コーヒーコラム

アメリカンコーヒーとは?名前の由来や作り方、おすすめのコーヒー豆

アメリカンコーヒーとは?名前の由来や作り方、おすすめのコーヒー豆

「薄いコーヒー=アメリカン」とだけ思っていませんか?

本来のアメリカンコーヒーはそうではなく、浅煎りの豆を使って淹れるコーヒーのことです。

飲みやすく軽やかな味わいはアメリカンならでは。

いつもはどっしりとした味わいを好んでいる方も、改めてアメリカンの魅力に触れてみると思いがけない発見があるかもしれません。

この記事では名前の由来や作り方、アメリカンにおすすめのコーヒー豆をご紹介しています。

知っているようで知らないことも実は多い、アメリカンの世界の扉を一緒に開けてみましょう。

この記事を書いた人

sk

Yuko

編集部ライター

毎日のコーヒーはなくてはならないものである一児の母。自宅でのカフェタイムを充実させるため、コーヒーについて日々研究中です。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3!

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

当サイトにはPRが含まれています。また、掲載する広告から商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

アメリカンコーヒーとは

ホットコーヒー

カフェのメニューなどでもよく目にするアメリカン。お馴染みのメニューであり、好んで飲む方も多い根強い人気のあるコーヒーです。

しかし普段あまり飲まない方などは、単に「薄めのコーヒー」として捉えている場合も。

実はアメリカンは「浅煎りの豆を使ったコーヒー」のことなのです。

ただし、「浅煎り豆をたっぷりのお湯で淹れたコーヒー」「濃く淹れたものをお湯で薄めたコーヒー」を指す場合もあるので「アメリカン」はちょっと複雑です。

また和製英語なので、アメリカンというメニューがあるのは日本だけ。

深煎りコーヒー好きには敬遠されがちなところもありますが、飲んでみると軽やかでさっぱりとした味わいが新鮮に感じるかもしれません。

口当たりの良さや飲みやすさもアメリカンの魅力です。

濃厚なコーヒーの美味しさももちろん良いのですが、あっさり気分の時はアメリカンがおすすめですよ。

[関連]浅煎りコーヒーのおすすめランキング!

アメリカンコーヒーの名前の由来

お湯を入れる

アメリカンコーヒーの名前の由来は諸説あります。

有力と言われているのは、「たっぷりのお湯で淹れたコーヒー」「濃いめのコーヒーにお湯を加える」というアメリカ式の飲み方が戦後日本に広まったことから、という説です。

アメリカ人のコーヒースタイル、ということから「アメリカン」になったと言われています。

アメリカンコーヒーは日本人により作られた和製英語

カフェや喫茶店などで「アメリカン」というメニューがあるのは日本だけ。アメリカンは実は和製英語なのです。

アメリカ式のコーヒーの飲み方が日本に浸透してきたことから付けられた名前と言われています。

日本ではかなり一般的なメニューなので、アメリカで「アメリカン」とオーダーしても伝わらないのは少し残念な気もしてしまいますね。

「アメリカンコーヒーはカフェインが少ない」は間違い

浅煎り 焙煎

あっさりとした味わいのアメリカンだったらカフェイン量は少ないのではと思われがちです。

反対に濃厚なエスプレッソはいかにもカフェイン量が多そうに感じますね。

エスプレッソの約1杯分である30mlで比較する場合は、以下のカフェイン量です。

エスプレッソ30~50mg
アメリカン8~15mg

しかし、エスプレッソは30mlほどの少量を味わうものですが、アメリカンの1杯分は200~250mlほど。

そのためどちらも「1杯」を味わうのであれば、意外にもカフェイン量はアメリカンの方が多くなるのです。

[関連]コーヒー1杯のカフェイン量はどのくらい?摂取量目安やメリット・デメリットも解説

[関連]コーヒーと紅茶のカフェイン量はどっちが多い?比較してみた

アメリカンコーヒー、ブレンドコーヒー、アメリカーノの違い

アメリカン、ブレンド、アメリカーノそれぞれの違いをチェックしていきましょう。

混同されがちな3つなので、違いを覚えておくとちょっと役立つかもしれません。

カフェでオーダーする際や自宅でのコーヒータイムのバリエーションが広がりますね。

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーとの違い

コーヒー豆

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違いは単純に「濃さ」ではありません。

アメリカンは浅煎り豆で淹れたコーヒーのこと。またはたっぷりのお湯で淹れたものや、お湯を加えた場合を指します。

ブレンドコーヒーは、数種類のコーヒー豆をブレンドした豆で淹れたもの。

バランスの取れた味にしたり、狙った味わいを作ります。

「浅煎りの豆をブレンドしたもの」で作る「アメリカンコーヒー」もあるので、ちょっと複雑ですが、それぞれにしっかりと違いがあります。

[関連]ブレンドコーヒーの人気おすすめランキング

アメリカンコーヒーとアメリカーノの違い

エスプレッソ

名前がとても似ている2つは間違えられがちですが、全く違っています。

アメリカーノはエスプレッソにお湯を加えたもの。濃厚なエスプレッソにお湯をプラスしてドリップコーヒーと同じくらいの濃さで楽しみます。

アメリカーノはエスプレッソの本場・イタリア生まれです。

実は日本生まれであり、ドリップコーヒーであるアメリカンとは名前こそ似ていても全く異なる作り方と味わいを持っています。

[関連]エスプレッソ用コーヒー豆の人気おすすめランキング

[関連]【専門家監修】エスプレッソの正しい飲み方とは?本場イタリアの味わい方をご紹介

アメリカンコーヒーの味わい

コーヒーカップ 飲む

アメリカンコーヒーは、基本的には浅煎りのコーヒー豆で淹れたもの。

そのため浅煎り豆ならではの酸味や軽さのある飲み心地が特徴です。

口当たりがよく、ゴクゴク飲めてしまうようなあっさり感も感じられます。

もちろんコーヒー豆そのものの味わいには左右されますが、さっぱり・あっさりとした軽さは多くのアメリカンに共通するところです。

苦みもマイルドなので、コーヒーの苦さが得意でない方も美味しく味わえますよ。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

アメリカンコーヒーの作り方は2通り

ハンドドリップ

アメリカンコーヒーは「浅煎りのコーヒー豆で淹れたもの」と「お湯を加えたもの」の2通りの淹れ方があります。

それぞれのポイントをおさえて、美味しいアメリカンコーヒーを楽しみましょう。

どちらも「味のバランス」を意識すると風味良く淹れることができますよ。

浅煎り豆で淹れる

浅煎り豆で淹れる際のポイントは以下を参考にしてください。

  • 豆の挽き目は中細挽きか中挽き
  • お湯の温度は90℃~95℃
  • お湯の量はコーヒー豆10gに対して150ml~160ml

挽き目は細かすぎても粗すぎても美味しく淹れることができません。

またお湯の温度はやや高めに。浅煎り豆の美味しさを引き出すために、通常より少し高めで淹れるのもコツです。

浅煎りの豆はガスの発生が少なく、お湯を入れた時に豆が膨らみにくいという特徴があります。

そのため高めの温度で抽出を助けてあげましょう。

コーヒーをお湯で薄める

コーヒーにお湯をプラスする場合のポイントは以下を参考にしましょう。

  • お湯の量はコーヒー120mlに対して40~50ml

コツはとにかくお湯の量を間違えないこと。

薄すぎてしまうとコーヒーの味わいがしっかりと感じられなくなってしまいます。

お湯を入れることで香りが立ち、より芳ばしさを感じることができますよ。

またいつものコーヒーを今日はあっさり飲みたい、という気分の時に試してみるのも良いですね。

アメリカンコーヒーにおすすめのコーヒー豆

アメリカンコーヒーにおすすめのコーヒー豆は以下の銘柄です。ぜひチェックしてみてくださいね。

中米産のコーヒー豆やブラジル・コロンビアなどが適しています。

味わいのバランスが良く、酸味の明るさとすっきりとした飲み口を持ったものが多いため。

好みにもよりますが、個性が強すぎるコーヒー豆はあまりアメリカンには向かないとされています。

またアメリカンコーヒー向けにブレンドされたものも市販されているので、まずはそれらを飲んでみるのも良いですね。

ヒルス アメリカンテイスト スイートブレンド

ヒルス
アメリカンテイスト スイートブレンド
参考価格 2,026円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

フルーティーな酸味をたっぷり感じられるブレンド

果実のような明るさのある酸味が味わいの特徴になったブレンドです。

浅煎り豆の良さをしっかりと引き出して、アメリカンにピッタリの味わいに。

ホンジュラス・ブラジルなどのコーヒー豆をバランス良くブレンドしました。

アメリカンならではの美味しさをたっぷり感じられるおすすめ商品です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

600g

産地

ホンジュラス、ブラジル

焙煎

浅煎り

クラシカルコーヒーロースター アメリカンブレンド

クラシカルコーヒーロースター
アメリカンブレンド
参考価格 864円

Amazonプライムに登録して送料無料!

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

グッドバランスな味わいで爽やかさな風味に

甘み・酸味・苦味などのバランスにしっかりこだわってブレンドされています。

焙煎はスローローストでじっくりと仕上げました。

どこか爽やかさも感じられる風味が、アメリカンで味わうのにピッタリ。

普段はあまりアメリカンを飲まない、と言う方にもおすすめです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

250g

産地

ブラジル、コロンビア、メキシコ

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

カルディ アメリカンブレンド

カルディ
アメリカンブレンド
参考価格 691円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

軽やかで酸味のある味わいでアメリカンの良さを感じる

アメリカンらしい味わいをたっぷりと楽しめるブレンドです。

軽く口当たりがよく、苦味をおさえた酸味のある味わいが楽しめます。

すっきりとしたアメリカンを淹れたい時にぜひ選びたいブレンド。

飲みやすくあっさりとした風味は多くの人に好まれる美味しさです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

コロンビア、ブラジル

焙煎

中煎り

アメリカンコーヒーのよくある質問

アメリカンコーヒーについてのよくある質問をまとめています。

ぜひ参考にして美味しいアメリカンコーヒーを味わってくださいね。

Q. アメリカンコーヒーって何?

「浅煎り豆で淹れたコーヒー」のことを主に指します。

ただし、「たっぷりのお湯で淹れたコーヒー」「濃いめのコーヒーをお湯で薄めたもの」をアメリカンと言う場合もあります。

Q. アメリカンコーヒーはどんな人におすすめですか?

アメリカンはあっさりとした軽めの味わいが特徴です。

浅煎り豆が持つ酸味やマイルドな味わいが好きな方はぜひ楽しんでみてくださいね。

コーヒーの苦味やどっしり感が苦手な方は、アメリカンがおすすめです。

Q. アメリカンコーヒーはどんな豆を使えば良い?

個性が際立ちすぎない、味わいのバランスが取れたコーヒー豆がおすすめです。

好みにもよりますが中米産の明るい酸味を持ったものや、ブラジル・コロンビアなどがおすすめです。

Q. アメリカンコーヒーに合うお菓子は?

酸味のある味わいのアメリカンコーヒーにはフルーツを使ったスイーツも好相性です。

また重すぎない味わいのお菓子が合うので、サクッと軽めのビスケットやシフォンケーキなどもおすすめです。

あっさりとした味わいのアメリカンとお互いを引き立て合うようなスイーツでペアリングを楽しみたいですね。

▼あなたにおすすめの記事▼

2月のおすすめコーヒー豆も要チェック!

この記事を書いた人

nari

Yuko

編集部ライター・営業

コーヒーフレーバーのお菓子は見かけたら必ず買ってしまうほど大好きです。コーヒー好きの両親の影響で、中学生からドリップしていました。カフェや喫茶店はもちろんですが、子どもがいるため自宅でゆっくりとコーヒーを楽しんでいます。

-コーヒーコラム
-