コーヒーコラム

空腹時にコーヒーを飲むと危険?身体に及ぼす影響とおすすめの飲み方について解説

空腹時にコーヒーを飲むと危険?身体に及ぼす影響とおすすめの飲み方について解説

目覚めのコーヒーを起きてすぐに飲んで、お腹が痛くなったりするなどの経験はありませんか。

胃が空の状態、すなわち空腹状態でコーヒーを飲むと、胃酸過多など、体調不良につながる危険性もあるのです。

ただし、適切な飲むタイミングや量を守れば、それらを防ぐことができます。

快適においしくコーヒーを飲むためにはどうすればいいのか、その対策についてみていきましょう。

この記事を書いた人

sk

笹倉

編集部ライター

本当においしいコーヒーは、誰かの生き方や人生を変えてしまうのではないかと、コーヒーに無限の可能性を感じている編集部ライターです。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

空腹時にコーヒーを飲むと胃が荒れてしまう場合がある

腹痛

コーヒーに含まれるカフェインは胃酸の分泌を活発化するはたらきがあり、空腹時に胃酸の分泌が過剰になると胃の粘膜が刺激され胃に負担がかかります。

そのため、胃に食べ物が入っていない状態でコーヒーを飲むと、胃が荒れてしまうことがあります。

特に胃の弱い方は空腹時ではなく、食事やおやつを摂りながら飲んだり、食後に飲むようにしましょう。

コーヒーの飲み過ぎも胃が荒れてしまう原因のひとつ

シンプル  マグカップ

コーヒーに含まれているカフェインは、摂取しすぎると胃を荒らす可能性があり、身体に害があります。

カフェインは、脂肪を分解させる消化酵素「リパーゼ」を活性化させ、胃の分泌を促して消化を促進させてくれます。

ただ、カフェインを過剰摂取しすぎるとこの活性化したリパーゼが胃を痛めて吐き気の原因となってしまうのです。

あくまでも適切な量のコーヒーを飲むことが大事です。飲み過ぎにはご注意を。

[関連]コーヒーは1日何杯までが適量か詳しく解説!

空腹時のコーヒーが身体に及ぼす悪影響

空腹時にコーヒーを飲むと、胃痛や吐き気などの症状が出やすく、身体にとってよくない影響が出てしまうことがあります。

また、消化が悪くなる、血糖値が上がりやすくなる、集中力が続かなくなりイライラしてしまうなどの原因になることも。

身体にも心にも負担がかかりますので、なるべく空腹時にコーヒーを飲むことは避けましょう。

胃痛や吐き気などの症状が出やすい

空腹状態でコーヒーを飲むと、胃痛や吐き気などの症状が出ることがあります。

普段、胃酸は消化に役立つものとして活動していて、コーヒーに含まれるカフェインはこの胃酸の分泌を活性化してくれます。

ただ、空腹時の消化するものがない状態では、胃酸が活性化してもかえって胃の壁を傷つけてしまうことがあるのです。

これが胃痛や吐き気の原因となってしまうのです。

胃の消化が悪くなりやすい

空腹の胃にコーヒーを飲みカフェインを入れてしまうと、消化機能が低下してしまうことがあります。

コルチゾールやアドレナリンなどのストレスホルモンが過剰に分泌され、腹部の膨満感や過敏性大腸症候群を引き起こす可能性も。

また、コーヒーに含まれる苦味成分のクロロゲン酸が胃酸の働きを抑制する効果もあり、空腹時には一層その作用が働いてしまうこともあるのです。

血糖値が上がりやすい

コルチゾールは、本来副腎によって生成されるもの。代謝や血圧、血糖値の調整という働きをします。

ただ、空腹時のカフェイン摂取により過剰に分泌されてしまうと、血圧や心拍数を高めて、血糖値上昇にもつながってしまいます。

食中、食後のコーヒーは逆に血糖値を抑える効果を発揮してくれるので、飲むタイミングと量さえ気をつければ健康効果を得られますよ。

イライラ感が増えて集中力が下がりやすくなる

空腹時にカフェインが摂り込まれると、コルチゾールやアドレナリンなどのストレスホルモンを過剰に分泌してしまいます。

そのため、幸せホルモンのセロトニン分泌が抑制され、不安やイライラなどの心の不安定さを招くことがあります。

だるさを感じて集中力が下がってしまうこともあり、結果、仕事のパフォーマンスも低下するので注意が必要です。

空腹時のコーヒーの飲み方

忙しくて食事を摂る時間はなくても朝1杯のコーヒーが欠かせないという方は、身体への影響を少なくする飲み方をしましょう。

時間をかけて少しずつ飲む、水や白湯を事前に飲む、ラテにする、デカフェやカフェインレスのものを飲むなど。

これらの工夫をすることで、コーヒーが空腹時の身体に与える刺激を少しでも減らすことができます。

コーヒーを飲む前に水や白湯を飲む

水はできれば軟水を選ぶ

朝起きてすぐの身体は脱水状態になっているので、カフェイン摂取による利尿作用を引き起こすと、ますます水分が足りない状態になってしまいます。

まずは1杯の水や白湯を飲むことで水分を摂るのがおすすめ。

さらにカフェインの体内濃度を下げることができ、吐き気防止にも役立ちます。

白湯は寒い冬の朝も身体を温めてくれ、副交感神経を活発にしてリラックス効果ももたらしてくれるので、イライラ防止にもなりますよ。

牛乳や豆乳を加えて飲む

カフェオレ

空腹時や胃の調子が悪いときにコーヒーを飲むなら、牛乳か豆乳を入れてカフェラテにして飲むのがおすすめです。

ミルクをたっぷり入れたカフェラテは、コーヒーの摂取量をその分減らすことができます。

さらに、牛乳は胃の壁を守ってくれるので、カフェインの刺激による胃への影響を減らすことができます。

「ソイラテ」と呼ばれる豆乳で作るラテは、牛乳が苦手な方や健康志向の方にもぴったりですよ。

[関連]ソイラテの人気おすすめランキング

[関連]カフェオレの人気おすすめランキング

[関連]カフェオレ用コーヒー豆の人気おすすめランキング

デカフェやカフェインレスコーヒーを飲む

coffeecup_103

空腹時に飲むならカフェインを取り除いたデカフェや、極力カフェインの含有量を減らしたカフェインレスのコーヒーもおすすめです。

カフェインの過剰摂取を防いでくれ、胃への負担など、空腹時にカフェインを摂取することで起きる身体への悪影響も減らしてくれます。

コーヒーの味は好きなのだけど、健康を考えてカフェインは控えようかな、と考えている方も取り入れてみましょう。

[関連]カフェインレスコーヒーの効果とメリットを詳しく解説します!

[関連]カフェインレスコーヒーの人気おすすめランキング

空腹時だけでなく朝起きてすぐコーヒーを飲むのも危険

sleepiness_010

朝起きてすぐコーヒーを飲むと、目覚めを促進させるコルチゾールを抑制してしまうため、眠気やだるさを感じやすくなってしまいます。

また、無理やり目を覚ます感覚でコーヒーを大量に飲み続けると、カフェイン中毒になる可能性があるのでご注意を。

起きてすぐではなく、1時間後など少し時間が経ってから飲むほうが身体にとってよさそうです。

朝コーヒーを飲む場合は9時~11時ごろに

朝にコーヒーを飲むなら、おすすめのタイミングがあります。それは、9時~11時ごろの時間帯です。

この辺りが最もコルチゾール分泌が少ない時間帯になるため、カフェイン摂取による身体へのデメリットが少ないのです。

逆に、集中力アップや眠気覚ましなど、コーヒーを飲むことによるメリットを目一杯得られやすくなります。

[関連]朝コーヒーはダメ?メリット・デメリットや適切な飲み方について

[関連]朝飲みたいコーヒーランキング

コーヒーは空腹時ではなく食後に飲むのがおすすめ

食後に飲むことで口内をリフレッシュできる

食事

コーヒーに含まれるカフェインには胃液の分泌を促す効果があります。

そのため、食後に飲めば胃酸の分泌が促され、スムーズな消化を助けてくれるのです。

食後に飲むコーヒーは口の中をスッキリさせてくれますし、リフレッシュにも繋がるので、空腹時より食後の1杯をおすすめします。

コーヒーは本来、集中力アップや消化促進など、身体によい影響を与えてくれます。飲むタイミングと量に気をつけて楽しみましょう。

[関連]食事の後に飲みたいコーヒー人気おすすめランキング

ゆっくりと飲むことでより、リラックス効果を得ることができる

飲む コーヒー

朝の忙しい時間だからと、急いで胃に流し込んでしまうのはよくありません。ゆっくりと味わうように飲んでみましょう。

コーヒーをゆっくりと飲む時間でリラックスでき、集中力を高めてくれる効果も得られます。

また、カフェインは少しずつ飲むことで頭を働かせてイライラを抑えてくれるのです。

飲み過ぎ防止にもなるため、カフェインの過剰摂取を防ぎます。

[関連]コーヒーとは?誕生の歴史や栽培過程、種類や健康効果について

コーヒーは豆で買うからこそ、新鮮な美味しいコーヒーが味わえる。
ネットでも気軽に買える、おすすめのコーヒー豆を編集部が厳選しました!

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

笹倉

笹倉

編集部ライター

喫茶店で飲む本格的なものはもちろん、自分で入れるインスタントやドリップ、自販機やコンビニのコーヒー、銭湯のコーヒー牛乳も大好き。
コーヒー味のお菓子も含め、あのほろ苦い味と独特な香り、風味すべてが愛おしいです。
推しコーヒーはハワイのコナ。

-コーヒーコラム
-