コーヒーコラム

夜のコーヒーはNG?メリット・デメリットと正しい飲み方について

2022年10月17日

夜のコーヒーはNG?メリット・デメリットと正しい飲み方について

夜のゆったりとしたひと時にコーヒーを楽しむ、という方も意外に多いもの。

そこで気になるのはカフェインが睡眠に及ぼす影響です。またそれ以外の効果などはないのでしょうか。

この記事では夜コーヒーを飲むことのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

また適切な飲み方もご紹介。ぜひ夜のコーヒータイムの際は参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

sk

Yuko

編集部ライター

毎日のコーヒーはなくてはならないものである一児の母。自宅でのカフェタイムを充実させるため、コーヒーについて日々研究中です。

夜のコーヒーは敬遠している人もいれば、好きな人も

コーヒー

仕事や勉強のあと、ほっとひと息つきたい時は夜が多いのではないでしょうか。

そんな時にコーヒーを淹れて楽しむという方の声も多く聞かれます。

一方で、カフェインの作用で眠れなくなってしまうので控えているという方も。

夜のコーヒーはさまざまな意見があり、人それぞれ。しかし夜コーヒーを飲むという方が意外にも割合的には少し多いようです。

[関連]夜に飲みたいコーヒーランキング

メリット・デメリット両方がある

ホットコーヒー

夜コーヒーを飲むことのメリット・デメリットはどんなものがあるのでしょうか。

代表的なデメリットとしては眠れなくなる、などがあるものの実はメリットも存在します。

せっかく飲むなら身体や健康にとってメリットになる飲み方をしたいもの。

そのためのさまざまなポイントを詳しくみていきましょう。

夜コーヒーのメリット

香りで高いリラックス効果を得られる

リラックス

コーヒーの芳ばしい香りを嗅ぐと、気持ちが落ち着くという方も多いのではないでしょうか。

これはコーヒーの香りがα波を出やすくしているため。

α波は入眠の際や、安静している時に出る脳波です。

コーヒーの独特の芳ばしい香りはストレスを和らげリラックス効果たっぷり、ということですね。

[関連]リラックス効果のあるコーヒーランキング

[関連]香りの良いコーヒーおすすめランキング

血流を促進して冷え性改善などが期待される

bloodvessel_001

コーヒーには血行を促進する効果があります。コーヒーの持つ血管を拡げる作用により、血の巡りが良くなるためです。

血行が良くなれば冷え性の改善などが期待できます。

特に寒い時期など冷えて眠れない、という方にはうれしい効果ではないでしょうか

また血液の循環が良くなることで、疲労回復にもつながります。

夜コーヒーのデメリット

質の高い睡眠を取れなくなる場合がある

睡眠

最も代表的なデメリットでもある、眠れなくなるという点。カフェインの作用によって脳が覚醒し、興奮状態になる現象です。

カフェインは睡眠物質を阻害し、覚醒物質を出すという働きがあります。

そのため寝つきが悪くなってしまう、ということが起こってしまいます。

[関連]コーヒー1杯のカフェイン量はどのくらい?摂取量目安やメリット・デメリットも解説します。

コルチゾールが増加してしまう

不調

ストレスホルモンと言われるコルチゾール。副腎皮質から分泌されるホルモンの一種です。

身体を動かすのに必要不可欠な成分ではありますが、過剰に分泌されるのはやはりよくありません。

コーヒーに含まれるカフェインはコルチゾールの分泌を増進させる作用があります。

夜コーヒーは飲み方次第で太りやすくなる

ダイエット 痩せる

ダイエットの観点からは夜コーヒーを飲むことはあまりおすすめできません。

夜にコーヒーを飲むと太りやすくなってしまう、ということが起こってしまうのです。

ダイエットにも効果が期待できるコーヒーですが、なぜ夜はいけないのでしょうか。

いくつか理由があるのですが主なものをご紹介します。

睡眠不足で代謝が下がり、高カロリーの食べ物を欲する

ハンバーガー

体は睡眠不足の状態になると、基礎代謝が落ちます。基礎代謝とは体温調節をする・呼吸をするなど、生きるために必須で消費するカロリーのこと。

基礎代謝が低くなると同じだけのカロリーを摂取しても、消費量が少ないため太りやすくなるのです。

また睡眠不足=活動時間が長くなると体が判断するため、エネルギーを確保しようと食欲を増進させるホルモンを増やしてしまいます。

そのため寝不足になると、高カロリーの食べ物を欲してしまうのです。

出典:寝不足はダイエットの敵 - 筑波大学

コルチゾールが過剰になると脂肪代謝や糖代謝が低くなる

ダイエット

コーヒーに含まれるカフェインはコルチゾールを増進します。

コルチゾールが増加すると、食欲抑制の働きをするセロトニンという物質が減ってしまいます。

そのため体が通常よりも多くの糖分を欲するように。糖分の摂取は脂肪の増加にもつながります。

また、脂肪を分解する働きを抑制する作用もコルチゾールにはあると言われています。

[関連]コーヒーを飲むと太る?痩せる?コーヒーの効果と痩せる飲み方を解説します!

夜コーヒーの覚せい効果(カフェイン耐性)は個人差がある

コーヒー 飲む

夕方コーヒーを飲むだけでも夜眠れなくなってしまう、という方もいればベッドサイドにコーヒーを持っていくという方もいます。

ある研究結果によれば遺伝子の個人差によって、カフェインの感受性が異なるためとのこと。

その結果カフェインに強く影響を受ける・受けない人が出てしまうようです。

ただし、加齢に伴ってカフェインの影響を受けるようになることも。

カフェインの代謝時間を考慮して、大切な睡眠をきちんと取れるようにしましょう。

[関連]コーヒー1杯のカフェイン量はどのくらい?摂取量目安やメリット・デメリットも解説します。

おおよその目安は睡眠の4~5時間前まで

時計 時間

コーヒーの効果があらわれるのは一貫して、飲んでから30分ほどしてから。

しかしカフェインが体外に排出されるのは、かなり個人差があり数時間の開きがあります。

そのためあくまで目安ですが、コーヒーを楽しむのは睡眠の4~5時間前までが良いとされています。

カフェインの影響を強く受けてしまう、という方はやはり夕方以降は飲まないようにしましょう。

適量の夜コーヒーで朝の目覚めが良くなる場合も

寒い日 コーヒー

夜に飲むことをタブー視されているコーヒーですが、飲み方のコツを掴むと朝すっきり起きることにつながります。

コーヒーの血流をアップさせる効果や香りのリラックス作用は、質の良い睡眠に◎。

飲み方を工夫すれば、夜コーヒーを楽しむことができますね。

[関連]朝コーヒーはダメ?メリット・デメリットや適切な飲み方について

夜コーヒーの適切な飲み方

睡眠を妨げないコーヒーの飲み方をいくつかご紹介します。

適切に飲めば夜にもコーヒータイムが楽しめるのはうれしいですね。

自分の好みやライフスタイル、体調に合わせてチョイスしてみてください。

[関連]夜に飲みたいコーヒーランキング

少量(100ml程度)にする

耐熱グラス

飲む量が増えてしまうとカフェインを摂取する量も増えてしまいます。

夜に楽しむには100ml程度が適量とされています。

ゆっくりと香りを楽しみながら少量を味わって飲むことがおすすめです。

カフェインレスコーヒーを飲む

コーヒー

やはりカフェインを控えたい時はカフェインレスコーヒーが適しています。

カフェインレスでもしっかりとした飲みごたえのあるコーヒーが多く販売されています。

量を飲みたい、という方はお好みのカフェインレスコーヒーを見つけてみましょう。

[関連]カフェインレスコーヒーの人気おすすめランキング

ゆっくりと30分以上時間をかけて飲む

time_002

夜のコーヒーはゆっくりと時間をかけて飲みましょう。目安は30分。

一気にコーヒーを飲んでしまうと胃に負担がかかってしまいます。またカフェインの刺激も相まって眠りにくくなるのです。

落ち着いて味わうようにしましょう。

ホットコーヒーにして体をあたためる

ホットコーヒー

夜にコーヒータイムを楽しむ時は、断然ホットがおすすめです。

体をあたためることは、質の良い睡眠につながります。またコーヒーの血流促進効果をより高めてくれるという点も。

ホットコーヒーは香りもより広がりやすくなるため、あたたかいコーヒーを飲んでリラックスしましょう。

[関連]コーヒー豆・コーヒー粉のおすすめランキング

ミルクを多めに加えてカフェオレなどに

カフェラテ

ミルクには睡眠を促すセロトニンの原料になる、トリプトファンという成分が豊富に含まれます。

さらにカルシウムが脳の興奮を抑えてくれるため眠りやすい状況が整います。

たっぷりとミルクを入れたカフェオレやラテなどで、まろやかなおいしさを味わいましょう。

[関連]カフェオレ用コーヒー豆の人気おすすめランキング

夜にコーヒーを飲む際の注意点

空腹時には飲まない

meal_011

コーヒーは特に空腹時に飲むと胃もたれを起こしてしまうことがあります。

例えばブラックコーヒーを大量に、そして短時間で飲むことは胃に大きな負担をかけるのです。

胃の弱い人なら不快感で眠れなくなってしまうことも。

そのため空腹時には特に注意が必要です。

アイスコーヒーは体を冷やすため控える

アイスコーヒー

暑い時期などはアイスコーヒーを飲みたくなりますが、なるべく控えましょう。

体を冷やすと眠りに入りにくくなってしまいます。

またカフェインの利尿効果も相まってトイレが近くなり、眠りを妨げてしまう可能性があります。

[関連]アイスコーヒー用コーヒー豆の人気おすすめランキング

[関連]アイスコーヒーメーカーの人気おすすめランキング

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

nari

Yuko

編集部ライター・営業

コーヒーフレーバーのお菓子は見かけたら必ず買ってしまうほど大好きです。コーヒー好きの両親の影響で、中学生からドリップしていました。カフェや喫茶店はもちろんですが、子どもがいるため自宅でゆっくりとコーヒーを楽しんでいます。

-コーヒーコラム
-