コーヒー系飲料

【2022年版】ポーションコーヒーのおすすめランキング11選!

2022年8月19日

ポーションコーヒーの人気おすすめランキング11選!

サッと水やミルクに混ぜて飲むことができる、手軽さに長けたポーションコーヒー。

インスタントコーヒーのように手軽であり、インスタントコーヒーよりも簡単に美味しいコーヒーが飲めます。

最近人気になってきているカフェベースのような手軽さもあり、持ち運びができるのも人気の理由。

有名コーヒーブランドが出していることでも有名なポーションコーヒーについて、詳しくご紹介していきます!

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。

 

ポーションコーヒーとは

ポーションコーヒーとは

ポーションコーヒーとは濃縮したコーヒーの液体を、カップ容器に詰めたものです。

カップの中身をコップに入れてお湯を注ぐだけで作れるので、忙しい朝にもピッタリ。

また水や冷たい牛乳にもサッと溶けるので、簡単にアイスコーヒーやカフェオレなどを作ることもできます。

ポーションコーヒーの選び方

ポーションコーヒーは手軽さに長けているコーヒーで、種類が多いわけではありません。

選ぶときにはいくつかのポイントに注意して購入してみると良いでしょう。

砂糖の有無で選ぶ

無糖タイプ

出典:Amazon

まずは砂糖が含まれていない、無糖タイプのコーヒーが選ぶ基準のひとつです。

さっぱりとしたコーヒーを飲みたいならばやはり無糖。アイスコーヒーにもぴったりのポーションコーヒーです。

加糖タイプ

出典:Amazon

微糖のものからたっぷりと砂糖が含まれている、甘めのコーヒーまで幅広く用意されています。

普段からラテやオレが好きな方にとっては、加糖タイプの甘めコーヒーが良いでしょう。

風味で選ぶ

ブラックタイプ

出典:Amazon

ブラックタイプのコーヒーならば、スッキリとした後味と爽やかな風味を感じやすくなっています。

アイスコーヒーにするとより美味しく、コーヒー本来の味や焙煎されたコーヒー豆の香りも楽しめます。

キャラメルタイプ

出典:Amazon

キャラメル風味のコーヒーはぜひミルクや豆乳などと割って飲んで欲しいポーションコーヒーです。

キャラメルの甘みに加えてココアなどのほろ苦さもあり、そのままバニラアイスなどにかけて食べるのもおすすめです。

カフェモカタイプ

出典:Amazon

甘くとろけるようなチョコレート風味が好きな方は、カフェモカタイプのポーションコーヒーが良いでしょう。

ミルクで割るとより甘みを感じやすくなり、カフェモカならではのコクと香りを楽しめます。

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

楽天サービスを使うほどに、お買い物でポイントアップ!

楽天グループのサービスは使うほどお得になる!

お得な商品がさらにお得になる、開催中の大型企画も続々更新!

>>楽天市場でお買い物をするならこちら

ポーションコーヒーのおすすめランキング

No.1 サンパウロコーヒー ダブルの旨みとコクのポーションコーヒー無糖

サンパウロコーヒー
ダブルの旨みとコクのポーションコーヒー無糖
参考価格 678円

ブレンドと抽出方法が決め手のポーションコーヒー

アラビカ種豆を100%使用したポーションコーヒーです。うまみとコクが特徴的な味わいの秘密は、ブレンド方法と抽出方法。

深煎りと浅煎りで焙煎した豆をアフターブレンドすることでコクを引き出し、さらに低温密封で凝縮されたうまみを抽出しています。

香料不使用のため、豆本来の香りを楽しむことができます。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

342g

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー

No.2 やまと蜂蜜 おいしいコーヒーポーションいかがですか?

やまと蜂蜜
おいしいコーヒーポーションいかがですか?
参考価格 2,127円

ポーションパック老舗のポーションコーヒー

コーヒー用のシロップから始まったポーションパック。そのリーディングカンパニーとも言えるやまと蜂蜜が発売するポーションコーヒーです。

イタリアンローストで深煎りにした豆をエスプレッソ抽出し、香ばしさと深いビターな味わいが魅力的。

無糖タイプなので、もちろんコーヒーシロップとの相性もばっちりです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

1.44kg

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー

No.3 UCC 職人の珈琲 ポーションコーヒー深いコク 無糖 き釈用

UCC
職人の珈琲 ポーションコーヒー深いコク 無糖 き釈用
参考価格 2,454円

こだわり抜いたコクを味わえるコーヒー

薫り高い香ばしさとコクが強調されたポーションコーヒー。そのこだわりは焙煎と抽出の2つです。

コーヒー豆本来の風味をベースに「極深煎り」で香りを高め、コーヒーをコーヒーで抽出するという「濃厚抽出」でコクを極めています。

こだわり抜いたコーヒーを贅沢な気分で味わえる素敵なひと時になりそうですね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

800ml

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー、乳化剤

No.4 ネスカフェ ゴールドブレンド ポーション 贅沢キャラメルマキアート

ネスカフェ
ゴールドブレンド ポーション 贅沢キャラメルマキアート
参考価格 1,782円

上品な苦みとフレーバーがマッチしたコーヒー

クリーミーな濃厚カフェラテをベースに、キャラメル特有の甘さとほろ苦さが魅力的なキャラメルマキアート。

小さなポーションパックにはうまみがギュッと詰め込まれ、コーヒー豆の芳醇なコクに、極上のフレーバーがプラスされています。

キャラメルの香りが漂う贅沢な時間をもたらしてくれる一品です。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

77g

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー、砂糖、香料、甘味料

No.5 やまと蜂蜜 おいしいコーヒーポーションいかがですか? 甘さ控えめ

やまと蜂蜜
おいしいコーヒーポーションいかがですか? 甘さ控えめ
参考価格 2,127円

甘さと苦味のバランスが良いコーヒー

豊かな自然に恵まれた環境と、徹底した品質管理のもとで作られたポーションコーヒーです。

合計80パックのボリュームでタップリ感満載。テイストはほんのりとした甘さにしっかりとした苦味も残り、ほどよいバランスです。

アイスでもホットでも作れるタイプで、ミルクと合わせると優しいカフェオレに仕上がりますよ。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

1.52kg

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー

No.6 AGF ブレンディ ポーションコーヒー 無糖

優雅なアレンジが楽しいポーションコーヒー

ダークローストの香ばしい苦味が際立つ無糖タイプのポーションコーヒーです。

ストレートでコーヒーの味わいを堪能できるのはもちろん、ポーションを使ったアレンジも魅力のひとつ。

シロップのようにバニラアイスにかけるだけでアフォガードが完成します。

ドリンクと極上スイーツのダブルテイストで優雅な気分に浸れますね。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

432g

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー、香料、安定剤、乳化剤

No.7 ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ポーション 無糖

ネスカフェ
ゴールドブレンド コク深め ポーション 無糖
参考価格 1,320円

しっかりとしたコクのポーションコーヒー

ポーションを開けた途端、淹れ立てのコーヒーの風味が広がる無糖タイプです。

オリジナルである「ゴールドブレンド」の上品な香りをそのまま残し、氷や水を加えてもしっかりとした苦味とコクが伝わるよう、ブレンドを追求した一品に仕上げています。

キリリとした飲み心地と奥深いコクの調和が高ポイントです。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

528g

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー、香料、安定剤

No.8 AGF ブレンディ ポーションコーヒー 甘さひかえめ

AGF
ブレンディ ポーションコーヒー 甘さひかえめ
参考価格 1,480円

その時の気分で使い分けができるポーション

AGF 「ブレンディ」の風味をそのままに、甘さひかえめに仕上げたポーションコーヒーです。

深煎りしたコーヒー豆はアーモンドやココアを思わせる香ばしさが特徴的。牛乳や豆乳をまぜると柔らかな甘さとコクのあるカフェラテやソイラテになります。

ホットもアイスもOKなので、その時の気分で使い分けできますよ。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

576g

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー、砂糖、甘味料、香料、乳化剤

No.9 ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ポーション 甘さひかえめ

ネスカフェ
ゴールドブレンド コク深め ポーション 甘さひかえめ
参考価格 1,980円

深い味わいが伝わるポーションコーヒー

アイスカフェラテにも合うようにブレンドされたポーションコーヒーは甘さ控えめタイプ。しっかりしたコクと苦みの中に広がる優しく心地よい甘みが特徴的です。

ポーションを入れたグラスにミルクをゆっくりと注ぐ時間は、特別なひと時。マーブル状に揺れ動くグラスを見ながら、幻想的な気分を演出してくれます。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

1.1kg

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー、香料、安定剤

No.10 ネスカフェ ゴールドブレンド ポーション 贅沢カフェモカ

ネスカフェ
ゴールドブレンド ポーション 贅沢カフェモカ
参考価格 1,280円

まろやかなビターテイストのカフェモカ

深煎りのコーヒー豆をエスプレッソで淹れたコーヒーがベースとなるカフェモカ。

ビターテイストに、甘くとろけるようなチョコレート風味とミルクのまろやかな口当たりが魅力的です。

氷や水、牛乳などの量で、簡単に自分好みの濃さにできるのがポーションコーヒーのメリット。

さらに豆乳やスキムミルクなどでアレンジの幅も広がります。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

462g

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー、香料、安定剤

>

No.11 AGF ブレンディ ポーションコーヒー キャラメルオレベース

AGF
ブレンディ ポーションコーヒー キャラメルオレベース
参考価格 1,436円

組み合わせ方が豊富なキャラメルオレベース

キャラメルオレのベースとなるポーションコーヒーです。ダークローストのビターなコーヒーとキャラメルの甘く香ばしい風味に、ほのかなココアフレーバーも加わります。奥深いキャラメルオレが出来上がりますよ。

牛乳はもちろん、お好みでスキムミルクやアーモンドミルク、豆乳などの組み合わせもマッチします。

レビュー

珈琲度
甘み
苦味
コスパ

▼商品情報

内容量

864g

種類

ポーションコーヒー

原材料

コーヒー、砂糖、甘味料、香料、乳化剤

ポーションコーヒーの一覧表

ポーションコーヒーはまだまだ種類が少ないものの、人気コーヒーブランドが安心できるコーヒーを用意してくれています。

安定の味や香りはもちろんのこと、いつでも手軽に楽しめるコスパの良さなども特徴です。

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 種類 原材料
1サンパウロコーヒー
ダブルの旨みとコクのポーションコーヒー無糖

678円

342gポーションコーヒーコーヒー
2やまと蜂蜜
おいしいコーヒーポーションいかがですか?

2,127円

1.44kgポーションコーヒーコーヒー
3UCC
職人の珈琲 ポーションコーヒー深いコク 無糖 き釈用

2,454円

800mlポーションコーヒーコーヒー、乳化剤
4ネスカフェ
ゴールドブレンド ポーション 贅沢キャラメルマキアート

1,782円

77gポーションコーヒーコーヒー、砂糖、香料、甘味料
5やまと蜂蜜
おいしいコーヒーポーションいかがですか? 甘さ控えめ

2,127円

1.52kgポーションコーヒーコーヒー
6AGF
ブレンディ ポーションコーヒー 無糖

618円

432gポーションコーヒーコーヒー、香料、安定剤、乳化剤
7ネスカフェ
ゴールドブレンド コク深め ポーション 無糖

1,320円

528gポーションコーヒーコーヒー、香料、安定剤
8AGF
ブレンディ ポーションコーヒー 甘さひかえめ

1,480円

576gポーションコーヒーコーヒー、砂糖、甘味料、香料、乳化剤
9ネスカフェ
ゴールドブレンド コク深め ポーション 甘さひかえめ

1,980円

1.1kgポーションコーヒーコーヒー、香料、安定剤
10ネスカフェ
ゴールドブレンド ポーション 贅沢カフェモカ

1,280円

462gポーションコーヒーコーヒー、香料、安定剤
11AGF
ブレンディ ポーションコーヒー キャラメルオレベース

1,436円

864gポーションコーヒーコーヒー、砂糖、甘味料、香料、乳化剤

アイスコーヒーをすぐ手軽にすぐ飲めるポーションコーヒー

アイスコーヒー

ポーションコーヒーは主にアイスで飲むタイプなので、氷をたっぷりと入れて飲めばより美味しく楽しめます。

持ち運びも手軽にできてしまうのがポーションコーヒーなので、飲みたい時にすぐ飲めてしまいます。

ミルクだけでなく豆乳で割っても美味しいですし、もちろんホットにしても美味しく楽しめますよ!

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

メグアオ

メグアオ

フリーライター

かつてウィーンで本場のカフェ文化に触れ、その後北部タイで薫り高いコーヒーを味わって以来、コーヒーに心魅かれる。その想いが募り、美味しいコーヒーを追求して2年間の東南アジア・東アジア放浪の旅へ。各国カフェタイムの過ごし方はさまざま。カフェ空間が人々にもたらす癒しや活力、その奥深さに魅力を感じながら、コーヒーへの探求心はなおも続く。

-コーヒー系飲料
-