コーヒーコラム

水出しコーヒーとは?アイスコーヒーとの違いや美味しい作り方

水出しコーヒーとは?アイスコーヒーとの違いや美味しい作り方

味わい深い風味と香りを楽しめることから、広く親しまれている水出しコーヒー。

じっくりと時間をかけて抽出することで、ホットで淹れるのとは別の一面が引き出され、口当たりなめらかな、豊かな味わいが楽しめます。

手軽に作ることができ、アレンジも自在です。

この記事では水出しコーヒーの基本からおいしい淹れ方、おすすめのコーヒーバッグや器具まで、さまざまな角度から魅力をご紹介します。

この記事を書いた人

sk

S.K

編集部ライター

ここ数年、朝のソイラテから一日が始まります。
そして朝ドラを見ながらブラックを1杯、仕事中は1〜2杯。
夜になるとコーヒー豆乳焼酎を一献というのが日々のコーヒールーティンです。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3!

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

当サイトにはPRが含まれています。また、掲載する広告から商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

水出しコーヒーとは

水出しコーヒーは通常のコーヒーとは異なり、冷水を使ってゆっくりと時間をかけて作ります。

室温か冷蔵庫で半日程度、時間をかけて抽出。

低温抽出によりカフェインの刺激が少なく、まろやかな深い味わいになります。

冷水で抽出した水出しコーヒーは、アイスコーヒーとして楽しむのが一般的です。

[関連]水出しコーヒーのカフェイン量は多い?少ない?比較結果をご紹介します

発祥はインドネシア

インドネシア産

水出しコーヒーは、インドネシアで始まったコーヒーの淹れ方です。

18世紀後半から20世紀半ばまで、オランダの統治下にあったインドネシア。

現地の人々の間では、挽いたコーヒーを水につけて抽出する方法が一般的でした。

この方法をベースにオランダ人たちが改良を重ね、ダッチコーヒー(=オランダ人のコーヒー)として世界的に普及したといわれています。

[関連]【専門家監修】マンデリンコーヒーの特徴や味わいと等級や歴史、美味しい淹れ方・飲み方を解説!

[関連]インドネシア産コーヒーの人気おすすめランキング

水出しコーヒーと急冷式アイスコーヒー、ダッチ、コールドブリューの違い

水出しコーヒーには、ダッチコーヒーやコールドブリューという呼び名もあります。

どれも常温や冷水にコーヒー粉を長時間浸ける抽出方法を指します。

アイスコーヒーには、もうひとつ「急冷式」があります。

これは濃く抽出したコーヒーに氷を入れて、急激に冷やしてアイスコーヒーを作る作り方。

今すぐアイスコーヒーを飲みたい!というときに適した抽出方法といえます。

[関連]【専門家監修】アイスコーヒーとコールドブリューの違いを詳しく説明します!

水出しコーヒーと急冷式アイスコーヒーの違い

水出しコーヒー

アイスコーヒーの作り方には2種類あります。

水出しコーヒー時間をかけて水で抽出
急冷式アイスコーヒーお湯で抽出後に冷やす

時間をかけて水で抽出するとまろやかさが出るため、水出しを好む人も多いようです。

一方で急冷式は、できたてをすぐに味わえるという利点がありますね。

水出しコーヒーとダッチ、コールドブリューの違い

コールドブリューコーヒー

水出しコーヒーにはダッチ、コールドブリューなど呼び名がいくつかありますが、同じ抽出方法です。

ダッチコーヒーは、どちらかというと古くから定着している呼び方です。

対してコールドブリューは近年、よく使われるようになった呼び方といえるでしょう。

いずれも常温や冷たいお水から、コーヒーをゆっくりと淹れる方法です。

水出しコーヒーの味わい

低温でじっくりと時間をかけて抽出するため、豊かな味わいが楽しめる水出しコーヒー。

コーヒー豆のエッセンスがじっくりと溶け込んで、飲み心地のいい一杯ができあがります。

氷で割って楽しむ清涼感にコーヒー本来の風味が加わり、ぜいたくな味わいが楽しめると好評を博しています。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒー
アイスコーヒー

水出しコーヒーは専用の器具も販売されていますが、ピッチャーなどにコーヒーバッグやお茶パックに入れたコーヒー粉を入れて作る方法は、器具要らずで簡単です。

2つの作り方のポイントを、ご説明しましょう。

[関連]水出しコーヒーの作り方を解説!手軽に美味しく作るコツとアレンジレシピ

ピッチャーにコーヒーバッグを入れて抽出する作り方

コーヒーバッグ

ピッチャーにコーヒーバッグを入れるやり方は、簡単かつ手軽な水出しコーヒーの作り方です。

用意するもの

  • アイスコーヒー用、もしくは深煎りのコーヒー粉
  • お茶用の不織布バッグ
  • ピッチャー

作り方

  • お茶用の不織布バッグにコーヒー粉を入れる
  • 100gのコーヒー粉に対して水1L程度を入れる
  • 冷蔵庫で4~8時間ほど寝かせて完成

時間が経ったらコーヒーバッグを取り出し、氷で割ったり、水やミルクを加えてお好みの味わいに調整します。

コーヒーバッグは上記のように、お好みのコーヒー豆を挽いてお茶や出汁用の不織布バッグに入れても、市販のものを利用してもOKです。

[関連]水出しコーヒーバッグの人気おすすめランキング

水出しコーヒー器具を使った作り方

コールドブリュー

器具を揃えて、本格的に水出しコーヒー作りに取り組むのも楽しいでしょう。

用意するもの

  • アイスコーヒー用、もしくは深煎りのコーヒー粉
  • 水出しコーヒー器具(ポットタイプ・サーバータイプなど)

作り方

  • バスケットにコーヒー粉を入れる
  • 100gのコーヒー粉に対して水1L程度を入れる
  • 冷蔵庫で8時間ほど寝かせて

抽出が終わったら、濾過器やコーヒーフィルターなどでコーヒー液を濾すと、さらに豊かでまろやかな水出しコーヒーになりますよ。

氷やミルク、シロップなどでアレンジして、お好みの味わいに仕上げてくださいね。

[関連]【専門家監修】水出しコーヒー器具とは?使い方やおすすめ器具について

[関連]水出しコーヒーポットの人気おすすめランキング

水出しコーヒーをより美味しく飲むポイント

水出しコーヒーは常温の水や冷水からコーヒーを抽出する方法です。

火を使わずにおいしいコーヒーを淹れるのは、難しいイメージがあるかもしれませんね。

でも大丈夫。2つのポイントをおさえれば、おいしい水出しコーヒーはかんたんに作れます。

それぞれ分かりやすくご説明しましょう。

中細挽きの深煎り豆を使う

コーヒーの焙煎度合い

水出しコーヒーをおいしく楽しむにはまず、中細挽きの深煎りコーヒー豆を選ぶことから始めましょう。

中細挽きは抽出したとき、豆の豊かな風味をより良く引き出します。

水出しによる時間の長い抽出でもその特徴が際立ちます。 

深煎りコーヒー豆を使うことで氷で割っても風味豊かな、しっかりとしたコーヒー感が味わえます。

ブラックはもちろん、ミルクなどを加えても、贅沢なアイスコーヒータイムが楽しめますよ。

[関連]深煎りコーヒーのおすすめランキング!

軟水のミネラルウォーターを使う

水はできれば軟水を選ぶ

おいしい水出しコーヒー抽出のために、水の質にもこだわりたいところ。

軟水のミネラルウォーターを使うと、水出しコーヒーがよりおいしく楽しめます。

軟水は硬度が低くミネラルが少ないため、コーヒー豆の風味がクリアに引き立ち、コーヒー本来の良さをよく感じられます。

ペットボトルなどはもちろん、軟水が豊富な場所で淹れてもいいかもしれませんね。

質のいい軟水で、クリーンでフレッシュな水出しコーヒーを楽しんでみませんか。

抽出を終えたコーヒー粉はすぐに取り出す

コーヒーかす

水出しコーヒーをよりおいしく楽しむには、抽出を終えたコーヒー粉をすぐに取り出すことも大事なポイントです。

水出しコーヒーは時間をかけてゆっくり抽出されますが、コーヒー粉が水に浸かり続けると余計な苦みが出がちになります。

抽出を終えたコーヒー粉をすぐ取り出すことで、まろやかでクリーンな味わいに。

コーヒーの風味をベストな状態で引き出し、おいしいアイスコーヒーを楽しめますよ。

[関連]【専門家監修】コーヒー豆は消臭・脱臭に再利用できる?抽出後のかすを使ったエコ術

水出しコーヒーにおすすめのコーヒーバッグ

不織布のお茶パックや出汁パックにコーヒー粉を入れてもおいしい水出しコーヒーは作れますが、あらかじめコーヒー粉が入った便利なコーヒーバッグも多く販売されています。

ここでは、コーヒーのメーカーや専門店が開発したコーヒーバッグをご紹介します。

用意したお水に入れるだけだからより手軽。ギフトなどでも喜ばれそうです。

ロクメイコーヒー 水出しアイスコーヒー コーヒーバッグ

ロクメイコーヒー
水出しアイスコーヒー コーヒーバッグ
参考価格 1,728円

Amazonプライムに登録して送料無料!

ROKUMEI COFFEE CO.の水出しアイスコーヒーバッグは5袋入り。ご自宅などで手軽に楽しめます。

バッグに入ったコーヒーには、自家焙煎のスペシャルティコーヒーをぜいたくに使用。

一晩水に入れておくだけで、​​濃厚でスッキリとしたアイスコーヒーが完成します。

香料・保存料を一切使用せず、無添加で安心・安全。

ミルクや氷水、豆乳を加えるほか、バニラアイスにかけてアフォガード風な楽しみ方も。

家族みんなでおいしく飲める、シュガーフリーのコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

225g

産地

-

焙煎

-

珈琲きゃろっと 水出しアイスコーヒーパック

出典 :珈琲きゃろっと

珈琲きゃろっと
水出しアイスコーヒーパック
参考価格 2,180円

こちらは珈琲きゃろっとによる、麦茶感覚の手軽な「水出しアイスコーヒーパック」です。

コーヒーパックを冷凍保存することで鮮度をキープします。

冷凍庫から出したパックを水と一緒に容器に入れると、8時間から24時間で抽出が完了。

抽出時間を調整することで、お好みの濃度のコーヒーが作れます。

焙煎したての新鮮なコーヒー豆をそのままパックしています。

水で抽出するため熱による酸化がなく、抽出後は冷蔵庫で3日から5日の保存が可能です。

簡単に、専門店仕様のアイスコーヒーが楽しめます。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

195g

産地

-

焙煎

深煎り

銀河コーヒー 極上の果実感 モカ・イルガチェフ 水出しコーヒーバッグ

銀河コーヒー
極上の果実感 モカ・イルガチェフ 水出しコーヒーバッグ
参考価格 1,280円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

銀河コーヒーの水出しコーヒーバッグ 極上の果実感 モカ・イルガチェフ(ウォッシュド)は、エチオピア・イルガチェフ地方の最高等級G1規格のコーヒー豆をぜいたくに使用したコーヒーバッグ。

焙煎度は、水出しコーヒーとしては浅めのシティロースト(中煎り)です。

コーヒー入りのバッグを600ccの水に浸して8時間から10時間、冷蔵庫で抽出すれば完成。

40g×4袋入りで、12杯から16杯のコーヒーが作れます。

フルーティさや香り、酸味が際立つバランスのいいコーヒーは、アイスコーヒー好きに贈りたい逸品です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

160g

産地

エチオピア

焙煎

-

水出しコーヒーにおすすめの器具

アイスコーヒーをおいしく淹れたい!というときは器具も揃えると、より本格的に淹れられます。

高級感のある使いやすい器具なら、プレゼントにも好適です。

ハリオ フィルターイン コーヒーボトル FIC-70

ハリオ
フィルターイン コーヒーボトル FIC-70
参考価格 1,627円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

ハリオの「フィルターインコーヒーボトル 650ml ショコラブラウン」は、シンプルなデザインのワインボトルタイプで、水出しコーヒーが手軽に楽しめるアイテム。

注ぎ口がシリコーン製で水切れが良く、注ぎやすい設計です。

中のストレーナーにコーヒー粉を入れ、水を注いで8時間冷蔵庫で抽出すればおいしいアイスコーヒーが完成します。

耐熱ガラス製で熱湯も使用可能。食器洗い機対応でお手入れも簡単です。

レビューでは、使いやすさや淹れるコーヒーのおいしさなどが高く評価されています。

機能的なアイスコーヒーメーカーとして、多くのユーザーが愛用する製品です。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

5色

重量

520g

サイズ

8.7×8.4×30cm

素材

耐熱ガラス、シリコーンゴム、ポリプロピレン、ポリエステル

種類

水出し

iwaki ウォータードリッパー KT8644-CL1

iwaki
ウォータードリッパー KT8644-CL1
参考価格 2,894円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

iwaki(イワキ)の耐熱ガラス製コーヒーサーバー「ウォータードリッパー ウォータードリップ 440ml KT8644-CL1」は、シンプルなデザインと使いやすさが魅力のアイテム。

サイズは直径12×高さ26.5cm、重さは472g。容量は440mlです。

水とコーヒー粉をセットするだけだから簡単。時間をかけて、コクのある澄んだ香りのコーヒーを抽出します。

淹れたコーヒーは電子レンジで温めれば、ホットコーヒーとしても楽しめます。

おしゃれなデザインとシンプルな使い勝手がうれしい逸品です。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

472g

サイズ

径12×高さ26.5cm

素材

耐熱ガラス、AS樹脂、ポリスチレン、ポリプロピレン

種類

アイスコーヒーメーカー

ハリオ Glass Cold Brew Coffee Pitcher S-GCBC-90-T

ハリオ
Glass Cold Brew Coffee Pitcher S-GCBC-90-T
参考価格 3,242円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

HARIO(ハリオ)のGlass Cold Brew Coffee Pitcher S-GCBC-90-Tは、シンプルで使い勝手のいい水出しコーヒー用ピッチャー。

本体はガラス製で、シリコンやポリエステル、プラスチックなどの素材で作られています。

360°どこからでも、傾けるだけで注げるデザインが特徴。シンプルな作りで、使いやすいと好評です。

口が広く、食洗機対応だからお手入れもかんたん。

800mlの適度なサイズ感と手ごろな価格で、長く使い続けるファンも多くいる製品です。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

477g

サイズ

‎9.4 x 9.4 x 30.4 cm

素材

ガラス, ポリエステル, シリコーン, プラスチック

種類

水出し

水出しコーヒーのよくある質問

水出しコーヒーに関する、よくある質問を下記にまとめます。

水出しコーヒーにトライしたい!という方の参考になれば、とてもうれしいです。

Q. 水出しコーヒーの抽出時間は?

水出しコーヒーの抽出時間はポットに粉を入れて抽出する場合、8時間程度です。

専用のコーヒーバッグならもう少し短めの時間で淹れられます。

コーヒーと水が十分に接触して、風味や香りがコーヒーに移るまで、水から入れるとやはり時間がかかります。

抽出時間が短すぎるとコーヒーの風味が十分に出ず、逆に長すぎると苦味が増す可能性があります。

抽出時間は好みによっても異なります。好みに合わせて試行錯誤する必要があるでしょう。

また、季節や室温の変化に合わせて調整するのもおいしく淹れるコツです。

Q. 水出しコーヒーはどんなコーヒーを使ってもいい?

水出しコーヒーは基本的に、どんなコーヒーを使っても淹れられます。

一般的に、水出しコーヒーには中深煎りから深煎りのコーヒー豆を使うことが多いです。

水出し抽出で、ダークローストの豊かな風味が引き立ちます。

好みや個々の味覚によって、おいしいと感じるコーヒーは異なるでしょう。

いろいろな産地や品種、処理方法のコーヒー豆を試してみると、新しい水出しコーヒーの味わいに出会えるかもしれませんね。

Q. 水出しコーヒーは何日くらいまで飲める?

水出しコーヒーは抽出後、冷蔵庫で保存すれば数日はおいしく飲めます。

保存状態や冷蔵庫の温度によるところもありますので、抽出後はできるだけ早めに飲むことが好ましいです。

抽出後、時間が経つにつれて風味が劣化する可能性があります。

温度変化や細菌の繁殖を防ぐために、密閉容器で保存することも重要です。

できるだけ早めに、おいしいうちに楽しみましょう。

▼あなたにおすすめの記事▼

2月のおすすめコーヒー豆も要チェック!

この記事を書いた人

sk

S.K

編集部ライター

家で飲むコーヒーは基本ノンカフェインの決まった銘柄ですが、加入している生協に知らないコーヒーが出ていれば買うことも。
喫茶店やレストランでは、ガツンとカフェインの効いたのが嬉しいです。
出張や旅行などで遠方に行くと水が違うからか、何気なく立ち寄った店で飲んだコーヒーが思い出に残ることも少なくありません。

-コーヒーコラム
-