コーヒーショップ

中目黒のスターバックス リザーブ ロースタリーを紹介!世界に6つしかない高級スタバ

中目黒のスターバックス リザーブ ロースタリーを紹介!世界に6つしかない高級スタバ

中目黒にあるスタバの中で、圧倒的な存在感を放っているのがスタバ。

それが、スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ(STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO)です。

高級スタバといわれ、世界に6店舗しか存在しない大人気のスタバがこのリザーブ ロースタリー。

スタバ好きはもちろん、コーヒー好き全員に紹介したい、高級スタバをご紹介します!

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

もくじ

スターバックス リザーブ ロースタリーとは

スターバックス リザーブ ロースタリー

そもそも"スターバックス リザーブ"とは、スタバのバイヤーが厳選したコーヒーを提供するスタバブランドのこと。

これに加えて"ロースタリー"というのが、焙煎所を意味しています。

つまり、その店舗で生豆から焙煎を行い、厳選したコーヒー豆を提供している店舗なんです。

日本の店舗が誕生したのは2019年2月28日。コーヒー×焙煎所が一体になった店舗がスターバックス リザーブ ロースタリーです。

世界に6店舗、日本に1店舗だけの高級スタバ

出典:https://www.starbucksreserve.com/

このスターバックス リザーブ ロースタリーですが、2022年12月時点で世界に6店舗しかありません。

最初に作られたのは2014年のシアトル、そこから上海やミラノなどにオープンし、5店目が東京となりました。

世界で見てもこれだけの数なので、日本にあるスターバックス リザーブ ロースタリーは中目黒の1店舗だけ!ということですね。

店舗限定のメニューなども飲める

当然、他の店舗と同じようなコーヒーであれば意味はありません。

スターバックス リザーブ ロースタリーにはロースタリー限定のコーヒーがあります。

定番となっているコーヒー豆や、期間限定でしか飲めないようなコーヒー豆も置いてありますよ。

焙煎風景を楽しむこともできる

ロースタリー=焙煎所なので、こちらも当然ながら焙煎風景を楽しむことができます。

遠くで作業しているわけでもなく、目の前で作業をしている風景が確認できます。

ちょっとした休憩のときには、店員さんとお話しながらコーヒーを楽しむ!なんてことも。

日本市場向けに焙煎しているコーヒー豆もあるので、非常に大きなロースタリーを使っていますよ!

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウのフロア

通常の店舗のようにレジと席があるだけ、ではないんです。

スターバックス リザーブ ロースタリーは全4フロアに分かれていて、それぞれにテーマがあります。

1F:コーヒーメインのSTARBUCKS RESERVE

入り口から入った1Fは、通常のコーヒーフロアとなっています。

"通常の"とはいっても、ロースタリー限定のコーヒー豆などもありますし、そこで焙煎した新鮮なコーヒーが飲めます。

選べるコーヒー豆の種類は豊富で、抽出方法なども細かく選択することができます。

  • クローバー
  • コーヒープレス
  • モッドバープアオーバー
  • ケメックス ・サイフォン

注文するとき、これらを選ぶことになるんですが、悩んでしまったらスタッフさんに聞いてみましょう!

優しく教えてくれますよ!

2F:紅茶メインのTEAVANA

2Fはティバーナといって、紅茶を中心とした注文ができます。

コーヒーを使ったティーラテや、ホットティー・アイスティー、石臼抹茶ティーラテなども。

また暑い夏にはクリームソーダ抹茶や、アフォガードなども楽しめるのがこのフロアです。

紅茶には「アップル、ラズベリー、ピーチ、パイナップル」といったフレーバーの紅茶が楽しめます。

3F:お酒が飲めるARRIVIAMO BAR

3Fにはアリビアーモバーというものがあり、コーヒーを使ったカクテルなども飲めるフロアです。

他のフロアはカフェの雰囲気ですが、このフロアになるとバーの雰囲気が漂ってきます。

「カフェロワイヤル、エスプレッソマティーニ、アイリッシュコーヒー」など。

もちろんノンアルコールもありますし、テラス席が楽しめるのは3F以上からです。

4F:パッキング風景を眺められるAMU TOKYO

4Fはアムインスピレーションラウンジといい、セッションやコーヒーテイスティングなどが行える場所。

ロースタリーツアーなども開催されており、時期によっては違った楽しみ方もできます。

基本的には焙煎され、パッケージされたコーヒー豆が運ばれてくる場所、となっています。

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウを訪れる

こんな素敵な場所、ひつじの珈琲タイム編集部が訪れないわけにはいかない!と思い、いざ。

週末は混みがちなので、整理券を発行してから待つ

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウまでは、中目黒駅から徒歩14分ほど。

お店に近づくとすでに人だかりができているので、週末だと場所がわかりやすいですね。

平日だとスッと入れることもあるようですが、週末だと整理券が必要とのこと。

目黒川沿いを歩いていくと、先に整理券がもらえる隣のビルに着くのでおすすめです!

※整理券の場所は、店舗より少しだけ中目黒駅側にあります。

待ち時間は土曜日の昼間で30分~60分

整理券をもらうときには、何分ぐらい待つのかということを聞けます。

今回は60分待ちということだったので、もらった整理券から順番待ちのLINEアカウントを追加!

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ

目黒川周辺をぶらぶらと歩きながら待つことにしました。

時間かかるかな?と思っていましたが、「順番を確認する」というボタンを定期的に押してみるとサクサク進んでいるのがわかりました。

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ

結果として、60分待ちと言われていたところも30分で入れています!

混雑状況や人の流れによっても変わると思いますが、もしかしたらサクサク入れるかもしれませんね。

入り口からもはや聖地の人気ぶり

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ

入り口まで行ってみるとわかるのですが、写真撮影祭りです!

日本にこの1店舗しかないということも含め、圧倒的な人気ぶりでした。

整理券を受付の人に見せると、そのままスッと入れます。

まず目に留まる巨大なキャスクと焙煎機

店舗に入ると目の前にそびえ立つのが、1Fから4Fまで繋がっている巨大なキャスク。

そして1Fでは巨大な焙煎機も見ることができて、圧巻の光景が広がっています。

キャスクの外側は銅で覆われており、さらにその外側には桜の模様で覆われています。

これは、この巨大なキャスクを目黒川に見立てて、目黒川を流れる桜がイメージされているからとのこと。

キャスクとは、貯蔵庫として使われる容器のこと。

ここではコーヒー豆の熟成や、貯蔵庫として使われている。

器具が並ぶその風景も圧巻

1Fでコーヒーを注文することができるんですが、レジ周りにはたくさんの器具が。

クローバーやモッドバープアオーバーなど、様々な器具を見ることができます。

キレイに並べられており、見ているだけでもワクワクするような光景でした!

各フロアの途中には様々な装飾

スターバックスリザーブの無骨なロゴはやっぱりかっこいい!

提供してきたコーヒー銘柄が色とりどりに飾られて…

マグカップが壁に埋め込まれたようなものまで!

一瞬、目を疑うような光景でした…。

行きは気付かなかったんですが、帰りにふと見たら「TOKYO」の文字が。

階段の壁面に飾られているので、少し遠目に見ないとわからないポイントでした!

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウを楽しむ

コーヒーは専用のマグで、細やかな説明も

今回注文したコーヒーは、スターバックス リザーブのパンテオンブレンドというもの。

抽出器具が様々だったこともあって、ここではスタッフさんのおすすめでクローバーによる抽出としました。

待っている間も圧巻の光景に目を奪われて待ち時間はすぐに感じましたね。

こちらがパンテオンブレンドのクローバー抽出。

スターバックス リザーブのマグカップに淹れられて、これだけでかっこいい!

しかも、トレーにはこのコーヒーに関する詳細な情報も付いてきましたよ。

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ

酸味や苦味、コクなどはバランスよく、チョコレート系の風味がしっかりありました。

ややスパイシーな部分もありますが、一番の印象はバランスの良さでしたね!

紅茶は香り豊かで、お菓子と一緒に

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ

2Fで頼んだものはアイスティーとクーポラチョコ。

ジョイフルメドレーフルリーフというもので、アプリコットやマンゴーの風味が楽しめるとのこと。

香りは紅茶なんですが、ふわっとフルーツの香りもあり、口に含むとジューシーなフルーツに!

こちらも詳細な情報が付いています。

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ

帰宅前にはしっかりギフトもチェック!

1F入り口付近には、こうしたグッズやギフトなどが販売されています。

定番のマグカップやステンレスボトルなどから…

気に入ったならゲットしておきたい、コーヒー豆なども。

色々な種類が置いてあるので、ぜひ寄ってみてくださいね。

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ

訪れたのがクリスマスシーズンだったのでこんなインテリアも。

クリスマス感があっていいですよね!

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウの魅力

フードと一緒にコーヒー・紅茶・お酒を楽しめる

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウでは、美味しいコーヒーが飲めるだけではありません。

一緒にフードも楽しむことができて、「パン、サンドイッチ、ピザ、デザート」などを購入できます。

パンやサンドイッチは小腹が空いているときにぴったりですし、デザートはいつでも合いますよね!

もちろんコーヒー豆を買って帰ることもできる

購入できるものはグッズやギフトだけでなく、コーヒー豆も当然のこと。

しかも、焙煎されたコーヒー豆をこの状態でチェックすることもできます!

焙煎日がいつなのか、というのも記載されているので確認しておきましょう。

それぞれどんなコーヒー豆なのか、細かく紹介されています。

コーヒー豆は最小100gから購入できますよ。

今回購入したコーヒー豆を編集部でレビューしています!

sbux_nakamegurorrt_045

せっかくなので、今回は「パンテオン ブレンド ヴィンテージ 2022」と「クリスマス 2022」を購入!

それぞれの味わいや特徴、どんなコーヒー豆なのか?といったご紹介をしています。

[関連]スターバックス リザーブのパンテオン ブレンド ヴィンテージ 2022の感想レビューと口コミ評価・評判!

[関連]スターバックス リザーブのクリスマス 2022の感想レビューと口コミ評価・評判!

目黒川の風景を眺めながらコーヒーを楽しめる

一番の魅力と言ってもいいぐらいなのが、このテラス席ですね!

目黒川が目の前にあるので、テラス席が確保できれば素敵な景色を見ながらコーヒーを飲むことも。

3月~4月なら、桜がキレイな目黒川を一望できますね。

一日中、楽しめる空間作り

ただのスタバとはやっぱり一味も二味も違う。そんな高級スタバでした!

コーヒーを飲んでおしゃべりするだけではなく、どれだけ居ても飽きない空間。

美味しいコーヒーに美味しいフード、そして楽しい工場見学ができるようになっています。

週末だと多少の待ち時間はあるかもしれませんが、待つだけの価値があるスタバです!

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウの店舗情報

店名

STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO

スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウ
住所 153-0042 東京都目黒区青葉台2-19-23
電話番号 03-6417-0202
営業時間

7:00-22:00, 酒類提供9:00-22:00L.O.21:30

※感染状況、年末年始等では変更あり
定休日 不定休
アクセス

池尻大橋駅/東口(東急田園都市線) 徒歩14

中目黒駅/出入口(東急東横線、東京メトロ日比谷線) 徒歩14

池尻大橋駅/南口(東急田園都市線) 徒歩14
公式サイト https://www.starbucks.co.jp/reserve/roastery/

この記事を書いた人

shiro

shiro

編集部ライター

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーが、いつしか人生においてなくてはならないものになった編集部ライター。仕事中には様々なコーヒーを飲み、休日には喫茶店を巡るような日々を過ごしている。日本ではなかなか味わえないような、凝ったコーヒーやクセのあるコーヒーを好んで飲んでいる。

-コーヒーショップ
-