コーヒーの作り方・淹れ方

ヨーグルトコーヒーの作り方・レシピ!ベトナムで生まれたアレンジコーヒー

ヨーグルトコーヒーの作り方・レシピ!ベトナムで生まれたアレンジコーヒー

ベトナムでは苦味の強いコーヒー豆が多いため、美味しく飲むための工夫がなされています。

代表的なのは練乳を加えたベトナムコーヒーですが、今回ご紹介するのはヨーグルトコーヒー。

「ヨーグルトとコーヒー?」と思う気持ちもわかりますが、実は美味しいんです!

そんなヨーグルトコーヒーを自宅で簡単に作る方法を、この記事では詳しくご紹介します。

この記事を書いた人

sora

sora

編集部ライター

至高の一杯に出会うために日々コーヒーを飲んでいる編集部ライター。あまりにもコーヒーが好きすぎて薄めて飲むようになりました。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

そもそもヨーグルトコーヒーとは

ヨーグルトコーヒー

ヨーグルトコーヒーとは、ベトナム発祥のアレンジコーヒーのひとつです。

その名の通り、コーヒーとヨーグルトを組み合わせた飲み物で、登場から徐々に人気となってきました。

ベトナムでは、苦味が強く独特の香りを持つロブスタ種が多く生産されており、そのまま飲むのは厳しいためアレンジが活況に。

練乳を加えた代表的なベトナムコーヒーをはじめとして、様々なアレンジコーヒーが人気になっています。

練乳アレンジから生まれたベトナムで人気の飲み方

ベトナムコーヒー

このヨーグルトコーヒー、元になっている飲み方はやはりベトナムコーヒーです。

ロブスタ種は非常に苦味が強いため、ブラックで飲むというのは少し厳しいところがあります。

そのため練乳を加えることで、少しでも甘くまろやかに仕上げよう、というところからスタート。

通常ならミルクを加えるところですが、当時のベトナムでは手に入りづらかったこともあり、練乳が使われています。

[関連]ベトナムコーヒーの作り方・レシピをご紹介!美味しく作るコツもまとめました

苦味と酸味が混ざり合うデザート感覚の味

ヨーグルトコーヒーの味わいは、ヨーグルトの酸味とコーヒーの苦味が混ざり合う仕上がりになります。

ヨーグルトには砂糖や練乳を加えることで、よりまろやかな酸味と甘みに。

苦味の強いコーヒーと合わせることで、絶妙なバランスが楽しめるデザート感覚のコーヒーになります。

ヨーグルトコーヒーの作り方

1. 必要な準備物を用意

ヨーグルトコーヒーの作り方

最初に用意するのは、コーヒーはもちろん、練乳やヨーグルトが必要。

絶妙なバランスを生み出すため、計量カップもあると便利ですね。

  • コーヒー50cc分
  • ヨーグルト100g
  • 練乳30g
  • グラニュー糖12g

2. コーヒーを濃い目に抽出

コーヒーを濃い目に抽出

まずはコーヒーの抽出からですが、ぜひ濃い目に抽出してみてください。

ヨーグルトの酸味・甘みと混ざりあったとき、コーヒー風味が負けないように抽出します。

コーヒーを濃い目に抽出

ヨーグルトの量も多くなるため、コーヒーの量は多くなくてOKです。

3. ヨーグルトに練乳を加える

ヨーグルトに練乳を加える

続いてヨーグルト側を作っていきます。

用意しておいたグラスにヨーグルトを入れます。

このとき、たっぷりの氷を先に入れておいてもOKです。

ヨーグルトに練乳を加える

ヨーグルトに甘みを追加するため、練乳を30g入れていきます。

4. グラニュー糖を加えてかき混ぜる

グラニュー糖を加えてかき混ぜる

練乳だけではなく、グラニュー糖も適量入れておくのがポイント。

ヨーグルトの酸味が強くなりすぎてしまうこともあるため、グラニュー糖がいいアクセントになってくれます。

グラニュー糖を加えてかき混ぜる

ヨーグルトの味付けが終わったら、しっかりとかき混ぜておきましょう。

5. コーヒーを注ぐ

コーヒーを注ぐ

完成したヨーグルトに、先ほど抽出したコーヒーを注いでいきます。

6. 完成!

ヨーグルトコーヒー

コーヒーを入れ終わったら完成!写真はこのタイミングがおすすめです!

好みに応じて、氷をたっぷり入れたりなどのアレンジもOK。

7. 飲むときにはよくかき混ぜてから

飲むときにはよくかき混ぜてから

実際に飲むときは、しっかりとかき混ぜておきましょう。

飲むときにはよくかき混ぜてから

かき混ぜていくとベージュ系の色になってきます。

徐々に氷が溶けていき、優しい味わいになっていく過程も楽しめますよ!

ヨーグルトコーヒーの美味しい作り方のコツ

苦味が強いコーヒー豆を使う

コーヒー豆

ベトナム発祥のアレンジコーヒーということもあり、使用するコーヒー豆は苦味が強いものを使いましょう。

ベトナム産のロブスタ種などでもいいですし、インドネシア産のマンデリンなどを使ってもいいですよね。

いずれにしてもヨーグルトの酸味や甘みとバランスを取りたいため、酸味の少ないものを使うのがおすすめです。

[関連]苦味が美味しいコーヒーのおすすめランキング

コーヒーは濃い目に抽出しておく

苦味のコーヒー豆を使う上で、少し濃い目の抽出がおすすめ。

今回のレシピではヨーグルトの量も多いため、コーヒーの量はやや少なく濃い目がぴったり!

ヨーグルト次第で調整しやすい、というのもポイントです。

[関連]深煎りコーヒーのおすすめランキング!

調整しやすいプレーンヨーグルトを使う

今回使ったプレーンヨーグルトのように、加糖以外を使うのが調整しやすくておすすめ。

加糖されたものや果物が入ったものは、味を細かく調整しづらいです。

グラニュー糖は気分によって変えてもいいですが、練乳はベトナム風を再現するためにはポイントになります。

写真映えにも最適なヨーグルトコーヒー

ヨーグルトコーヒー

ヨーグルトコーヒーの良さは美味しさだけでなく、見た目の良さもポイントです。

淹れたタイミングとかき混ぜた後のタイミングでは、その見た目がガラっと変わるのも映えポイント。

普段とは違ったコーヒーが飲みたくなったら、ぜひこのヨーグルトコーヒーを作ってみてくださいね!

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

sora

sora

編集部ライター

喫茶店で豆を選んでみたり、淹れ方を変えてみたりと至高の一杯に出会うために日々コーヒーを飲んでいる編集部ライター。
あまりにもコーヒーが好きすぎて薄めて飲むようになりました。
薄いコーヒーは麦茶の味。カフェイン中毒にならない程度にがぶ飲みしつつ記事を書いています。

-コーヒーの作り方・淹れ方
-