コーヒーメーカーブランド

【2022年版】カリタ製コーヒーメーカーの人気おすすめランキング7選!

2022年5月17日

カリタ製コーヒーメーカーの人気おすすめランキング7選!

コーヒー機器の総合メーカーとして名を馳せている、コーヒー業界で有名なカリタ(Kalita)。

家庭用や業務用のコーヒー関連機器を製造・販売しており、多くの人が知るメーカーです。

多くのコーヒーメーカーを販売しているため、どれを選んだらいいのか迷う、という人はぜひチェック!

家庭用に絞って、カリタ製コーヒーメーカーを詳しくご紹介していきます。

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。

 

カリタ製コーヒーメーカーの選び方

コーヒー機器総合メーカーのカリタ

カリタ

横浜を拠点とするカリタは、コーヒー関連機器を様々販売しています。

コーヒードリッパーやコーヒーポット、グラインダーやコーヒーミルなどとても豊富な種類。

中でもコーヒーメーカーは家庭用と業務用に分かれており、選び方がとても重要です。

機能面で選ぶ

出典:Amazon

カリタ製コーヒーメーカーは、種類が多いわけではなく、使い勝手によって選びます。

コーヒーミルが搭載されているもの、そうでないもの、浄水機能などです。

手軽にサッとコーヒーを飲みたい、そんな人に適したコーヒーメーカーが集まっています。

価格で選ぶ

出典:Amazon

カリタが製造・販売するコーヒーメーカーは、非常に低価格のものが多いです。

安ければ2,000円~3,000円ほどで、非常にコスパの良いものばかり。

1万円以内で購入できるコーヒーメーカーが多いというのは、大きな利点ですよね。

内容量で選ぶ

出典:Amazon

基本となる内容量は、一回の抽出あたりで5杯分のコーヒー量です。

これをベースとしつつ、1杯~4杯といった内容量のものもあります。

利用する環境に合わせて、適した内容量のコーヒーメーカーを選びましょう。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

楽天サービスを使うほどに、お買い物でポイントアップ!

楽天グループのサービスは使うほどお得になる!

お得な商品がさらにお得になる、開催中の大型企画も続々更新!

>>楽天市場でお買い物をするならこちら

カリタ製コーヒーメーカーのおすすめランキング

No.1 カリタ コーヒーメーカー ET-102

コスパの高さと利便性の良さが抜群のET-102

手軽なコーヒードリップができるコーヒーメーカーで、コスパ最強の価格帯となっています。

一家に一台あって困らないサイズ感で、カリタ製のコーヒードリッパーが付属。

ドリップ時にはアロマシャワーでムラなく注ぎ、3つ穴ドリッパーで美味しく抽出してくれます。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

1.1kg

サイズ

21.7 x 13.4 x 24.4 cm

素材

PP樹脂、耐熱ガラス

種類

手動

No.2 カリタ コーヒーメーカー MD-102N

ミル付きで挽きたてドリップができるコーヒーメーカー

プロペラ式のコーヒーミルを搭載し、ワンタッチで急速粉砕してくれるコーヒーメーカー。

浄水機能が付いているため、水道水のカルキ臭を除去して抽出できます。

ドリップにはこちらもアロマシャワーを採用しているため、ムラなく抽出できます。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

2.05kg

サイズ

13 x 28 x 25 cm

素材

PP樹脂、耐熱ガラス

種類

セミオートコーヒーメーカー

No.3 カリタ コーヒーメーカー EC-650

スリムで邪魔にならないコンパクト設計が魅力

カリタの3つ穴式ドリッパーを採用し、雑味成分が出る前に旨みを抽出する仕組み。

厳選された機能だけなので、コスパの高さを実現しているコーヒーメーカーです。

ドリッパーは外せる仕様で、雫垂れの防止弁も付いているので、お手入れも簡単ですよ。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

0.9kg

サイズ

22.2 x 16.8 x 26.1 cm

素材

PP樹脂、耐熱ガラス

種類

手動

No.4 カリタ コーヒーメーカー TS-101N

コーヒーカップに直接ドリップできる1カップ用

飲みたいときにサッと飲める、1カップ専用のコーヒーメーカーがこちら。

抽出したコーヒーをそのままコーヒーカップへとドリップできて、味や香りを逃しません。

ドリップしてそのまま飲むことができるので、オフィスなどにも適しているコーヒーメーカーです。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

650g

サイズ

15.5 x 23 x 15.5 cm

素材

PP樹脂

種類

手動

No.5 カリタ コーヒーメーカー カフェコローレ V-102

カリタ
コーヒーメーカー カフェコローレ V-102
参考価格 39,800円

カラフルなデザインで華やかにしてくれるカフェコローレ

全5色のカラーバリエーションで、キッチンをカラフル華やかにしてくれるカフェコローレ。

スイング式ドリッパーを採用しており、ドリップ後には取り外してお手入れが可能となっています。

すでに在庫数が限られてきており、高価格帯になっている種類も多くなってきています。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

5色

重量

1kg

サイズ

19 x 16.7 x 24 cm

素材

PP樹脂、耐熱ガラス

種類

手動

No.6 カリタ コーヒーメーカー EX-102N

浄水機能でクセのないまろやかなコーヒーが出来上がる

たっぷり5カップ用のコーヒーメーカーで、カルキ臭を取り除く浄水機能が付いています。

アロマシャワーを採用しているため、コーヒー粉に対してムラなくドリップすることができます。

サイフォンパイプの先端までしっかりとコーヒーを溜めることで、蒸らし効果を実現しています。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

1.2kg

サイズ

23.3 x 13 x 25.2 cm

素材

PP樹脂

種類

手動

No.7 カリタ コーヒードリップセット アイス&ホット ST-1N

カリタ
コーヒードリップセット アイス&ホット ST-1N
参考価格 1,664円

ホットでもアイスでもサッと作れるアイス&ホット

コンパクトサイズのコーヒードリップセットで、アイスとホットに対応しています。

中間に冷却器をセットすることができるため、抽出時にそのままアイス対応している作り。

急速冷却することによってコクや香りを逃さず、キリッと冷やすことができる仕様です。

レビュー

容量
利便性
機能性
手入れ
デザイン
コスパ

▼商品情報

1色

重量

550g

サイズ

170×130×305mm

素材

AS樹脂、耐熱ガラス、PP樹脂

種類

手動

カリタ製コーヒーメーカーの一覧表

コスパよく購入できるカリタ製のコーヒーメーカーは、気軽にコーヒーを飲むのにぴったりです。

特別な機能などはありませんが、長く使い続けられる利便性の高さが魅力的ですよ。

No 商品 商品名 参考価格 購入先 重量 サイズ 素材 種類
1カリタ
コーヒーメーカー ET-102

3,055円

1色1.1kg21.7 x 13.4 x 24.4 cmPP樹脂、耐熱ガラス手動
2カリタ
コーヒーメーカー MD-102N

5,100円

1色2.05kg13 x 28 x 25 cmPP樹脂、耐熱ガラスセミオートコーヒーメーカー
3カリタ
コーヒーメーカー EC-650

2,549円

1色0.9kg22.2 x 16.8 x 26.1 cmPP樹脂、耐熱ガラス手動
4カリタ
コーヒーメーカー TS-101N

4,400円

1色650g15.5 x 23 x 15.5 cmPP樹脂手動
5カリタ
コーヒーメーカー カフェコローレ V-102

39,800円

5色1kg19 x 16.7 x 24 cmPP樹脂、耐熱ガラス手動
6カリタ
コーヒーメーカー EX-102N

8,375円

1色1.2kg23.3 x 13 x 25.2 cmPP樹脂手動
7カリタ
コーヒードリップセット アイス&ホット ST-1N

1,664円

1色550g170×130×305mmAS樹脂、耐熱ガラス、PP樹脂手動

カリタ製品はオシャレなカラーバリエーションが豊富

カリタ製品

カリタ製品はコーヒーメーカーだけでなく、様々なアイテムが存在します。

美しいフォルムとカラーバリエーションが人気なので、関連アイテムもぜひチェックしてみましょう。

他にはない美しさのアイテムが豊富なので、気に入ること間違いなしですよ!

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。仕事中には様々なコーヒーを飲み、休日には喫茶店を巡るような日々を過ごしている。日本ではなかなか味わえないような、凝ったコーヒーやクセのあるコーヒーを好んで飲んでいる。

-コーヒーメーカーブランド
-