コーヒーブランド

カークランド(KIRKLAND)のおすすめコーヒーランキング6選【2022年版】

カークランド(KIRKLAND)の人気おすすめコーヒー6選!

特定の人しか目にする機会のないカークランドは、会員制倉庫型店のコストコブランドです。

今ではネット通販でも購入できるようになっていますが、元々はコストコのプライベートブランド。

同じくワシントンに本社を置くスターバックスの製造を手掛けているコーヒーとして知られています。

コラボコーヒーとしても人気の高いカークランドについて、おすすめコーヒーをご紹介していきます。

この記事を書いた人

sk

nari

編集部ライター

バリ島で飲んだコーヒーの甘さとザラザラ感に衝撃を受けてコーヒーにハマった編集部ライター。

カークランド(KIRKLAND)とは

カークランドシグネチャー

カークランドことカークランドシグネチャーは、世界的にも有名な大型ストアのコストコブランドです。

大量の商品を仕入れることによりコスパ高く販売することができているコストコの自社ブランドとして確立。

膨大な取扱量で知られており、年会費も発生することで知られていますが、低価格から高価格帯まで取扱商品は様々です。

カークランド(KIRKLAND)の特徴

コストコで販売されているコーヒーのひとつとしても有名なカークランド。

どんな特徴があり人気のコーヒーブランドとなっているのか、その理由や特徴をご紹介します。

アメリカで支持されているプライベートブランド

アメリカ

カークランドシグネチャーはアメリカから輸入されてきている商品で、それはコーヒーだけにとどまりません。

トイレットペーパーやミックスナッツなど、日用品に関してはトップクラスで知られているブランド。

1995年には販売を開始している歴史あるブランドで、アメリカでも多大に支持されています。

高品質のコーヒーを低価格で提供

価格

コストコの良さといえば低価格で高品質な商品を販売してくれることですが、それは大量に仕入れているからこそできるもの。

また、カークランドシグネチャーのコーヒーはスターバックスが手掛けており、スターバックスブランドとはまた違った美味しさがあります。

ネット通販で買えるものの中には、アメリカから発送してくれるものまであるため、本場の味を体験できますよ!

[関連]スターバックスのおすすめコーヒーランキング

風味豊かなコーヒーを高コスパで楽しめる

coffeebeans_043

カークランドシグネチャーのコーヒーは、酸味と苦味のバランスがとれた中煎りや、深い苦味とコクが楽しめる深煎りなど様々な種類があります。

また大容量タイプの商品が多く1袋が500g~1kg以上のものまであるので、コーヒー1杯あたりのコスパが高いのも魅力。

そのため毎日のようにコーヒーを飲む方にも、カークランドシグネチャーはおすすめですよ。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

カークランド(KIRKLAND)のおすすめコーヒー

No.1 カークランド スターバックスロースト ハウスブレンドコーヒー

カークランド
スターバックスロースト ハウスブレンドコーヒー
参考価格 2,400円

最もスタンダードなハウスブレンド

誰にでも飲みやすく日常的にも飲めてしまう、ミディアムローストのハウスブレンドコーヒー。

苦味よりも酸味を感じやすい味わいで、スッキリとしているのでコクはあまり感じられません。

全体的にあっさりとしているため飲みやすく、ミルクと混ぜて飲むのがおすすめのコーヒーです!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1.13kg

産地

ペルー

焙煎

中深煎り

品種

アラビカ種

No.2 カークランド スターバックス ダークロースト エスプレッソコーヒー

カークランド
スターバックス ダークロースト エスプレッソコーヒー
参考価格 2,480円

強い苦味とコクのエスプレッソ

エスプレッソ系の濃さを感じられるコーヒーとして、深煎りにされた苦味とコクのエスプレッソコーヒー。

香りはほどよく酸味も優しく感じられるので、何杯でも飲めるようなコーヒーに仕上がっています。

何より大容量に入っているのでコスパがとても高いコーヒーのひとつですね!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1.13kg

産地

ペルー

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

No.3 カークランド スターバックス ハウスブレンド カフェインレス

カークランド
スターバックス ハウスブレンド カフェインレス
参考価格 3,980円

アメリカ直発送のカフェインレスコーヒー

カークランドで最もスタンダードなハウスブレンドをカフェイン除去したカフェインレスコーヒー。

風味はハウスブレンドそのままに、カフェイン除去された安心で安全なコーヒーとなっています。

発送はアメリカのロサンゼルスから直発送になっているので、より新鮮なコーヒーが楽しめます!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

907g

産地

ペルー

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.4 カークランド コロンビア スプレモ

カークランド
コロンビア スプレモ
参考価格 3,000円

コロンビア豆をそのまま楽しめるスプレモ

コロンビア産のスプレモとは、最高級という意味を持つコーヒーでそのとおりに上質なコーヒー豆です。

厳しい審査基準をクリアしたコーヒー豆だけがその称号を持ち、安定した美味しさを楽しむことができます。

苦味よりも酸味が強く、さらにより強いのが独特な甘みなのでマイルドな仕上がりとなっています。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1.36kg

産地

コロンビア

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.5 カークランド オーガニックホールビーンブレンド

カークランド
オーガニックホールビーンブレンド
参考価格 2,099円

爽やかなオーガニックコーヒー

ホンジュラス産コーヒー豆とニカラグア産コーヒー豆をブレンドしている、オーガニック栽培のブレンドコーヒー。

香りはとても爽やかで酸味が強い印象であるため、果実のフルーティーな美味しさを楽しめます。

中深煎りに焙煎されているようですが、実際には中煎り程度の焙煎度合いになっているのでより軽やかな味わいです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

907g

産地

ホンジュラス、ニカラグア

焙煎

中深煎り

No.6 カークランド 100%コロンビアコーヒー

パンチが効いた酸味と苦味のコーヒー

コロンビア産のコーヒー豆を100%使用しているコロンビアコーヒー。

酸味と苦味がはっきりとしており、独特な尖った香りが楽しめるコーヒーです。

コクもしっかりとあるのでガツンと来るコーヒーを求めている人におすすめします!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1.36kg

産地

コロンビア

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

カークランド(KIRKLAND)コーヒーのおすすめ一覧表

カークランドのコーヒーは種類が多いわけではありませんが、コストコでなくてもネット通販で購入することができます。

特におすすめしたいコーヒーを今回厳選していますので、在庫がある内に入手しておきましょう!

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 産地 焙煎
1カークランド
スターバックスロースト ハウスブレンドコーヒー

2,400円

1.13kgペルー中深煎り
2カークランド
スターバックス ダークロースト エスプレッソコーヒー

2,480円

1.13kgペルー深煎り
3カークランド
スターバックス ハウスブレンド カフェインレス

3,980円

907gペルー中煎り
4カークランド
コロンビア スプレモ

3,000円

1.36kgコロンビア中煎り
5カークランド
オーガニックホールビーンブレンド

2,099円

907gホンジュラス、ニカラグア中深煎り
6カークランド
100%コロンビアコーヒー

2,260円

1.36kgコロンビア深煎り

スタバの味を高コスパで飲めるカークランドコーヒー

スターバックス

スターバックスのコーヒーは決してコスパが良いコーヒーとはいえない価格設定です。

ブランド力もあるため、なかなか価格を下げることができないというのもあるのでしょう。

そんなスターバックスのコーヒーも、カークランドならば同じ味わいを低価格で楽しめるというのが大きなメリットですね!

スターバックスコーヒーが輩出する多くのコーヒー豆。
お店で飲めるコーヒーとは違った美味しさを体験してみてください!

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

nari

nari

編集部ライター・営業

バリ島で飲んだコーヒーの甘さとザラザラ感にびっくりし過ぎて、吹き出した経験をもつ編集部ライター。
その経験をきっかけに日本と世界のコーヒーの違いを知り、コーヒーの奥深さどんどんハマっていく。
コーヒーの味や香りだけでなく、カフェ空間やコーヒーを作る工程などの魅力にハマり毎週喫茶店巡りをしている。

-コーヒーブランド
-