コーヒーメーカー

【2022年版】お手入れ簡単なコーヒーメーカーの人気おすすめランキング15選!

お手入れ簡単なコーヒーメーカーの人気おすすめランキング15選!

日常的にコーヒーを飲む人は、定期的にコーヒーメーカーをお手入れしなければなりません。

使ったらそのまま洗う。毎日の作業になると、かなり手間ですよね。

そこで今回は、お手入れが簡単なコーヒーメーカーを厳選しました。

コーヒーメーカーの選び方や、お手入れ方法などもあわせてご紹介していきます。

 

もくじ

お手入れ簡単なコーヒーメーカーの選び方

手間になりがちなコーヒーメーカーのお手入れをするなら、しやすいものを選んでいきましょう。

大きく分けて3つのポイントから、コーヒーメーカーの選び方を解説します。

抽出方法で選ぶ

ドリップ式

パナソニック 全自動コーヒーメーカー NC-A57-K

出典:Amazon

もっともシンプルで誰もが持っているであろう、ドリップ式のコーヒーメーカー。

給水タンクに水を入れて、コーヒー豆やコーヒー粉をセットするだけ。

今では全自動のものなどもあり、お手入れまで自動でやってくれるものが増えてきています。

エスプレッソ式

デロンギ 全自動コーヒーマシン マグニフィカS ECAM22112

出典:Amazon

エスプレッソマシンは、コーヒーだけでなくミルクなども使用します。

そのためパーツが多くなりがちで、お手入れするパーツが多い傾向にあります。

美味しいエスプレッソを作り続けるためには、ややお手入れが面倒になりがちです。

カプセル式

ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ

出典:Amazon

カプセルをセットしてスタートするだけ、手軽さといえばカプセル式コーヒーメーカーです。

決まった味のコーヒーカプセルを購入するだけなので、細かい調整はできない構造。

しかし、水とカプセルをセットするだけで良いため、お手入れも非常に簡単です。

プレス式

BODUM コロンビア ダブルウォール フレンチプレス

出典:Amazon

コーヒー粉とお湯を注いで、プランジャーで抽出するプレス式コーヒーメーカー。

構造自体はかなりシンプルなので、余計なパーツもなくお手入れは比較的簡単です。

本体をごっそり洗う必要があるので、日常的なお手入れはやや時間がかかりがち。

ミルの有無で選ぶ

簡単だけど掃除が必要なミルあり

ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457

出典:Amazon

全自動タイプのコーヒーメーカーに内蔵されている、自動で豆挽きしてくれるミル搭載。

日頃からコーヒー豆を購入する方にとっては、ミルありが必須と言えます。

ただし、各パーツのお手入れだけでなく、ミルの洗浄も必要になるのが難点。

豆挽きが必要だけど掃除が楽なミルなし

山善 コーヒーメーカー YCA-500

出典:Amazon

普段からコーヒー粉を購入する方ならば、ミルなしで十分でしょう。

コーヒー豆を購入する習慣がない方、コーヒー粉で十分という方にはぴったり。

豆を購入したならば豆挽きする必要がありますが、ミル洗浄が必要ないためお手入れは簡単。

お手入れ面で選ぶ

コーヒーサーバーのフタ

象印マホービン コーヒーメーカー 珈琲通 EC-TC40-TA

出典:Amazon

抽出してきたコーヒーは、そのままコーヒーサーバーへとドリップされていきます。

そのため毎回、コーヒーサーバーは丸洗いする必要があり、フタが取り外せるかどうかはポイントのひとつ。

フタが外せない構造だと、お手入れが非常に面倒で手間になってしまいます。

給水タンクの取り外し

コレス コーヒーメーカー C301

出典:Amazon

毎日のように水やお湯を入れる給水タンクは、水垢が溜まりやすいものです。

ちゃんと取り外しができて、丸洗いできるかどうかは重要なポイント。

取り外しができないと、本体ごと洗わなければいけない状況になってしまいます。

コーヒーフィルターの種類

ティファール コーヒーメーカー スビト

出典:Amazon

利用しているフィルターが、ペーパーフィルターならばそのまま捨てるだけでOK。

しかしメッシュフィルターなどを使っている人は、日常的にお手入れが発生します。

コーヒー粉をしっかりと落として洗う必要があるため、フィルターの種類によってもお手入れの手間は変わってくるのです。

お手入れ簡単なコーヒーメーカーのおすすめランキング

No.1 パナソニック 全自動コーヒーメーカー NC-A57-K

全自動で豆挽き、抽出、洗浄を行ってくれる万能型

全6工程のコーヒードリップを、全て全自動で行ってくれるのがこの万能型コーヒーメーカー。

非常に人気が高く、全自動コーヒーメーカーの中でもトップクラスのとにかく人気!

こだわり機能としても知られるミル自動洗浄は、なかなか付いていない機能ですよ。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

パナソニック

1色

重量

3kg

サイズ

22 x 24.5 x 34.5 cm

素材

ステンレス、プラスチック、耐熱ガラス

種類

全自動

No.2 ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ

 

ネスレ
ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ
参考価格 10,800円

カプセル式の代表格はやはりネスカフェドルチェグスト

カプセル式で丁寧に一杯ずつコーヒーを淹れるなら、ネスカフェドルチェグストがおすすめ。

品質を損なわない機能性と、手軽さで変わらない味を再現してくれます。

後片付けはカプセルを捨てること、そしてカプセルホルダーを洗うだけです!

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

ネスレ

2色

重量

2.6kg

サイズ

37.7 x 33.3 x 19.6 cm

素材

-

種類

ネスカフェ ドルチェグスト

No.3 BODUM コロンビア ダブルウォール フレンチプレス

 

BODUM
コロンビア ダブルウォール フレンチプレス
参考価格 8,174円

オシャレさと手軽さを持ち合わせたボダム製フレンチプレス

機能性の高さに加えて、重厚感やデザイン性も重視したフレンチプレス。

二重構造なので保温効果が高く、自宅でもオフィスでも人気のアイテムとなっています。

丸洗いできる構造というだけでなく、食洗機にも対応している優れものです。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

BODUM

1色

重量

575g

サイズ

98 x 172 x 140mm

No.4 象印マホービン コーヒーメーカー 珈琲通 EC-TC40-TA

 

象印マホービン
コーヒーメーカー 珈琲通 EC-TC40-TA
参考価格 2,264円

コスパの良さとお手入れを重視する人にはこの珈琲通

国産ブランドとして古くから知られている、象印マホービンのコーヒーメーカー珈琲通。

手軽に1~4杯のコーヒーが淹れられて、お手入れも簡単な構造になっています。

カルキ除去構造によりカルキ臭を取り除くだけでなく、サッと分解できて完璧なお手入れが可能。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

象印マホービン

1色

重量

1.1kg

サイズ

20.5 x 15.5 x 23 cm

No.5 シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121

 

シロカ
コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121
参考価格 19,800円

多数の機能を併せ持ったコーン式全自動コーヒーメーカー

今、シロカ製のコーヒーメーカーでもっとも人気が高い、コーン式全自動コーヒーメーカー。

豆の挽き方を自由に選べて、コーン式ミルで均一に豆を挽くことができます。

機能性に長けているだけでなく、着脱式の給水タンクでお手入れも簡単です。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

シロカ

2色

重量

4.95kg

サイズ

43 x 33 x 22cm

素材

ステンレス鋼

種類

全自動

No.6ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457

 

ツインバード
全自動コーヒーメーカー CM-D457
参考価格 33,000円

コーヒー界のレジェンドが監修した全自動コーヒーメーカー

カフェ・バッハの店主としてコーヒー界のレジェンドでもある、田口護氏が監修したコーヒーメーカー。

機能性はもちろんのこと、注目すべきは3種類のメンテナンスモードです。

排水モード、洗浄モード、そしてミル洗浄に使えるモードなどが搭載されているクオリティです。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

ツインバード

1色

重量

4.92kg

サイズ

38.4 x 37.2 x 21.2 cm

素材

ステンレス鋼、ABS、アルミニウム、耐熱ガラス、ポリプロピレン

種類

全自動

No.7レコルト コーン式全自動コーヒーメーカー RCD-1

 

レコルト
コーン式全自動コーヒーメーカー RCD-1
参考価格 21,380円

豆の挽き方から抽出まで全自動のコーン式

ハイグレードとも言えるコーン式ミルを搭載し、コーヒー豆の状態から挽きたてを実現。

挽き目はもちろん、抽出濃度なども好みに合わせて細かい調節ができるようになっています。

クリーンモードを搭載しており、内部のコーヒーを排出する機能で清潔に保てますよ。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

レコルト

2色

重量

3.4kg

サイズ

15 x 30 x 34.5 cm

素材

ステンレス

種類

全自動

No.8 タイガー コーヒーメーカー シャワードリップタイプ ADC-N060-K

 

タイガー
コーヒーメーカー シャワードリップタイプ ADC-N060-K
参考価格 4,689円

シンプルで使いやすい一人暮らしにもおすすめのアイテム

シンプルを追求したかのような、タイガー魔法瓶製シャワードリップタイプのコーヒーメーカー。

シャワー状のお湯でまんべんなくドリップできて、ステンレスサーバーでしっかり保温。

コンパクトサイズなので場所も取らず、サッとお手入れできる構造です。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

タイガー

1色

重量

1.9kg

サイズ

27.2 x 15.4 x 30.1 cm

No.9 サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECJ-700

 

サーモス
真空断熱ポットコーヒーメーカー ECJ-700
参考価格 6,082円

中までしっかり洗える衛生的なコーヒーメーカー

ステンレス製のコーヒーサーバーを使用し、温かいコーヒーを温かいままに。

マイコン蒸らし機能により、いつでも美味しいコーヒーを抽出してくれます。

パーツは中までしっかり洗えるので、いつでも清潔に保つことができます。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

サーモス

1色

重量

2.1kg

サイズ

24.5 x 15.5 x 36 cm

素材

ステンレス鋼、シリコーン、プラスチック

種類

手動

No.10 ティファール コーヒーメーカー スビト

 

ティファール
コーヒーメーカー スビト
参考価格 3,500円

各種認証を取得したティファールのスビト

ペーパーレスフィルターでエコ、経済的でもあるコーヒーメーカースビト。

コンパクトサイズで5つの穴を使ったドリップができる、美味しさへの工夫があります。

使ったフィルターは本体から取り外せるので、そのままサッと洗うことが可能です。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

ティファール

3色

重量

1.1kg

サイズ

18.7 x 17.7 x 27.5 cm

素材

ポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリアセタール、ガラス

種類

手動

No.11メリタ コーヒーメーカー オルフィ SKT521

 

メリタ
コーヒーメーカー オルフィ SKT521
参考価格 7,051円

合理的なデザインと機能を持ち合わせたアイテム

メリタの専用浄水フィルターを利用し、99%以上のカルキを除去できるコーヒーメーカー。

リムーバブル・タンクは取り外せて、給水や洗浄がとにかくお手軽!

口径が大きめになっている保温ポットは、丁寧にお手入れができますよ。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

メリタ

1色

重量

1.7kg

サイズ

29.3×31×14.6cm

素材

ポリプロピレン、ステンレス

種類

手動

No.12 山善 コーヒーメーカー YCA-500

コーヒーメーカー初心者も手軽に楽しめるアイテム

ホットコーヒーからアイスコーヒーまで、幅広く対応している目盛りを搭載。

コンパクトサイズなので余計な場所を取らず、いつでも手軽にコーヒーが淹れられます。

ガラスポット、バスケット、バスケットカバーなど全て、丸洗い可能なタイプです。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

山善

1.1色

重量

1kg

サイズ

15.5 x 19 x 24.5 cm

素材

ガラス

種類

手動

No.13コレス コーヒーメーカー C301

ゴールドフィルターを搭載したシンプルなコーヒーメーカー

一人暮らしにもぴったりなコンパクトサイズで、5カップも作れる万能性を兼ね備えています。

消費電力が高いこともあり、コーヒードリップが非常にスピーディーなのも人気の理由。

給水タンクがそのまま取り外せるだけでなく、劣化しづらいゴールドフィルターを搭載しています。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

コレス

1色

重量

1.6kg

サイズ

22.5 x 16.5 x 26.5 cm

No.14 クイジナート 全自動コーヒーメーカー DGB-625J

 

クイジナート
全自動コーヒーメーカー DGB-625J
参考価格 14,418円

一度に10カップ作れる予約機能付きの全自動タイプ

キッチンアイテムのひとつとして、洗練されたデザイン性が映えているクイジナートのコーヒーメーカー。

便利な全自動タイプになっており、ゴールドフィルターを搭載してコーヒーオイルも逃しません。

予約機能も付いている機能性の高さと、各種パーツが取り外せるお手入れのしやすさが人気になっています。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

クイジナート

1色

重量

4.1kg

サイズ

32 x 20.7 x 38.6 cm

素材

ガラス

種類

全自動

No.15ネスレ ネスプレッソ ヴァーチュオ ネクスト

 

ネスレ
ネスプレッソ ヴァーチュオ ネクスト
参考価格 20,900円

コーヒーとクレマを同時に楽しむヴァーチュオ ネクスト

抽出設定が全5設定もあり、セントリフュージョンという抽出法で美味しく仕上げます。

カプセル式なのでカプセルをセットするだけ、手軽にコーヒーが抽出できる仕組みです。

お手入れも非常に簡単ですが、ややコスパの面で気になる人もいるでしょう。

商品レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

メーカー

ネスレ

3色

重量

4kg

サイズ

42.9 x 14 x 31.8 cm

素材

プラスチック

種類

ネスプレッソ ヴァーチュオ

お手入れ簡単なコーヒーメーカーの一覧表

日常的にお手入れが必要になってしまうものなので、お手入れのしやすさは特に重要です。

気軽にお手入れできるもの、自動でやってくれるものなど、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

No 商品 商品名 Amazon価格 重量 サイズ
1 パナソニック/全自動コーヒーメーカー NC-A57-K

17,309円

1色 3kg 22x24.5x34.5cm
2 ネスレ/ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ

10,800円

2色 2.6kg 37.7x33.3x19.6cm
3 BODUM/コロンビア ダブルウォール フレンチプレス

8,174円

1色 575g 98x172x140mm
4 象印マホービン/コーヒーメーカー 珈琲通 EC-TC40-TA

2,264円

1色 1.1kg 20.5x15.5x23cm
5 シロカ/コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121

19,800円

2色 4.95kg 43x33x22cm
6 ツインバード/全自動コーヒーメーカー CM-D457

33,000円

1色 4.92kg 38.4x37.2x21.2cm
7 レコルト/コーン式全自動コーヒーメーカー RCD-1

21,380円

2色 3.4kg 15x30x34.5cm
8 タイガー/コーヒーメーカー シャワードリップタイプ ADC-N060-K

4,689円

1色 1.9kg 27.2x15.4x30.1cm
9 サーモス/真空断熱ポットコーヒーメーカー ECJ-700

6,082円

1色 1.9kg 27.2x15.4x30.1cm
10 ティファール/コーヒーメーカー スビト

3,500円

3色 1.1kg 18.7x17.7x27.5cm
11 メリタ/コーヒーメーカー オルフィ SKT521

7,051円

1色 1.7kg 29.3×31×14.6cm
12 山善/コーヒーメーカー YCA-500

5,480円

1色 1.1kg 15.5x19x24.5cm
13 コレス/コーヒーメーカー C301

7,280円

1色 1.6kg 22.5x16.5x26.5cm
14 クイジナート/全自動コーヒーメーカー DGB-625J

14,418円

1色 4.1kg 32x20.7x38.6cm
15 ネスレ/ネスプレッソ ヴァーチュオ ネクスト

20,900円

3色 4kg 42.9x14x31.8cm

コーヒーメーカーのお手入れ方法

コーヒーメーカーのお手入れ方法

コーヒーメーカーのお手入れは、日常的に行うものと定期的に行うものとがあります。

美味しいコーヒーを淹れ続けるためには、しっかりとしたお手入れが重要です。

見えない部分に汚れが溜まりがちなので、この機会に覚えて丁寧なお手入れをしましょう。

日常的に行うコーヒーメーカーのお手入れ

ポイント

① フィルター、サーバー、給水タンクなどを外す

② パーツごとに水洗いし、本体は水拭きする

③ 水滴を乾拭きする

コーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れたなら、そのままサッとお手入れしてしまいましょう。

取り外しができるパーツ(フィルター、サーバー、給水タンクなど)を全て取り外します。

パーツごとに水洗いし、本体は水拭きします。

水滴が残らないように、そのまま乾拭きしてしまいましょう。

定期的に行うコーヒーメーカーのお手入れ

ポイント

① 水とクエン酸を混ぜる

② クエン酸水をタンクに入れる

③ クエン酸水だけでドリップする

④ 水滴を乾拭きする

コーヒーメーカーを使い続けていると、カルシウムやミネラルが固まって水垢になります。

これを除去するにはクエン酸!コーヒー1杯につき、1gのクエン酸を水と混ぜます。

水の量は給水タンク満タンまで入れて、コーヒー粉を入れないままドリップします。

定期的にこれを行うことで、内部に溜まる水垢を落とすことができますよ。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

ひつじの珈琲タイム編集部

ひつじの珈琲タイム編集部

編集部ライター

コーヒー好きの編集部が徹底リサーチして記事をお届けしています。

-コーヒーメーカー

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-