生産国別コーヒー

【2022年版】メキシコ産コーヒーのおすすめランキング8選!

2022年7月13日

メキシコ産コーヒーの人気おすすめランキング8選!

コーヒーベルトに属している国のひとつで、マイナーながらも実は質の高いコーヒーを生産しているメキシコ。

日本ではなかなか聞かないメキシコ産のコーヒーですが、とても飲みやすくバランスの整った味と香りで人気です。

この記事ではメキシコ産コーヒーの中でも、特に飲みやすくおすすめできる人気コーヒーを厳選しましたのでぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

吉野

吉野

編集部ライター

編集部ライター。コーヒーの深さ、面白さに気づきコーヒーの良さをもっと世間に広めようとひつじの珈琲タイムの立ち上げに関わる。

 

もくじ

メキシコ産コーヒーとは

メキシコ

メキシコ合衆国は北アメリカに位置しており、コーヒー栽培で有名なグァテマラとも隣接する国です。

西には太平洋があり、東にはメキシコ湾とカリブ海に面している、という自然に囲まれた国。

日本の5倍ほどの国土を持っており、非常に暖かい地域なので世界的にも有名なビーチが豊富です。

また、中南米ではアメリカやコロンビアに次ぐコーヒー大国で、国民の過半数が農業を行っているのも特徴的。

メキシコ産コーヒーの歴史

初めてコーヒーノキが植えられたのは1795年

コーヒーノキ

メキシコでのコーヒーの歴史は、スペイン人がコーヒーノキを持ち込んだところから始まっています。

コーヒーノキがメキシコに持ち込まれたのは1795年。

栽培が始まった当初はコーヒー豆以外にも豊富な資源があったため、あまり発展しませんでした。

農奴解放の1914年からコーヒー栽培が盛んになる

生産者 農家

農奴解放の1914年。農家が自分の土地で栽培を始め、徐々にコーヒー栽培が普及し始めました。

第二次世界大戦を経て小規模農家を中心として栽培し、次々と普及していったのです。

現在でも小規模農園がコーヒー農業を支えており、コーヒー業界に携わる人は300万人以上と言われています。

メキシコ国立コーヒー研究所(INMECAFE)やコーヒー協同組合などが支える

inmecafe_logo

国内での消費から外貨獲得へと進んだのが、メキシコ国立コーヒー研究所の設立から。

1973年頃から輸出が盛んになっていき、外貨獲得が可能な時代になりました。

ただ、短期での実験でもあったため1989年には解散し、その後はコーヒー協同組合が設立されています。

不当な金額での売買を防ぎ、オーガニックコーヒーの栽培を推奨するなどの活動を行っています。

メキシコ産コーヒーの栽培環境

国土のほとんどが標高1,000m以上という環境

山岳地帯

メキシコという国の国土は、そのほとんどが標高1,000mを超えており、昼夜の寒暖差は激しい環境。

コーヒー栽培は標高が高ければ高いほど、良質なコーヒー豆を作りやすい環境になります。

こうした山岳地帯で栽培されると、良質で実の引き締まったコーヒー豆が出来上がります。

年間降水量は1,400mm~2,000mmで平均気温は19℃

rain_009

年間の降水量は1,400mm~2,000mmで、適度な降水量が確保できています。

同時に平均気温は19℃ほどなので、こちらもコーヒー栽培に適した環境と言えるでしょう。

シェイドツリーが必要なほどの日照量があり、年間を通して栽培しやすい環境です。

急斜面が多いため全てのコーヒーチェリーを手摘みする

生豆

メキシコのコーヒー栽培は主に南部で行われており、この南部は山岳地帯なので急斜面が多いです。

こうした場所では機械を使った収穫が難しくなるので、メキシコ産コーヒー豆は手摘みされています。

収穫から精選までしっかりと手作業で行っているので、欠点豆の混入が少なく、良質なコーヒー豆になっています。

主流の栽培品種はティピカ種

coffeebeans_051

メキシコで主に栽培されているコーヒー豆の品種は、アラビカ種系のティピカ種です。

また、有名なメルセデス農園が位置するのは、首都のメキシコシティから南東にあるオアハカ州プルマ地方。

この地域でのみ栽培されているのが、ティピカ種系の”プルマヒダルゴ種”という品種です。

柔らかな酸味と甘みが調和しており、フローラルアロマを感じるコーヒー豆です。

メキシコ産コーヒーの主要コーヒー銘柄

銘柄 特徴
メキシコAL(アルツーラ) メキシコ産コーヒー豆の最高級品として知られている
メルセデス 甘酸っぱい香りでコーヒーの女王とも呼ばれる
コアテペック 古くから栽培される銘柄で、高値の取引もされている
オアハカ 独特なスパイシーさを持っているコーヒー豆

メキシコ産コーヒー豆としてもっとも有名な銘柄は、メキシコAL(アルツーラ)と呼ばれる銘柄です。

これが最高級品として知られており、続くコアテペックなども世界最高品質の高値取引がされています。

メルセデスはプルマヒダルゴ種という品種を使い、芳醇な香りからコーヒーの女王と呼ばれています。

その他にも「タパチュラ、プエブラ、ハラパ」といった銘柄が知られています。

メキシコ産コーヒーの特徴

メキシコはアメリカ合衆国の南部に位置する国で、コーヒー栽培が盛んなコーヒーベルトに属しています。

そんなメキシコ産のコーヒーには、一体どんな特徴があるのでしょうか。

オーガニックコーヒーで有名なメキシコ産コーヒー

organic_002

メキシコは傾斜が急な山岳地帯でコーヒー栽培を行っているので、全てのコーヒー栽培は手作業で行われています。

手摘みで行うので丁寧な栽培と収穫が可能になっており、その多くはオーガニックコーヒーとなっているのです。

品質管理も徹底されているので、とても安全で安定した美味しさのコーヒーを味わうことができるコーヒーです。

あっさりとした優しさで飲みやすいコーヒーが多い

human_026

メキシコ産コーヒーといえばオーガニックコーヒーで、有機栽培ならではの風味を持っています。

とても飲みやすいコーヒーが非常に多く、優しい酸味と柔らかな苦味を持ったコーヒーばかり。

全てがオーガニックコーヒーではないものの、非常に多く栽培されているのがメキシコ産コーヒーの特徴でもあります。

メキシコ産コーヒーの等級(グレード)

等級 標高
ストリクトリー・ハイ・グロウン(SHG) 1,700m以上
ハイ・グロウン(HG) 1,000~1,700m
スタンダード(SD) 700m~1,000m

メキシコ産コーヒーは、標高の高さと生産地によって等級が決められており、大きく分けると3種類です。

最も等級が高いのはストリクトリー・ハイ・グロウンと言い、標高1,700m以上の場所で生産されています。

次に高いのがハイ・グロウン、そしてスタンダードという順番に品質の高いコーヒーとして販売されています。

メキシコ産コーヒーの味わい

word_001

メキシコ産のコーヒーは味と香りのバランスがとても良く、誰でも気軽に飲めてしまうような味わいとして有名です。

コクはほどよく感じられますが、整った嫌味のない酸味と甘みが特徴的とも言われています。

芳醇な香りで全体的にはさっぱりとした後口になっているので、気軽に何杯でも飲めてしまうようなコーヒーです。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

メキシコ産コーヒーのおすすめランキング

No.1 ode メキシココーヒー

ode
メキシココーヒー
参考価格 1,299円

アマゾン限定ブランドの有機栽培コーヒー豆

メキシコ産のシングルオリジンなので特定の農園から仕入れた、雑味のないクリアな味わいに仕上がっています。

100%JAS認証フェアトレードで、有機栽培コーヒー豆なので健康にも気を遣ったコーヒー豆となっています。

深煎りにすることでほどよく楽しめる酸味と、フルーティーな香りが特徴的な仕上がりです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

メキシコ

焙煎

深煎り

No.2 珈琲屋ほっと メキシコ デカフェコーヒー

無農薬でありながらデカフェという健康第一コーヒー

コーヒーには多くのカフェインが含まれているので、コーヒーを嫌煙する人はこのカフェインが気になるという人も多いですよね。

ですが、こちらのメキシコ産コーヒーは無農薬栽培でありながら、カフェイン除去されたコーヒーとなっています。

にもかかわらず、しっかりとした芳醇な香りとフルーティーな酸味が味わえる特徴的なコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

300g

産地

メキシコ

焙煎

中深煎り

No.3 PHILOCOFFEA メキシコ カフェインレス

PHILOCOFFEA
メキシコ カフェインレス
参考価格 1,512円

世界チャンピオン自ら手掛けたメキシコ産コーヒー

コーヒーの抽出技術や総合知識を競う世界大会にて、アジア人初のチャンピオンとなった粕谷哲氏が監修したコーヒー。

シングルオリジンでカフェインレスコーヒーなので、体や環境に配慮されたコーヒーとして人気が高まってきています。

メキシコ特有の酸味はそのままに、ナッツのような香ばしさとチョコレートのような濃厚な甘さも感じられるコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

メキシコ

焙煎

独自焙煎

No.4 ばいせん工房 メキシココーヒー

自分好みに調整できるばいせん工房のメキシココーヒー豆

ばいせん工房では、コーヒー豆の挽き方や焙煎度合いを自分好みに調整して選択することができます。

豆のまま購入してもいいですし、面倒な方は挽いてから購入することもできるというカスタマイズOKなコーヒー店。

メキシコ産のストレートコーヒーなので、酸味や香りが調和の取れたバランスでより上品な仕上がりとなっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

メキシコ

焙煎

中煎り

No.5 GRATEFULCOFFEE メキシコ SHG

コスパ最強のメキシコSHG生豆

メキシコ産コーヒー豆の中でも最高等級となるストリクトリー・ハイ・グロウン(SHG)は、メキシコ独特な香りとコク。

生豆のまま購入することができるのでコスパが非常に高く、焙煎が好きな方は一石二鳥と言えますよね。

ブルボン種やカトゥアイ種なので、安定した風味を楽しめるコーヒーとしておすすめです!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1kg

産地

メキシコ

焙煎

生豆

品種

カトゥーラ種、ティピカ種、サチモール種

No.6 CAFE L'ETOILE DE MER メキシコ ハンブルグ

CAFE L'ETOILE DE MER
メキシコ ハンブルグ
参考価格 1,250円

ハンブルグ農園の爽やかな風味のコーヒー

1888年に完成したハンブルグ農園は、最高品質のコーヒーにのみ与えられる称号“カップオブエクセレンス”にも選出されています。

高品質なコーヒー栽培だけではなく、優れた栽培環境で安心安全なコーヒー栽培が行われているのです。

良質なコーヒー豆なのでとても爽やかな香りとバランスの良い酸味が特徴的な味わいとなっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

メキシコ

焙煎

中煎り

No.7 honu加藤珈琲店 メキシコ世界規格Qグレード

honu加藤珈琲店
メキシコ世界規格Qグレード
参考価格 1,144円

フローラルな香りといつまでも残る余韻

メキシコ産の世界規格Qグレードスペシャルティコーヒーとして認定されているコーヒー豆を使用。

標高1,000m付近で栽培されており、肥沃な土壌や豊富な雨量により栄養満点なコーヒーに仕上がっています。

フローラルで甘い香りと、シトラスやりんごのようで爽やかな甘みを感じられるコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

メキシコ

焙煎

中煎り

品種

ティピカ種

No.8 たぐち珈琲豆店 メキシコ DESCAMEX

たぐち珈琲豆店
メキシコ DESCAMEX
参考価格 2,381円

カフェイン除去率99.9%の安心安全なメキシコ産コーヒー

メキシコのDESCAMEX社が手掛けるこちらのコーヒーは、JAS認証のオーガニックコーヒーです。

生豆の時点では残っている雑味をメキシコ最高峰の山脈から採った天然水で丁寧にカフェイン除去します。

この工程を踏むことでクリアな味わいとなり、ダークチョコレートのような芳醇で濃厚な香りを感じられるコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

250g

産地

メキシコ

焙煎

独自焙煎

メキシコ産コーヒーのおすすめ一覧表

日本ではなかなか聞かないメキシコ産コーヒーですが、ブレンドで販売されていることも多く実は飲んでいた!なんてことも。

ブレンドだけではなく、ストレートで飲めばまた違った風味を楽しめますし、メキシコ特有の香り豊かな酸味と甘みも体験できますよ。

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 産地 焙煎
1ode
メキシココーヒー

1,299円

200gメキシコ深煎り
2珈琲屋ほっと
メキシコ デカフェコーヒー

1,900円

300gメキシコ中深煎り
3PHILOCOFFEA
メキシコ カフェインレス

1,512円

200gメキシコ独自焙煎
4ばいせん工房
メキシココーヒー

794円

200gメキシコ中煎り
5GRATEFULCOFFEE
メキシコ SHG

1,800円

1kgメキシコ生豆
6CAFE L'ETOILE DE MER
メキシコ ハンブルグ

1,250円

200gメキシコ中煎り
7honu加藤珈琲店
メキシコ世界規格Qグレード

1,144円

200gメキシコ中煎り
8たぐち珈琲豆店
メキシコ DESCAMEX

2,381円

250gメキシコ独自焙煎

メキシコ産コーヒーは深煎りにしてブラックで飲む

コーヒーカップ

メキシコ産コーヒーは強めに焙煎してもさっぱりとした後口で飲めてしまうので、ぜひ豊かな香りをしっかり感じるためにも深煎りにしてみてください。

印象的な酸味と甘みはそのままに、香ばしく豊かな香りが部屋中に香ってくれます。

また、メキシコではコーヒーにシナモンなどを入れることも多く、独特なスパイシー感も楽しむ習慣があるのでぜひ試してみてください。

メキシコ産コーヒーのよくある質問

Q. メキシコ産コーヒーはどんな味ですか?

とてもあっさりとした味わいのものが多く、優しい酸味と苦味を味わえます。

オーガニックコーヒーも多く、バランスの取れた優しいコーヒーといった印象です。

Q. メキシコ産コーヒーはどんな飲み方がおすすめ?

メキシコ産コーヒーは優しい味であることが多いので、ブラックで飲んでみましょう。

Q. メキシコ産コーヒーの本場の飲み方は?

コーヒーを煮出して布フィルターで濾す、というのがメキシコ伝統の飲み方です。

ここに砂糖やシナモンなどを加えることで、「カフェ・デ・オジャ」というコーヒーになります。

生産国ごとのおすすめコーヒーをご紹介!
コーヒー生産に力を入れている、注目のコーヒー生産国。

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

yoshino

吉野

編集部ライター

かつてプロのパティシエを6年間経験。コーヒーとスイーツとのマリアージュの面白さに気づき、様々なスイーツとコーヒーとのペアリングを追求している編集部ライター。
休日は自分で作ったスイーツと、コーヒーでゆったりとしたコーヒータイムを送っています。

-生産国別コーヒー
-