わさったら、同様にグラニュー糖(8g)も同様に混ぜ合わせる

シロップを作る

これだけで、濃いめのシロップの完成です。

マスカルポーネクリームを作る

まずは生クリーム(100g)にグラニュー糖(20g)を入れ、氷水にあてながら6分立てほどまで立てていきます。

マスカルポーネクリームを作る

このときガシガシ混ぜてしまうと、かなっけ(ステンレスボールの場合、ボールの一部が剥がれて銀のツブツブが出てくる)が出てしまうので、注意しながら立てていきましょう

少しテロンとした状態になればOKです。

マスカルポーネとホイップクリームをあわせる

マスカルポーネに、立てた生クリームの一部を投入していきます。

マスカルポーネとホイップクリームをあわせる

上記の画像くらいの量で入れていきます。

▼生クリームを入れたら、ゴムベラで優しくまぜる

マスカルポーネとホイップクリームをあわせる

しっかり混ぜればOKです。

一部入れたホイップクリーム+マスカルポーネを、残りの生クリーム側に入れる

一部入れたホイップクリーム+マスカルポーネを、残りの生クリーム側に入れる

まとめてすべて入れてしまって問題ありません。

▼こちらも入れたらゴムベラで優しく混ぜていきましょう

ゴムベラで優しく混ぜていきましょう

あわさればマスカルポーネクリームの完成です!

必要な材料はすべて揃ったので、あとは組み立てるだけです。

ティラミスの組み立て

クリームとシロップは完成したので、あとは組み立てるだけです。

カステラを2~3cmほどにカット

カステラを2~3cmほどにカット

大きさはお好みですが、2~3cmほどにカットして、お皿に並べます。

シロップをかなり多めに塗る

シロップをかなり多めに塗る

シロップはあとから滲み出てくるくらいに、しっかりとかなり多めに塗ってあげるのがポイントです。

マスカルポーネクリームを乗せてならす

マスカルポーネクリームを乗せてならす

パレットがあればそれで平らにしてあげます。

なければ最悪包丁でもできますので、それっぽくで大丈夫なので平らにしてあげましょう。

同様に2段目をつくる

同じようにカステラを乗せ、シロップをたっぷり、たっぷりと塗ります。

3段目はクリームのみにする

3段目はクリームのみにする

ここまで出来たら、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固めましょう。

周辺はカットするので、見栄えは気にしなくて問題ありません。

完成したティラミスをカットし、仕上げをする

完成したティラミスをカットし、仕上げをする

1時間ほどしっかり冷やしたら、包丁で四隅をカットします。

カットのコツは、包丁をお湯に浸して温めてあげるとカットしやすくなりますよ。

またお皿にシロップが滲み出ていますよね。

これくらいシロップを塗っていると、コーヒーの味がガツンと来るのでより美味しくなります!

ココアパウダーを振る

ココアパウダーを振る

ココアパウダーを全面に振りかけます。

▼あとはさらにお好みの大きさにカットすれば完成となります!

お好みの大きさにカットすれば完成

ほとんど混ぜるだけで、生地もカステラで代用しています。

簡単の割にかなり美味しいケーキですので、ぜひコーヒータイムのお供に作ってみてください!

この記事を監修した人

丹治 政人

丹治 政人

パティシエ

朝、昼過ぎのティータイムでは必ずコーヒーを飲むカフェイン中毒者です。
コーヒーを使ったお菓子もたくさん開発中です。
コーヒー豆を刻んでいれたり、粉末で使用したり、液体に香りを移したりと、調理方法によって色々な顔を見せてくれるコーヒーに魅力と可能性を感じ日々奮闘中。

この記事を書いた人

yoshino

吉野

編集部ライター

かつてプロのパティシエを6年間経験。コーヒーとスイーツとのマリアージュの面白さに気づき、様々なスイーツとコーヒーとのペアリングを追求している編集部ライター。
休日は自分で作ったスイーツと、コーヒーでゆったりとしたコーヒータイムを送っています。

-レシピ
-,