コーヒードリップ

クレバーコーヒードリッパーのおすすめランキング3選!

クレバーコーヒードリッパーのおすすめランキング3選!

見た目は普通のドリッパーに見えますが、ちょっと面白い仕掛けのあるクレバーコーヒードリッパー。

一体どんな特徴があるものなのでしょうか。また普通のドリッパーと比較して味わいに違いはあるのでしょうか。

上手な選び方もご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

sk

Yuko

編集部ライター

毎日のコーヒーはなくてはならないものである一児の母。自宅でのカフェタイムを充実させるため、コーヒーについて日々研究中です。

クレバーコーヒードリッパーとは

コーヒードリッパー

2009年に台湾で誕生したコーヒードリッパー。見た目は普通のものと変わりませんがその名前の通り、優秀な機能が話題となりました。

現在でもプロの愛用者も多いドリッパーです。

通信販売で気軽に購入が可能なので、まだ使ったことのない方はぜひ試してみてほしいコーヒー器具です。

フレンチプレスとペーパードリップの良いとこ取りができる

フレンチプレス

ペーパードリップはペーパー部分に雑味や微細な粉を付着させ、クリアな味わいに仕上がります。

しかしコーヒーの持つ油分なども吸着するため、フレンチプレスのコクと香りには少し劣る面も。

一方フレンチプレスはエグみや苦みが出過ぎたり、お手入れが大変というデメリットがあります。

この両方の良いとこ取りをしているのがクレバーコーヒードリッパーです。

お湯に豆をしっかりと浸すことでコクを引き出しながらも、クリアな味わいに。お手入れが簡単にできるのも特徴です。

[関連]フレンチプレスの使い方から淹れ方やお手入れ方法を解説します!

[関連]ペーパーフィルターの使い方、淹れ方やお手入れ方法を解説します!

ドリッパー底部にシリコン製のバルブがついている

出典:Amazon

バルブ(弁)がついているのが最大の特徴です。通常のドリッパーは穴が空いているだけですが、クレバーコーヒードリッパーは底の部分にシリコンバルブがあります。

テーブルの上など平らなところでは閉じたまま。その状態でコーヒー粉、お湯を入れても底穴からコーヒーは落ちません。

ドリッパーより直径の小さなサーバーやマグカップなどに乗せるとバルブが持ち上げられて開き、抽出が始まるという仕掛けです。

コーヒーの味が安定する

トラジャコーヒー

ハンドドリップで淹れる際は、お湯を淹れるタイミング・スピードなど淹れる人によって味わいが変わります。

感覚で淹れるという面もあるので、味にばらつきが出ることも。

しかし、クレバーコーヒードリッパーで抽出すれば、湯量・コーヒー豆の量・時間を統一することで毎回同じ美味しさを味わうことが可能です。

手軽で掃除も簡単

ペーパードリップ

フレンチプレスで入れた時のようにコーヒー豆のカスが散乱することがありません。

ペーパードリップの時と同じように、溜まったカスをサッと捨てるだけです。

後始末が簡単で衛生的に使えるのもクレバーコーヒードリッパーの特徴です。

クレバーコーヒードリッパーの選び方

サイズで選ぶ

1~2杯用のSサイズと1~3杯用のLサイズ。現在2種類のサイズが販売されています。

普段よく淹れているコーヒーの量などを考えてそれに合ったサイズを選びましょう。

カラー・デザインで選ぶ

クレバーコーヒードリッパーは、クリアなタイプと色付きがあります。

クリアはブラック・ブラウンなど。色付きのものはホワイト・ブラック・レッドと揃っているので、好みやインテリアに合わせたものを選ぶことができますよ。

付属品で選ぶ

フタ付きのもの、ドリップに欠かせないペーパーフィルターがセットになっているものなど購入の際に付属するアイテムで選ぶことも可能です。

ドリッパーをテーブルなどに置いておく際に使えるコースターなどがセットになった商品もあります。

コーヒー豆はネット通販サイトでの購入がお得!

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

しかもAmazonギフト券チャージでお買い物すれば、お得で楽々なお買い物ができます。

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

楽天サービスを使うほどに、お買い物でポイントアップ!

楽天グループのサービスは使うほどお得になる!

お得な商品がさらにお得になる、開催中の大型企画も続々更新!

>>楽天市場でお買い物をするならこちら

クレバーコーヒードリッパーのおすすめランキング

No.1 Clever コーヒードリッパー バリスタチョイス

Clever
コーヒードリッパー バリスタチョイス
参考価格 5,283円

Amazonプライムでお得にお買い物♪

PayPay支払いならポイントが貯まる!

フィルター付属ですぐに使える

ペーパーフィルターが100枚付属しているため、フィルターを用意する手間要らず。

クリアタイプのデザインがすっきりとした印象です。

フタも付いているので、お湯を注いで待つ間に冷めてしまうのを防ぐことが可能。

付属品が揃っているため初めての購入にもおすすめです。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

3

重量

550g

サイズ

-

素材

プラスチック

No.2 E.K.INT'L クレバーコーヒードリッパー

E.K.INT'L
クレバーコーヒードリッパー
参考価格 2,860円

Amazonプライムでお得にお買い物♪

PayPay支払いならポイントが貯まる!

しっかり淹れられるLサイズ

シンプル感がうれしいベーシックなタイプ。

フタも付属しているのでお湯を注いだ後に、コーヒーの温度が冷めることを防いでくれます。

Lサイズのため多めに抽出できますが、量が変わっても安定した味わいに。 コーヒー通なら持っておきたい、2つめのドリッパーとしてもおすすめの商品です。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1

重量

314g

サイズ

173×135×145mm

素材

PCTG樹脂、AS樹脂、シリコンラバー

No.3 Clever Dripper クレバーコーヒードリッパー プレミアムブラック

Clever Dripper
クレバーコーヒードリッパー プレミアムブラック
参考価格 2,800円

Amazonプライムでお得にお買い物♪

PayPay支払いならポイントが貯まる!

楽天サービスを使えば使うほどお得☆

スタイリッシュなプレミアムブラック

クールな雰囲気のブラックカラーがおしゃれな商品。

お湯を注いで待つ間に付属のフタをして使用します。

たっぷりと淹れられるLサイズなので、たくさん飲みたい方にもおすすめです。

コーヒー器具にこだわりたい方にぜひ使ってほしい、ちょっと珍しいカラーにも注目です。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1

重量

-

サイズ

-

素材

プラスチック

クレバーコーヒードリッパーのおすすめ一覧表

クレバーコーヒードリッパーを厳選してご紹介しました。

一覧表になっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。コーヒー通の方も初心者の方もどちらも楽しめるものが揃っています。

No 商品 商品名 参考価格 購入先 重量 サイズ 素材
1Clever
コーヒードリッパー バリスタチョイス

5,283円

3550g-プラスチック
2E.K.INT'L
クレバーコーヒードリッパー

2,860円

1314g173×135×145mmPCTG樹脂、AS樹脂、シリコンラバー
3Clever Dripper
クレバーコーヒードリッパー プレミアムブラック

2,800円

1--プラスチック

クレバーコーヒードリッパーに必要なフィルターも忘れずに

ドリップ

クレバーコーヒードリッパーだけでは、コーヒーを淹れることができません。

通常のペーパードリップをする時と同じように、ペーパーフィルターが必要になります。

付属しているものを購入していない場合は、ペーパーフィルターも忘れずに用意しておきましょう。

[関連]ペーパーフィルターの使い方、淹れ方やお手入れ方法を解説します!

[関連]コーヒーフィルターの人気おすすめランキング

クレバーコーヒードリッパーのよくある質問

Q. 通常のコーヒーサーバーとはどこが違う?

底の部分にバルブが付いていることによって、コーヒー豆を浸しておくことができます。

コクがありながらもクリアな味わいとなり淹れる人に左右されず、味のムラが少ないのも特徴です。

Q. お手入れ方法は?

ペーパードリップをした後と同じで、ペーパーに集まったコーヒーかすをそのまま捨てるだけです。

汚れが気になる場合はバルブ部分を外して洗浄しましょう。

Q. クレバーコーヒードリッパー以外に必要な器具は?

ペーパーフィルターは必須です。

また抽出したコーヒーを受けるサーバーなどがあれば良いでしょう。

コーヒードリップをするなら必須のアイテム。
美味しいハンドドリップコーヒーを実現する、おすすめコーヒードリッパーをご紹介します。

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

nari

Yuko

編集部ライター・営業

コーヒーフレーバーのお菓子は見かけたら必ず買ってしまうほど大好きです。コーヒー好きの両親の影響で、中学生からドリップしていました。カフェや喫茶店はもちろんですが、子どもがいるため自宅でゆっくりとコーヒーを楽しんでいます。

-コーヒードリップ
-