淹れ方別コーヒー

【2022年版】ペーパードリップに合うコーヒー豆の人気おすすめランキング10選!

ペーパードリップに合うコーヒー豆の人気おすすめランキング10選!

コーヒーの風味を決定付けるひとつの要因は、ドリップ時に使うフィルターです。

その多くは、ペーパーフィルターといって紙を利用したドリップになっています。

とても手軽でコスパが高い、どこでも購入できるペーパーフィルターだからこそ、今でも人気です。

今回はそんなペーパードリップに合う、おすすめのコーヒー豆をご紹介していきます。

 

ペーパードリップに合うコーヒー豆の選び方

ペーパードリップはスッキリしたコーヒーに仕上がる

ホットコーヒー

ペーパードリップで出来上がるコーヒーの特徴として、スッキリさっぱりとしたコーヒーであるということ。

これはペーパーフィルターがコーヒーオイルを吸着し、ドリップしたコーヒーには抽出されないためです。

そのためペーパードリップをするなら、スッキリしたコーヒーがいいのか、手軽だから選びたいのか、判断する必要があります。

生産国で選ぶ

酸味系の人気が高いアフリカ

カルディ キリマンジャロ

出典:Amazon

「タンザニア、エチオピア、イエメン」などが、アフリカを中心として知られるコーヒー豆の生産国です。

タンザニア産キリマンジャロなどは日本でも人気が高く、印象的なのは強い酸味です。

アフリカという広大な大地を思わせる、野性的なコクも同時に味わえる地域です。

独特な苦味と香りのアジア

銀河コーヒー ビッグマンデリン

出典:Amazon

「インドネシア、ベトナム、タイ」など、アジアを中心として知られる生産国がこちら。

特にインドネシア産マンデリンは、世界的にも有名なほど苦味の強いコーヒー豆として知られています。

その多くにアジア圏特有のスパイシー感も含まれており、独特なコーヒー豆となっています。

爽やかでバランスのよい中南米

澤井珈琲/ブラジル・エクセレントブレンド

出典:Amazon

「ブラジル、ジャマイカ、グァテマラ」など、中南米のコーヒー豆生産国として人気なのがこちら。

世界一位の生産量を誇るブラジルや、コーヒーの王様と称されるブルーマウンテン有するジャマイカなど。

バランスのよい口当たりで、ナッツのような香りや、フルーツを思わせる爽やかなコーヒー豆も存在します。

焙煎度合いで選ぶ

スッキリとした酸味の浅煎り

神戸上島義弘ブレンド ほどよい酸味のオリジナルSブレンド

出典:Amazon

焙煎レベルの中でも、もっとも浅く焼き上げているのが浅煎りという焙煎です。

浅煎りレベルの焙煎では、強く感じられる部分が酸味。

爽やかに飲みたいとき、スッキリと飲みたいコーヒーは浅煎りがおすすめです。

バランスの取れた中煎り

スターバックス ブレックファーストブレンド

出典:Amazon

どんなコーヒー豆にも合う焙煎レベルといえば、適度に焼き上げた中煎りです。

焙煎レベルの中でスタンダードなので、酸味と苦味がバランス良く出てきます。

コーヒー初心者の方にもおすすめしやすく、豆ごとの良さを知るにはスタンダードだと言えます。

苦味とコクの深煎り

成城石井 フレンチロースト

出典:Amazon

コーヒー豆が持つ、本来の苦味やコクを引き出したのが深煎りです。

もっとも時間をかけてじっくりと焼き上げた焙煎レベルで、特徴的なのは苦味とコク。

奥深さのあるコーヒーに仕上がるため、気分転換や眠気覚ましにもぴったりです。

ペーパードリップに合うコーヒー豆のおすすめランキング

No.1 AGF 煎 香醇

ふくよかな香りといつまでも忘れない香りの香醇

AGFの煎シリーズから、香りにとても定評のある香醇は外せないコーヒー豆です。

その香りは何度も変化し、4種類ほどの様々な香りが徐々に楽しめるような仕組みです。

適度なコクやまろやかさを持っており、澄んだ後味まで全てが完璧と言えます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

AGF

内容量

200g

産地

タンザニア、コロンビア

焙煎

中浅煎り

No.2 銀河コーヒー モカ・イルガチェフ ナチュラル

   

銀河コーヒー
モカ・イルガチェフ ナチュラル
参考価格 1,080円

香りの女王を爽やかに味わえるモカ・イルガチェフ

ナチュラル製法により、格段と上がった果実感、そして独特の香りが特徴。

フルーティーなその香りは「香りの女王」と呼ばれるにふさわしく、華やかなコーヒーとなっています。

余計な風味は一切なく、ただ純粋に甘みや香りを楽しめるコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

銀河コーヒー

内容量

150g

産地

エチオピア

焙煎

中煎り

No.3 UCC 香り炒り豆 ブルーマウンテンブレンド

 

UCC
香り炒り豆 ブルーマウンテンブレンド
参考価格 1,580円

優雅な香りを楽しむなら王道のブルーマウンテンブレンド

コーヒーオイルで楽しめるコクよりも、香りを重視するならブルーマウンテンがおすすめ。

ジャマイカ産のブルーマウンテンをベースに、ブラジル産コーヒー豆をブレンド。

まったりとした味わいよりも、王道の美味しい香りを楽しめるブレンドです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

UCC

内容量

160g

産地

ジャマイカ、ブラジル

焙煎

中煎り

No.4 澤井珈琲 マンデリン・グレイテスト1

 

澤井珈琲
マンデリン・グレイテスト1
参考価格 3,999円

   

重厚感のある香りと苦味のマンデリン・グレイテスト1

インドネシア・スマトラ島産の代表的なコーヒー豆といえば、やはりマンデリンです。

世界的に有名なその風味は、もっとも苦いとされる尖った苦味です。

ペーパードリップでややコクをまろやかにし、キレの良い苦味を味わえます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

澤井珈琲

内容量

1.5kg

産地

インドネシア

焙煎

深煎り

No.5 スターバックス ライトノートブレンド

柔らかで穏やかな一杯を飲みたいときにおすすめ

スターバックスのライトノートブレンドは、柔らかく穏やかな一杯にちょうどよい風味です。

とても軽やかなコクはペーパードリップでさらにスッキリとし、ほどよい酸味も楽しめます。

ほどよく煎られたナッツ感も楽しめて、食事との相性も抜群になっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

スターバックス

内容量

250g

産地

ブラジル、コロンビア

焙煎

浅煎り

No.6 ヒルス アメリカンテイスト スペシャルブレンド

 

ヒルス
アメリカンテイスト スペシャルブレンド
参考価格 4,259円

ペーパーの爽やかさを一段と引き出したアメリカンテイスト

ブラジル産の浅煎りコーヒー豆を40%使用した、アメリカンテイストのコーヒー豆。

高品質なアラビカ種を使っており、なんとポリフェノールは通常の2倍という数値に。

バランスの良さを持っているだけでなく、浅煎りによりスッキリと飲めるコーヒーです。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

ヒルス

内容量

2.16kg

産地

ブラジル

焙煎

浅煎り

No.7 カルディ モカフレンチ

 

カルディ
モカフレンチ
参考価格 1,650円

   

透明感のある苦味と華やかなモカの香り

香りに定評のあるエチオピア産モカを、じっくりと時間をかけて焼き上げた一品。

素晴らしい香りを味わいながらも、ペーパードリップで適度なコクを楽しめる仕上がりです。

ダークチェリーやカシスのような甘酸っぱさを持つため、深煎りながらスッキリと飲めます。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

カルディ

内容量

200g

産地

エチオピア

焙煎

深煎り

No.8 東京コーヒー オーガニックブレンド

ナチュラルなJAS認証オーガニックコーヒー

ネット通販で人気の高い、100%有機栽培のオーガニックコーヒー豆。

昔とは違って、新鮮なだけでなくしっかりとした風味が立っているコーヒーです。

健康目的の方はもちろんのこと、あっさりとした美味しさが際立つコーヒー豆となっています。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

東京コーヒー

内容量

200g

産地

エチオピア、ブラジル

焙煎

中煎り

No.9 成城石井 キリマンジャロエーデルワイス

 

 成城石井
キリマンジャロエーデルワイス
参考価格 853円

エーデルワイス農園の肥沃な土壌で育てられた一品

タンザニアといえばキリマンジャロ。北部に位置する、エーデルワイス農園から採れたコーヒー豆がこちらです。

エーデルワイス農園が位置しているのは標高が高く、降雨量がとても豊富だという地域。

しっかりと際立った酸味に加えて、いつまでも残る香りが印象的です。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

成城石井

内容量

200g

産地

タンザニア

焙煎

浅煎り

No.10 小川珈琲 KAORI オーガニックコーヒー

華やぐブーケのような香りと印象的な甘さのKAORI

京都の老舗コーヒーブランドとして知られている、小川珈琲の女性スタッフが開発。

美味しいコーヒーというだけでなく、豊かなコーヒータイムを過ごすにふさわしいコーヒーです。

適度な苦味となめらかな口当たりは、ペーパードリップでストレートに味わってみてください。

コーヒーレビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

ブランド

小川珈琲

内容量

900g

産地

エチオピア、ウガンダ

焙煎

中煎り

ペーパードリップに合うコーヒー豆の一覧表

日常的にペーパードリップでコーヒーを淹れているなら、色々なコーヒーを試してみるのがおすすめ。

まずは自分の好みを見つけるために、対照的なコーヒー豆から選んでみるのが良いでしょう。

No 商品 商品名 Amazon価格 内容量 産地 焙煎
1 AGF/煎 香醇

1,598円

200g タンザニア、コロンビア 中浅煎り
2 銀河コーヒー/モカ・イルガチェフ ナチュラル

1,080円

150g エチオピア 中煎り
3 UCC/香り炒り豆 ブルーマウンテンブレンド

1,580円

160g ジャマイカ、ブラジル 中煎り
4 澤井珈琲/マンデリン・グレイテスト1

3,999円

1.5kg インドネシア 深煎り
5 スターバックス/ライトノートブレンド

997円

250g ブラジル、コロンビア 浅煎り
6 ヒルス/アメリカンテイスト スペシャルブレンド

4,259円

2.16kg ブラジル 浅煎り
7 カルディ/モカフレンチ

1,650円

200g エチオピア 深煎り
8 東京コーヒー/オーガニックブレンド

1,419円

200g エチオピア、ブラジル 中煎り
9 成城石井/キリマンジャロエーデルワイス

853円

200g タンザニア 浅煎り
10 小川珈琲/KAORI オーガニックコーヒー

2,804円

900g エチオピア、ウガンダ 中煎り

ペーパードリップで美味しいコーヒーを淹れる方法

ペーパードリップ

手順

① 85℃~95℃のお湯を用意

② 底辺と側面を折る

③ ドリッパーにセットする

④ コーヒー粉を入れる

⑤ 少量のお湯で30秒蒸らす

⑥ 「の」の字を描くようにお湯を注ぐ

⑦ 2~3分で淹れ終わる

ペーパードリップをするときには、まず85℃~95℃あたりのお湯を用意します。

ペーパーフィルターの底面と側面に、繋ぎ目がありますのでこれを折ります。

ドリッパーにセットしてコーヒー粉を入れたら、最初に少量のお湯で蒸らしを行います。

30秒ほどで蒸らし終わったら、「の」の字を描くように注ぎ、2~3分程度で終わらせましょう。

▼おすすめの商品▼

この記事を書いた人

ひつじの珈琲タイム編集部

ひつじの珈琲タイム編集部

編集部ライター

コーヒー好きの編集部が徹底リサーチして記事をお届けしています。

-淹れ方別コーヒー

© 2022 ひつじの珈琲タイム-Enjoy your coffee life!-