コーヒーレビュー

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2をレビュー!使い心地や値段は?

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2をレビュー!使い心地や値段は?

様々なコーヒー器具を展開していることで知られている、有名メーカーのハリオ。

そんなハリオから販売されているコーヒーミルのひとつが、スマートG MSG-2です。

電動モバイルスティックとの組み合わせも便利で、コーヒーライフ初心者にもおすすめの器具。

そんなコーヒーミルは本当に便利なのか、使い方や特徴をご紹介します!

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3!

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

当サイトにはPRが含まれています。また、掲載する広告から商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2について

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

透明なボディでコンパクト、コスパも非常に良いハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2。

臼式の刃でコンパクト収納が可能なハンドルになっており、携帯にも便利と話題のアイテムです。

1回あたり最大で24gまでのコーヒー豆を挽くことができるので、1~2杯のコーヒーを淹れる人にぴったり。

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

ボディが透明なので豆の量を確認しやすく、挽いたコーヒー粉の残量もひと目でわかるようになっています。

コスパの高いコーヒーミルですが、長く使える耐久性も兼ね備えており、今では我が家の愛用品です。

▼商品情報

1色

重量

200g

サイズ

19.0×15.0×5.3cm

素材

臼式セラミック

種類

手動

[関連]コーヒーミル(コーヒーグラインダー)のおすすめランキング!

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2の特徴

とてもコンパクトで持ち運べる

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

スマートG MSG-2とiPhone SEを比べてみたところ、サイズはほぼ同じというコンパクトさ。

製品サイズは幅150×奥行53×高190mmと、持ち運びとしても適切なサイズ感となっています。

重量はわずか300gとアウトドアにも適しており、いつでもどこでもおすすめできるコーヒーミルです。

[関連]キャンプ・アウトドア用コーヒーミルのおすすめランキング

ミルは臼式で香りも味も良し

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

コーヒーミルでもっとも気になる部分のひとつが、どんな形状の刃なのかというところ。

スマートG MSG-2については臼式の刃となっているので、香りも味わいも抜群です!

セラミック製の臼式刃となっているため強靭で、サクサクと豆を挽くことができます。

[関連]コーヒーハンドミルの人気おすすめランキング

ハンドルは本体バンド部分に収納可能

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

コーヒー豆を挽いた後、上部についているハンドルが邪魔だな…と思ったこともあるでしょう。

スマートG MSG-2の場合、ハンドルは本体中央についているバンドに収納することができます。

挽き終わったらハンドルを外し、バンド部分に刺すだけでOK。

収納時も持ち運び時も邪魔にならないので、とても便利ですよ。

地味に嬉しい目盛り付き

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

美味しいコーヒーを淹れるためにはコーヒー豆をしっかり量り、その上で挽くことが大事。

しかし、事前の計量を忘れてしまったときや、計量できるアイテムがないときにはこの目盛りを使いましょう。

1~2杯分のコーヒー粉の量を計量することができるので、地味に嬉しい工夫です。

電動のモバイルスティックが使える

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

ハンドミルは安価なものが多く、コーヒー初心者でも購入しやすいですよね。

しかし、ハンドミルは手で挽くことになるため、人によっては挽くことが苦痛になってしまうことも。

ただ単純に「今日は面倒だな…」という日もあるでしょう。

そんなときには電動のモバイルスティックとの併用がおすすめ!

スマートG MSG-2に設置することができて、ボタンひとつでハンドルの代わりになってくれますよ。

[関連]電動コーヒーミルの人気おすすめランキング

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2の値段

ハリオ
コーヒーミル・スマートG MSG-2-T
参考価格 4,950円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

値段は4,950円です。

Amazonや楽天などで購入すればもう少し安いこともありますが、公式価格ではこちらの金額となっています。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2の使い方

1. コーヒー豆を量って投入

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2
ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2
ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

今回はTIMEMOREのドリップスケール Black Mirror Basic PROを使用して計量しました。

コーヒー豆は濃い目が好きなのでやや多めに。

今回使用している商品はコレ!

TIMEMORE

ドリップスケール Black Mirror Basic PRO

2. フタをしてならす

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2
ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

コーヒー豆をコーヒーミルに投入したときは、豆が偏っていることも多いでしょう。

少しトントンとならしてあげれば、同じペースで挽くことができますよ。

フタを閉めたらハンドルを装着しましょう。

3. ハンドルを回して挽く

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

ハンドルを回してコーヒー豆を挽いていきます。

ここでひとつ注意点。このスマートG MSG-2は、浅煎りのコーヒー豆だとかなり力が必要です。

ハンドルを回している間は力を入れることに集中してしまうため、荒くしすぎるとフタが外れてしまうこともある点に注意しましょう。

浅煎り好きな人やサードウェーブコーヒー好きには少し残念なポイントですが、これを解決するのが次の方法です!

4. モバイルスティックを使えば手軽に!

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

スマートG MSG-2の良いところは、電動モバイルスティックで電動コーヒーミルにもできるというところ!

これがとにかく便利です。

普段はハンドミルでいいけれど、硬い豆を挽くときには電動がいい。というのを叶えてくれるアイテム。

専用の器具を装着して上から刺します。後は中央のボタンを押すだけでザクザクです!

今回使用している商品はコレ!

ハリオ

スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー

5. 出来上がり!

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

深煎りなどの柔らかいコーヒー豆ならそのままハンドルで。

浅煎りなどの硬いコーヒー豆は電動モバイルスティックを使って。

シーンに合わせて豆を挽くことができました。

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2を実際に使った感想

ハリオのコーヒーミル・スマートG MSG-2

コーヒー生活を始めてみたいという人にとって、ハンドミルは使ってみたいアイテムのひとつですよね。

その点においてはハリオ製でもあるため、安心して長く使えるハンドミルになっています。

また、ハンドルを使って手で回せる自信がないという方には、電動モバイルスティックでどちらにも対応可能!

この2WAYシステムが非常に便利なので、臼式刃でハンドミルと電動ミルを実現したい人におすすめです。

今回、ご紹介した商品はコレ!

ハリオ

コーヒーミル・スマートG MSG-2-T

新鮮なコーヒー豆から淹れるには、コーヒーミルが必要不可欠です。
便利で使いやすくコスパもいい、おすすめのコーヒーミルをご紹介します。

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

2月のおすすめコーヒー豆も要チェック!

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。仕事中には様々なコーヒーを飲み、休日には喫茶店を巡るような日々を過ごしている。日本ではなかなか味わえないような、凝ったコーヒーやクセのあるコーヒーを好んで飲んでいる。

-コーヒーレビュー
-