コーヒーコラム

レギュラーコーヒーとは?定義や種類、美味しい淹れ方までご紹介

レギュラーコーヒーとは?定義や種類、美味しい淹れ方までご紹介

「レギュラーコーヒーとは?」そう聞かれると、ちょっと説明に困ってしまいませんか?

よく耳にしていても、レギュラーコーヒーのしっかりとした定義を答えられる方は意外に少ないのかもしれません。

基本的なことは思いがけず知らなかったりするものですよね。

普段何気なく飲んでいるコーヒーはどんな種類か、などちょっとしたことに目を向けてみると新たな魅力が見つかるはずです。

コーヒーに詳しい方もビギナーの方も、今あらためてレギュラーコーヒーについて知ってみませんか。

美味しい淹れ方やおすすめの商品もご紹介しています。

この記事を書いた人

sk

Yuko

編集部ライター

毎日のコーヒーはなくてはならないものである一児の母。自宅でのカフェタイムを充実させるため、コーヒーについて日々研究中です。

必ずチェックしておきたい
厳選おすすめコーヒーBEST3!

  • coffeecarrot_shop_img01 珈琲きゃろっと
    おすすめ度
    実際に買って飲んでみてこそわかる、美味しさと品質の高さは全コーヒー好きに伝えたい。
  • rokumeicoffee_shop_img01 ロクメイコーヒー
    おすすめ度
    日本チャンピオン有する奈良の有名店。全てがスペシャルティコーヒーである、という凄さ。
  • postcoffee_shop_img01 PostCoffee(ポストコーヒー)
    おすすめ度
    年間200種類以上の豆から、無料のコーヒー診断で自分のあったコーヒーを提案してくれる。

もっと見たい方はコチラ

当サイトにはPRが含まれています。また、掲載する広告から商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

もくじ

レギュラーコーヒーとは

コーヒーは、ちょっと不思議な飲み物だと思いませんか?

シンプルに「コーヒー」というだけでも、もちろん通じます。

その他にも「ドリップコーヒー」「レギュラーコーヒー」「インスタントコーヒー」などと呼ばれることも一般的です。

さらにはコーヒー豆の銘柄名で「ブラジル」「グァテマラ」などと呼んでも通じる場合が多いですよね。

細かく分ければもちろんそれぞれ違いはありますが、どれも「コーヒーのこと」という点はコーヒーの持つ懐の深さを感じさせます。

また多くの呼び名で分けられるほどさまざまな種類が作られているのは、世界中で多くの人に愛されているからなのですね。

今回テーマの「レギュラーコーヒー」も幅広い意味を持っています。

レギュラーコーヒーとは「焙煎したコーヒー豆、またはそれを粉にしたもの」なので、この条件を満たしているものは全てレギュラーコーヒー、ということになるのです。

詳しい定義は後述しますが、「よく耳にするレギュラーコーヒーって、実際どんなものだったっけ?」と立ち止まって見ると、コーヒーの魅力にもっと気付かされるのではないでしょうか。

[関連]レギュラーコーヒーのおすすめランキング

レギュラーコーヒーの定義

コーヒー豆 コーヒー粉

レギュラーコーヒーとは、「コーヒーの生豆を焙煎したもの」のこと。または、「焙煎したコーヒー豆を挽いて粉にしたもの」のことを指します。

抽出するには専用の器具が必要になります。一般的な器具といえばドリッパーやコーヒーサーバー、コーヒーマシンなどでしょうか。

定義に当てはまるものはレギュラーコーヒーということになるので、例えば手軽に1人分のコーヒーを楽しめるドリップバッグもそうなのですね。

ちょっと意外に思えますが、濃厚な味わいが魅力のエスプレッソも同じくレギュラーコーヒーです。

そのままお湯や水に溶けるインスタントコーヒーと区別して、レギュラーコーヒーと呼ばれています。

「レギュラー」は正規のもの、などの意味があるので、スタンダードなコーヒーであるという捉え方もできますね。

参考:全国公正取引協議会連合会「レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの表示に関する公正競争規約 」

レギュラーコーヒーとドリップコーヒーの違い

3つのパーツは穴が空いているカフェ・フィン

レギュラーコーヒーとドリップコーヒーはそもそもの「状態」が違っています。

レギュラーコーヒーは、焙煎したコーヒー豆、もしくはそれを挽いて粉状にしたもの。専門店はもちろんスーパーなどでも販売されている、購入する時の状態です。

つまり「まだ飲める状態ではない」のです。

一方、ドリップコーヒーは「ペーパードリップ」「ネルドリップ」などの方法で抽出し「飲める状態にした」もののこと。抽出後のコーヒーのことですね。

レギュラーコーヒーはコーヒー豆や粉を主に指す言葉で、ドリップコーヒーはコーヒーメニューの一種と考えてみると、違いがはっきりわかります。

[関連]コーヒードリッパーの人気おすすめランキング

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違い

インスタントコーヒー

手軽さが魅力のインスタントコーヒーはそのままお湯や水に溶けるものです。

レギュラーコーヒーは、お湯や水には溶けません。専用の器具を使ってコーヒーを抽出します。

焙煎した豆や挽いた状態のコーヒー粉がレギュラーコーヒーなので、インスタントコーヒーとは大きな違いがありますね。

「水やお湯に溶けるか、溶けないか」というポイントをおさえておくと、違いがわかりやすいのではないでしょうか。

[関連]【専門家監修】インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いや特徴

[関連]インスタントコーヒーのおすすめランキング

レギュラーコーヒーは大きく3種類に分けられる

レギュラーコーヒーにも種類があります。

大きく分類すると3種類なのですが、それぞれチェックしていきましょう。

レギュラーコーヒーの定義とあわせて知っておくと、理解がより深まりますよ。

豆タイプ

コーヒー豆

まずは豆タイプです。

もちろん、レギュラーコーヒーは生豆の状態ではなく焙煎したものを指します。

焙煎したコーヒー豆を挽いて、抽出するという工程でコーヒーは出来上がりますね。

コーヒー好きの方はコーヒー豆の状態で購入する、ということも多いのではないでしょうか。

[関連]最新版コーヒー豆のおすすめランキング!購入する際の選び方や注意点は?

粉タイプ

コーヒー粉 粗挽き

コーヒーの生豆を焙煎して、粉状に挽いたものが粉タイプです。

焙煎の深さや淹れたいコーヒーのメニューによって、挽き目を変えて楽しみます。

焙煎したコーヒー豆もレギュラーコーヒーですが、挽いてある粉タイプもレギュラーコーヒーなのです。

[関連]コーヒー豆・粉のおすすめ銘柄ランキング

ドリップバッグタイプ

コーヒーバッグ

1人分のコーヒーを手軽に味わうことのできるドリップバッグタイプも、レギュラーコーヒーです。

バッグの中には焙煎したコーヒー豆を挽いたコーヒ粉が入っているため、豆タイプや粉タイプと同様にレギュラーコーヒーというわけですね。

抽出に器具を使用せずに淹れられるので、オフィスやアウトドアなど幅広く活躍しています。

[関連]ドリップコーヒーのおすすめランキング

ひつじの珈琲タイムのLINE公式アカウントがオープンしました!

コーヒータイムを彩るおすすめのコーヒー豆やアイテム、コーヒーの役立つ知識などについてご紹介しています。

LINE公式アカウントとお友だちになってくれた方限定で、特別プレゼント企画も準備中!

ぜひとも友だち登録してみてください♪

 

レギュラーコーヒーの美味しい淹れ方

coffeecup_103

レギュラーコーヒーを美味しく味わうには、どのような淹れ方をすれば良いのでしょうか。

いつも淹れている、という慣れた方でもあらためて手順や器具を見直してみると思わぬ発見があるかもしれません。

レギュラーコーヒービギナーの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

レギュラーコーヒーをもっと美味しく味わってみましょう。

必要な材料と道具

レギュラーコーヒーを淹れるために必要な材料と道具は以下を参考にしてください。

豆・粉で作る場合コーヒー豆・粉
ドリッパー
コーヒーミル(コーヒー豆を使う場合)
ペーパーフィルター
コーヒーサーバー
ドリップポット
計量スプーン
コーヒーカップ
コーヒースケール(はかり)
温度計(サーモメーター)
ドリップバッグで作る場合ドリップバッグ
コーヒーカップ
ドリップポット
温度計(サーモメーター)

手軽なドリップバッグは持ち運びにも便利なので、アウトドアやキャンプなどにもピッタリです。

自宅でも時間のない時や、オフィスでもサッと淹れられますね。

コーヒー豆や粉を使う場合は器具を用意して、じっくり淹れてみるのもおすすめです。

お気に入りの器具を揃えてコーヒーを淹れる時間ごと楽しむ…。そんなひと時はレギュラーコーヒーだからこそですね。

ライフスタイルやシーンに合わせて豆や粉・ドリップバッグを使い分けてみましょう。

コーヒー豆・粉の淹れ方

ハンドドリップ

コーヒー豆・粉を使った淹れ方は以下の手順を参考にしましょう。

①抽出する分のコーヒー豆を用意する

②ペーパーフィルターを折ってドリッパーにセットする

③お湯を沸かす

④湯通ししてドリッパーを温める

⑤フィルターに挽いたコーヒー粉を入れる

⑥少量のお湯を粉全体に注いで蒸らす

⑦ゆっくりと「の」の字を描くように一定量のお湯を数回に分けて注ぐ

⑧抽出終了

用意したい人数分のコーヒー豆はしっかり測っておくと良いですよ。

また、ドリッパーとペーパーフィルターの形状が合っているかもしっかりチェックしましょう。

事前のちょっとした用意で、コーヒーの美味しさがアップします。

さらにお湯の温度や蒸らす時間でも味わいが変化しますよ。

ハンドドリップは淹れる人によって味わいが異なると言われます。

何度もハンドドリップを楽しみながら、自分好みの淹れ方を見つけていくのも面白いですね。

まずは手順を参考にして、自分だけのコーヒーを淹れてみましょう。

[関連]【専門家監修】ハンドドリップの基本的な淹れ方や美味しく淹れるコツを解説!

ドリップバッグコーヒーの淹れ方

ドリップ

手軽さがうれしいドリップバッグの淹れ方は以下の手順を参考にしてください。

① お湯を沸かす

②ドリップバッグをセットする

③少量のお湯を粉全体に注いで蒸らす

④お湯を数回に分けて注ぐ

⑤ドリップバッグをコーヒーに浸す

⑥抽出完了

ドリップバッグはコーヒーカップやマグカップにセットするだけ、という簡単さが魅力です。

だからと言って適当に淹れるのではなく、蒸らしの時間をとる・お湯の温度をチェックするなど細かなポイントに気をつけてみましょう。

忘れがちなのが、ドリップバッグをコーヒーに浸すことです。

コクや深みが増しますよ。

手軽なドリップバッグでも、レギュラーコーヒーの良さを十分に引き出して楽しむのがおすすめです。

レギュラーコーヒーをより美味しく飲むポイント

コーヒーカップ 混ぜる

レギュラーコーヒーをもっと美味しく飲むコツは淹れ方の他にもいくつかあります。

焙煎度合いにこだわったり、挽き目なども味わいに大きく影響してくるポイントです。

そしてとても大切なのが保存方法。せっかくの美味しいコーヒー豆・粉でも保存方法を間違えてしまうと、台無しになるということもありますよ。

レギュラーコーヒーをしっかり美味しく味わうためにも、次の点をチェックしておきましょう。

焙煎度合いは好みに合わせる

コーヒーの焙煎度合い

焙煎度合いは8段階に分かれます。

最も浅いライトやシナモンはあまり一般的ではありませんが、コーヒー好きの方や酸味の好きな方は試してみたくなるのではないでしょうか。

産地や銘柄も味わいにはもちろん関係してきますが、まずは好みの焙煎度を見つけてみましょう。

どっしりとした深みと苦味を味わいたい時は、焙煎の深いもの。

さっぱりとした味わいと酸味を好む方は浅煎りを試してみましょう。

焙煎はとても奥が深く、多くの専門店などでも大きくこだわるポイントとなっています。

焙煎度合いに注目するとレギュラーコーヒーはもっと面白くなりますよ。

[関連]【専門家監修】コーヒー豆の焙煎度合い(ロースト)は何段階ある?味と特徴を解説

挽き目は淹れ方に合わせて変える

コーヒー豆の挽き方

多くの家庭で親しまれているハンドドリップが一般的な淹れ方ですが、それ以外の方法でもぜひ楽しんでみましょう。

抽出する方法が違うということは、それぞれに適した挽き目があります。

わかりやすいところで言うと、エスプレッソは短時間で圧力をかけ、濃厚なコーヒーを抽出するため極細引で淹れます。

他にもフレンチプレスでじっくり豆の旨みや甘み・コクを引き出すため、粗挽きにしてみるのも良いですね。

挽き目と淹れ方の相性をみながら、異なる味わいを楽しんでみましょう。

コーヒーの世界がどんどん広がっていくこと間違いなしです。

[関連]ハンドミルの使い方とコーヒーの淹れ方やお手入れ方法について解説!

豆を挽くタイミングは飲む直前に

コーヒーミル

コーヒーの「3たて」と言う言葉をご存知でしょうか?

「煎りたて・挽きたて・淹れたて」という3つが美味しさを作ると言われています。

その中の1つ、挽きたてを意識することでワンランク上の味わいを作ることができますよ。

コーヒーの味わいにこだわりたいなら、コーヒー豆で購入しておいて飲む直前に挽くようにしてみましょう。

挽いてから時間が経ってしまうと、風味が落ちて本来の味わいが損なわれてしまいます。

「挽きたて」のコーヒー粉で、レギュラーコーヒーの美味しさを存分に感じてみましょう。

抽出する前には「蒸らし」を行う

蒸らしのタイミングでガスがポコっと出てきた

コーヒーを淹れる際は、抽出前に「蒸らし」を行いましょう。蒸らしとはドリッパーに入れた粉に少量のお湯を注ぐ工程のこと。

蒸らすことでコーヒー粉から炭酸ガスが放出され、コーヒーに含まれる成分をより抽出しやすくなります。

コーヒーの「蒸らし」の時間は、一般的に20秒~30秒程度と言われているので、ドリップ前には必ず行いましょう。

レギュラーコーヒーの保存方法

コーヒーの正しい保存方法

レギュラーコーヒーを保存する上で、注意したいポイントは以下の4つです。

  • 酸素
  • 高温
  • 直射日光
  • 湿気

上記の4つは、コーヒー豆の保存にとって大敵となるもの。

酸素に触れて酸化してしまったり、高温・直射日光に晒されると味わいや風味が損なわれます。

湿気も厳禁ですよ。

湿気の少ない風通しの良い暗所で保存するようにするのがコツです。

また、一度に大量購入するのではなく美味しく味わえる量をその都度、というのもポイントです。

開封後は密閉容器で保存するのが基本

コーヒーキャニスター

開封後は専用のキャニスターなど、密閉容器に袋ごと入れて保存するようにしましょう。

冷蔵庫や冷凍庫で保存するのが良い、と考える方がいますがこれはあまりおすすめできません。

保存時と取り出す時の温度差でカビが生えてしまうことがあるためです。

ちょっと忘れてしまいがちですが、美味しいコーヒーを飲むためには「美味しく保つ」こともとても大切です。

きちんと保存して、レギュラーコーヒーの魅力をたっぷり感じられるようにしたいですね。

[関連]【専門家監修】コーヒー豆・粉の保存方法とは?知っておくべきポイントを徹底解説

[関連]コーヒー用アルミバッグの人気おすすめランキング

豆タイプのおすすめレギュラーコーヒー

豆タイプのレギュラーコーヒーのおすすめ商品をご紹介します。

ミルを使って「挽きたて」の美味しさを味わってみませんか?

珈琲きゃろっと 初回限定お試しセット

出典 :珈琲きゃろっと

珈琲きゃろっと
初回限定お試しセット
参考価格 1,980円

お試しセットでもたっぷり楽しめる。高品質な美味しさを

好みの味わいを探している方には特にうれしい、お試しセットです。

たっぷり40杯分味わえるので淹れ方にもこだわってみたいですね。

焙煎や豆の産地にしっかりとこだわった、芳醇な風味に驚かされる商品。

お気に入りになること間違いなしの、おすすめコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

400g

産地

グァテマラ、コスタリカ

焙煎

中煎り

品種

-

農園

グァテマラ・ラ・クプラ農園、モンテ・コペイエル・エンシノ農園

AGF 煎 濃厚

AGF
煎 濃厚
参考価格 1,598円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

こだわりの焙煎が生み出す、深いコクと余韻

独自の研究を重ねて作られた、風味のバランスをぜひ感じてみてください。

焙煎の温度管理も細かくこだわり雑味がなく香りを立たせた味わいに。

コクたっぷりで奥行きのあるコーヒーに仕上げられています。

繊細な味わいも魅力のコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

タンザニア、コロンビア

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

サザコーヒー サザスペシャルブレンド

サザコーヒー
サザスペシャルブレンド
参考価格 1,085円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

美味しいバランスにこだわった、注目のブレンド

香りやコク・酸味など味わいのバランスにとことんこだわったブレンドコーヒーです。

ブラジル、コロンビアなど厳選産地のものだけを厳選して使っています。

深みの中にじんわりと感じられる甘みが魅力的。

コーヒー好きにはもちろん、ビギナーの方にも好まれる飲み心地です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

ブラジル、コロンビア、グァテマラ、エチオピア

焙煎

深煎り

粉タイプのおすすめレギュラーコーヒー

粉タイプのレギュラーコーヒーのおすすめ商品をご紹介します。

すでに挽いてあるので、保存期間に注意して美味しく味わいましょう。

UCC 珈琲探究 ブルーマウンテンブレンド

UCC
珈琲探究 ブルーマウンテンブレンド
参考価格 1,291円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

ブルーマウンテンの気品ある香りで優雅なコーヒータイム

コーヒー好きなら誰もが知る高級銘柄・ブルーマウンテンをブレンド。

香り高くコクが広がる味わいはバランスが取れていながら、甘みがあります。

飲んだ後に続く余韻もしっかりと。

ブルーマウンテンの良さも、バランスの取れたブレンドの良さも感じられる商品です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

ジャマイカ、ブラジル

焙煎

中煎り

ヒルス スペシャルブレンド

ヒルス
スペシャルブレンド
参考価格 869円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

ソフトでまろやかな口当たりと優しい甘みはぜひブラックで

ブラックでもしっかりとまろやかさを感じるような飲み心地の1杯に仕上がります。

優しく広がる甘みとコク、香りもしっかり感じられるブレンド。

ブラジル・ベトナム産のコーヒー豆をバランスよく使用しています。

豆の個性を引き出す焙煎にもこだわった美味しさをぜひ味わってみましょう。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

600g

産地

ブラジル、エルサルバドル

焙煎

中煎り

スターバックス パイクプレイスロースト

スターバックス
パイクプレイスロースト
参考価格 1,280円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

お店で味わうような美味しさをおうちカフェでじっくりと

ナッツのような香ばしい風味とチョコレートのような香りが魅力です。

バランスの取れた味わいながら、酸味がほのかに感じられる多くの人に好まれる味わい。

しっかりとした強さと口当たりの良さ、どちらも持ち合わせています。

お店の味わいを自宅でも味わえるのがうれしいおすすめブレンドです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

160g

産地

コロンビア、ブラジル

焙煎

中煎り

品種

アラビカ種

ドリップバッグタイプのおすすめレギュラーコーヒー

ドリップバッグタイプのレギュラーコーヒーのおすすめ商品をご紹介します。

持ち運びにも便利で手軽なのに、本格的な味わいが楽しめますよ。

マメーズ ドリップコーヒー4種類

マメーズ
ドリップコーヒー4種類
参考価格 3,680円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

個性豊かな味わいで、1日に寄り添ってくれる4種セット

モーニング・アフタヌーン・ナイトのそれぞれのブレンドに加えて、ブルーマウンテンブレンドをプラス。

1日のどんな時間にも手軽に美味しいコーヒーを楽しめます。

味わいにも焙煎にもしっかりこだわっており、飲むたびに風味の良さを感じられる商品です。

ギフトとしても喜ばれること間違いなしです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

種類

ドリップコーヒー

原材料

コーヒー

澤井珈琲 アニバーサリーブレンドセット

澤井珈琲
アニバーサリーブレンドセット
参考価格 2,840円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

コーヒー豆の芯までじっくり焙煎した旨みを味わう

世界最高峰のマシンで仕上げた、とことん焙煎にこだわったコーヒーです。

フレッシュさを損なわないようパッケージングして美味しさを閉じ込めました。

大容量のセットなので自宅はもちろんアウトドアなどさまざまなシーンで。

4種の味わいから好みのものを見つけてみましょう。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

800g

種類

ドリップコーヒー

原材料

コーヒー

ビーンズトーク ドリップ 3種アソート

ビーンズトーク
ドリップ 3種アソート
参考価格 1,980円

Amazonプライムに登録して送料無料!

PayPay支払いでポイントもゲット!?

楽天ユーザーならポイントザクザク♪

どの味わいも魅力的な3種アソートで、充実したコーヒブレイクに

オリジナルブレンド・深煎りブレンド・モカブレンドと個性豊かなセットです。

その日の気分などに合わせてチョイスできるのがうれしいですね。

厳選したコーヒー豆をたっぷり使用しています。

焙煎にもこだわった、手軽ながら本格的な味わいの商品です。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

540g

種類

ドリップコーヒー

原材料

コーヒー

レギュラーコーヒーのよくある質問

レギュラーコーヒーに関する、よくある質問をまとめています。

ぜひ参考にして、味わい深いレギュラーコーヒーを淹れてみてくださいね。

Q. レギュラーコーヒーの「レギュラー」の意味は?

レギュラーは「正規のもの」などの意味があります。

レギュラーコーヒーは焙煎した豆・粉と器具を使って淹れる、ごくスタンダードなものであることから、「レギュラー」と呼ばれるようになっています。

Q. レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いは?

レギュラーコーヒーは、焙煎した豆や粉のことを指します。

インスタントコーヒーはそのままお湯や水を淹れて飲めるものという違いがあります。

専用の器具が必要なのがレギュラーコーヒーであり、不要なのがインスタント、という言い方もできますね。

Q. レギュラーコーヒーの1杯あたりの量は?

コーヒーの濃さは好みがありますが、ドリップ式で1人分あたり約10gを目安にすると良いでしょう。

出来上がり量は120mlほどとします。

様々な種類が展開されているコーヒー豆。
レギュラーコーヒーとして飲める、美味しいコーヒーをご紹介します!

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

2月のおすすめコーヒー豆も要チェック!

この記事を書いた人

nari

Yuko

編集部ライター・営業

コーヒーフレーバーのお菓子は見かけたら必ず買ってしまうほど大好きです。コーヒー好きの両親の影響で、中学生からドリップしていました。カフェや喫茶店はもちろんですが、子どもがいるため自宅でゆっくりとコーヒーを楽しんでいます。

-コーヒーコラム
-