コーヒーメーカーブランド

シロカ製コーヒーメーカーのおすすめランキング8選【2022年版】

2022年5月31日

シロカ製コーヒーメーカーの人気おすすめランキング8選!

シロカは日本を中心とし、アジア圏で広く家電の製造・販売を行う企業です。

近年、多くの家電を世に送り出しており、シンプルで使い勝手の良さが人気になっています。

キッチン家電も豊富なため、便利でオシャレなコーヒーメーカーも。

シロカ製コーヒーメーカーにはどんな違いがあるのか、選び方から詳しく見ていきましょう。

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。

 

シロカ製コーヒーメーカーの選び方

小型家電を中心に展開するシロカ

シロカ

キッチン家電、季節家電、生活家電などの小型家電を広く製造・販売するシロカ。

シンプルでスタイリッシュなデザイン性と、直感的に使える利便性の高さが人気のブランドです。

白を貴重とした家電ばかりなので、どんな部屋にも馴染む家電が豊富にあります。

機能性で選ぶ

全自動コーヒーメーカー

出典:Amazon

シロカが作るコーヒーメーカーは、そのほとんどがとても便利な全自動タイプです。

豆挽きからドリップまでを一貫して行ってくれるため、非常にラクで使い勝手が良いコーヒーメーカー。

タイマー予約機能や挽き方・淹れ方が細かく選べて、なおかつコスパも高いコーヒーメーカーです。

手動コーヒーメーカー

出典:Amazon

サッとコーヒーを飲みたい人、普段からコーヒーを粉で購入する人には手動タイプがおすすめ。

ミルが内蔵されていないタイプになるため、コーヒー粉の状態にしてからドリップします。

コーヒーを抽出することに長けており、とても低価格のコーヒーメーカーとなっています。

種類で選ぶ

コーン式コーヒーメーカー

出典:Amazon

コーン式コーヒーメーカーは、豆の粒度を一定にすることができるコーン式ミルを採用しています。

フィルターの付け替えが可能なので、抽出時のコーヒーフィルターも自由に選択できます。

豆の粒度を選択することができたり、抽出タイプを選ぶことも可能です。

カフェばこ

出典:Amazon

全自動ながら低価格、多機能となったコーヒーメーカーがカフェばこです。

非常にコンパクトなサイズ感なのでキッチンの邪魔にならず、購入しやすい価格帯となっています。

フィルターを使わず挽いた豆は直接バスケットに入るため、エコなコーヒーメーカーです。

価格で選ぶ

出典:Amazon

シロカ製コーヒーメーカーの良さといえば、やはりどんな家電も低価格であるということ。

一般的には多機能になればなるほど価格は高くなり、購入しづらくなってきますよね。

その点、シロカ製コーヒーメーカーならば、低価格で試しやすいというメリットがあります。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

楽天サービスを使うほどに、お買い物でポイントアップ!

楽天グループのサービスは使うほどお得になる!

お得な商品がさらにお得になる、開催中の大型企画も続々更新!

>>楽天市場でお買い物をするならこちら

シロカ製コーヒーメーカーのおすすめランキング

No.1 シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121

シロカ
コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121
参考価格 19,800円

風味豊かなコーヒーをいつまでもしっかり保温してくれる

シロカ製コーヒーメーカーのSC-C121は、機能性抜群のコーン式全自動コーヒーメーカーです。

コーヒーサーバーはステンレス製になっているため、淹れたコーヒーがいつまでも温かいままに保温できます。

扱いやすいパネル式で、着脱が簡単な給水タンクにもなっています。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

2色

重量

4.95kg

サイズ

43 x 33 x 22cm

素材

ステンレス鋼

種類

全自動

No.2 シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C123

シロカ
コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C123
参考価格 15,800円

最高のコーヒーメーカーにゴールドフィルターをプラス

コーン式全自動コーヒーメーカーというだけでなく、デザイン性も非常に高いSC-C123というモデル。

ステンレス部分はカッパーブラウンで高級感があり、フィルターにはゴールドフィルターを採用。

コーヒーオイルをしっかり抽出できるだけでなく、味の邪魔をしないフィルターとなっています。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

5.06kg

サイズ

‎43 x 33 x 21.5 cm

素材

ステンレス鋼

種類

全自動

No.3 シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111

シロカ
コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111
参考価格 18,480円

内容量が目で見えるガラス製コーヒーサーバーはSC-C111

便利なコーン式全自動コーヒーメーカーをベースに、コーヒーサーバーをガラスタイプとしたSC-C111。

淹れたコーヒーの残量を目で見て把握できるため、家族用としてもおすすめのコーヒーメーカー。

保温性よりも見た目や残量チェックを重視する人におすすめです。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

2色

重量

3.74kg

サイズ

43 x 34 x 22cm

素材

ABS、PP、AS、ステンレス

種類

全自動

No.4 シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351

シロカ
全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351
参考価格 16,940円

コンパクトコーヒーメーカーの代表格カフェばこ

全自動タイプのコーヒーメーカーですが、とてもコンパクトで邪魔にならないサイズ感。

豆と粉の切り替えができたり、タイマーセットができたりと、利便性の高いコーヒーメーカーです。

オシャレな液晶パネルを使ってタイマーセットしておけば、忙しい時間帯にも美味しいコーヒーを楽しめます。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

4色

重量

2.7kg

サイズ

28 x 16.2 x 26.4 cm

素材

ガラス、ステンレス鋼

種類

全自動

No.5 シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A211

シロカ
全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A211
参考価格 9,980円

シンプルな機能性で十分な美味しさのSC-A211

ちょっとしたスキマにも置いておける、サイズ感が非常に小さめのコンパクト設計。

コーヒーミル機能は2段階あり、コンパクトながら一度に4杯のコーヒーが淹れられます。

豆でも粉でも対応しており、多くのシーンで利用することができるコーヒーメーカーです。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

2.2kg

サイズ

22 x 17.3 x 27 cm

素材

ガラス、ステンレス鋼

種類

全自動

No.6 シロカ 全自動コーヒーメーカー STC-501

全自動コーヒーメーカーの常識を変えたSTCシリーズ

シロカ製コーヒーメーカーの中では、旧型とも言えるSTCシリーズのコーヒーメーカー。

ベースはカフェばこと同じで、STC-501はステンレス製のコーヒーサーバーを採用しています。

コーヒーサーバーに氷を入れておけば、そのままアイスコーヒーも作ることができます。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

2.2kg

サイズ

22 x 17.3 x 27 cm

素材

ステンレス鋼

種類

全自動

No.7 シロカ 全自動コーヒーメーカー STC-401

すぐにコーヒーを飲む人にはガラスタイプのコーヒーサーバー

旧型STCシリーズのひとつで、STC-401はガラスタイプのコーヒーサーバーを採用。

豆や粉の状態から淹れられますが、保温性は低いため早めに飲むことが重要です。

価格の安さはトップクラスで、全自動なのにこの価格帯はそうそうありませんね。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

2.2kg

サイズ

17.3×22×27cm

素材

ポリプロピレン、耐熱ガラス

種類

全自動

No.8 シロカ ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401

圧倒的な価格の安さで人気のドリップ式コーヒーメーカー

シロカ製コーヒーメーカーとしては非常に数少ない、手動タイプのコーヒーメーカーです。

ドリップ開始ボタンのみを採用し、コーヒー粉の状態からドリップができます。

魅力といえばその価格。他を圧倒する、抜群の安さが魅力的なコーヒーメーカーとなっています。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

0.9kg

サイズ

17.8×11.8×25cm

素材

PP、SUS

種類

手動

シロカ製コーヒーメーカーの一覧表

シロカ製コーヒーメーカーを選ぶときには、大きく3つのタイプに分けて選択します。

利便性や機能性、コーヒーを飲む環境にあわせて購入するのがおすすめですよ!

No 商品 商品名 参考価格 購入先 重量 サイズ 素材 種類
1シロカ
コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121

19,800円

2色4.95kg43 x 33 x 22cmステンレス鋼全自動
2シロカ
コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C123

15,800円

1色5.06kg‎43 x 33 x 21.5 cmステンレス鋼全自動
3シロカ
コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111

18,480円

2色3.74kg43 x 34 x 22cmABS、PP、AS、ステンレス全自動
4シロカ
全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351

16,940円

4色2.7kg28 x 16.2 x 26.4 cmガラス、ステンレス鋼全自動
5シロカ
全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A211

9,980円

1色2.2kg22 x 17.3 x 27 cmガラス、ステンレス鋼全自動
6シロカ
全自動コーヒーメーカー STC-501

13,800円

1色2.2kg22 x 17.3 x 27 cmステンレス鋼全自動
7シロカ
全自動コーヒーメーカー STC-401

9,500円

1色2.2kg17.3×22×27cmポリプロピレン、耐熱ガラス全自動
8シロカ
ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401

1,764円

1色0.9kg17.8×11.8×25cmPP、SUS手動

全自動が基本なシロカ製コーヒーメーカーは豆を買うのがおすすめ

出典:Amazon

シロカ製コーヒーメーカーは基本的に、コーヒーミルが内蔵されている全自動タイプとなっています。

そのため全自動コーヒーメーカーを購入するならば、新鮮な風味を楽しめるようにぜひ豆の状態で購入しましょう。

豆を挽いた瞬間の香りや、新鮮な風味をダイレクトに楽しむことができますよ。

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。仕事中には様々なコーヒーを飲み、休日には喫茶店を巡るような日々を過ごしている。日本ではなかなか味わえないような、凝ったコーヒーやクセのあるコーヒーを好んで飲んでいる。

-コーヒーメーカーブランド
-