生産国別コーヒー

【2022年版】インド産コーヒーのおすすめランキング9選!

インド産コーヒーのおすすめランキング9選!

インドといえば紅茶、という方が多いかもしれません。

しかしコーヒーの歴史もとても古く、生産も盛んに行われています。そんなインドコーヒーの歴史や栽培について詳しく解説します。

また、味わいなどの特徴はどのようなものでしょうか。厳選したインドコーヒーのおすすめ商品もご紹介。

日本ではまだマイナーなインドコーヒーについてちょっと詳しくなってみませんか?

この記事を書いた人

sk

Yuko

編集部ライター

毎日のコーヒーはなくてはならないものである一児の母。自宅でのカフェタイムを充実させるため、コーヒーについて日々研究中です。

 

もくじ

インド産コーヒーとは

india_001

インド産コーヒーは年間約30万トン作られており、世界でも指折りの生産国。

アジアではベトナム・インドネシアに次ぐ産地です。コーヒーベルトに属する南インドでそのほとんどが栽培されています。

多くはヨーロッパへ輸出されているため、日本ではあまり知られていませんがインドはコーヒー生産大国ということが分かりますね。

インド産コーヒーの歴史

イエメンからコーヒー豆を持ち出したことが始まり

イエメン

インドにおけるコーヒーの歴史は古く、持ち込まれたのは1600年代といわれています。

イスラム教聖者であるババ・ブダンが当時イエメンでは持ち出し禁止とされていたコーヒーを巡礼の際に、インドへ持ち帰ったことがはじまりです。

初めて栽培されたマイソールという地区には、現在記念碑が建てられています。

[関連]イエメン産コーヒーの人気おすすめランキング

一時はさび病により生産量が激減

コーヒーの葉から蝕んでいくさび病

17世紀に持ち込まれた後、インドはコーヒーの産地として栄えていました。

しかしコーヒーの大敵である「サビ病」が広まってしまい、ほぼ全滅してしまう状態に。

その代わりとして紅茶栽培に切り替えたという歴史があります。

有名なインド紅茶より、実はコーヒーの方が古くから栽培が行われていました。

コーヒー豆の品種改良により生産量が激増

コーヒーの品種

在来種のコーヒーを元にした品種改良によって、サビ病に強いアラビカ種が植えられるように。

また同じくサビ病にかかりにくいロブスタ品種に切り替えていったことで、インドのコーヒー栽培は復興を遂げます。

政府の後押しなどもあり、現在では世界有数のコーヒー生産地として知られるようになりました。

[関連]コーヒー豆にはどんな品種があるの?産地や育て方の違いを解説します。

インド産コーヒーの栽培環境

世界トップ10位に入る生産量の多いインド

2019年のコーヒー生産量国別ランキング(t)

インドのコーヒー生産量は多く、世界10位以内に入ります。アジアだけでみると、ベトナム、インドネシアの次に多い第3位の生産量を誇ります。

古くからコーヒーが栽培され、豊かな自然環境に恵まれたインド。世界的なコーヒーの歴史からみても重要な位置づけにある国です。

[関連]コーヒー生産量の国別ランキングを発表!

標高1,000mを超える高地で栽培されている

標高1,000mを超える高地で栽培

主な産地はインド南部。標高1,000mを超える高地が多く、コーヒー栽培に適しているためです。

カルナータカ州、ケーララ州などの山脈地帯が古くからの産地として知られています。

インド産コーヒーは大自然の中で栽培されることでも有名です。

赤道直下なのでシェードツリーを使って日照量を調整

コーヒーノキ

多すぎても少なすぎてもコーヒーに悪影響が出てしまう日射量。

主な産地のインド南部は赤道直下のため、そのままでは日光が強すぎてしまいます。

シェードツリーと呼ばれる常緑樹を近くに植えることで日光をコントロール。また、落ち葉は天然の肥料として土壌を豊かにしてくれます。

主な栽培品種はアラビカ種とロブスタ種

アラビカ種

インドで栽培されているのは、品種改良されて病気に強くなったアラビカ種が全体の30%。

そして比較的低地・高温でも栽培が可能で、病気に強いロブスタ種が70%という比率です。

さび病によって1度危機に追い込まれたインドのコーヒー。病気に強い、ということが重要視されていますね。

[関連]アラビカ種のコーヒー豆の特徴と品種について解説します。

[関連]コーヒー豆のロブスタ種(カネフォラ種)とは?特徴や飲み方について徹底解説

精製方法はナチュラルとウォッシュド

コーヒー豆の甘みが味わえるナチュラル

ナチュラル製法

コーヒーチェリーの果肉ごと乾燥させるのが大きな特徴のナチュラル精製。

果肉の糖分などがコーヒー豆に染み込むことで、甘みが感じられる仕上がりに。

コーヒー豆本来の甘さ、風味がしっかりと味わえる製法です。

[関連]コーヒーのナチュラル精製(非水洗式)とは?特徴や味わい、精製手順について

クリアですっきりとしたウォッシュド

ウォッシュド製法

コーヒーチェリーの果肉と粘液質であるミューシレージを除去し、不純物を水でしっかりと洗います。

そのため雑味がなくすっきりとした味わいになります。

欠点豆が出るリスクも少ないので均一性があり、クリアで飲みやすいのも特徴です。

[関連]コーヒーのウォッシュド精製(水洗式)とは?特徴や味わい、精製手順について

[関連]コーヒーの精選とは?生豆を取り出す4種類の精選方法を解説

インド産コーヒーの等級(グレード)

等級 条件
AA 非公開
A
B
PB

コーヒーの等級は国によってさまざま。インドコーヒーの等級は精製方法と品種によって分けられています。

ロブスタ種の等級、アラビカ種の等級がそれぞれあり、またスクリーンサイズ(豆のサイズ)による等級も。

これは豆の大きさ、採れた標高によって品質の良いものからAA・A・B・PB(ピーベリー)と格付けされています。

[関連]コーヒー豆の等級(グレード)を生産国別に詳しく解説!

インド産コーヒーの特徴と味わい

化学肥料をできるだけ使わないオーガニックコーヒーが多い

化学肥料 栽培 農業

赤道直下の強い日差しを避けるためのシェードツリー。

日照量をコントロールするためだけではなく、落ち葉が天然の肥料となり豊かな土壌を作っています。

この自然環境を利用した栽培が、化学肥料をなるべく使わないという農法を可能にしています。

[関連]オーガニックコーヒーの人気おすすめランキング

モンスーンという銘柄がもっとも有名

出典:Amazon

「黄金コーヒー」という別名のあるモンスーンコーヒー。

これは植民地時代にコーヒー豆をヨーロッパまで運ぶ航海の間、生豆が緑色から黄金へ変色したことからこの名前がつきました。

交通網の発達により1度このコーヒーは姿を消しますが、リクエストに応える形で復活。

現在はモンスーン(季節風)を利用した方法によって、当時の味わいを再現しています。

特にヨーロッパで根強い人気があります。

まろやかな味わいでアジア特有のスパイシーさも

コーヒー豆

豊かな風味がしっかりと感じられますが、酸味と苦みのバランスが良いインドコーヒー。

飲みやすくまろやかな口当たりも特徴です。アジアで栽培されるコーヒー特有のスパイス感が◎。

インドコーヒーの中でも有名なモンスーンコーヒーは、独特の風味が強く感じられるもの。

コアなファンもいる、コーヒー通におすすめしたい銘柄です。

[関連]スパイシーなコーヒーの人気おすすめランキング

アマゾンプライムに加入すれば、安い商品でも送料無料にできます!

amazonprimeバナー

Amazonで買い物するならプライム会員加入は絶対オススメ!

まだ未加入の方は加入を検討する価値ありです!

>>Amazonプライムについて詳しく知りたい方はこちら

インド産コーヒーのおすすめランキング

No.1 自家焙煎珈琲やすらぎ インドモンスーン

自家焙煎珈琲やすらぎ
インドモンスーン
参考価格 960円

他では味わえない、独特の香味

特にヨーロッパのコーヒー好きを魅了しているモンスーンコーヒー。

モンスーンコーヒーにしか出せない、オリジナリティのある風味が最大の魅力です。

深くしっかりとした苦みが感じられ、酸味は控えめ。豊かなコクと甘みがあります。

豆のまま(ホールビーン)タイプの商品なので、お好みの挽き加減で楽しめますよ。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

インド

焙煎

深煎り

No.2 Dr-i-gama インド モンスーン

虜になるような、芳醇な香り

独特な芳香はモンスーンコーヒーならでは。芳醇な香りで1度飲んだら病みつきになるほどです。

生豆の状態からして、他とは違う表情を持つモンスーンコーヒー。特徴的な黄金色をしています。

挽き具合を調節できるのが楽しい、ホールビーンタイプで好みの仕上がりに。

力強くパンチの効いた味わいで酸味はかなり控えめです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1kg

産地

インド

焙煎

生豆

No.3 GRATEFULCOFFEE インド モンスーン AA マラバール

GRATEFULCOFFEE
インド モンスーン AA マラバール
参考価格 2,050円

まろやかなコクと個性的な香り

熟成された独特の香りが魅力です。しっかりとした苦みがありながらもまろやかな味わい。

生豆タイプなので、好みの焙煎・挽き具合にして楽しめます。

湿気と乾燥が作り出した、モンスーンコーヒーでしか出せない風味が感じられる1杯に。

とことんコーヒーにこだわりたい方に、ぜひおすすめしたい商品です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1kg

産地

インド

焙煎

生豆

No.4 TABEOLOGY マカイバリ インド オーガニック

後味まで甘く香る、オーガニックコーヒー

有機JAS認定の安心・安全さもうれしいコーヒーです。

豊かな森で栽培された優しい味が魅力の商品。雑味がなくまろやかな味わいも特徴です。

丁寧に栽培・処理されているため欠点豆がほとんどないのもポイント。

好みの挽き加減で楽しめるホールビーンタイプです。ワンランク上のコーヒータイムにぜひ。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

200g

産地

インド

焙煎

中深煎り

品種

ティピカ種

No.5 ばいせん工房 インドモンスーン

唯一無二の香味と力強さが魅力

しっかりとした苦みと深いコクが味わえるインドモンスーン。

深煎りで仕上げているため、酸味はほとんどなく苦さとコクを最大限まで引き出しています。

特有の芳醇な香りもしっかりと感じられるため、いつものコーヒーとの違いに驚きますよ。

飲み口は優しくまろやかなのも特徴です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

500g

産地

インド

焙煎

深煎り

品種

アラビカ種

No.6 クジャクコーヒー ドリップパック 南インドブレンド

クジャクコーヒー
ドリップパック 南インドブレンド
参考価格 1,280円

インドコーヒーのアクセントが効いたブレンド

エキゾチックな味わいと、しっかりとした苦みのあるインドコーヒーをブレンドしています。

特有のすばらしい香りもしっかりと感じられる1杯に。手軽なドリップバッグタイプ。

よりまろやかな味わいに仕上げるために、コロンビア産豆なども使用しています。

コーヒー初心者の方からこだわりのある方まで、幅広くおすすめできる商品です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

140g

産地

インド、コロンビア

焙煎

-

No.7 レガロロースターズコーヒー インド モンスーン マラバール AA オリジン

レガロロースターズコーヒー
インド モンスーン マラバール AA オリジン
参考価格 1,960円

雑味がなく上品な味わいのモンスーン

独自の風味が多くのコーヒー通に好まれるモンスーンコーヒー。

クリアな味わいで甘さもしっかりと感じられる、エレガントな仕上がりです。

酸味はほとんどなく、深い苦みと豊かなコクのある味わい。

ホールビーンタイプなので自分好みの挽き加減が楽しめます。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

500g

産地

インド

焙煎

深煎り

No.8 KAFFEE FIKA インド プランテーション A

KAFFEE FIKA
インド プランテーション A
参考価格 2,825円

バランスのとれたブレンドのような味わいが◎

酸味は弱く、ほどよい苦みでしっかりと調和の取れた1杯に仕上がります。

しっかりとした香りとコク深さも魅力。口あたりは優しくまろやかです。

焙煎後すぐ真空パックにしてあるため、豊かな香りと新鮮さをキープ。

軽やかな甘みも特徴の、シーンを選ばず美味しく飲めるコーヒーです。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

500g

産地

インド

焙煎

品種

アラビカ種

No.9 ダイバンコーヒー インド ティピカ

ダイバンコーヒー
インド ティピカ
参考価格 3,880円

大地のエネルギーを感じられる豊かな味わい

コーヒー本来の味わいを損なうことなく、丁寧に作られたオーガニック栽培のコーヒー。

さまざまな豆の表情を引き出すことができる生豆タイプです。

中煎りでまろやかな旨味、深煎りはしっかりとした苦みとコクが感じられます。

自然環境の良さを感じられる、スムースな口あたりも魅力です。

レビュー

酸味
苦味
甘み
香り
コク
コスパ

▼商品情報

内容量

1kg

産地

インド

焙煎

中深煎り

品種

ティピカ種

インド産コーヒーのおすすめ一覧表

厳選したインド産コーヒーを一覧表にしました。どの商品も豊かな味わい、独特の香りなどインドコーヒーの良さがしっかりと感じられるものばかり。

ぜひこの中からお気に入りの商品を見つけてみてくださいね。

No 商品 商品名 参考価格 購入先 内容量 産地 焙煎
1自家焙煎珈琲やすらぎ
インドモンスーン

960円

200gインド深煎り
2Dr-i-gama
インド モンスーン

2,600円

1kgインド生豆
3GRATEFULCOFFEE
インド モンスーン AA マラバール

2,050円

1kgインド生豆
4TABEOLOGY
マカイバリ インド オーガニック

2,100円

200gインド中深煎り
5ばいせん工房
インドモンスーン

3,220円

500gインド深煎り
6クジャクコーヒー
ドリップパック 南インドブレンド

1,280円

140gインド、コロンビア-
7レガロロースターズコーヒー
インド モンスーン マラバール AA オリジン

1,960円

500gインド深煎り
8KAFFEE FIKA
インド プランテーション A

2,825円

500gインド
9ダイバンコーヒー
インド ティピカ

3,880円

1kgインド中深煎り

インド産コーヒーには2種類ある

インディアンコーヒー(インド式コーヒー)

インディアンコーヒー(インド式コーヒー)

その名の通り、インドで親しまれている(インド式コーヒー)飲み方。

少量のコーヒーにミルクと砂糖をプラスし、しっかりと泡立てて飲むスタイルです。

南インド式コーヒーとも呼ばれます。

ふんわりと泡立てることによって飲みやすい温度まで下がり、空気を含んでまろやかな風味になっているのが特徴です。

マサラコーヒー

マサラコーヒー

簡単にいうと、インド風のカフェオレです。スパイスを使ったチャイのコーヒーバージョンともいえるでしょうか。

コーヒーにナツメグ・シナモン・クローブなどのスパイス類と砂糖を加えます。

その後ミルクを加えて出来上がり。

ちょっとひねりの効いた美味しさが味わえるコーヒーです。

インド産コーヒーの美味しい淹れ方と飲み方

焙煎度合いは深煎りがおすすめ

焙煎度合い

独特の香りと豊かなコクをしっかりと感じられるためには深煎りがおすすめです。

エキゾチックな苦みも引き立つので、より一層インド産コーヒーの良さを味わえます。

ぜひ深煎りで飲んでみてくださいね。

[関連]コーヒー豆の自家焙煎を解説!自宅で始めるロースター器具の使い方

細挽きにしてしっかり抽出する

細挽き

現地のインドでも細挽きが主流。しっかりとした味わいに抽出できます。

豊かで奥深い味わいのインド産コーヒーを楽しむためには、ぜひ細挽きにするのがおすすめです。

少量のコーヒーにミルクと砂糖をたっぷり入れる

アイスコーヒー

力強い苦みと深いコクのあるインド産コーヒー。香りも豊かです。

インド式にミルクと砂糖をたっぷり入れて味わっても、そのしっかりとした風味は変わりません。

強めの苦みが気になる、という方には特におすすめ。

いつもはブラック派という方もまろやかな味わいをぜひ楽しんでみてくださいね。

[関連]コーヒーフレッシュ(コーヒーミルク)のおすすめランキング

[関連]コーヒーシュガーの人気おすすめランキング

インド産コーヒーのよくある質問

Q. インド産コーヒーにはどんな特徴がある?

オーガニック農法で作られたものが多く、高品質なのが特徴です。

日本への輸出は盛んではないためあまり知られていませんでしたが、ヨーロッパでは古くから愛好されています。

Q. インド産コーヒーの味わいは?

まろやかな風味としっかりとしたコクのある味わい。力強い苦みも感じられます。

またその豊かで芳醇な香りも特徴。アジア産のコーヒーらしいスパイス感もあわせ持ちます。

Q. インド産コーヒーの等級(グレード)は?

精製方法と品種によって分けられています。

品種ごとのほか、スクリーンサイズ(豆のサイズ)による等級も。これは豆の大きさ、採れた標高によって高品質のものからAA・A・B・PB(ピーベリー)と格付けされています。

生産国ごとのおすすめコーヒーをご紹介!
コーヒー生産に力を入れている、注目のコーヒー生産国。

ランキングをチェックする 

▼あなたにおすすめの記事▼

この記事を書いた人

nari

Yuko

編集部ライター・営業

コーヒーフレーバーのお菓子は見かけたら必ず買ってしまうほど大好きです。コーヒー好きの両親の影響で、中学生からドリップしていました。カフェや喫茶店はもちろんですが、子どもがいるため自宅でゆっくりとコーヒーを楽しんでいます。

-生産国別コーヒー
-