コーヒーブランド

【2022年版】無印良品コーヒーのおすすめランキング8選!

2022年8月17日

無印良品のおすすめコーヒー関連商品8選!

都内に限らず地方にもすでに大型店舗が続々と展開されている、雑貨から家具や衣料品などを販売している無印良品。

オーガニックにこだわって健康に配慮された商品が多い無印良品の中でも、近年人気が高いのはやはり食品ですよね!

無印良品が販売するコーヒーはオーガニックコーヒーで、体や環境にも良いコーヒーばかり。

今回はおすすめのオーガニックコーヒーと、コーヒー関連商品を詳しくご紹介していきます!

この記事を書いた人

sk

nari

編集部ライター

バリ島で飲んだコーヒーの甘さとザラザラ感に衝撃を受けてコーヒーにハマった編集部ライター。

 

無印良品のコーヒー

muji_logo

無印良品といえば様々な衣料品や家具家電などから、飲料食料などを販売しているメーカーです。

オーガニックへのこだわりもあり、取り扱っているコーヒーにもかなりのこだわりを持っています。

「コーヒー豆、コーヒー粉、ドリップパック」など、自宅の環境に合わせて購入できるような種類が用意されています。

無印良品のコーヒーの特徴

無印良品のコーヒーと、コーヒー関連商品にはどんな特徴があるのか、選ぶ際に注意したいポイントとしてチェックしましょう。

衣料品や家具家電だけでなく、飲料や食料も非常に人気が高い無印良品の重要なポイントがこちら。

体にも環境にも良いオーガニックコーヒー

trees_002

無印良品が販売するコーヒーは、全てオーガニックコーヒーなので体にも環境にも配慮されています。

オーガニックの原料を使用して作られていますが、しっかりとしたコーヒーの味わいを楽しめるコーヒーばかり。

コーヒー豆・コーヒー粉・ドリップと、人それぞれのコーヒーを飲む場面に合わせたセレクトが可能になっています。

コスパ最高!気軽に何杯でも飲める

お金

なんといっても他の有名コーヒーより、とても安価でコスパ最強といえる価格設定ではないでしょうか。

オーガニックコーヒーは手間ひまかけて作られているので、価格が高くなりがちです。

ですが、無印良品のコーヒーはとても安価に購入できるのでコスパの良さも特徴といえるでしょう。

雑貨屋とは思えない味と香り

内容量で選ぶ

家具に雑貨、衣料品と様々な商品を販売している無印良品ですが、色々と手を出しているにもかかわらずクオリティがとても高い!

コーヒー店ではないにもかかわらず、しっかりとしたコーヒー特有の深い味わいを体験することができます。

浅煎りのコーヒーから中煎り、深煎りと焙煎度合いにあわせて飲めるよう作られています。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

無印良品のコーヒーアイテムおすすめランキング

No.1 無印良品 オリジナルブレンド

無印良品コーヒーの王道がコレ!

オリジナルブレンドはコロンビア産コーヒー豆とホンジュラス産コーヒー豆をブレンドし、スッキリとマイルドに仕上げたコーヒーです。

焙煎度合いは中煎りなのでバランス良く酸味や苦味も感じられ、後味もスッキリ。

ほどよい香りでとても飲みやすく、コーヒー初心者にもぜひおすすめしたいコーヒーとなっています!

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

コロンビア、ホンジュラス

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

No.2 無印良品 ラテ用ブレンド

ミルクをたっぷり入れて飲みたいラテ用

オリジナルブレンド同様にコロンビア産コーヒー豆とホンジュラス産コーヒー豆を使用したラテ用ブレンド。

しっかりじっくりと深煎りしているので、ブラックではかなり重くなりがちです。

ラテ用ブレンドなのでミルクをたっぷりと入れて飲めば、ちょうど良い味わいになるおすすめのコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

コロンビア、ホンジュラス

焙煎

極深煎り

品種

アラビカ種

No.3 無印良品 ダーク

深いコクと苦味を感じたい人ならダーク

有機アラビカ種を深煎りしてブラックで飲めるように調整したのが、こちらのダーク。

香ばしくコーヒー特有の深く落ち着いた香りを感じられ、ホッと一息つけるような味わいとなっています。

酸味はしっかりと抑えられているので、ダークならではの重さと深く芳ばしい香りを楽しんでみてください。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

コロンビア、ホンジュラス

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

No.4 無印良品 カフェインレス

カフェインレスなのにコーヒー感たっぷりのコーヒー

ホンジュラス産のコーヒー豆を深煎にし、フルーティで爽やかな酸味を楽しめるカフェインレスコーヒー。

スッキリとした後口なのでとても飲みやすく、何杯でも飲んでしまうような飲みやすさになっています。

カフェインを97%カットしているので、カフェイン依存しているような方にもおすすめしたいコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

ホンジュラス

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

No.5 無印良品 インスタントコーヒー

無印良品
インスタントコーヒー
参考価格 450円

手軽に飲みたい人はこのインスタントコーヒー

コロンビア産のコーヒー豆を使ったインスタントコーヒーは、まろやかな香りとほどよいコクが特徴的。

インスタントコーヒーなのでカップに入れてお湯を注ぐだけ!と、簡単に飲めてしまいます。

インスタントとは思えないほどにとても美味しく、バランスの良い味わいのコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

40g

産地

コロンビア

焙煎

-

品種

アラビカ種

番外編 無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1

無印良品
豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1
参考価格 19,900円

豆からじっくりと楽しめるコーヒーメーカー

コーヒーの新鮮な味と香りを楽しむならやはりコーヒー豆で購入する、というのが通ですよね。

無印良品のコーヒーメーカーはコーヒー豆から挽いて新鮮な香りを楽しめるうえ、挽き方は5段階もあります。

シンプルなデザインでおしゃれなので、インテリアのひとつとしてもおすすめしたいコーヒーメーカーになっています!

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

4.4kg

サイズ

145×285×345mm

番外編 無印良品 コーヒーフィルター 60枚入

コーヒー23杯を淹れるのにおすすめのフィルター

ペーパーフィルターはしっかりとコーヒーの味や香りを抽出するために必要なフィルターですよね。

中でも繰り返し使うものではなく、使い捨てのフィルターなので安価で安定した作りであることがとても重要。

その点、無印良品のペーパーフィルターは一回あたり23杯が淹れられますのでコスパの良さもおすすめポイントです。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

70g

素材

パルプ

番外編 無印良品 ステンレス保温保冷マグ 500ml

無印良品らしい保温保冷ができるステンレスマグ

コスパの良さに加えてシンプルなデザインにより使いやすく、仕事中でも気にせず飲めてしまうような作りのステンレスマグ。

飲み口は大量に出てこないような作りをしているのでこぼしづらく、ですが洗いやすいという機能性に長けています。

朝に入れたコーヒーも夕方までしっかりと温度を保てるような機能性の高さも人気の理由です!

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

272g

サイズ

65×225mm

種類

ステンレス鋼

機能

抗菌加工、耐熱耐冷

無印良品のコーヒーアイテムおすすめ一覧表

無印良品が販売しているコーヒーは全てオーガニックコーヒーなので、体に気を遣っている人にもおすすめ!

また、コーヒーを美味しく飲むためのグッズなどもあわせてご紹介しています。

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 産地 焙煎
1無印良品
オリジナルブレンド

490円

200gコロンビア、ホンジュラス中煎り
2無印良品
ラテ用ブレンド

490円

200gコロンビア、ホンジュラス極深煎り
3無印良品
ダーク

490円

200gコロンビア、ホンジュラス深煎り
4無印良品
カフェインレス

690円

200gホンジュラス深煎り
5無印良品
インスタントコーヒー

450円

40gコロンビア-

無印良品のコーヒーを楽しむコツ

無印良品のコーヒーを楽しむコツ

無印良品が販売しているのはコーヒー豆や粉だけではなく、ドリップバッグやコーヒーバッグ、コーヒー雑貨など様々。

つまり、無印良品で買えるコーヒー関連商品だけで全て揃ってしまうのです!

デザインもかなりシンプルで使いやすく、おしゃれにコーヒーを飲むことができますよ。

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

nari

nari

編集部ライター・営業

バリ島で飲んだコーヒーの甘さとザラザラ感にびっくりし過ぎて、吹き出した経験をもつ編集部ライター。
その経験をきっかけに日本と世界のコーヒーの違いを知り、コーヒーの奥深さどんどんハマっていく。
コーヒーの味や香りだけでなく、カフェ空間やコーヒーを作る工程などの魅力にハマり毎週喫茶店巡りをしている。

-コーヒーブランド
-