コーヒーの作り方・淹れ方

炭酸コーヒーの作り方を紹介!おしゃれに楽しめるアレンジレシピなど

炭酸コーヒーの作り方を紹介!おしゃれに楽しめるアレンジレシピなど

普段からコーヒーをブラックで飲む人は無縁かもしれませんが、コーヒーは様々な組み合わせが楽しめます。

王道の砂糖やミルクはもちろん、沖縄などでは泡盛のコーヒー割りなども有名です。

そんな中、今回ご紹介するのは炭酸で割った炭酸コーヒーです!

スパーリングコーヒー、コーヒーソーダなどとも呼ばれ、一部では「まずい!」とまで言われている炭酸コーヒー。

編集部で実際に作って、その味わいと作り方・アレンジレシピをご紹介します!

この記事を書いた人

sk

nari

編集部ライター

バリ島で飲んだコーヒーの甘さとザラザラ感に衝撃を受けてコーヒーにハマった編集部ライター。

炭酸×コーヒーの炭酸コーヒー!

炭酸コーヒー

炭酸コーヒーとはその名の通り、コーヒーを炭酸水で割った飲み物のことです。

見た目はアイスコーヒーですが、炭酸を入れているのでコーラのような見た目にもなっています。

日本では1950年代に発売されていますが、あまり話題にもならず…。

現在では欧米を中心に人気なものの、日本では知る人ぞ知るといった飲み物になってきていますね。

ビールによく似た味わい

ビール

どんな味なのか?というのを一言で表すと、ビールのような味わいである!というのが近いところ。

基本的にはコーラのように甘くないため、苦味×炭酸=ビールといった印象です。

ですが当然ノンアルコールなので、日中にも飲めますし、キリっとした喉越しも楽しめます。

あくまでコーヒーに対し、炭酸水を加えただけなので、それだけの印象だという人もいますね。

販売は少なく、自作がおすすめ

過去に発売された炭酸コーヒーは、まずいという人が多く、普及しませんでした。

今でもコンビニやスーパーなどで、炭酸コーヒーを見かけるようなこともありませんよね。

まずいと言われているものをわざわざ買う必要はありませんし、炭酸コーヒーは自宅で簡単に作れます。

[関連]炭酸コーヒーはまずい?炭酸コーヒーのメリット・デメリット、美味しい作り方を完全解説!

炭酸コーヒーの作り方・レシピ

1. コーヒー粉、コーヒードリッパー、炭酸水を用意

美味しい炭酸コーヒーを作るため、今回はドリッパーを用意してハンドドリップでアイスコーヒーを作ります。

コーヒー粉とドリッパーを用意し、強めの炭酸水も準備しました。

今回使用したコーヒー豆は、たっぷりのコーヒーオイルを含んだこちらのコーヒー豆です。

今回使用している商品はコレ!

青海珈琲

青海エスプレッソ

[関連]コーヒー豆・コーヒー粉のおすすめランキング

[関連]コーヒードリッパーの人気おすすめランキング

2. コーヒーを抽出する

コーヒードリッパーを使い、コーヒーを抽出していきます。

ここまではホットコーヒーを作る手順と同じですね。

ちなみに美味しいコーヒーを淹れるためには淹れ方も重要なので、ドリップポットを使うのがおすすめです。

[関連]コーヒードリップポットの人気おすすめランキング

[関連]コーヒー向け電気ケトルのおすすめランキング

3. 抽出したコーヒーを冷やす

ポイントの1つ目が、抽出したコーヒーはすぐに氷で冷やすこと。

なのでコーヒーサーバーへ氷を入れておき、ドリップと同時に冷やせるようにしておきます。

美味しいアイスコーヒーを作る手順としてはもちろん、美味しい炭酸コーヒーを作るためにも必要な手順です。

[関連]アイスコーヒーメーカーの人気おすすめランキング

[関連]コーヒーサーバーの人気おすすめランキング

4. コーヒーと炭酸を割る

コーヒーの抽出が終わったら、アイスコーヒーに対して炭酸を入れていきます。

ここでの割り方(配分)は自由ですが、今回は1:1(60mlずつ)としています。

どれくらいの量にするかは、好みの濃さやグラスに合わせて変えてみましょう。

5. 炭酸コーヒーの完成!

炭酸が抜けきらないよう、サッとかき混ぜれば完成!

香りはあくまで美味しいコーヒーですが、シュワシュワとしているのが新鮮です!

炭酸コーヒーを美味しく作るコツ

冷えたアイスコーヒーを使う

アイスコーヒー

ホットコーヒーと炭酸を割る、というのは想像できませんよね。

使うコーヒーは必ずアイスコーヒーにしておき、キンキンに冷えた炭酸コーヒーを飲んでみましょう。

夏場ならば、コーヒーを凍らせて炭酸で溶かしながら作る、というのもおすすめです。

炭酸で割るため、濃いめのコーヒーを使う

コーヒー豆

薄めのアイスコーヒーにしてしまうと、炭酸で割ったときにコーヒーの風味が消えてしまいます。

ここは美味しいアイスコーヒーを作る手順と同じで、濃いめのコーヒー豆を使いましょう。

基本的には深煎りのコーヒー豆を使う、というのがもっともおすすめです。

炭酸コーヒーのアレンジレシピ

カフェレモンピールソーダ

コーヒーとレモンはとても相性が良いので、キリッとした美味しさの炭酸コーヒーにも合います。

炭酸コーヒーを作る過程で、ガムシロップやレモンピールを加えるだけ。

最後にミントをのせてあげれば、それだけでおしゃれなカフェレモンピールソーダに!

  • コーヒー 50ml
  • 炭酸水 120ml
  • ガムシロップ 15ml
  • レモン 1個
  • ミント 適量

カフェコンフィチュールソーダ

ジャム

コンフィチュールとは、フルーツの形状が残っている状態のジャムのようなもの。

ジャムとの違いはあまりありませんが、ドリンクにして飲むならフルーツの食感があるとより美味しく感じられます。

もちろんコンフィチュールの代わりにジャムを使い、作ってみても美味しいですよ!

  • コーヒー 30ml
  • 炭酸水 80ml
  • コンフィチュール 20g
  • ミント 適量

カフェトロピカーナ

リキュールと炭酸コーヒーを合わせた、大人の飲み物カフェトロピカーナ。

炭酸コーヒーのラム酒を少量加えることで、コーヒーカクテルとして楽しめます。

甘めのカクテルが苦手な方は、ガムシロップを入れずに試してみてください。

  • コーヒー 100ml
  • 炭酸水 60ml
  • ラム酒 5ml
  • ガムシロップ 20ml

新感覚の炭酸コーヒーを味わってみよう!

アイスコーヒーは夏の飲み物というイメージもありますが、炭酸コーヒーは年中楽しめるコーヒーです!

ビールを年中、美味しく飲むように炭酸コーヒーもいつでも楽しめる飲み物。

アレンジも様々で自分好みの炭酸コーヒーを見つけてみてはいかがですか。

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

nari

nari

編集部ライター・営業

バリ島で飲んだコーヒーの甘さとザラザラ感にびっくりし過ぎて、吹き出した経験をもつ編集部ライター。
その経験をきっかけに日本と世界のコーヒーの違いを知り、コーヒーの奥深さどんどんハマっていく。
コーヒーの味や香りだけでなく、カフェ空間やコーヒーを作る工程などの魅力にハマり毎週喫茶店巡りをしている。

-コーヒーの作り方・淹れ方
-