コーヒー焙煎器具

コーヒー焙煎用カセットコンロの人気おすすめランキング8選!

2022年6月20日

コーヒー焙煎用カセットコンロの人気おすすめランキング8選!

ひと昔前とは違い、自宅で利用するカセットコンロも時代の流れと共に進化してきています。

自宅でコーヒー焙煎をする人にとっては、専用のカセットコンロがあると便利ですよね。

そんなカセットコンロの種類も増えてきていますので、選び方から詳しくご紹介します。

購入時のポイントをしっかりと抑えて、ミスのないカセットコンロ選びをしましょう!

この記事を書いた人

吉野

吉野

編集部ライター

編集部ライター。コーヒーの深さ、面白さに気づきコーヒーの良さをもっと世間に広めようとひつじの珈琲タイムの立ち上げに関わる。

 

コーヒー焙煎用カセットコンロの選び方

火力調整のしやすさで選ぶ

コンロ

コーヒー焙煎に使うカセットコンロは、火力がとても重要になってきます。

しっかりと焙煎したい人にとっては、強めの火力が必要ですし、浅煎りなら細かい調整が必要です。

どちらの場合においても、火力調整がしやすいという点は選び方のポイントになってきますね。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさで選ぶ

コーヒー豆を焙煎していると、チャフと呼ばれる薄皮が剥がれ落ちていきます。

そのため焙煎し終わったときには、カセットコンロのお手入れがとても重要です。

表面積が少ないものや、パーツの取り外しができればお手入れも非常に簡単ですよ。

大きさで選ぶ

カセットコンロ

カセットコンロの良さと言えば、自宅だけでなくアウトドアなどで持ち運べること。

コンパクト設計であれば折りたたみができたり、小さく収納することができたりします。

安定感のある大きめサイズを選ぶのか、持ち運びできるコンパクト設計を選ぶのか、選択しておきましょう。

コーヒー焙煎用カセットコンロのおすすめランキング

No.1イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

イワタニ
ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
参考価格 4,290円

ベストセラーにもなっている、コンパクトで連続使用できるバーナー

アウトドアにも適している、コンパクト設計のジュニアコンパクトバーナー。

もちろんご家庭でも気軽に使える仕様で、1Lの水をわずか4分ほどで沸騰させてくれます。

風防五徳構造でもあるため、風に強いのも魅力的。

ガス栓を開き、ワンプッシュで自動点火するというのも非常にラクですよね。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

イワタニ

1色

重量

274g

サイズ

幅155×奥行155×高さ127mm

最大出力

2,300kcal/h

連続燃焼時間

約120分

No.2スノーピーク HOME&CAMPバーナー

代表的なアウトドアブランドの安定感あるバーナー

オシャレなアウトドア用品を広く展開しているのが、いま人気のブランドでもあるスノーピーク。

食卓を引き立たせるようなデザイン性と、安定感のある五徳で人気のバーナーです。

こちらも耐久力のある連続燃焼時間で、約110分の焙煎に使用できます。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

スノーピーク

3色

重量

1.4kg

サイズ

14.2 x 28.2 x 10.4 cm

最大出力

2,100kcal/h

連続燃焼時間

約110分

No.3イワタニ カセットフー 達人スリム CB-AS-1

わずか74mmの薄型コンロなのに高火力の達人スリム

今までのカセットコンロの概念を覆すかのような、スリム設計の達人スリム。

その薄さはわずか74mmで、イワタニのカセットフーシリーズでもっともスリムになっています。

炎口は従来品と比べて縦型になっており、ムダ火が抑制されるような構造です。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

イワタニ

1色

重量

1.2kg

サイズ

幅338×奥行272×高さ84mm

最大出力

2,800kcal/h

連続燃焼時間

約70分

No.4イワタニ カセットフー タフまる CB-ODX-1

圧倒的な安定感を誇るカセットコンロのタフまる

ご家庭での安全利用はもちろんのこと、アウトドアに適したタフまる。

風を気にせず使用できる安定感は、耐荷重20kgで炎が消えにくい多孔式バーナーによるもの。

マグネット着脱式や、圧力感知安全装置なども付いているので、より安心して使えます。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

イワタニ

2色

重量

2.4kg

サイズ

341×283×129mm

最大出力

2,800kcal/h

連続燃焼時間

約75分

No.5東海 コン郎ミニ TC-18H

小さいコンパクトサイズでも火力を抑えないコン郎ミニ

直径20cmまでの鍋に対応している、コンパクトサイズのカセットコンロ。

火力は2.1Kw(1,800kcal/h)で、このサイズ感にしては十分な火力と言えます。

生産国は日本である、という安心感もあるカセットコンロです。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

東海

2色

重量

900g

サイズ

24.6×19.6×8.9cm

最大出力

1,800kcal/h

連続燃焼時間

約105分

No.6イワタニ カセットフー 風まる2 CB-KZ-2

風を遮ることで安定した加熱性能を持つ風まる2

従来品から大幅にパワーアップし、空気は通すが風は通さないという風まる2。

特許登録済みのダブル風防ユニットに加え、強火力3.5kW(3,000kcal/h)という強さ。

五徳部分のお手入れがやや手間ですが、耐久性も高いカセットコンロです。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

イワタニ

1色

重量

2.2kg

サイズ

35.7 x 27.8 x 11.5 cm

最大出力

3,000kcal/h

連続燃焼時間

約66分

No.7Toffy 卓上電気こんろ K-SV1

レトロ感あるオシャレな家電といえばやはりToffy

ガスを使用したカセットボンベでの加熱ではなく、電気を使用した卓上コンロ。

コンパクト設計ですが、「800w、外側400w、内側400w」という3段階の切り替えができます。

電気で発熱させる仕組みのため、空気を汚すことがないというのも安心ポイントです。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

Toffy

3色

重量

1kg

サイズ

23.4 x 28 x 9.8 cm

最大出力

800w

連続燃焼時間

電気式

No.8 KOVEA キューブ TABLE TOP STOVE

シンプルで一切のムダがない韓国製のKOVEA

ムダがないキューブは、全面がステンレス製というシンプルスタンダードなデザイン。

見た目ほどの重さはなく、しかし安定感は十分というカセットコンロです。

他のカセットコンロに比べると火力が弱めなので、浅煎りコーヒーが好きな方にはおすすめです。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

KOVEA

1色

重量

1.09kg

サイズ

27 x 24.1 x 12 cm

最大出力

750kcal/h

連続燃焼時間

-

コーヒー焙煎用カセットコンロの一覧表

カセットコンロで重要なポイントは、火力の強さやお手入れのしやすさです。

また、キッチンの邪魔になりやすいので、できる限りコンパクトなものがおすすめです。

No 商品 商品名 Amazon価格 重量 サイズ 最大出力 連続燃焼時間
1 イワタニ/ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

4,290円

1色 274g 155×155×127mm 2,300kcal/h 約120分
2 スノーピーク/ HOME&CAMPバーナー

11,330円

3色 1.4kg 14.2 x 28.2 x 10.4 cm 2,100kcal/h 約110分
3 イワタニ/カセットフー 達人スリム CB-AS-1

3,980円

1色 1.2kg 338×272×84mm 2,800kcal/h 約70分
4 イワタニ/カセットフー タフまる CB-ODX-1

7,880円

2色 2.4kg 341×283×129mm 2,800kcal/h 約75分
5 ‎東海/コン郎ミニ TC-18H

3,740円

2色 900g 24.6×19.6×8.9cm 1,800kcal/h 約105分
6 イワタニ/カセットフー 風まる2 CB-KZ-2

5,750円

1色 2.2kg 35.7 x 27.8 x 11.5 cm 3,000kcal/h 約66分
7 Toffy/卓上電気こんろ K-SV1

4,400円

3色 1kg 23.4 x 28 x 9.8 cm 800w 電気式
8 KOVEA/キューブ TABLE TOP STOVE

5,700円

1色 1.09kg 27 x 24.1 x 12 cm 750kcal/h -

カセットコンロを買うときにはカセットガスボンベも忘れずに

カセットガスボンベ

カセットコンロを購入するときに忘れやすいのが、カセットボンベです。

カセットボンベが付属していることは少なく、基本的には別売りとなっています。

メーカーによっては正規カセットボンベも販売していますので、チェックしておきましょう。

コーヒー焙煎用カセットコンロのよくある質問

Q. カセットコンロの出力はどれくらい出ますか?

A. 平均的には2,500kcal/hほどの出力があります。

出力が低すぎると時間がかかったり、火力調整が難しくなりがちです。

Q. ガスボンベはどれくらい持ちますか?

A. 連続で使用すると60分程度です。

長めのものであれば120分ほど持ちます。

Q. カセットコンロの火がつかない場合はどうすればいいですか?

A. 正しくセットできているか、カラになっていないか確認しましょう。

多くの場合がこの2パターンなので、正しくセットできていればガスボンベを交換してみるのがおすすめです。

Q. カセットコンロに電池は必要ですか?

A. 電池が必要なものと、必要ないものがあります。

電池が必要なカセットコンロは「連続放電点火」といい、電池が必要ないものは「圧電点火方式」と言います。

購入時にここもチェックしておきましょう。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

yoshino

吉野

編集部ライター

かつてプロのパティシエを6年間経験。コーヒーとスイーツとのマリアージュの面白さに気づき、様々なスイーツとコーヒーとのペアリングを追求している編集部ライター。
休日は自分で作ったスイーツと、コーヒーでゆったりとしたコーヒータイムを送っています。

-コーヒー焙煎器具
-

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-